本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『唾液と舌でカラダを溶かし這いまわる!ナメクジ淫乱女 - 八乃つばさ』(ドグマ)
特選AVレビュー『侵食憑依 手、胴体、足、脳、体全て。男が少女の体に徐々に【憑依】乗り移っていく監禁記録』(ソフト・オン・デマンド)
直系女流縄師×希代のハードコア女優が魅せる雪村流「縄奉仕」の真髄美学とエロス『雪村春樹継承緊縛Vol.1七海ゆあ 春宵・淫獣愛』発売中!!
特選AVレビュー『変なオジサンと麻衣のあぶない性交録/今井麻衣』(光夜蝶)
特選AVレビュー『美脚×競泳水着×パンスト眼鏡 妃月るい』(クリスタル映像)
特選AVレビュー『BBB Big Boobs Butt 神ユキ』(デカ拳)
2ページまんが 酒場の女【26】
人気店所属の注目キャストに突撃! パーソナリティ特別予習インタビュー 東京・五反田「アウスレーゼ」ももこさん編
ブロイラーみたいに部屋に隙間なく押し詰められてエアロバイクを漕ぐ姿はマジ悲惨!でも、それを輝かせるのがアメリカ映画とアメリカ音楽の偉大さだ 映画『アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング』公開中!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年12月号
特選AVレビュー『計略的種付け/皆月ひかる』(ワープエンタテインメント)
読者代表変態仮面がイク! 第3回 五反田「AMANDA」紫月さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第3回 五反田「AMANDA」紫月さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第3回 五反田「AMANDA」紫月さん【1】
特選AVレビュー『むっちりスケベな幼妻 Iカップ爆乳グラマラス痴女デリ嬢 後藤里香』(まぐろ物産)
読者代表takashi部長がイク! 第9回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」桜さん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第9回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」桜さん【1】
特選AVレビュー『ママ友のアナル奴隷として飼育される社宅妻』(シネマジック)
特選AVレビュー『凄すぎるJカップメガボイン豊満妻 中島芙美』(マザー)
特選AVレビュー『となりの奥さん 5時まで秘密デート 星川光希』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
金のEX NEXT Vol.6(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.6(ミリオン出版)
コタツの中で(大洋図書)
人妻絶叫アクメSP(ミリオン出版)
おくびょうなディア(大洋図書)
香る獣(大洋図書)
TOKYO GALs COLLECTION ~東京ギャルズコレクション~ 2019年2月号(大洋図書)
騎士の涙(大洋図書)
実話ナックルズ 2019年2月号(ミリオン出版)
ご当地人妻密会DX(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
老舗SMメーカー情報第2弾!
SMの王道を歩き続けるために 【2】

浣腸ホテルs.jpg
「シネマジック」の初期作品『浣腸ホテル』。横組のパッケージは現在であれば難しい選択となる。販売店やレンタル店が陳列を嫌がるためだ。シネマジックの創業当時がどのような時代だったかを示す端的な例である。
インタビュー・文=安田理央

老舗が誇る「シネマジック」クオリティの秘密に迫る!

トップブランド「シネマジック」の社長兼
名匠・吉村彰一氏ロングインタビュー!!

「シネマジック」のビデオがSMとの出会いだったと語るマニアは少なくない。特に80年代終わりから90年代前半にかけて、従来の暗く陰湿だったSMのイメージを払拭して登場した「シネマジック」の美麗なパッケージの数々。レンタルビデオの店頭で思わず手を伸ばした読者の方も多いのではないだろうか。SMビデオの王道とも言えるスタイルを貫き通し、マニアの人気を「アートビデオ」と二分する業界トップブランドの秘密に迫る!
 | 

浣腸もムチも汚く見えるかもしれないけど、
映画みたいに綺麗に撮る、それがコンセプト。


シスターLs.jpg
『シスターL』オリジナルリリース時のパッケージ。この作品は現在DVD化されており、3部作全て収録されている超豪華版だ。


写真は前回インタビューをご紹介した川村慎一監督の『猟奇館の凌辱』より。映画的な、美しい映像へのこだわりが強い「シネマジック」だが、現在でもそのこだわりは変わらない。作りこまれたセット、間接的な光を駆使した照明。こうした要素がユーザーの背徳的なストーリーへの没入を促しているのである。

吉:「シネマジック」を立ち上げた頃は、ちょうど通販とレンタルの端境期だったんだ。レンタルショップがどんどん増えてきて、通販の売り上げが落ちてきた。でも、いい作品を作っていたからアイ信(大手問屋)が独占契約してくれた。

ここから「シネマジック」の快進撃が始まる。もともと映画試行の吉村氏は、「美しい映像」に徹底的にこだわった。

吉:当時のAV、特にSMモノはしょぼい映像のものが多かったけど、それじゃダメだと思ったんだ。浣腸にしてもムチにしても、そのまま撮ったら汚く見えるかもしれないけど、映像的に綺麗に撮ることは出来るはずだからね。照明やセットにもお金をかけて、ヨーロッパ映画みたいに綺麗に撮ろうよ。それがコンセプトだったんだ。

1985年にリリースされた『シスターL』は「シネマジック」最大のヒット作にして最高傑作の呼び声も高い名作だ。ミュージシャン/作家の大槻ケンヂも自分がAVにハマるきっかけとなった一本だとあげているこの『シスターL』は、すでに裏ビデオでは人気の高かった巨乳美少女・菊池エリのAVデビュー作である。デビュー作にもかかわらず、菊池エリはハードなバイブ責め、足指舐め奉仕、洗濯ばさみ責め、鼻責め、スパンキング、アナル責め、そして浣腸責めにまで挑戦している。

その豊満なボディを責め立てるのは「シネマジック」の常連男優であった中野D児。菊池エリのマゾっぷりとハードボイルドな中野D児のコンビネーションは素晴らしく、『シスターL』は3作までシリーズ化され、いずれも大ヒットした。

この作品のハイライトである浣腸シーンではソラリゼーション効果を使うことにより、吉村氏の言うところの「汚いものでも綺麗にとる」コンセプトを見事に実現している。



続きを読む>>>

※この記事はS&Mスナイパー2006年12月号に掲載された記事の再掲です。
また記事中の画像の著作権は、全て株式会社シネマジックに帰属します。



関連リンク

シネマジック公式サイト=http://www.cinemagic.co.jp/
『シスターL 3部作』を公式サイトで確認する
yasuda_face.jpg

安田理央の恥ずかしいblog
http://d.hatena.ne.jp/rioysd/

新刊「エロの敵 今、アダルトメディアに起こりつつあること」(翔泳社)
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4798111082

安田理央 気がつけば、今年で40代を迎えるエロ系ライター。今年はボーッとしてると大変ヤバイことになってしまいそうなので、色々と新しい行動を起こすぞと考えたり考えなかったりしております。「エロの敵」に続くアダルトメディアルポも構想中。  

 | 
07.04.15更新 | WEBスナイパー  >  インタビュー