Lovely-CandleB ミストレスランドA 本家三行広告:A 女王様・M男動画サイトA
最新記事20件
触れるもの全てを台無しにしていく嫌すぎるヴァンサン・カッセルを観ているうちに、でも待てよと思う 映画『たかが世界の終わり』公開中!!
特選AVレビュー『誘惑 美容室 吉澤友貴(ドリームチケット)』
2ページまんが 酒場の女【4】
なぜダメ探偵の出てくる映画はこんなに愛おしいのだろうか。キメ顔してるのにバカに見えるゴズリングが最高! 映画『ナイスガイズ!』公開中!!
特選AVレビュー『舐めたいカラダ 中年オヤジに足の指から耳の裏まで舐め尽くされる変態SEX 紗倉まな (ソフト・オン・デマンド)』
特選AVレビュー『牝犬にされた女社長 獣欲の生贄(シネマジック)』
女の武器は言葉だ/『女の数だけ武器がある。たたかえ! ブス魂』著者=ペヤンヌマキ(幻冬舎) 文=大野左紀子
特選AVレビュー『緊縛奴隷調教され快楽堕ちする美しき背徳未亡人 小向美奈子(マキシング)』
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年2月号
特選AVレビュー『イッてもイッも許さない 完全拘束亀頭責め(エピキュリアン)』
ノマドしすぎた男 映画『ホームレス ニューヨークと寝た男』公開中!!
特選AVレビュー『必殺! 白目剥いても地獄突き 真白愛梨(NON)』
特選AVレビュー『うちの娘、家ではブラジャーを着けないので、父としてはちょっと困ってます... ゆうなちゃん 姫川ゆうな(思春期.com)』
川上讓治写真展 「釜ヶ崎劇場 2011-2015【吾亦紅ありたい】」開催!!
特選AVレビュー『ベッロベロのズッポズポ - 成宮いろは(ドグマ)』
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【31】『ふたなりっ娘ファンタジアIII 』所収「オナホフレンズ」 著者=まる寝子(キルタイムコミュニケーション)
SMを真面目に語るネット番組「おれたちの非常口」ニコニコチャンネルで月2回、生配信! 第1回は2/9 20:00-21:00にて放送予定!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/真白愛梨 (光夜蝶)』
特選AVレビュー『いひなりの兄嫁 畑野聖奈(タカラ映像)』
絵を描く人々 第10回 描くことの光と闇
アクセスアップ
新刊情報
スナイパーEVE Vol.63(ワイレア出版)
艶熟SPECIAL Vol.27(大洋図書)
オルガ 官能ドラマ劇場(ミリオン出版)
人妻恥辱ポルノSpecial(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.8 (ミリオン出版)
giri giri Vol.16(大洋図書)
俺の旅 2017年3月号(ミリオン出版)
よろめき 2017年3月号(ミリオン出版)
スケベ過ぎる女教師(大洋図書)
花と蜜 Vol.39(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
dancing_girls_07_TOP.jpg
毎週土曜日更新! The dancing girls are in full bloom at their best.
咲きほころぶ踊り子たちの肖像 舞姫爛漫  第2回「きらら☆」【2】
写真・文・インタビュー=インベカヲリ★ モデル=きらら☆

ストリップ劇場でのストリップショー。黄金時代は過ぎたといえ、根強いファンはいまも劇場に通っています。そして踊り子たちもまた踊り続けているのです。そんな彼女たちの姿を追う「舞姫爛漫」、第2回のきらら☆さんは浅草での路上撮影!
前回に戻る 目次に戻る
 | 

周りの男の子たちと一緒に立ちションしてました
自分のことは「俺」って言ってたし

幼少期

きらら☆は京都の呉服屋に生まれた。純日本風な顔立ちとまったりとした京都弁。身振り手振りも大変女性らしい雰囲気を漂わせている。しかし幼い頃はまるで正反対、男勝りの活発な少女だったという。

「周りの男の子たちと一緒に立ちションしてました。自分のことは『俺』って言ってたし。お母さんに注意されて途中から『僕』になりましたけど(笑)。男兄弟ばかりの中で一人だけ女の子だったから、洋服だってお兄ちゃんのお下がり。可愛がられるどころか完全にオス扱い。遊びだって男友達と山登りとか忍者ごっこで、リカちゃん人形なんて持ってなかったんですよ!」

そんな少女きらら☆には天邪鬼な一面もあった。冬になるとたんすから半そで半ズボンを引っ張り出して身に着けた。夏には毛糸のセーターを着た。両親は必死にやめさせようとしたのだが、やめることはなかったという。

そして既にその頃からストリッパーとしての原点のようなものがチラつき始めていた。



「3歳とか4歳で、パーマかけたいってお母さんに頼んで、髪をクルクルにしてたんですね。それで真っ赤な口紅を塗って、フリフリのスカート履いて、お母さんのハイヒールを履いて、台の上に登るんですよ。その前に、客集めですね。近所中、一軒一軒ノックして『踊るでー』みたいな(笑)。行くときはお母さんの靴履いてくんだけど、その靴を次に行った家のオバチャンのと履き替えて、また違う家に行ってトントン『踊るでー』って。また今度はそこの人の靴に履き替えて、もう誰の靴かわかんなくなって、慌ててみんな集まったって親が言ってました。結局、10軒くらい回って、近所のオバチャンと男友達が集まったところで、踊るんですけどね。終わった後はみんな帰っちゃうじゃないですか。私、泣いてたらしいですよ(笑)。記憶にはないけど写真に残ってました」

3歳の頃から人前で踊っていたということに驚いてしまう。だが、幼稚園のお遊戯会はものすごくイヤがったという。ご近所では誰に頼まれたわけでもなく、自分から踊ったというのにである。

「王子様の白いタイツですよ! 下着とかスケスケだったり。ウサギの役だったんですけど、踊りがウサギじゃないんですよね、耳とお面をつけてるだけで、カエル役とかもそうでした。今にして思えば、演出が気に入らなかったんでしょうね、自分で納得がいかなかったんだと思います。私が幼稚園の先生だったら、絶対白いタイツなんか穿かせないですからね」



高校生の頃にも、きらら☆のキャラは決定的なエピソードとして残っている。

「友達に誘われて、ファーストフード店でバイトを始めたんですよ。『いらっしゃいませー』とか言ってたらお客さんの評判がよくて、スターっていうお客様係に回されたんですね。レジとかはやらないで、混んでるとき並んでるお客さんに『ご注文はお決まりですか?』って聞いたり、お子様にサービスのノベルティをあげたりとか店内の色々なところを動き回る仕事だったんですね。普通より給料もよかったので、よーしこりゃいいと思って」

一際目立つ存在だったのだろう。個性的な彼女は、どこへ行っても普通とは違う仕事を回された。

「今度は美人の友達に『ホステスやらへん?』って誘われて。えーそんなん無理と思ったけど、誘われて恐る恐るついてって、面接したら明日から来てっていわれて。でもオジサンと喋るのが苦手で、ずっと硬直してたんですよ。『ハイッハイッ』とか言って(笑)。そしたら『君は向いてないからキャッシャーでいいかな?』っていわれて。キャッシャーってホステスさんとは違う制服着せられて、いくらですって言ってただ立ってるだけなんですよ。ホステスさんはお酒飲んだりオジサンと喋る仕事でしょ。私は立ってるだけなのに逆に人気が出ちゃって。チップをいっぱい貰ったり、プレゼント貰ったり。オジサン達は、ホステスさんは女として見るけど、私はマスコットガールなんですね。触っちゃいけないものとして扱うんです」

考えていることが素直に表情に出てしまうというのは、決してホステス向きとはいえない。そのマイペースな性格は、当然のごとく現在のストリップ業にも影響しているのだった。

(続く)


前回に戻る 目次に戻る

kirara.jpg
Kirara☆ x Inbe Kawori★

きらら☆
1994年5月11日デビュー。京都DX東寺所属。愛称は“きらこ☆”。13周年を迎えた今年、来年2月での引退を表明。2008年2月11日〜20日まで、DX東寺で引退興行を行なう。引退後はさらに自分の思い描く世界を表現し続けるために生きていくとのこと。
撮影=インベカヲリ★
モデル=きらら☆

関連リンク

京都のお嬢様きららのお部屋
インベカヲリ★

関連記事

咲きほころぶ踊り子たちの肖像「舞姫爛漫」
牧瀬茜 【1】>>>【2】>>>【3】>>>【4】>>>【5】



インベカヲリ★ インベカヲリ★ 東京生まれ。編集プロダクション、映像制作会社勤務を経てフリー。写真、文筆、映像など多方面で活動中。著書に「取り扱い注意な女たち」。趣味は裁判傍聴。ホームページでは写真作品を随時アップ中。

インベカヲリ★ http://www.inbekawori.com/

 | 
07.12.15更新 | WEBスナイパー  >  インタビュー