女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.

↑私のような者でも一応選挙権はあるらしく、選挙前になると市からこのような投票用紙が送られてくるのですが、恥ずかしながらここ7〜8年は投票所に行っておりません。だって誰に投票していいかわかんねえんだもん……。
独り身のフリーター(趣味・オナニー)が孤独死しなくて済むような社会を作ってくれる政党に清き一票を投じたいんですけどね。はぁ。

赤裸々自慰行為宣言
遠藤遊佐のオナニー平和主義!

第37回 100均エログッズの旅番外編・秋葉でゴー!

文=
遠藤遊佐


夕方からのパートタイムと自宅でのエロ内職で日々の糧を得ているマエストロ。
はっきり言って金はないし不安定だし、社会的な地位からすれば最低ランクの生活なわけですが、ここだけの話、いいこともあります。

それは……そう。平日の昼間からオナニーできるということ。

社長でも医者でも弁護士でも、こんな真っ昼間から布団の中で自慰行為にいそしむなんて贅沢はできやしないだろう。ふふふふふふ。
というわけで、今日も昼飯の冷凍チャーハンを食べ終わった後、優雅に食後の一ヌキを愉しんでいたところ、急に電話が鳴りまして。
基本的にオナニー中は電話が鳴っても無視をきめこむことにしているのですが、私も四十路を目の前にして多少は大人になったんでしょうか、珍しく手を止めて電話に出たんです。


――はい、もしもし〜。

「あ、いつもお世話になっております。こちら○○党公認・○○○○の選挙事務所でございます! 今度の日曜日に行われる衆院選総選挙の件でお願いの電話をさせていただいております!」

―― ……今、ちょっと取り込み中なんですが。

「あー、お仕事お忙しいところ、大変申し訳ございません! ですが、○○党公認候補・○○○○、誠心誠意頑張らせていただくつもりですので、是非……」


いや、お仕事は別にそんなにお忙しくないんだけど、今もっと大事なことをしてたのよ、俺は!
「人のオナニーの邪魔をするような奴に政治ができるのか?!」と全国民に向けて問いかけたい。オナニーマエストロ遠藤です。

前回に戻る 目次に戻る
 | 

プリプリ怒りながら続きを始めたら、今度は選挙カーが大音量で最後のお願いに……。

あー、うるさくって集中できやしない。ちくしょう、キミらには絶対投票しないからそう思え! ヽ(`Д´)ノ

さて、そんな感じでぶつぶつ言いながらもなんとかマイペースでやっておるわけなんですが、北海道で涼しい夏休みを満喫して以来、どうも本格的に脳内が夏バテモードになってしまったようで、ドラクエのレベル上げと北海道で買ってきたロイズのホワイトポテチチョコを食べる以外何もする気が起きません。




↑北海道のチョコレートメーカー“ロイズ”の新製品“ポテトチップスチョコレート フロマージュブラン”。ポテチにホワイトチョコがかかっていて、冷蔵庫で冷やして食べると止まりません。こんなところで絶賛されても困るでしょうが、ロイズの人、グッジョブです!(ここだけの話、後から通販で10箱追加購入してしまいました)


いやあ、困りましたね〜。何が困ったって次のエログッズを物色する気力すら起きないもんだから、コラムのネタがない(笑)。
そんなわけで、今回は「100均エログッズ編」の後日談として、Fさんと秋葉原アダルトショップめぐりをした時のことを書いてお茶を濁したいと思います。すみませんね、いつもグダグダで。

えー、結局当初のお目当ての“電動ツボ押し器”をゲットできぬまま、巨大100円ショップ・ダイソー錦糸町店を後にしたFさんとマエストロ。オナ友同志せっかく久々に再会を果たしたことですし、このまま別れてしまうのも忍びない……というわけで、とりあえずダイソーと同じビルに入っていたファミレスへ。
注文もそこそこに、テーブルの上に戦利品を広げて「あーでもない、こーでもない」と反省会であります。




↑ 昼からテーブルの上に笹かまとか手錠とかコンドームとか置いてビールを飲む人たち。冷静になってみると明らかに周囲に迷惑なので、良い子はマネしないでください(いかにも高校生のバイトといった感じのウエイターにガン見されました)。


――この中で掘り出し物っていったらやっぱりエロDVDかな。結局ツボ押し器は見つからなかったけど、まあしょうがないよね〜。

Fさん「そうですね〜。私もエロDVDは楽しみです。家に帰ったら早速観なくちゃ」

なんてことを言いながら、近況報告などしつつビールをグビグビあおる2人。幸せファミリーが集う週末のファミレスで「バイブ」「Gスポット」「振動」「電マ」などというはしたない言葉を連呼しているうちに、イイ具合にアルコールもまわってきました。

Fさん「うーん、でもぶっちゃけ私はまだ不完全燃焼ですね。遠藤さん、せっかくだからこれから秋葉原のアダルトショップへ行きませんか!」

――えっ、Fさんたら可愛い顔していきなり何を言うんですか。

Fさん「私、新しいバイブが欲しいなって思ってたんですよ。それにちょっと気になってるグッズもあるし」

――ああ、そういえば会った時にそんなこと言ってましたね(以前にショップで見たローターが、持ち合わせがなくて買えず悔しい思いをしたらしいです……)。行きましょう行きましょう!

考えてみればFさんは、腐女子でオナニストというだけでなく、以前はメイド喫茶でバイトをしていたこともあるという秋葉ギャルなのです。それに対して私は秋葉関係はほぼ初心者。この機に秋葉エロスポットを案内してもらうのも面白いかも。

というわけで、そそくさとJRに乗り込み秋葉原へ向かいます。

駅に到着し、まるで自分の庭のようにサクサク歩いていくFさんとはぐれないよう、頑張って後を追う私(秋葉原って出口がたくさんあってむずかしいんだもん……) 。
Fさんがまず一直線に向かったのは、“エムズ秋葉原店”さん。
あれ? ここ見覚えがあるような……。あ、そうだ。去年のWEBスナイパー夏休み動画を撮った時に、きめらちゃんがコスプレ衣装を買うっていうんで一緒についてきたお店ですよ。腐女子御用達エロショップってことなんでしょうか。
うーん、私は歌舞伎町とか六本木とかのエロショップしか入ったことがないんですけども、こうして見るとやっぱり「秋葉原!」って感じがしますね。




↑ 店の前に貼ってあるポスターも「秋葉原!」って感じです。オナホってどんな気持ちなんだろう……。ボクも2階に行きたくなったよ!


Fさんと共に店内に“はじめの一歩”を踏み出すと……うわ、広い!
フロア面積はそれほど広いわけじゃないんですが、地下1階から6階までが全部お店なんですよね。改めて見るとびっくりします。こんなアダルトショップなかなかないのでは。
「この女優さんて○○なんだって。知ってた〜?」などとFさんにAV業界豆知識をひけらかしながらAVコーナーを流し、バイブの振動を入念にチェックしたりコスプレグッズを冷やかしたりしながら徐々に上の階へと進みます。
やっぱり普通のアダルトショップに比べると女性客が多いのが印象的。外人さんと露出の高いお姉さんのカップルがいたり、普通の大学生くらいのカップルがいたり、腐女子チックな女の子2人組がいたりして面白いです。
前々からオタク女子はエロ産業に寛容だと思ってましたけど、こういう様子を見るとテンションあがるなあ。VIVA秋葉原!

オシャレ系から機能重視系までいろんなバイブが並んでいるものの、なかなかFさんのお眼鏡にかなうものがなく、結局最上階までたどりついてしまった我々。
最上階には、なんと噂のリアルドールが。うわー、すげえ。なんか普通にかわいいぞ。

マン毛の量までオプションで決められるようになってるんですってよ。




↑ 店内を撮影する勇気はなかったので、外のショーウインドーに飾られていたリアルドールを御覧ください。か、かわええ(特に一番右の子はタイプ)。


思いがけずいい物見ちゃった。ありがとう、Fさん。でもバイブは買えなくて残念でしたね。

Fさん「実はもう一軒、以前仕事関係で行ったことのあるお店があるんですよ。ハシゴしていいですか?」

いいですともいいですとも。ああ、なんかFさんたらイキイキしちゃって水を得た魚みたい。眩しいです……。

そして向かった2件目は、エムズさんから歩いてすぐの“メルシー秋葉原店”。ピンクと黒のオシャレな看板は、秋葉原というよりは六本木のクラブかハプバーのよう。
なんとこちらも地下1階から4階までが全部エログッズという大型路面店です。やるなあ、秋葉原。おばちゃんすっかり楽しくなってきたよ!
Fさんの後をくっついて店内に入っていったら、一階の一番いい場所に“TENGA”と“電マ・フェアリー”が。おお、やっぱり秋葉原でも売れ筋なんでしょうねえ。

Fさん「このお店は、遠藤さんが大好きなフェアリーをガッツリ取り扱ってるんですよ〜」

あ、ほんとだ! 元祖フェアリーからミニ、ミニミニ、ポケットミニまでしっかり並んでるうぅぅ。そればかりか2階のレディースグッズのフロアに足を踏み入れると、アタッチメントやマエストロが未チェックのフェアリー商品が顔を揃えているではないですか。
いいですねえ、Fさん! アキバのアダルトショップ、いいですねえ!! ここ、カード使えるの?!

Fさん「……遠藤さん、このバイブどう思います?」

……ああ、すみません。買い物に来たんですよね。うーん、遠藤の好みだと、バイブは“いかに振動が激しいか”と手頃なお値段がポイントなんですけど、これだけバイブだらけだと目移りしちゃいますね。あ、これなんてどうですか? 

Fさん「うーん、なんていうか、そんなにオシャレじゃなくていいんですよね……」

そうか。Fさんは“ド○キホーテで売ってるような安そうなセーラー服着てオナニーするのがたまらない”っていう、ちょっと変わったMっ子だったっけ。バイブも、こう、チープでエグい感じのほうがグッとくるのか。
じゃあ、こっちはどうですか。

Fさん「あ、いいですね! クリに当たる部分の振動も強いし、形もシンプルですし。うん、これにします!」

はいFさん、“ポコチン君3号”お買い上げ〜。しかし、なんちゅうダイレクトな名前だ。これならパッケージ見ただけで濡れ濡れじゃないですか?
いや、その前に男性の店員さんがいるレジにもってくだけで、ちょっとした羞恥プレイですよ。いいなあ(いいのか?!)




↑ “ポコチン君”を購入して満足げなFさんを“メルシー秋葉原店”の前でパチリ。店を出たら外はすっかり夜でした。時間が経つのが早すぎる……。


で、そんなFさんが“メルシー秋葉原店”で私に激プッシュしてくれた商品がこちら。


endouonani37-0006.jpg
↑美少年エアードール・小池英士。美少年てとこがちょっとアキバっぽい。


これって、やっぱりあの人を意識してるんですよね。うーん、やはり最終的にはこの分野にまで行かないとオナニストとしては嘘なんでしょうか。
ちなみにお値段は4千円ほど。どうなの、編集部のIさん!?
私、できればさっき見たリアルドール(お値段数十万)のほうがいいんですけど……。



(続く)

前回に戻る 最初から読む 目次に戻る

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(c) 花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。

遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」

 | 
09.09.05更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義
文=遠藤遊佐 |