本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
タイトルロゴ.png

一昔前は数えるほどしかいなかった緊縛師という存在。だが現在では実に多くの方々が日々しのぎを削っている。2005年、そんな緊縛師の第一人者であった明智伝鬼氏が亡くなられた。ひとつの時代が終われば、新たな時代が始まる。現在注目の緊縛師4人に行なったインタビューを、読者の皆様はどのように受け止められたのだろう。


この記事を最初から読む
前回の記事を読む

 | 

縄を手にする全ての人に

現在、様々な人々がしのぎを削っているこのSM世界。そのなかでも今回話を伺ったのは主に縄を用いて活躍されている四人である。だからといって縄を使った緊縛、それがSMの基本である、などと結論づけたいわけではない。

長田スティーブのように緊縛を窮めようとする緊縛師もいれば、有末剛のように縄に捕らわれないことがスタイルという緊縛師もいる。そしてまた神浦匠は伝統的な緊縛術に惹かれ、乱田舞はSMそのものをさらに膨らませていこうとしている。そしてまた彼らに限らず、全ての緊縛師はそれぞれ異なる志を持ちながら、ときには縄を用い、また一切使わずに、己の世界を表現しているのだ。

だが彼らは皆知っている。女体にかけられた縄の美しさを。縄を手にして相手と向かい合うことの意味を。そしてそれは何も緊縛師と呼ばれるプロフェッショナルだけに限ったことではない。「S&Mスナイパー」を手にしている全てのSM愛好者たちも、やはり日頃から感じていることと思う。あの縄を手にして相手へかけていくときの、えも言われぬ喜びを。そうした思いを忘れなければ、私たちはSMというものの新たな時代、その到来を願うことができるのではないだろうか。全ての縄を手にする人が、新たな想いでSMを楽しまれることを願って、この特集の結びとさせていただきたい。

※この記事はS&Mスナイパー2006年1月号に掲載された記事の再掲です。

文=編集部・五十嵐彰

 | 
07.03.27更新 | WEBスナイパー  >  インタビュー