ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
『マニア倶楽部』リニューアルの秘密に迫る! 【2】
この本が、僕の作る最後のマニア誌になると思う――

新装刊『マニア倶楽部』
二宮英次編集長
ロングインタビュー 第2回



協力=三和出版『マニア倶楽部』編集部





←『マニア倶楽部』最新号より
『S&Mスナイパー』の数少ない競合誌、三和出版発行の『マニア倶楽部』。つい先ごろ発売になったリニューアル新装刊号から、隔月の発売になりました。弊誌の読者の方も、もちろんマニクラの読者さんも、そして全国のマニアみんなが気になるリニューアルの詳細を二宮編集長へ伺ったインタビュー、第二回です!

前回の記事を読む>>>

 | 


――SMという言葉を掲げないのは何故でしょうか?


マ:「SMってSとMってことですよね。でもSでもMでもないけど、変態ってことはあると思うんです。メインとなるのはSM、SとMだと思うんですけど、ただ僕はもっと広いものをイメージしてます。サディストとマゾヒスト以外にもいると思うし、もちろんね、女の人はM女であってほしいんですよ、個人的には(笑)。ただやっぱりそれだけではないというか、まあ変態というもので捉えていきたいとは思います。あんまりこうでなきゃいけないみたいな、あのSMっていうとどうしても鞭が出てきて蝋燭がでてきて……。僕ね、何がいちばんつまらないかって、いわゆるプレイなんですよ。SMクラブでやるようなプレイには何の興味もないんですよね。お金を払ってやれるようなことを、わざわざ見せるのって、僕はつまらないと思ってしまう。もっと変態みたいなものを見せたいですね」


二宮氏が手がけていたムックのタイトルはまさに『変態少女時代』。実はスナイパー編集部でもこの本の卑猥さには一目置いており、参考資料として資料棚に置いてあったりする。

←全巻ではないですが、編集部に揃っている『変態少女時代』。とても卑猥です。

マ:「それから、なるべく読者の人が参加するページを増やしたいと。そのほうが本も盛り上がると思うんです。どうしてもリニューアル前は、団鬼六先生とか縛り師の方だとか、そういう人たちがメインだった。メインというか非常に彼らが前に出ていたと思うんです。でも今回そういう方たちには影に潜んでもらった。それよりも僕は、実際に誌面に出ているマニア女性たちにスポットを当てたんです。なのでこのリニューアル号の表紙キャッチ(※恥ずかしい性癖を持つマゾ女性の投稿誌)も、まあベタなんですけど(笑)、マゾ女性の投稿誌だということを打ち出したんですね。もうマニア女性一色です。実際リニューアル号でモデルを使ったのは巻頭の女の子だけで、あとはほぼ全員素人M女だけで作ってますから」

←『マニア倶楽部』といえばこのスタイル。筆者もこのときの印象が一番強いです。

巻頭のグラビアは杉浦則夫。そしてその後には投稿と告白手記。これはまさに昔の『マニア倶楽部』のスタイルである。そしてその巻頭のグラビアにも工夫を凝らしているという。


マ:「今までグラビアっていうと、(ストーリーやプロットを)編集者が考えたり小説を抜き取ってきたりっていうパターンだったと思うんです。でもこれからは再現グラビアにしたいと思ってます。ある人の実話をもとにしてグラビアを作っていくということですね。純粋なフィクションというものを誌面からなくしていきたい。何か下敷きというか……そういうものが常にどこかにあるっていうふうにしたいんです。まあ続けられるかどうかわからないですけどね(笑)」

←こちらがその巻等グラビア。“このグラビアは、東北地方にお住まいのあるM女性の体験をもとに撮影されました”と明記されている。

もちろん『マニア倶楽部』のメインコンテンツである告白、投稿ページにも二宮氏のこだわりが詰め込まれている。


マ:「普通マニア誌の投稿ページって6Pとか8Pのものが多かったと思うんですね、三和出版も含めて、どこの会社もそうだと思う。でもそれがすごくイヤだったんですよ。だから僕が『変態少女時代』を作ったときに、最低でも16Pで20Pとか24Pとかの投稿ページにチャレンジしたんです。深いものを作ろうとした時に8Pだと深まらないんですね。でも16Pぐらいあると深いものになっていく。やっぱりSMってきっと、背景というか、投稿者が単純にその日どうしたかってことだけじゃなくて、その人がどういうような人生を歩んできたか、みたいなところで読者はドッキリすると思うんで。それをちゃんと教えてあげるためには、かなりのページ数をさかないと無理だなって僕は思ってるんです。今回のマニクラも、20Pはなかったかな、でも16Pぐらいのが何本かあります。読み応えのあるもの、見応えのあるものを目指してますね」


(続く)

インタビュー・ 文=編集部・五十嵐彰


関連リンク

三和出版株式会社第一編集局が提供するアダルトオンラインマガジン
三和エロティカhttp://www.sanwapub.com/

三和エロティカで『マニア倶楽部』最新号の詳細を確認
 | 
07.05.30更新 | WEBスナイパー  >  インタビュー