ミストレスランド 1 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.
『四十路電マ責め 吹雪かすみ』

品番:DYD-001
発売:2006年5月25日
メーカー:ドリームステージ

↑「まあ四十歳っていっても世は熟女ブームだし、まだまだいけるだろ。実は平子理沙も同い年なんだよね〜!」なんて軽い気持ちでいたのですが、試しに“四十路 電マ”でググッてみたらこのようなAVがヒットしてしまいました。そうか、これがリアルな四十路ってやつか……。豊満ボディに電マと亀甲縛り。ああ、なんか他人とは思えない。

毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.
ぼんやりしていたら新年早々誕生日がきて、また一つ年をとってしまいました。
ついに四十路に突入! うあぁぁぁぁぁ!!!
いやあ、しかし冷静に考えてみると四十にもなってオナニーマエストロとか言ってんの痛いよなあ……。
ひかれないよう今年の誕生日は素知らぬふりでやり過ごそうと思ってたんですが、やっぱり黙っていられませんでした(なぜなら面白いから)。

ちなみに40歳初の姫始め(むろんオナニー)は四十路熟女AVをオカズにしてみました。いわゆるひとつの縁起物ですな。ふふふ。
同じ誕生日の有名人はアイザック・ニュートンと竹内力。オナニーマエストロ遠藤@40です。
 | 
さてさて、昨年末から年またぎでお送りしている素人巨乳女性・シブメグちゃんのオナニーインタビューも4回目。
今回は、元・バンドギャルで現・子ども電話相談のお姉さんという普通なようで普通でない彼女に、甘酸っぱい青春時代オナニーについて聞いてみました。

■デザートは別腹!

シブメグ「あの、変な話なんですけど、学生時代、家庭科の時間にミシン使った後ってオナニーしたくなりませんでした? ドドドドドドド……っていうあの振動が股間に響いてキュンとくるっていうか」

――いきなり何を言い出すんですか(笑)。シブメグちゃんは、いつ頃そんな甘酸っぱい欲望を感じたの?

シブメグ「バンギャルとして目覚め始めた頃だったから、中学2、3年かなあ。私、ビョークがすごい好きだったんですよ。私が15歳の時に、彼女がソロになる前にやってたシュガーキューブズってバンドが初来日したの。で、アルバム写真でヴィヴィアン・ウエストウッドのジャケット着てるのを観て同じ服着て公演を見に行きたいって思って自分で作ったんです。ベルベットの生地を買って、家庭科の先生に頼んでパターンにおこしてもらって……それを一緒に放課後家庭科室で縫ったんですけど」


↑中学生でシュガーキューブズなんて、おませさん!(と思ってしまうのは、私が田舎の子だからでしょうか)どんなジャケットだったのか探してみたけど、なにぶん昔のことゆえわかりませんでした。写真はビョーク。いつ見てもネズミに似ている。


――ああ、それでミシンにつながると。先生は教え子のためだと思ってミシン踏んでくれてたのに、こっちは振動にムラムラしてるっていう。ひどい生徒ですねえ。振動にムラムラくるってことは、その頃はもうオナニーはしてたの?

シブメグ「してましたね〜。でも、オナニーよりも初体験のほうが早かったです。14歳のときだったから」

――バンギャルだったり洋服一から作ったり、私から見るとものすっごい行動派の中学生ですよ、早熟というか。あの、やっぱりセックスをしててもオナニーはするわけですか。

シブメグ「それは別モノです(笑)。中学生の血気盛んな頃にセックスを覚えちゃったんで、オナニーで気持よくなれるのはありがたいなあと思ってました。したいときにできなくても、性欲をコントロールできるから。

――オナニーに罪悪感はなかった?

シブメグ「罪悪感は……あんまりなかったですね。こういうのってサブカル女子の嫌なところだと思うんだけど、私たちだってセックスして生まれたわけだし別にイイじゃんみたいな、妙に理性的な考えが働くんですよ。相手がいないからって他のどうでもいい人とセックスするより、好きなオカズでオナニーしたほうがいいかなとも思うし」

――なんてこなれた中学生……言ってることがOLみたいだよ! 子供電話相談室のお姉さんて、結構天職なのでは? じゃあ、オナニーではちゃんとイケてたんだ。

シブメグ「オナニーでイクようになったのは17か18のときですね」

――ああ、私もそんな感じ。イクのがわかったのって20歳くらい。それまでは漠然といじってただけだったんだけど、初体験でクリトリスの場所がわかってからイケるようになった(笑)。シブメグちゃんと私はわりと同年代なんだよね。あの頃って今ほどエロ系の情報がなかったから、オナニーするっていってもやり方がよくわからなかったりしなかった?

シブメグ「うんうん。私の場合はですね、ずっと手のひらで触るようなやり方をしてたのがある時から指でやるようになって、気持ちいいポイントをうまく突けるようになったんですよ。私は初体験早かったんだけど、実は自分自身はそんなに盛り上がってって感じじゃなかった。彼は10歳年上で大人だったから避妊とかもバッチリだし「よし、じゃあいっとくか!」みたいな感じだったんです。ヤリたくてしょうがないっていうよりは、大人と子供の壁をとっぱらってくれたことのほうが嬉しかったんですよね。気持よさとかは二の次で、だから自然にオナニーに手が伸びたのかもしれない」

――胸キュンだなあ。その後も、セックス相手というか彼氏は途切れることなく……?

シブメグ「途切れることもありましたけど、わりといました」

――うう……。じゃあ14歳からセックスのある生活を送っていたと。でもオナニーもして月に何本もAV買うわけですよね。素晴らしい両立っぷりだ。いよっ、文武両道!

シブメグ「お腹いっぱいでも、デザートは別腹なんですよ、ふふふ」

屈託なくすくすくとエロライフを満喫していた感のあるシブメグちゃん。
私が14歳の頃って何してたっけ。夕焼けニャンニャン観てた記憶しかないや。
ああ、おばちゃんもう眩しくて目をあけていられません……。

■エマニエル夫人と裏ビデオと芸術新潮。

――初体験の早い子と遅い子って、オナネタも違うんですかね。ちなみにシブメグちゃん中高生のときのオナネタはどんなものを? 

シブメグ「中学の頃、深夜テレビで『くりいむレモン』てアニメをやってたんですけど」

――ああ、ああ!


『くりいむレモン Part.5』

ASIN:B00005G054
発売:1999年12月18日
販売元:ハピネット・ピクチャーズ

↑美少女エロアニメの先駆け『くりいむレモン』。ソフトだけど内容はロリ・レズ・近親相姦のオンパレード。今こんなのテレビでやったら、都知事に殺されそう。


シブメグ「それを夜中にガン見して、頭の中の“エロバケツ”(日常生活で目にしたエロいものを溜めておくバケツらしいです……)にキープしてオカズにしてましたね。『くりいむレモン』に出てる女の子ってロリで自分と同じくらいの年令設定だったから、いろいろシンクロしてるなーなんて思いつつ。あ、あと思い出した! 夏休みになると毎年絶対に木曜洋画劇場で放送される『エマニエル夫人』」

Iさん・遠藤「あはははは! ありましたねえ」


『エマニエル夫人 』 (VHS)

監督:ジュスト・ジャカン
ASIN:B00005I2PX
発売:1995年3月21日
メーカー:アイ・ヴィ・シー

↑当時は画面におっぱいが出てくるだけで事件だったよなあ……ああ、甘酸っぱい。実はマエストロの携帯着メロはもう10年以上『エマニエル夫人のテーマ』です。どうでもいいですかそうですか。


シブメグ「鉄板ですよね。あと『エマニエル夫人』が放送されると、ゴールデン洋画劇場のほうでは『青い体験』をやるんですよ! あれはけっこうオカズになった。テレビ東京で昼間にいきなりやってるB級映画とか、ヘンにエロくて興奮するんですよ」

――なるほど、中高生の頃はなんというか普通ですよね。そのわりに彼氏のAVに興味を覚えてからの情熱がすごい(笑)。『くりいむレモン』や『エマニエル夫人』流れの少女は、恥ずかしくてAVなんて買えないと見くびってました。あ、もしかしてオナネタ買うときはサブカルを隠れ蓑にしてたとか?

シブメグ「うー、正直それはしますって。すみません、懺悔します、私、最初はサブカルを隠れ蓑にしてオカズ買ってました! 自販機本とかもサブカルって名目で……」

――自販機本もサブカルなんだ。いいなあ、サブカル万能じゃないですか(笑)。私は田舎で教育県だったんで近所で見かけたことないんですけど、当時はそんなにたくさん売ってたんですか?

Iさん「マンガの有害図書規制の機運が盛り上がったときあったじゃないですか。あの後グッと減ったんですけど、それまではけっこうありましたね」

シブメグ「そういえば、うちの近所で自販機本が置いてあったところって今全部お米の自動販売機になってますよ」

――米と同じ感覚で自販機本が。もはや生活必需品じゃないですか。そういえば、酒屋でやってるコンビニもなぜかエロ本率が高いですよねえ。……はっ、米関係はエロと密着してるな(笑)。

Iさん「僕も青少年の頃『S&Mスナイパー』と『マニア倶楽部』は酒屋のコンビニで買ってましたよ」

シブメグ「私は地元が湘南なんで、入手しやすかったっていうのもあるかも。あのあたりって自転車ちょっと飛ばせばいくらでも自販機があった。中学時代の裏山には『スーパー写真塾』がさんざん捨ててありましたしね」

――あー、海老名とか厚木とかってすごくエロ本落ちてそう!(暴言)いい環境ですねえ〜。

シブメグ「あと、高校生の頃は裏ビデオもよく観てました。ちょうど渋谷のセンター街で渋カジやチーマーが幅を利かせ始めた頃で、その流れで女子高の中に裏ビデオが蔓延しだしたんですよ」

――え、わかんない。なんでチーマーが幅を利かせると女子校生が裏ビデオ観れるの? “風が吹けば桶屋が儲かる”的な?

シブメグ「彼氏がチーマーで、ヤクザ者にカツアゲ状態で裏ビデオ買わされてた子がいたの。昔のパー券と同じですね。そういう子が『観る?』っていうから『観る観る!』って。だからヤクザさんのハメ撮りとかやたら観てました。女子校生なのに(笑)」

Iさん「じゃあ、ファーストアダルトビデオは裏モノ?」

シブメグ「そうです。背中に彫り物バーッて背負ったヤクザさんがフンドシ締めてセックスしてるようなやつ。で、笑っちゃうのが、女の人は顔を観られたくないんでしょうね、テングのお面をしてるんですよ!」

――むはははは、テングのお面! 抜けねえ!! でもいいなあ。バブル時代の都会の子ってそんな思いをしてたのか! すっごい羨ましい……。あれ、なんか鞄の中にまだ甘酸っぱいものが入ってそうなんですけど。

シブメグ「あ、これもすごくいいんですよ。見てくださいよ!」(と、鞄をガサゴソ)


↑テーブルの上に芸術新潮を広げて語りあう三十路女子2人。(注・このときはまだ30代でした!)ちょっとセレブなたたずまいですわね。でも中身はちょんまげファック。


――うわ、こりゃまたサブカル隠れ蓑ど真ん中じゃないですか。でもこれ、芸術とはいえ結構どぎついですよ。エロマンガだったら絶対に消し入りそうなモノがズバリ出ちゃってる。春画に描かれてる人たちってフリークス的なデカチン&デカマンですよね。それにすっごいカリ高(笑)。シブメグちゃんは、やっぱり初体験が裏ビデオだったからこういうダイレクトな描写がそそるの?

シブメグ「いや、どっちかっていうと裏ビデオは『こんなの観ちゃっていいのかなー』って気持ちになるんで苦手。ダイレクトな描写っていうより、こんなえげつないことしてるくせに、能面みたいな顔ですましてるっていうのにグッときます。素知らぬ顔でヤッてるのとかいやらしくないですか?」

――マニアック! 私は逆だな。局所だけ観るぶんにはオカズになるけど、ちょんまげとか見ちゃうと萎える。うりざね顔でセックスかよ、みたいな。うわ、これ超ディープキスしてるじゃん! 立ちバックとかもあるのね!!(←なんだかんだ言いつつ興奮の色が隠せないマエストロ)

シブメグ「ほら、この絶妙な亀頭の色とかを出すために刷り師が何色も重ね刷りをしたりして頑張ってると思うと泣けません? 江戸時代の性具なんかも載ってるし、これなんて、絵の周りにびっしり喘ぎ声が書いてあるんですよ。今で言ったらゴールドマン監督の淫語劇みたいなもんですよね。こっちなんてレズビアンだし、江戸時代の性ってすごく自由ですよね」

――うわーこの人、ありえない上付き具合!(←せっかくのアカデミックな話を聞いてないマエストロ)こっちなんて顔がマンコになってるし、改めて観ると春画ってめちゃくちゃだなあ。でも、中高時代に見たら確かにこれ買いますね。むろんオカズ目的で。

シブメグ「でしょう〜? こういう、こなきじじいみたいなおじいさんとキレイな娘さんがヤッてる図とかも、今のAVに通じますよね!」

おお、なるほど確かに!
ていうか、ほんとにガッツリAV観てるんですねえ……。初体験早くて真面目な仕事についててHカップのちゃんとした女性にAVに詳しくなられると、オナニーマエストロ的には不利なんですけど……。
ちょっと焦りながら、最終回に続きます。

(続く)

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
11.01.15更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義
文=遠藤遊佐 |