女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『となりの奥さん 5時まで秘密デート 星川光希』(HMJM)
特選AVレビュー 『銀河級美少女とずっと見つめっぱなしでエッチしよっ002 アイドル研究生 きらり』(宇宙企画)
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【1】
特選AVレビュー『牝性 -ペルソナ-』(milky)
特選AVレビュー 『凸凹Night School』(SILK LABO)
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【3】
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【2】
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【1】
特選AVレビュー 『最高の愛人と、最高の中出し性交。32 雪肌Eカップ巨乳美女』(PRESTIGE)
特選AVレビュー 『「私、妄想の中では千人斬りしてるヤリマンなんです」地方の工場で働く地味なGカップが悶々と股間を湿らせて上京して来たので身も心もスケベに改造してみたらスゲエいい女になりました。』(ファーストスター)
2ページまんが 酒場の女【25】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年11月号
特選AVレビュー 『新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた...』(ながえstyle)
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
アクセスアップ
新刊情報
花と蜜 2019年1月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.44(ミリオン出版)
淫らに交わる母 嫁 娘(ミリオン出版)
初恋が牙をむく(大洋図書)
明日はどっちだ! 4(大洋図書)
笑う鬼には福きたる 1(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2019年1月号(ミリオン出版)
ihr HertZ 2019年1月号(大洋図書)
共鳴発情 オメガバース(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2019年1月号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

The amateur bondage photographer
Suzuki Lazy, a long interview!


アマチュア緊縛写真作家の素顔に迫る
「ROPE MAGIC」管理人
スズキレイジ氏
ロングインタビュー 第2回


撮影=スズキレイジ

アマチュア緊縛写真家スズキレイジ氏のサイト、「ROPE MAGIC」。 もし貴方がこのサイトの存在を知らないのなら、いますぐに「ROPE MAGIC」を訪ねていただきたい。“緊縛”とか“アダルトサイト”といった雰囲気を微塵も感じさせない、その洗練されたデザインとインターフェイスにまずは驚くはずだ。つぎに公開されている作品の数に圧倒され、さらに掲載されている作品を丹念に眺めていくと、驚きはいつしか言いようもない感情に変わっていく。そして一通りサイトを巡回した後、改めて気づくことがある。これほどまでに完成度の高いサイトが、まったくの無料で運営されているということである。 いったい「スズキレイジ」とは何者なのか? その素顔に迫るロング・インタビュー、全4回にわたってお届けいたします。
 | 

顔を映さないことで身体の表情みたいなものに
主眼を持っていくことができるのかなと

編:足と腕を一緒に縛るのがお好きなんですよね。こういうのもやっぱりデザイナー的にフォルムに対する欲求が強かったりするからなんでしょうか。
S:長くやってるとやっぱりマンネリになってくるところってあるんですよ。僕って吊りをやらないんで、そうすると凄く縛り方とかも限定されてきちゃうので、なるべく変化をつけて。
編:女性の身体の表情ですよね。顔の表情が出ないので。
S:それがうまく出るポーズとか縛り方とか意識してます。足と腕を一緒に縛るのは最初に何気なくいいなあって思って載せてたんですけども、凄く評判が良くて、やめられなくなりましたね(笑)。
編:(笑)。
S:商業主義ではないと言いながら、結構読者の意見は気にしている(笑)。
編:顔が見せられないという理由からなのかもしれないですけれども、空間を使われている写真が多いですよね。
S:その辺はちょっとデザイナーくさい写真になっているかと(笑)。
編:身体のフォルムに対する捉え方のこだわりも、やっぱり表情がないからなんだろうなと思うんです。
S:人間ってやっぱり表情があると、最初に表情を見ちゃうっていうのも本能としてあると思うんで、逆に顔を映さないことで身体の表情みたいなものに主眼を持っていくことができるのかなと。
編:そのために縛る。
S:ただ裸でそこに女の人がいるっていうだけだと、そんなに複雑な表情は出てこないと思うんです。
編:実は緊縛って、縛ってからが本番じゃないですか。縛ってどうしたいんだ、っていうのが結構重要で。
S:なるほど。
編:それでその人がどの方向に行くかっていうのがあるような気がしているんです。縛りって、そこで終わっちゃいそうなんですけど、実は玄関でしかない。
S:縛ったら解くしかないですもんね。
編:縛った後にどうこうしたいというのが普通はあると思うんですが、スズキさんのお写真を観ると、縛って解いて縛って解いて(笑)。
S:(笑)。本当に縛って解いてですよ。
編:実際に写真に撮られるようになったら縛って解いてなのかもしれないですが、写真に撮る以前には、縛ってからの展開があったんですか?
S:まあ通り一遍のことはやってみたことがあります。
編:でもやっぱりしっくりこない。
S:しっくりこないことはないんですけども、うーん、追求すべきところはそこじゃなくて、その手前の縛るところなんです、僕の場合は。
編:緊縛がお好きなんですね。
S:そうですね。縛って鑑賞していたい、みたいな感じですね。できれば縛ったことによって、相手には感じて欲しいし、もう縛っただけでイッてくれちゃっうのが一番いい、くらいのことは思っているんですけども。
編:そうした手ごたえは、やっぱり日々感じていらっしゃいますか?
S:縛られる側の感受性にもよりますよね。縛られても平然としている女性とかもいますし。
編:そういう女性にばっかりに当たると、縛る気もどんどんなくなってくると思うんですが(笑)。どっかで縄酔いしやすい女性に当たったのかもしれないですね。そういった女性像みたいな、あまりにも持っている被虐性が素晴らしかったというような、写真は撮ってないけどあの子はよかったみたいなイメージがあったりするんでしょうか。
S:自分の中ではあるのかな。もう縛っている途中で立っていられなくなっちゃうくらいの子とかもいましたね。奇麗に縛るには縛りにくいんですけどね、そういうのは。
編:あまりそういう姿を写真で撮るようなことは……ないんですかね。
S:割と、撮っているつもりなんですけど……ないんですかね、あんまり(笑)。
編:なんかこう……凄い綺麗綺麗な印象で(笑)。
S:なんだろう、そうですね、少女漫画のセックスシーンみたいなものですかね(笑)。話をもとに戻して、モデルさんに聞くと縛られて気持ちがいいっていうのと、あと写真撮られて気持ちいいってのもあるみたいですね。いい気持ちになって頂くことは、まあまあ、あるように感じてはいます。演技かもしれませんけどね(笑)。


こういう写真を撮っていますっていうのが
メッセージとして伝わっているのかなっていう気はしています

編:アマチュアでやられていることも関係していると思うんですが、素人のモデルさんであることで苦労されている点などありますか。例えばいろんな制限があると思うんですが。
S:身元がわかったりということがあっちゃいけなかったりという。
編:ほくろの位置をレタッチしたりだとか。
S:はい。世の中少しずつオープンな世界になって、4〜5年前と比べてもだいぶ変わってきてるとは思うんですけれど、でもまだまだ「私はそういう趣味を持っています」ということを大っぴらに言うことが、特に女性では難しいこともあるでしょうし。そもそもネット上に自分の裸が出ちゃうってこと自体、縛られている縛られていないに関わらず、勇気のいる話だと思うんで。基本的には表情なしで、いわゆる個人情報みたいなものは全部伏せた状態でモデルをしていただけるというふうにはしていますね。
編:そういう制約が直接的にフレーミングへと影響しますよね。
S:そうですね、表現の幅が当然それで狭くなるんですけど、ポリシーとしてよくあるモザイクとか、黒い目線とかは……。
編:使わない。
S:使わない。それは「作品だから」ということで。
編:拝見していると、我々よりもよっぽどスズキさんのほうが、素人さんの顔の隠し方がお上手だなと。
S:見えない方が楽しかったりもしますよね。自分の想像で適当にイメージをかきたてられたりとか。
編:モデルさんも、非常に皆さんスタイルの良い方ばかりですよね。
S:モデルさんの選考に関しては、ここ半年ぐらいでやっと選ばせて頂くようになった感じで、2006年の最初ぐらいまでは選んでなかったです。来た方全部撮らせて頂くという。
編:なかにはこう、明らかにスズキさんの好みじゃないモデルであるとか。
S:(笑)。うーん、でもあれですよ、割と僕はストライクゾーンは広いんで。逆になんだろう、こういうサイトに掲載しますよというのが撮らせて頂く前提となっているので、応募して頂くモデルさん自身のほうで、ある程度選抜してくれているのかなと。
編:なるほど、そういった敷居をあげるためにも……。
S:敷居をあげるっていうわけでもないんですけど、まあひとつの世界観ができてるじゃないですか。誰でもいらっしゃいというよりは、こういう写真を撮っていますっていうのがメッセージとして伝わっているのかなあっていう気はしていますね。でも今までに撮影したモデルさんは……最近数えなくなっちゃったんですけども、たぶん100はいってないと思いますが、50は確実に越えています。
編:では応募もかなり頻繁にあるんですね。
S:だいたい月にひとりふたりは来ていただいてる感じです。くどいようですが趣味でやっておりますんで(笑)、ちょっと全部にお応えしていると身体が持たないというか、懐具合が持たないというのか。多少自分の作品に相応しい方を選ばせて頂いているということはあります。
編:リピーターのモデルさんもいらっしゃるみたいですね。
S:うまく波長が合うモデルさんとは自然と何度も撮影することになってます。やっぱり初対面で撮るのって、そのスリルもあって新鮮さもあって、それはそれでいいんですけど、いろいろやっぱりお互い不慣れなわけで。関係をつくりながら手探りしながら撮っていくんですが、やっと打ち解けた頃にはもう終わりって感じになってしまうので、ちょっと凝った撮影とかしたいなあとか思うと、やっぱり二回目以降のモデルさんの方が気心が知れてやりやすいというのはありますね。

(続く)

インタビュー・文=編集部・五十嵐彰


フレーミング=写真や絵画の制作において、フレームの位置や大きさなどを検討、決定すること。
oyayubi150.jpg スズキレイジ 自称チョイ駄目オヤジ(笑)。1960年代のなかば生まれ。生まれも育ちも東京都多摩地区。 幼少のころから女の子が大好き。そしてなぜか「縛られた女の人」に興味津々。少年時代をボースカウトのロープ名人として過ごし、だいぶ大人になってから女性を縛ることを独学で覚える。学生時代はデザインを学び、就いた仕事もグラフィックデザイン系。仕事でカメラマンに注文つけているうちに自分でも写真を撮るように。現像の必要ないデジタルカメラの出現を機に「縛られた女性」の写真を趣味として撮り始め、最近はアマチュア緊縛写真作家として本格的に作品創りに励んでいます。

スズキレイジ氏のサイト=「ROPE MAGIC」

 | 
07.09.12更新 | WEBスナイパー  >  インタビュー