ミストレスランド 1 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
↑私が実家から担いでいった“おすすめバイブ”を一生懸命撮影している映像作家のササタニーチェ氏(24歳・好青年)。そのオルガスター、もう2年くらい使ってないんですけど、洗い忘れてたらすみません。確かピンクを買ったはずなのに、微妙な色合いになってるような……。

毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.
ううっ、冷たい。電マを握る手がかじかんで氷のよう……!
築数十年、隙間風吹きすさぶオンボロ六畳間での自慰行為は、ある意味修行。
あまりの寒さに、最近オナニー所要時間がどんどん短くなってきているオナニーマエストロ遠藤です(ちなみに昨夜は1分ジャストでイキました。新記録かも)。
 | 
しかし考えてみれば、凍死寸前の真冬にこうやって短時間でサクッとオナニーを楽しむことができるのも、電マという神の道具のおかげなんですよね。ああ、ありがたやありがたや。
実は先日、自主制作でDVDマガジンを作ってらっしゃる映像作家の方からバイブについて取材を受ける機会があったので、そのへんのことを熱くまくしたててきました。
一応、鞄にはオルガスターやら男優さんの生チンバイブやらを詰め込んで上京したのですが、結局唾飛ばして電マのことばっかり喋ってたような(ササタニーチェさん、空気読めなくてすみません……)。


『昭和聖地巡礼~秘宝館の胎内~』

監督:笹谷遼平
ASIN: B000YY696G
発売:2007年8月20日
メーカー:インディーズ・メーカー

↑映像作家ササタニーチェさんの代表作、全国の秘宝館を巡ったDVD『昭和聖地巡礼』。ちなみにマエストロはその昔、卒業旅行で伊勢の秘宝館に行って馬の交尾ショーを観たことがあります。


春頃には発売になるようなので、オナニーについてエラそうに語るマエストロを見たいという奇特な方は、是非〜。

さて、長々と引っぱってきた素人巨乳お姉さん・シブメグちゃんへのオナニーインタビューも、今回で最後でございます。
コンビニで買ってきたハイボールがだいぶ回ってきた模様。まったりと雑談モードでお送りします。

■住み分け上手なオナニスト

――そういえば、妄想をオカズにすることはないんですか? 

シブメグ「あんまりないですね」

――ほー、それは珍しい。今まで聞いた感じだと、女子って妄想オナニー派が多いんですけどね。思い出し(オナニー)は?

シブメグ「思い出しは……ある(笑)」

――やっぱり。

シブメグ「そうそう、よく考えたら思い出し派かもしれないです。シチュエーションだけは思い出しなんだけど、相手はその時々で臨機応変に変わるの。本当にそのシチュエーションでヤッたのは別の男なんだけど、顔だけ今の男にすげ替えて使うとか、ありますよ」

――いやあ、女子ってシビアですねえ! でも確かにそういうことあるよなあ。

シブメグ「あと、妄想じゃないんだけど、昔から中年男女のセックスにグッとくるんですよ。週刊新潮に『黒い報告書』ってページがあるんですけど、あれの濡れ場がすっごい好きで。50過ぎの場末のスナックのママと中年の客が不倫して「奥さんが憎い〜!」ってパコパコやってるのとか、めちゃくちゃオカズにしましたねえ」


『黒い報告書 (新潮文庫)』

ISBN-13:978-4101310039
発売:2008年10月28日
出版社:新潮社

↑文庫にもなってるんですね。こうして見ると異様に豪華な執筆陣! こりゃヘタなエロ小説よりヌケるかも。


――ふふふ。意外にも熟年萌えですか。

シブメグ「熟女物って、描写がねちっこくていいんです。アソコに挿入する前に垂れた乳房をどうしたとか、熟した肉襞をかき分けて……とかリアルじゃないですか。そういうの読むと『キタキター!』って思う」

――そういえば、さっき「巨乳AV観てると他人事とは思えない」って言ってたけど、熟女モノまでいっちゃうと他人事だから興奮できるってのもあるのかも。

シブメグ「他人事のほうが入り込めるんですよ。青木りんちゃんとか浜崎りおちゃんなんかのAV観てると『ああ巨乳の子ってセックス中はオッパイこうなるんだ』とか、余計なことを思っちゃう」

――ふーん(←貧乳なのでピンとこない)。自分がシンクロできるエロのほうが興奮するって人もいると思うんだけど、それぞれですね。私はAV観るときは基本的に第三者目線なんで、自分を重ね合わせて観るってことはあんまりないんだけど、ハメ撮りや主観モノだと自分を投影して観るように作られてるじゃないですか。女性向けのAVなんかは特に、イケメンが出てきてオシャレな部屋で……っていう作り方が多い。ああいうのはどうですか。ダメ?

シブメグ「うーん、私は入り込めないかも。女性向けのAVに関してのほうが逆に俯瞰して観ちゃいますね。女性向けAVとハーレクイン・ロマンスって私の中では同じものなんですよ。『女の人はこういうふうにされたいんだよね、でもこんなのありえねえよ!』って思って観てる」

――なんかこう、シブメグちゃんて何においてもきっちり住み分けができてるタイプなんですね。最初からセックスとオナニーも住み分けてきてるし、住み分け上手。

シブメグ「10代の頃から、セックスでは必ずしも自分の思うところに相手の手が来てくれるわけじゃないってわかってたから、そうなったんじゃないですかね。セックスはセックス、オナニーはオナニー」

■メンタム・オナニー

Iさん「具体的なオナニーの方法というか、手段を聞いていいですか。遠藤さんなんかはもう電マ一筋って感じですけど」

シブメグ「最近、遠藤さんの影響で電マを導入しました。でも、それ以前はもっぱら指でしたね。オナニーではクリトリス派です。その後、17、18くらいのときにセックスで中イキを覚えたんだけど、オナニーだと中イキできないんですよ。ちょっと寂しいなとも思うけど、クリでも充分気持ちいいから、そこはまあいいかなって思ってます。バイブ系の道具を使ってまで中イキしようっていう情熱はない」

――「中イキはセックスですればいいや」と。余裕だなあ。あのね、私の調査だと、女子ってだいたい最初はローターを使うんですよ。指→ローターといって、そのあたりで「やっぱり女子たるもの中でイケなきゃいけないんじゃないの!?」みたいなことを思っちゃって、バイブ買ってみたけどぶっちゃけあんまりよくなかったわ、みたいなのが基本コース。私もそんな感じだったんだけど、そこで諦めずにバイブ修行を続けて今に至ると。でも、今の若い子って最初から電マに行っちゃうのかもしれないなー。刺激が別格だし、なんたって買いやすいですからね。

シブメグ「あ、そうそう。そういえばこれも持ってきたんでした(ガサゴソ)。はい!」

――……メンタム?!

シブメグ「メンタムのここ(フタのギザギザのところを指差す)でアソコを刺激すると気持ちいいんですよ〜」

――マニアックだなあ。そんなニッチなオナニー聞いたことないよ!(笑)メンタムをクリトリスに塗るっていうのは、たまにAVとかで観ますけど。

シブメグ「いやいや、それは塗りませんよ〜」

――このギザギザを、こう、クリトリスにこすりつけるんですか。


↑そうくるとは思わなかった。


シブメグ「そうそう。あ、ちなみにこれは使用してないやつですから!」

――いやあ、使用しててもいいんですけどね。想像すると妙にエロいなあ。ちなみにこのギザギザはメンタムじゃなきゃダメなの?

シブメグ「いや、ぶっちゃけいろいろ試したんですけど、メンタムが一番……うふふ。あのね、これでオナニーして、イッたあとにこのメンタムの男の子を見るとねえ、和むんですよ……」


↑私だったら、絶対に申し訳ない気持ちでいっぱいになると思います。


――……ショタコンですか。

シブメグ「違いますよ! Hey! Sey! Jump の子たちとか全然興味ないですもん」

――まあねえ、ジャニーズJr.のちびっこたちって小さくて虫みたいですもんね(←暴言)じゃあどんなタイプにセックスアピールを感じるんですか。

シブメグ「原田芳雄〜」

――まさかのフケ専(笑)。

■電マはやっぱり黒船でした

――そういえばシブメグちゃん、イベントで初めて会ったときに私が『電マ電マ』って騒いでたんで、電マに興味持って購入してくれたんですよね。それ聞いて「おお、私けっこう電マ界に貢献してるじゃん!」て一人ほくそ笑んだんですよ。

シブメグ「あの時遠藤さんが『電マは自分のオナニーにやってきた黒船だった』って力説してるのを聞いて、そういやうちにはまだ黒船来てないなー、買わなきゃと思ったの(笑)。Amazonでも買えるって言ってたんで観てみたんですけど、すっごいたくさんの種類揃っててびっくりしました。なかなかやりますねえ、電マ!」

――ふふふ、オナニーは日々進化してるんですよ。ところで、私のプッシュで購入した電マはどうでした? イケました?

シブメグ「いやー、イケました。まさしく黒船でした!(笑)」


↑見よ、遠藤のどや顔を!


――ずっと指でやってる人がいきなり電マ使うと、刺激強くてびっくりしそうですけどね。早くイキすぎるから普通の刺激じゃ我慢できなくなりそうで怖いっていう人も多いし。でもシブメグちゃんは大丈夫だったんだ。良かった!

シブメグ「確かに強力ですけど、電マの刺激は電マの刺激で指オナニーやセックスとは別モノだから。セックスでは電マでイク感覚を求めないし、AV観ながらまったりするオナニーもそれはそれでいいものだし」

――ああ、やっぱり住み分けオナニストだ。そういう合理的なところって私と似てるかも。ちなみに遠藤は電マを導入してからオナニーの頻度が格段に上がったんですけど、シブメグちゃんはどれくらいの頻度でします?

シブメグ「一定してないですね。波がきてるときはすっごい、ほんとに遠藤さん並に(?)やるし、やらないときは全然」

――それはやっぱり、忙しかったり彼氏がいて必要なかったりっていう理由?

シブメグ「いや、逆に忙しいときのほうがムラムラするかも……」

――お、バテマラ発言! 


いやあしかし、今回はほんと面白い人に当たったなあ。元バンギャで、子供電話相談室のお姉さんで、AVファンで、ストーカー被害者の素人さん。しかもHカップ! こんな人、探してもそうそういませんよ。
あ、最後にオナニーについて一言くださいな。

シブメグ「仕事のことも含めて思うのは、やっぱり『オナニーは悪いことじゃない』ってことですね。女の子がオナニーしたり、エロ本やAV観たりするのも全然普通。悪いことじゃないと思います。でも同時に、性について自由なのはいいけど、それを売り物にするのはよくないよっていうのも言いたいですね」

うーん、さすが日々青少年のリビドーに接してると、言うことに重みがあるなあ。
うちの姪っ子ちゃんや甥っ子ちゃんが思春期になって「チンコがむずむずする」なんて言い出したら、私じゃなくてシブメグちゃんの電話相談室に相談させたいところ。
その際は、是非よろしくお願いします……! 

(続く)

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
11.01.22更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義
文=遠藤遊佐 |