本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
『SMファイナル伝説』、DX歌舞伎町の楽屋にて。花真衣。

ジョウジ川上。ストリップ界のつかこうへいとして、様々なメディアを使いストリップに一時代を築いた男。興行師として30年、ストリップと向かい合った男の半生を辿る。

 | 

ジョウジ川上55歳の決意 【4】からの続きです。 >>【4】へ

■ジョウジ川上と川上譲治

「今やっとかないと、もうたぶん一生できないだろうなというのが写真なんですよね。ホントにね、肉体的にも精神的にもギリギリのところにいますよ。記憶力もなくなったし。でも今なら休んでもね、生活は何とかなる。贅沢してるわけじゃないし。だから一年間写真漬けになる。そして自分のものを、作品をちゃんと作りたい」

今まで川上は数え切れないほどの舞台を手掛けてきた。また映画館で上映されることはなかったが映画も作っている。そして朝日新聞社からは、自伝本も出版している。だが、まだ満足していない。

「だって写真をやりに東京に来たんですよ(笑)。ホントに写真をやろうと思って大学をやめて東京に来たんだけど、それがいつのまにか写真から離れて……今から思えば逃げちゃったのかもしれないけどね、別の世界に入って。自分が何をしに出てきたのか忘れてたんですよ、この30年間」

2006年から、川上は大阪芸大の大学院で修士課程の最終学年になる。写真学生でいられる最後の一年間。彼はストリップ興行師ジョウジ川上から、写真学生の川上譲治になることを決意した。

「ある意味では幸せだと思います。色んなことがやろうと思えばできるしね。でもね、寂しいとは思う。大きなものを犠牲にしましたから。だから今後一人で生きていく上で、何か自分のものを作りたいっていう、それが写真なのかもしれない。生き甲斐にしたいのかもしれないですね。何にもないんじゃつまんないから」

ジョウジ川上を休業する日の朝、DXでのSM興行最終日。川上は夢を見たという。パクられる夢だ。

「昔のことと今のことがごっちゃになってるんですよ。お前は個室やってるからだっていわれて。あれれ、歌舞伎に個室あったかなって。しかしなんで今ごろになって……なんて思ったら目が覚めたんです」

この30年間いつも手入れに怯えながら暮らしてきた。心のどこかにそれはある。忘れたことなどなかったという。

「今はホントに手入れがなくてね。今の踊り子だって、自分が捕まることしてるっていう実感がないと思うよ。忘れてると思う。劇場の人間もそうです」

だが川上は違う。根っからのストリップ興行師なのだ。これで一年間はストリップを休業……そんな日にパクられる夢を見てしまうほどに。そして川上も、そのことを承知している。

「今度やるときはね、ダンスショーをやろうかと思ってる。やるんだったら『ビッグダンス』だ」

ストリップの原点は額縁ショーだが、踊り子の原点はダンスである。踊りたいけど舞台がない、そんな踊り子たちがいっぱいいる。

「『ビッグダンス』をやって写真を撮りますよ、楽屋の写真。写真から自分のやってきたことを見つめ直したい。カメラを通してもう一度、ストリップとは何かを確認していく。30年間やってきた、ストリップをね」

揺るぎない決意を秘めた表情でそう語る彼は、はたして川上譲治なのか。それともジョウジ川上か。
その男は今年、56歳になる。



インタビューTOP

写真=川上譲治 文=編集部・五十嵐彰

※この記事は『S&Mスナイパー』2006年6月号に掲載された記事の再掲です。

26.jpg ジョウジ川上 1950(昭和25)年、島根県浜田市生まれ。大阪芸術大学写真学科を中退後上京、新宿モダンアートに照明係として入社、ストリップ業界に入る。その後運 送業や新聞営業職、またタクシー運転手や亜細亜大学への進学、そしてショーアップ大宮劇場のオーナーを経て「プロジェクトSHOW-UP」として興行をプ ロデュースしていたが2006年の3月に活動を一旦停止。現在は大阪芸術大学大学院芸術研究科芸術制作の修士課程に在学中。
 | 
07.02.21更新 | WEBスナイパー  >  インタビュー