ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『闇に沈められたプリマ バレリーナ捜査官暴力監禁室』(シネマジック)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『今日も義父に玩具にされて.../椎葉みくる』(光夜蝶)
雪村春樹流 緊縛ワークショップ『縄で組み立てるSMプレイ』 講師:紫春晏(紫春晏 写真展『日常とSMが混在した日常』展示記念イベント)開催!!
特選AVレビュー 『ヨーロピアンクォーター グラマラス爆乳ガール』(マザー)
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【2】
2ページまんが 酒場の女【19】
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【1】
特選AVレビュー『挑発面接室/篠田ゆう』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー 『美少女機械人形●B×アナル&マ●コ2穴中出しファック×10連続大量ザーメンぶっかけ ほのか』(TMA)
秘めごとをさらす-現代のお籠りと鏡 インベカヲリ★写真展「理想の猫じゃない」 文=三木学
『マッド・ボンバー』みたいな映画が好きな私としては、本作で最も「ダメな僕」なのは殺人者になってしまった爆弾犯人だと思う!しかし...... 映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』公開中!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年5月号
特選AVレビュー『変態ドM巨乳素人女徹底調教』(クリスタル映像)
ベッドで仰向けに横たわるマゾなあなたに人気店所属美人ミストレスの豊満な乳房が、巨大なお尻が迫りくる―― VR映像作品『【VR】エリカ女王様がエッチにVRお仕置き!』発売!!
特選AVレビュー『ウチのイケメンの息子を男の娘にするからそれを担保に金くれ。』(Men's LAB)
アクセスアップ
新刊情報
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.2(ミリオン出版)
艶熟SPECIAL Vol.35(大洋図書)
柔肌まさぐる夜這い(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.16(ミリオン出版)
giri giri Vol.24(大洋図書)
俺の旅 2018年7月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年7月号(ミリオン出版)
別冊投稿キングDVD 2018年7月号(ワイレア出版)
花と蜜 2018年7月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.41(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

月一更新!
monologue in the night
女の子にとって、「美醜のヒエラルキー(それによって生まれる優劣)」は強大だ! 「酉年生まれゆえに鳥頭」だから大事なことでも三歩で忘れる(!?)地下アイドル・姫乃たまが、肌身で感じとらずにはいられない残酷な現実。女子のリアルを見つめるコラムです。
 | 
四年ほど前、声帯結節という聞いたことがない病気になりました。病院で初めて見た自分の声帯には、誰が見てもはっきりわかるほど大きなコブがふたつ、ぽこ、ぽこ、と。咽喉科の先生が、「ポリープとはちょっと違って」と説明しているのをぼんやり聞きながら、私の歌い方が下手なせいだなと考えていました。ちょうど地下アイドルとしての活動を始めて、一年ほど経った日のことでした。
それからしばらく通院したら、先生から何も言われなくなったので勝手に完治したものだと思い込んでいました。というか、もはや声帯結節のことなど忘れていました。それが最近になって、時々全く声がでなくなることがあり、数年ぶりに病院へ行ってみたのです。私の声帯にあったコブは完治しているどころか、立派に成長していました。
しかも喉全体が気管支までぶよぶよに赤く腫れ、声帯を圧迫してコブ同士がこすれあっているという、なんだかわからないけど明らかに最悪の状態でした。先生からはコブの切除を勧められました。仕事柄、喉を休めることは難しいので、ふたつ返事で手術を決めました。しかし、どうやらこの手術を受けるためには全身麻酔が必要らしいのです。
全身麻酔って、「最悪の場合死んだり、後遺症が残ったりしても責任とれないけど大丈夫だよね」的な同意書に、親がサインしないといけないんだっけ。あ、でも私もう成人したから自分が書けばいいのか。それにしても健康に産んでもらったくせに、そんなのって申し訳ないなあ。そんなことをぐだぐだと考えていたら、コブを切除すること自体が、親からもらった体を変形させるみたいで複雑な気持ちになってきました。

結局、手術は保留にしました。大人しくしていれば、コブは切除しなくても自然に消えていきます。しばらくは強めの薬を服用しながら、在宅で仕事をしつつ様子をみることにしたのです。幸い活動内容も、ライブより原稿を書く割合が増えていました。それが地下アイドルとして幸いなことかはさておき。
その日も、アイドルと整形に関しての原稿を書いていました。子どもの頃から見てくれの美醜に対してひどく無頓着なので、整形の話ってどうもピンときません。案の定、原稿は行き詰まり、椅子ごとくるくる回転しながら、自分の体の形を変えるってどんな気持ちだろうと思いました。
そのまま夕方までパソコンの前でくるくる回っていたら、買い物から帰ってきた母親から、地元の同級生が整形したという話を聞きました。えー! 同級生が整形......。もっとお姉さんがやるものだと思ってたのに、私たちももう22歳だもんなあ。甲子園に出てくるお兄さんたちが年下になってしまった時と同じような衝撃です。そして私はもう地元の同級生なんて誰も繋がりがないのに、お母さんネットワークは強大です。
しかし驚いてはみたものの、整形した女の子とはもう何年も会っていないので、はっきりと顔が思い出せません。頭の中には、ぼんやりと子どものイメージが浮かぶばかりです。

そうか、私ももう自分のことは自分で責任がとれる年齢なんだなあ。同級生の整形話で妙な事実を再認識させられました。
逆に地下アイドルのライブなんかでは、整形したいという会話をよく耳にします。基本的には美醜も大きく関係する仕事なので、楽屋で聞いていてもなんとも思いません。なんとも思いませんが、あんまり共感はできません。別に反対しているわけではなくて、たとえば自分の顔を整形することになったら、どこをどうしたら良くなるのか、さっぱり見当がつかないのです。それ以前に、鏡をみないと自分の顔がはっきり思い出せません。

先日とある飲み会で、「甲子園のお兄さんが年下になったかと思ったら、いまはもう監督が年下だよ」と笑っている人がいました。私も同級生の整形によって、自分の年齢を実感したという話をしていたら、その人が「女の子の整形は、男の包茎と一緒だ」と言うのです。
最初はなんじゃそりゃと思いましたが、周りは気にしていなくても、本人がどうしても気になる場合は手術をするところが一緒だと言うのです。「別に剥けてようが剥けてまいが、清潔にしてればどうでもいいでしょ」と言われて、腑に落ちました(気にする方、ごめんなさい)。
「でも真性包茎だったら、何かと支障が出てくるから手術したほうがいいよね。女の子も歩いてるだけで犬に吠えられるとか、人生に支障がでるくらい醜いんだったらそれは整形したほうがいいんじゃないかな」

私の声帯にくっついたコブはどうだろう。包茎で言ったら絶対に真性だと思い込んでいたけど、ぼんやり安静にしていればある程度は治るしなあ。本当は仮性なのかもしれません。たいていの女の子は仮性包茎なんだな、きっと。他人の整形はしなくてもいいのにと思うけど、自分のコブに関しては手術しなくてもいいとは言い切れないし。
そのことに気がついたら、このまま一生ハスキーな声でも、個性的と思えばなんとかやっていける気もしました。

生まれ変わるも、受け入れるも自由。20代、幸せになる方法はどんどん増えていきます。

文=姫乃たま

関連記事

インターネットラジオ番組「押忍!! アダルト塾!」
押忍!! アダルト塾!

姫乃たま 1993.2.12下北沢生まれ/日本の地下アイドル/アダルトライター/司会/女子大生
アイドルブログ「姫乃たまのあしたまにゃーな」=http://ameblo.jp/love-himeno/
アダルトブログ「地下アイドル姫乃たまの恥ずかしいブログ」=http://himeeeno.hatenablog.com/
Twitter=https://twitter.com/Himeeeno

白根ゆたんぽ 1968年埼玉県生まれ。イラストレーター雑誌や広告、webコンテンツなどにイラストを提供しているほか自身のZINEのシリーズ「BLUE-ZINE」や個展の図録「YUROOM GIRLS SHOW」などの制作、販売も行っている。最近の仕事に「ノベライズ・テレビジョン」(河出書房新社)装幀、「セックスペディア」(文藝春秋)カバーイラストなど。
http://yuroom.jp/
 | 
14.10.11更新 | WEBスナイパー  >  とりあたまちゃん
姫乃たま | 白根ゆたんぽ |