本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『おなら少女 まなかかな こんなにおならが止まらないのって変かな?お兄ちゃん!』(RADIX)
特選AVレビュー『絶対服従願望の女 令嬢チャタレイの恋人』(シネマジック)
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【3】
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【2】
読者代表 豊田がイク! 第27回 東京・池袋「無我」まろんさん【1】
特選AVレビュー『髪射【はっしゃ】 原美織 抵抗しない困り顔美女の黒髪にたっぷり特濃ザーメン発射』(RADIX)
特選AVレビュー『受付嬢in...(脅迫スイートルーム)皆野あい』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『たかーい たかーい!ロ●ータ 空中パンパン 小西まりえ』(MILK)
特選AVレビュー『〜平成のエロ事師〜 縛屋 - 里美まゆ』(ドグマ)
特選AVレビュー『博多の伝説スカウトマンから「スゴい逸材入りました」と連絡があり、いざ福岡ヘ!産地もぎたてHカップギャル即撮り電撃AVデビュー!!』(ファーストスター)
インベカヲリ★ 第43回伊奈信男賞受賞・写真集『理想の猫じゃない』『ふあふあの隙間』(赤々舎)出版記念 インベカヲリ★×三木学 特別対談!!
2ページまんが 酒場の女【27】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年1月号
特選AVレビュー『農家の義母』(HOT ENTERTAINMENT)
特選AVレビュー『新・素人娘、お貸しします。 VOL.79 仮名)朝香ひなた(マンガ喫茶店員)23歳。』(PRESTIGE)
読者代表takashi部長がイク! 第10回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第10回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第10回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」まきさん【1】
特選AVレビュー『唾液と舌でカラダを溶かし這いまわる!ナメクジ淫乱女 - 八乃つばさ』(ドグマ)
特選AVレビュー『侵食憑依 手、胴体、足、脳、体全て。男が少女の体に徐々に【憑依】乗り移っていく監禁記録』(ソフト・オン・デマンド)
アクセスアップ
新刊情報
俺の旅 2019年3月号(大洋図書)
よろめき 2019年3月号(大洋図書)
別冊投稿キングDVD 2019年3月号(ワイレア出版)
giri giri Vol.28(大洋図書)
花と蜜 2019年3月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.45(大洋図書)
実話ナックルズウルトラ(大洋図書)
昼下がりの淫乱アパート妻(大洋図書)
アダルトアテンダント(大洋図書)
愚か者ワンゲルナイト(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter

月一更新!
monologue in the night
女の子にとって、「美醜のヒエラルキー(それによって生まれる優劣)」は強大だ! 「酉年生まれゆえに鳥頭」だから大事なことでも三歩で忘れる(!?)地下アイドル・姫乃たまが、肌身で感じとらずにはいられない残酷な現実。女子のリアルを見つめるコラムです。
 | 
高校生の頃、バイト先に嫌いな女の子がいた。ゆみちゃんだ。

ゆみちゃんは年上のお姉さんで、小さな劇団で役者をやっていた。ゆみちゃんも私もそんなに仕事ができるほうではなかったけど、カウンターの中は若い女の子のほうがいいと店長が言うので、シフトがかぶると、よくふたり一緒に狭いカウンターの中に押し込められた。
ゆみちゃんはカウンター席に男のお客さんが来ると、私に洗い物を押し付けて接客に夢中になった。店長が見ていない隙に思わせぶりなことを言って、劇団のチケットを買わせようとするのだ。私は急に甲高くなったゆみちゃんの声を聞きながら、排水口に指紋が流れてしまいそうなほどグラスや食器を洗った。だから私はゆみちゃんが嫌いだった。

ゆみちゃんはしっかり者で、年下の私のことを可愛がっていた。高校生だった私は22時に退勤すると、カウンター席でまかないを食べながらゆみちゃんが働くのを見ていた。お客さんが少ない時は、時々話しかけてくることもあった。
ゆみちゃんの話すことはだいたいふたつで、「有名な女優になりたい」ってことと、「芝居のチケットノルマがきつい」ってことだけだった。一向に距離が縮まることのない理想と現実の話を、一年ほどまかないを食べながら聞き続けた。だから私はゆみちゃんが嫌いだった。でも、話を変えたり、遮ったりすることはできなかった。

ゆみちゃんの写真が小さく載った劇団のポスターを見ながら開店準備をしていた。ゆみちゃんは綺麗だから、普通に就職してOLになったら職場のヒロインになるだろうな。私は足を踏み入れたことがない会社のオフィスというものを想像しながら思った。
ゆみちゃんは昨夜、お店に遊びに来た。いつか劇団のチケットを買っていたお客さんと一緒だった。カウンターからゆみちゃんと男の人にメロンをサービスした。男の人がお手洗いに立つと、ゆみちゃんはこちらの顔色を窺うようにしてきた。だから私はゆみちゃんが嫌いだった。そういうことを気にするほど潔癖でもなかったのに。

ゆみちゃんはその日から店に出勤しなくなった。

ゆみちゃんは舞台の本番が近いから稽古が忙しいのだと、店長から聞いた。私は相変わらず仕事が遅かったので、ゆみちゃんの代わりに、店長がカウンターに立った。こんなおっさんが立ってもなあと店長は白髪交じりのヒゲをさすりながらぼやいていた。

ゆみちゃんが久しぶりに店に来た。店長とふたりでカウンターに立つのも慣れてきた頃だった。舞台の打ち上げなのだという。酔っぱらった役者たちの間を、演技論や花束が飛び交うのをカウンターから見ていた。大きな花束は地上波のドラマに出演が決まった女優さんへの贈り物らしい。
ゆみちゃんは可愛らしいキャラクター柄の缶詰を片手に、ひょこひょことノルマを回収していた。蓋をしめたお金入りの缶詰をマラカスのように振りながら、ゆみちゃんがふらふらとカウンターに向かってきた。ゆみちゃんは「やっと回収できたよー」と笑いながら、私のすぐ傍までやって来て、流しの下に崩れ落ちた。
ゆみちゃんは泣いていた。流し台の下で体を丸めて、誰にも見つからないように。私はグラスと食器を洗い続けた。だからゆみちゃんが嫌いだった。

それからしばらくしてゆみちゃんは店を辞めた。結婚して旦那さんの実家に嫁いだのだと、店長から聞いた。打ち上げの日に花束を受け取っていた女優さんは、早起きした日の朝に偶然ドラマで見かけた。
ゆみちゃんからは旦那さんの実家があるという岡山から、手紙と一緒にきびだんごが届いた。手紙の内容は忘れてしまった。

あれからゆみちゃんとは会っていない。私はあっという間にお姉さんだと思っていたあの頃のゆみちゃんと同い年になった。
成人してから不思議とあの頃みたいに人を嫌うことがなくなった。10代の頃は、何もかもが気に障って、許せなくて、仕方なかった。その代わりあの頃より人を好きになることも減ったように思う。
ぬるっと生温かい20代の膜に覆われながら、時々流しの下のゆみちゃんを思い出す。綺麗なゆみちゃんの頬に流れたマスカラのダマダマを、きっと忘れないでおこうと思う。

文=姫乃たま

関連記事

インターネットラジオ番組「押忍!! アダルト塾!」
押忍!! アダルト塾!

姫乃たま 1993.2.12下北沢生まれ/日本の地下アイドル/アダルトライター/司会/女子大生
アイドルブログ「姫乃たまのあしたまにゃーな」=http://ameblo.jp/love-himeno/
アダルトブログ「地下アイドル姫乃たまの恥ずかしいブログ」=http://himeeeno.hatenablog.com/
Twitter=https://twitter.com/Himeeeno

白根ゆたんぽ 1968年埼玉県生まれ。イラストレーター雑誌や広告、webコンテンツなどにイラストを提供しているほか自身のZINEのシリーズ「BLUE-ZINE」や個展の図録「YUROOM GIRLS SHOW」などの制作、販売も行っている。最近の仕事に「ノベライズ・テレビジョン」(河出書房新社)装幀、「セックスペディア」(文藝春秋)カバーイラストなど。
http://yuroom.jp/
 | 
14.11.15更新 | WEBスナイパー  >  とりあたまちゃん
姫乃たま |