ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1
最新記事20件
読者代表 豊田がイク! 第28回 東京・池袋「無我」ゆらさん【1】
ディープ&ラグジュアリーな本格Fetish空間 SMバー「赤坂Dominatrix」特別フォトレポート
特選AVレビュー『青春と陵辱の肉便器式カリキュラム アヘ顔ダブルピース学園』(ROCKET)
特選AVレビュー『レスボスの掟 束縛羞恥マジックショウタイム』(シネマジック)
特選AVレビュー『ずっと好きだった1 柚木N'』(メディアバンク)
特選AVレビュー『ロシアで見つけた女が全員アナルマニアだった件 』(素人onlyプラム)
特選AVレビュー『挑発面接室/春菜はな』(ワープエンタテインメント)
肛門版The Who!史上最悪のパンクス、GGアリンはなぜ連続殺人犯にならなかったのか 映画『ジ・アリンズ / 愛すべき最高の家族』公開中!!
特選AVレビュー『うまなみの兄にめろめろにされた弟嫁 羽生ありさ』(タカラ映像)
生クリーム味のご奉仕メイド調教ア・ラ・カルト『雪村春樹継承緊縛Vol.2 七海ゆあ Y'S PLAY BONDAGE』発売!!
クラブのフロアはいつだって落ちこぼれの聖地!落ちこぼれというのは例えば、テスト中に窓の外を眺めている人間 映画『ノーザン・ソウル』公開中!!
特選AVレビュー『今日これから...君の乳首、犯しにイクね 星奈あい』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『ボイン温泉旅 羽生ありさ』(GLORY QUEST)
2ページまんが 酒場の女【28】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年2月号
特選AVレビュー『中出しスキャンダル 青の夕陽 蓮美なお』(HMJM)
特選AVレビュー 『スーパーヒロイン裏コード 華翔戦隊クリスタルファイブ』(GIGA)
特選AVレビュー『おなら少女 まなかかな こんなにおならが止まらないのって変かな?お兄ちゃん!』(RADIX)
特選AVレビュー『絶対服従願望の女 令嬢チャタレイの恋人』(シネマジック)
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【3】
アクセスアップ
新刊情報
アップル写真館 Vol.19(大洋図書)
臨増ナックルズDX Vol.16(大洋図書)
好色妻が悶えるエロドラマ(大洋図書)
漫画ポルノ夫人 Vol.3(大洋図書)
ト-キョウ バッド ガールズ Vol.59(大洋図書)
昭和の不思議101 2019年 陽春号(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.7(大洋図書)
よろめき 2019年4月号(大洋図書)
素人生撮りBEST COLLECTION Vol.7(ワイレア出版)
封印発禁TV DX 2019年 春号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
老舗SMメーカー情報第2弾!
SMの王道を歩き続けるために 【1】
logo_cinemagic.jpg

「シネマジック」の記念すべき第一作目である『悦縛!愛奴隷A』(1983年)のパッケージ。現在の美麗なパッケージとは異なり、どちらかというとマニアビデオの雰囲気を漂わせていることは面白い。
インタビュー・文=安田理央

老舗が誇る「シネマジック」クオリティの秘密に迫る!

トップブランド「シネマジック」の社長兼
名匠・吉村彰一氏ロングインタビュー!!

「シネマジック」のビデオがSMとの出会いだったと語るマニアは少なくない。特に80年代終わりから90年代前半にかけて、従来の暗く陰湿だったSMのイメージを払拭して登場した「シネマジック」の美麗なパッケージの数々。レンタルビデオの店頭で思わず手を伸ばした読者の方も多いのではないだろうか。SMビデオの王道とも言えるスタイルを貫き通し、マニアの人気を「アートビデオ」と二分する業界トップブランドの秘密に迫る!
 | 

SMメーカーの名門、「シネマジック」が第一弾「S&M生撮り 悦縛!愛奴A」をリリースしたのは1983年のことだった。それから四半世紀もの間、「シネマジック」はSMビデオ界の王道を歩み続けている。

「あらゆる行為を美しく撮る」というコンセプトに基づいた完成度の高いその映像は、他のメーカーのAVとは一線を画する。

「シネマジック」の社長であり、代表的な監督である吉村彰一氏に、その歩みを聞いた。

吉:「映画をやりたかったんだよ。でもなかなか就職口がなくて、結局「サン出版」に入ったんだ。雑誌のピンク映画の担当としてね。その頃は「新東宝」とか「大蔵映画」に行って写真を借りてきては、誌面で紹介してた。3年目に「お前はSM雑誌に向いてそうだ」って言われて、いきなり『SMコレクター』の編集にさせられちゃったんだ」

『SMコレクター』は1972年創刊のSM雑誌。当時先行していた『SMセレクト』(東京三世社)に比べると大型の判型でグラフィカルな誌面で人気を集めていた。

吉:「その頃、「サン出版」の先輩が通販ビデオ作ったり、会社を辞めて「バンビデオ」ってメーカーを立ち上げたりしたんだ。そこで「おまえ映画撮れるんだろ」って声をかけられて、カメラを回した。それが俺がSMビデオに関わるようになった始まりだよ」

この「サン出版」の先輩の話は、次回紹介する「アートビデオ」の峰一也氏のインタビューでも登場する。当時、峰氏はカメラマンとして「サン出版」に出入りしていたのである。吉村氏が編集していた雑誌でも峰氏のクレジットが多数発見できる。

「サン出版」で編集に携わりながら、「バンビデオ」で『エマニエル女子高生』『知世の性春』といったSM作品を監督していた吉村氏は、やがて自分のメーカーを立ち上げる。それが「スタジオ418」だった。赤青メガネをかけてみると画面が飛び出して見える3D作品の『浣腸ターザン』など怪作の印象が強い「スタジオ418」が、後に「シネマジック」を設立する吉村氏の会社だったとは意外である。

吉:「まぁ、俺は当時サンの社員だったから、知り合いに社長をやらせてたんだけど」

「サン出版」では、吉村氏は『GANG』という雑誌の編集長になっていたが、「スタジオ418」の撮影、さらに「バンビデオ」の撮影も平行して行なうなど、多忙な日々を送っていた。しかし、さすがに会社員とAV制作の両立が難しくなり、1983年に「サン出版」を退社。しかし同時に諸々の事情により「スタジオ418」のメンバーとも袂を分かち、新たに自分のメーカーを立ち上げる。それが「シネマジック」である。吉村彰一30歳の時のことだった。



続きを読む>>>

※この記事はS&Mスナイパー2006年12月号に掲載された記事の再掲です。
また記事中の画像の著作権は、全て株式会社シネマジックに帰属します。



関連リンク

シネマジック公式サイト=http://www.cinemagic.co.jp/
yasuda_face.jpg

安田理央の恥ずかしいblog
http://d.hatena.ne.jp/rioysd/

新刊「エロの敵 今、アダルトメディアに起こりつつあること」(翔泳社)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4798111082

安田理央 気がつけば、今年で40代を迎えるエロ系ライター。今年はボーッとしてると大変ヤバイことになってしまいそうなので、色々と新しい行動を起こすぞと考えたり考えなかったりしております。「エロの敵」に続くアダルトメディアルポも構想中。  

 | 
07.04.14更新 | WEBスナイパー  >  インタビュー