女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【13】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『眼鏡×競泳水着×くびれボイン 霧島さくら(クリスタル映像)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【12】『MISSING LOVERS』 著者=滝美梨香 (コアマガジン)
天国と地獄を交互に味わって...理性トロトロになった女の子が最後に見せるメスの顔とは!?『チャレンジ!タイマー電マ かれん みわ』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第7講 浣腸液に厳重注意【2】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『闇相撲 美女力士陵辱 巻の七(アキバコム制作部)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【12】女性同士の性的プレイ
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【15】かたくて悩ましい腿と尻
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ザーメンごっくん専用神舌どすけべ淫乱妻(クリスタル映像)』
理性を崩壊させてしまう悪魔的なスイッチON&OFF!『チャレンジ!タイマー電マ りおん こはる』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【12】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【11】『もんぜつ系!』 著者=ジョン・K・ペー太 (コアマガジン)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第7講 浣腸液に厳重注意【1】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【11】おっぱい、授乳そしてエロティシズム
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『匂いたつ忍ぶ熟女の縛り汁(アートビデオ)』
アクセスアップ
新刊情報
TOKYO GALs COLLECTION SP Vol.14(大洋図書)
実話ナックルズSPECIAL 2021 冬(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.23(大洋図書)
別冊投稿キングDVD 冬(12月)号(ワイレア出版)
昭和の謎99 2021年 秋号(大洋図書)
よろめきSP Vol.27(大洋図書)
金色蜂に蜜 3(大洋図書)
金色蜂に蜜 2(大洋図書)
京極家の初夜(大洋図書)
実話ナックルズ 2021年12・2022年1月合併号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
『SMファイナル伝説』、DX歌舞伎町の楽屋にて。長田スティーブ。

ジョウジ川上。ストリップ界のつかこうへいとして、様々なメディアを使いストリップに一時代を築いた男。興行師として30年、ストリップと向かい合った男の半生を辿る。

 | 

ジョウジ川上55歳の決意 【3】からの続きです。 >>【3】へ

■全ては舞台のために

それでも川上は、ストリップ興行をやめない。「ショーアップ大宮劇場」を離れてからは「プロジェクトSHOW-UP」としての活動を開始。ハコを自分では持たないが、興行を企画して劇場に買ってもらうという方式をとった。

「業界のなかで仕事して、メシ食っていこうと思ったら三つしかないんです。雇われの社長になるか、自分で劇場を借りるか、もしくはタレントを抱えてマージンをハネていくしかない。だけど『DX歌舞伎町』で僕がやってきた仕事は違うんです。タレントにマージンはかけてません。ひと興行やって、それに対しての利益なんです。売り上げの10パーセントが僕の取り分。10パーって重たいんですよ。劇場からすりゃ当たれば結構払った気もするし。当たらなきゃ、なんで10パーも払らわなきゃなんねえんだって話になる(笑)」

『スーパーDXSM伝説誕生編』。2005年3月11日〜20日、「新宿DX歌舞伎町」にて。


川上はDXで、都合3回SM興行を打っているのだが、実際の懐具合はどうだったのだろうか。
あいまいな答えが返ってくるかと思ったら、ちょうど確定申告が終わったところだからと、今年度の収支決算書を見せてくれた。
純利益、39万円。
これは一回の興行での利益ではない。川上の一年間の活動の収益である。本当に割に合っていない。

「僕はSMの愛好者でもなければ、その何ていうか、SMで儲けたいからやったわけじゃない。小屋を守りたいからやったわけでね。でもやるんであれば、色んな人が舞台に関わるチャンスをたくさん作ってあげる、そのお手伝いがしたいなと思ったんです。あれだけ大人数で大変ですけれども、新しい人もたくさん噛んでるわけですよ。普段ちょっとしたショーパブでショーをやるのとまた舞台は違うわけです。その違いを皆さん感じてると思う。特に新宿に来てからはね。もう利益じゃないですから」

しかし問題は山積みだった。
DXでの二回目の興行で卯月妙子は舞台上で自害を画策、一命は取り留めたものの、その日の興行は中止。出演者たちにギャラは支払われなかった。川上は卯月に言った。舞台でしたことは、舞台で返して欲しい。
乱田舞に、SMを全然分かっていないと言われた。分かりません。でも舞台のことなら分かります。私は舞台として観てますから。川上はそう言った。

そんな川上が、2006年3月の興行を最後のSM興行とすることに決めた。色んな人から批判を受けた。

「やっぱりどっかで一回区切りをつけなきゃだめなんだなってことなんです。半年に一回ずつやってたわけですよね。行き詰まってるのは事実なんです。参加する人にとっても、なんだ簡単に出れるじゃんって。別に審査があるわけじゃないでしょ。女のコのペアだと4、5万円のギャラを出してますので、やっぱり稼ぎに来るって感覚のコもいますから。自分のなかで考えてる、新しい、こうゆう舞台がやりたいっていう人たちに、そういう場を作ってあげたいなと思ったんですけど」

踊り子たちは、現代の多様化する風俗産業のなかであえて劇場の舞台に載ることを選んでいる。川上はSM業界の出演者たちも同じ気持ちだと思っていた。

「あとはギャラの問題ですよね。明智さんにも言われたけど、自分には営業の値段があるんですと。でも何とか泣いてくれないかってお願いしました。でも結局、川上は自分の価値観を分かってくれない、そう思われちゃった人もいます。だから一回ご破算にして、このあと皆がどう考えてくれるのかとかね、そしてファイナルってことでみんなのテンションを上げてもらいたかったんです」

SM興行をやめる理由はそれだけではなかった。去年の9月、動脈性の鼻出血をおこす。6時間経っても鼻血が止まらない。救急車で病院に搬送、その場で手術。幸いなことに大事には至らなかった。

「そのときにね、ああ、肉体的にも精神的にも本当にギリギリのところに来てるんだなと。それでファイナルにしようと思ったんだ」

ジョウジ川上、55歳。
これを機に酒をやめた。やめたくてやめたくて、でもやめられなかった酒だった。最初の2カ月は禁断症状が続いたが、懸命に耐え忍んだ。彼にはまだ、やらなければいけないことがあったのだから。



ジョウジ川上55歳の決意 【5】に続く >> 【5】へ
インタビューTOP

写真=川上譲治 文=編集部・五十嵐彰

※この記事は『S&Mスナイパー』2006年6月号に掲載された記事の再掲です。

26.jpg ジョウジ川上 1950(昭和25)年、島根県浜田市生まれ。大阪芸術大学写真学科を中退後上京、新宿モダンアートに照明係として入社、ストリップ業界に入る。その後運 送業や新聞営業職、またタクシー運転手や亜細亜大学への進学、そしてショーアップ大宮劇場のオーナーを経て「プロジェクトSHOW-UP」として興行をプ ロデュースしていたが2006年の3月に活動を一旦停止。現在は大阪芸術大学大学院芸術研究科芸術制作の修士課程に在学中。
 | 
07.02.21更新 | WEBスナイパー  >  インタビュー