本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2 worldcryptobinary 1 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
『写真時代』創刊号
『写真時代』創刊号
出版社=白夜書房
発行=1981年9月1日
Pornographic design in Japan
意識しなければ気がつかないほどに世の中にはデザインされたものがあふれています。アダルトコンテンツに対しても多くのデザイナーが携わってきましたが、ほとんどのポルノは特別な注目を浴びることがありません。 これまで省みられてこなかったポルノ・デザインの変遷を、日本のデザイン青史のいち潮流として、ばるぼら氏が読み解きます。
 | 
前回、この連載では戦後から1970年代前半までを「近世史」、1970年代後半から1980年代前半までを「近代史」、1980年代後半以降を「現代史」と考えると書いた。「近世」がエロ=下品のイメージでエロ本を作っていた時代なのに対して、「近代」はスッキリさせた魅せ方でこれまでとは違うエロ本を作りはじめた時代である。今回と次回でこの「近代」を少し突き詰めていこう。

■前史(2):エロのデザイン史における近代とは何か(前編)

もともとグラフィック・デザイナーを目指していたという末井昭が『NEW SELF』をはじめた時に、描き文字ではなくすべて写植の文字を使ったのは画期的だった。しかし、なぜそれまで皆が描き文字を使っていたのかというと、70年代前半までの写植には太くて目立つ書体がなかったからである。描き文字は自分で描く文字だからいくらでも太くできる。つまり派手にしたい時に写植では限界があり、自分で描かなくてはいけなかった。

だが幸いなことに1975年に画期的な書体が登場してこの問題は解決する。「ゴナ」だ。これは極太のゴシック体で、登場以降、雑誌や広告の見出しに多用されており、当然ながらエロ本にも浸透していった。末井は当時を振り返って〈ぼくなんか、写植のいちばんいい時代に雑誌を作ってきたんです。写植の書体がどんどん使えるようになったんです〉(『季刊d/SIGN』17号、2009年12月16日発行、太田出版)と話している。

書体「ゴナU」
写研が1975年に発表した書体「ゴナ」。画像は一番太い「ゴナU」(UはUltra Boldの略と思われる)。

『NEW SELF』は廃刊となって『ウィークエンドスーパー』が新創刊。『ヘヴィSCANDAL』『ヘッド・ロック』など誌名を変えながら細々と続いたが再び廃刊。新雑誌『写真時代』となる。最盛期には25万部売れたという『写真時代』からデザイナーのクレジットが入るようになっており、デザイナーは増山真吾&ペーパーストーン(増山氏は2000年に亡くなった)。ゴナを大胆に使ってレイアウトした主張の強いデザインだが、写真の邪魔はしないよう文字は必ず顔を避けて配置されている。増山氏が別の仕事で忙しくなってからは同事務所にいた井上則人氏(現在は『アックス』をはじめマンガ関連のデザイナーとして知られる)が後任として引き継ぎ、一時期は東良美季氏も手伝っていたという。

描き文字ではなく、写植の文字を使う。ゴチャゴチャとさせず、スッキリとまとめてしまう。誌面を統治しようとする意思が表出する。この意思を「近代」のはじまりとしよう。それを一番目立つかたちで打ち出したセルフ出版/白夜書房のデザイン・フォーマットは、多くのエロ本に踏襲され、一世風靡する。下記に並べたのはどれも80年代前半までのセルフ出版/白夜書房の雑誌だが、いずれも基本は同じフォーマットで作られていたと想像できるだろう(『ヘヴィSCANDAL』だけ異色。また『ヘッド・ロック』は一時期筆文字を使っていた)。

80年代前半までのセルフ出版/白夜書房の雑誌
上段 : 『ウィークエンドスーパー』1980年7月号 出版社=セルフ出版 発行=1980年7月1日、『写真時代』創刊号 出版社=白夜書房 発行=1981年9月1日、『Billy』1983年7月号 出版社=白夜書房 発行=1983年7月1日
下段 : 『ヘヴィSCANDAL』創刊2号 出版社=セルフ出版 発行=1981年7月1日、『写真時代』月刊化第2号 出版社=白夜書房 発行=1984年8月1日、『BEAT』出版社=白夜書房 発行=1983年12月1日

■補足解説:セルフ出版/白夜書房以外のエロ本デザイン

末井氏はデザイナーとしてはあくまでアマチュアだったが、プロのデザイナーが介入したエロ本(というと怒られるのかもしれない)というのもあった。ここではセルフ出版/白夜書房以外の優れたエロ本をまず二つ書きとめておく。

まず1975年創刊の『PLAYBOY日本版(月刊プレイボーイ)』(集英社)。コンビニに並んでる青年向け週刊誌とは関係なく、世界的に有名なポルノ&エンターテインメント誌の日本版(2009年1月号で休刊)。初期はサイケデリックなイラストレーションで知られる田名網敬一がアート・ディレクターを務めていた。最初の10号までは表紙にうさぎのマークだけしか使わないストイックなもの。マークが浸透したと考えたのか、売り上げを気にしたのか、11号からは外国人モデルのヌード写真を表紙に使うようになった。

『PLAYBOY日本版』7号
『PLAYBOY日本版』7号 出版社=集英社 発行=1976年1月1日

次に1980年創刊の『写楽』(小学館)。篠山紀信の「激写」シリーズを売りにした写真誌で、アート・ディレクターは長友啓典。長友はこの前に『平凡パンチ』『GORO』『流行通信』なども手がけていた。末井氏の『写真時代』は『写楽』のエロ版を作るような気持ちではじまっている。

『写楽』創刊号
『写楽』創刊号 出版社=小学館 発行=1980年6月1日

上記二誌に共通するのはロゴと図版(写真、イラスト)以外はほとんど文字らしい文字を入れていないこと。おそらく二者ともエロ本特有のゴチャゴチャした文字の入れ方が下品なイメージを作ることを充分わかっており、それを抜いてしまうことで、あえて説明不足な「作品」感を演出したに違いない。文字の量を減らすとエロさが減る分、別のムードが出る。このことは今後も出てくるので覚えておいてほしい。

他にいくつか見ておこう。『GULLIVER』(檸檬社)は先ほども言及した田名網敬一がデザイン。アングラ文化とエロが一緒くたになった奇妙なエロ本で、数号で普通の洋ピン・エロ本になったが、田名網氏が手がけたこの創刊号は色使いがサイケデリックすぎてヌードが興奮ではなく犯罪を連想させ不安を煽る。『PLAYBOY日本版』で文字を入れていなかったのに対し、こちらは文字が入っている。文字を入れたらどうなるのかの比較サンプルとして見るといい。

『GULLIVER』創刊号
『GULLIVER』創刊号 出版社=檸檬社 発行=1978年2月1日

辰巳出版の『TARGET』や『カレッジ・プレス』は80年代初頭の典型的なデザインといっていいだろう。どちらもゴナの見出しをメインに、ツメの甘い細ゴシックや明朝体を散らばした、まとまりのない雰囲気である。前者は森田じみいや狂乱娼館をはじめパンクな人々が連載を持っていた洋ピンエロ雑誌で、時期によって違うがこの頃のレイアウトは柳川研一(この頃、徳間書店でSF関連の装丁をしていたデザイナー)。後者は現役大学生ヌードなどを掲載していた風俗カルチャー情報誌で表紙レイアウトは編集長の能星冬樹が自ら手がけていたようだ。

『TARGET』1982年9月号
『TARGET』1982年9月号 出版社=辰巳出版 発行=1982年9月1日

『College Press』創刊号
『College Press』創刊号 出版社=辰巳出版 発行=1980年12月1日

文=ばるぼら

man.gif
ばるぼら  ネットワーカー、古雑誌蒐集家、周辺文化研究家。著書に『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』(共に翔泳社)、『NYLON100%』『岡崎京子の研究』(共にアスペクト)など。共著で『消されたマンガ』(鉄人社)。
「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/
 |