女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 1 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『となりの奥さん 5時まで秘密デート 星川光希』(HMJM)
特選AVレビュー 『銀河級美少女とずっと見つめっぱなしでエッチしよっ002 アイドル研究生 きらり』(宇宙企画)
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【1】
特選AVレビュー『牝性 -ペルソナ-』(milky)
特選AVレビュー 『凸凹Night School』(SILK LABO)
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【3】
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【2】
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【1】
特選AVレビュー 『最高の愛人と、最高の中出し性交。32 雪肌Eカップ巨乳美女』(PRESTIGE)
特選AVレビュー 『「私、妄想の中では千人斬りしてるヤリマンなんです」地方の工場で働く地味なGカップが悶々と股間を湿らせて上京して来たので身も心もスケベに改造してみたらスゲエいい女になりました。』(ファーストスター)
2ページまんが 酒場の女【25】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年11月号
特選AVレビュー 『新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた...』(ながえstyle)
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
アクセスアップ
新刊情報
花と蜜 2019年1月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.44(ミリオン出版)
淫らに交わる母 嫁 娘(ミリオン出版)
初恋が牙をむく(大洋図書)
明日はどっちだ! 4(大洋図書)
笑う鬼には福きたる 1(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2019年1月号(ミリオン出版)
ihr HertZ 2019年1月号(大洋図書)
共鳴発情 オメガバース(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2019年1月号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
The amateur bondage photographer
Suzuki Lazy, a long interview!


アマチュア緊縛写真作家の素顔に迫る
「ROPE MAGIC」管理人
スズキレイジ氏
ロングインタビュー 第4回


撮影=スズキレイジ
アマチュア緊縛写真家スズキレイジ氏のサイト、「ROPE MAGIC」。 もし貴方がこのサイトの存在を知らないのなら、いますぐに「ROPE MAGIC」を訪ねていただきたい。“緊縛”とか“アダルトサイト”といった雰囲気を微塵も感じさせない、その洗練されたデザインとインターフェイスにまずは驚くはずだ。つぎに公開されている作品の数に圧倒され、さらに掲載されている作品を丹念に眺めていくと、驚きはいつしか言いようもない感情に変わっていく。そして一通りサイトを巡回した後、改めて気づくことがある。これほどまでに完成度の高いサイトが、まったくの無料で運営されているということである。 いったい「スズキレイジ」とは何者なのか? その素顔に迫るロング・インタビュー、全4回にわたってお届けいたします。
 | 

被写体に愛情がないと綺麗に撮れないかなあと
そうじゃないと5時間も6時間も密室で過ごせない(笑)

編:やはり好きでやられているということもあって、徐々にSMの世界が広がっていったりとかすると思うのですが。
S:モデルさんとたくさん知り合えるという意味ではどんどん広がっていて、それは嬉しいことだし、ありがたいなと思っています。でも割とこのSM業界とのつながりというか、今回のように声をかけて頂くことってあんまりないんですよね。
編:横のつながりもないんですか?
S:派閥というか、コミュニティというか結構あるじゃないですか、この世界って。
編:いろいろありますよね(笑)。
S:たぶんどこにも属していなくて(笑)。
編:同じ趣味のお知り合いがいらしたりとかそういうことも?
S:少ないです。
編:いらっしゃることはいらっしゃるんですね。
S:サイトでリンクしてる方とか、「mixi」でマイミクしてる方とか(笑)。
編:(笑)。
S:だからといって、頻繁にお会いしてどうのということがあるわけでもないし、マメに連絡をとったりすることもなかったりするんで。割と天涯孤独な立場です。
編:でもそれをよしとしていらっしゃる。
S:これは個人の資質なのかもしれないですけど、あまり人と徒党を組まないというか。我が道をいくっていうところがあるのかもしれないですね。
編:現在スズキさんの中のSM的な、遊びも含めてなんですけど、SMにまつわるいろんなものは、全てこの「ROPE MAGIC」で消化できているのでしょうか。
S:ほぼそうですね。そういっても間違いじゃないです。
編:SMクラブに行くこともなくなれば。
S:なくなりましたね(笑)。
編:やっぱりこのサイトを始められてから。
S:写真を撮り始めたりとか、このサイトが始まったりした頃から。写真を撮る撮られるっていうだけなんですけども、人間的につながりあう部分がモデルの女性とはあるんで。クラブでの、じゃあ二時間で、とかいうお付き合いでは物足りない感じになっちゃってるんでしょうね。
編:女性との付き合いが深くなれば深くなるほど、スズキさんの身体はひとつで女性はたくさん(笑)。
S:そういうことですね(笑)。
編:こういう状況もまた楽しんでいらっしゃる(笑)。
S:これがあの、愛人がたくさんいるんだったらそれこそ大変なんでしょうけども(笑)。まあカメラマンとモデルなんで。
編:あくまでも(笑)。
S:という感じなんで、なんとかかんとかやっていけてるという感じですね。
編:でもファインダーを覗いているときだけは恋愛関係みたいなものに近い部分があったりするんじゃないでしょうか。
S:撮影が始まって終わるまでは、擬似恋愛じゃないですけど、そういう感覚はありますよね。やっぱり被写体に愛情がないと、なかなか綺麗に撮れないかなあと。そうじゃないと5時間も6時間も密室で過ごせないですよね(笑)。モデルさんとは、特に初めての方だとコミュニケーションを作るのが一番難しいですよね。本当に大丈夫かなってくらい緊張しているモデルさんもいますし(笑)。
編:まさかスズキさんも素っ裸になってふたりで脱いで撮影、というわけじゃないですものね(笑)。
S:残念ながら(笑)。
編:やはり服を着た人の前で自分だけ服を脱ぐっていうのが。
S:いつも縛る前にカメラのテストとかそういうのを兼ねて、ちょっとそこに立ってみてーで写真を何枚か撮るということをやるんですけど、それが一番恥ずかしいって言いますね。縛られてからのほうが、もうなすがままっていうか、ポーズのつけようも少ないし、まな板の上の鯉になった気もしたりするのか、割と大丈夫みたいなんですが、最初のそういうのが一番恥ずかしかったって言いますね。
編:ああいまから縛られるんだわ、っていうことですかね(笑)。
S:そういうのもあるかもしれないですね(笑)。


縛られたいという女の人が
本当に世の中にはたくさんいるんだなあって思いますね

編:こういう時代になって、誰でも情報や作品を発信できる世界のなかで、みんな「mixi」やったりブログを書いたりぐらいはすると思うんですよ。そういうなかで、職業のことも含めて技術をこういうかたちで活かして、趣味も活かして、それを掲載していく、それができるってことはとても幸せなことだと思うんです。
S:恵まれているっていうか巡り合わせというか、恵まれている立場にいることになったなあと自分では思いますね。
編:でも自分でやろうと思わないとこうならないですよね。これをやろう!と思った最大のきっかけが知りたいんです。というのは、デジタルカメラがあって、写真を撮って、自分のホームページを作ってアップする、それならやろうと思えば簡単にできるし、そしてやられている方もいる。でも女性を公募して、脱がせて、縛って、しかもそれを写真に撮って、となるとまたふるいがかかってやろうと思う人がガクッと減ると思うんです。なぜこの道だったんでしょう。
S:なぜなんでしょうね(笑)。
編:なぜこれだけのサイトを作ることができて、見せ方もこれだけちゃんと見せることができるにも関わらず、あえてSMなのかと。
S:自分の興味がやっぱりここに一番あったのかなあと思いますね。
編:ここに収まるしかなかった。
S:人生の倦怠期というか、これを始めた頃……30歳を過ぎて、夢中になれることってそんなにたくさんはなかったんですよ。仕事も女性関係もまあ目処が立っちゃって、ある意味割りきりができてた年頃だし。じゃあ趣味はどうかというと、まあなくはないけど、20代の頃みたいにスポーツにしても車にしても夢中になってできる感じではなかった。でも緊縛写真作品を作るということ、これに関しては、凄く夢中になってやれたってのはありましたね。そういう意味では、自分の中では自己実現なんですかね。いいものに出会えたなって思います。あとは、WEBの中を世界中見渡して、似たようなことをやっている人が、調べてみたらそんなにいなかった(笑)。割と第一人者っぽくなれたみたいなところも嬉しくて。なんか形に残るっていうのがいいですよね。自分の好きなものを好きなように作れるし。結局、一番好きなものがこれだったんですよ。
編:本当に楽しんでいらっしゃいますね。
S:大変は大変で、ブログの中でも大変大変ってぐちぐち書いてますけど、基本的には楽しいからやってます。なにしろ 趣味なんで。これに関することは全部楽しいですよね。
編:これがSMになっちゃってる。
S:これはSMって呼ぶのかなあ、どうなのかなあっていう気は、最近ちょっとしてきてます。
編:ではあえてSMではない名前をつけるとしたら?
S:「ROPE MAGIC」ですかね(笑)。
編:綺麗にまとめていただいて(笑)。
S:綺麗ですか(笑)? まあ縛られたいという女の人が、本当に世の中にはたくさんいるんだなあって思いますよね。
編:そしてそういう人がいる限りスズキさんができる範囲で。
S:できる範囲で、はい(笑)。できる範囲で続けていきたいと思います。

インタビュー・文=編集部・五十嵐彰


oyayubi150.jpg スズキレイジ 自称チョイ駄目オヤジ(笑)。1960年代のなかば生まれ。生まれも育ちも東京都多摩地区。 幼少のころから女の子が大好き。そしてなぜか「縛られた女の人」に興味津々。少年時代をボースカウトのロープ名人として過ごし、だいぶ大人になってから女性を縛ることを独学で覚える。学生時代はデザインを学び、就いた仕事もグラフィックデザイン系。仕事でカメラマンに注文つけているうちに自分でも写真を撮るように。現像の必要ないデジタルカメラの出現を機に「縛られた女性」の写真を趣味として撮り始め、最近はアマチュア緊縛写真作家として本格的に作品創りに励んでいます。

スズキレイジ氏のサイト=「ROPE MAGIC」

 | 
07.09.14更新 | WEBスナイパー  >  インタビュー