本家三行広告 2 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
↑こちらが恐る恐る購入したNEWスマホ。清水の舞台から飛び降りる覚悟で今月分のギャラを握りしめてドコモショップへ向かったのですが、エロいお姉さんにいろいろ説明されて「はい、はい......」とうなずいていたら、なんか知らないけどいろんな割引が適用されてタダで買えました。嬉しいけどどういうシステムなのかまったくわかりません(←四十路)。

毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by "maestro"Endo Yusa.
世界のみんな、聞いてくれ! 俺はついにやったよ。
え、「何を?」ですって? やだなあ、スマホに機種変してやったんですよ。むはははは。
ドコモのスマホが7万くらいすると聞いて以来、一生ガラケーから抜け出せないと覚悟していた私。しかし先日「らくらくスマホに変えたいのよぉ~」という老母に付き合って地元のドコモショップに出かけたところ、実質無料で買えるということが発覚。
なに、日本の経済どうなってんの!?っていうかドコモのやり口わかりづらすぎるだろ!
と憤りつつも、初めてのタッチパネルにニヤニヤ。やだ~、画像も超きれいじゃないの~。
エロ動画をダウンロードしてずぶずぶと深みにはまっていく自分が見えるよう。オナニーマエストロ遠藤です。
 | 
いやあ、それにしてもいいですねえスマホ! こんなにイイんだったら親を質に入れてでも早く買っておけばよかったですよ。メールの返信打つのに10分くらいかかるけど!(←ババアあるある)
ただ一つだけショックだったのは、2つの機種(メモリが大きくて動作が早いのと、防水機能がついてるの)のうちどちらにしようか迷っていたら、すかさずドコモショップのお姉さんと老母に「中年女は機能云々より絶対防水!」と言われたことです(もう少し柔らかい言い方でしたけど......)。
田舎のドコモのお姉さんて、エロいけど容赦ないんだよな......ちっ。

とまあ、そんな話はさておき。
念願のスマホにしたことで気分がひとまわり若返ったマエストロ。心機一転フレッシュな気分でオナニーインタビューに臨む所存です。
お相手は、実家住まいの元OL・まなさん。自分のことを「普通ですよ」と言いながらネット上でオナニー草の根活動をしている彼女。本当に普通なのか、それとも何か隠された顔を持っているのか......。


■実家住まいとエロ活動。

――今は実家住まいなんでしたっけ。

まな「実家です」

――それだと余計にお風呂オナニーはハードル高いですよね。アンアン言ってる声がお風呂エコーで響き渡っちゃったりしたら困るし。道具に凝らないとなると、エロへの情熱はオカズ選びのほうに向かった感じですか。

まな「うーん......それも普通でしたねえ。あんまりハードなエロは手に入らなかったんで、BL(ボーイズラブ)のマンガを読んで、頭の中で妄想を膨らませてオカズにしてました。遠藤さん言うところの脳内ダウンロード。

――BLって私はあんまりよくわからないんだけど、どっちかのキャラを女の子である自分に身立てて興奮したりするの?

まな「いや、その妄想の中に自分は入ってこないんですよ。私は第三者的な立ち場で男同士のセックスを観てるの」

――ああ、私もAVは第三者的な目線で観てるから同じですね。ハメ撮りとか主観物とかも興奮するんだけど、自分を投影するっていうことは基本的にない。実体験が乏しいせいですかね......。あ、まなさんもAVは観ますよね?

まな「はい。でもオナニーに使うのは痴漢物とかが多いかなあ」

――お、今自分の性癖を告白しましたよ!


↑キタキターッ! 痴漢モノというのはむろんこういうやつですよね。女の子に話を聞くと、痴漢がオナネタという子は少なからずいるんだよなあ。


まな「ふふふ。AVって笑えるのとか感動するのとかもいっぱいあるじゃないですか。ああいうのは観ててすごく面白いんですけど、それでヌケるかと言われるとヌケないんですよね。オナニーに使うのは、特に面白いとかも思わない痴漢物がちょうどいい。

――わかるわかる。今、DVDじゃなくてパソコンの動画でヌク人が多いのってそれですよね。オナニーのオカズにするんだったら、必ずしも「作品」じゃなくていいから。エロマンガや活字はどうですか?

まな「活字はあんまり読まないんです」

――ライター志望なのに(笑)。

まな「大人になってからはまだ多少読むようになったんですけど......エッセイみたいなのが好きなんですよ。あ、でもBL書いてる作家さんがネットで小説発表したりしてて、そういうのは読んでオカズにしてましたね。まあそれもやっぱり脳内にダウンロードして妄想して......って感じで」

Iさん「小学校の頃から自分のパソコンを持ってらしたんですか」

まな「いえ、それは家族の共有パソコンで。今もそうです」

――え、それでエロ観たりエロ活動したりするのって大変じゃないですか!?

まな「ノートパソコンで一応持ち運びはできるんからなんとか。あ、ちなみにUstはiPhoneでやってます」


『USTREAMポケットガイド』

著者:大河原浩一、木村菱治
発売日:2010年6月12日
出版社:毎日コミュニケーションズ

↑UstってiPhoneでできちゃうんですねえ。おばちゃん、もっとスタジオとかでやらなきゃいけないのかと思ってました。若いってすごいわ~。


――へー。同居だとエロ活動の際もご両親の目とか気にしちゃいません?

まな「仕事辞めてどうしようかなってフラフラしてたときに、アダルト業界にも興味があってそういう会社ばっかり受けてたんですよ。それで揉めたんで、ある程度エロに興味あるんだなっていうのは親もわかってると思います。でもオナニーUstやってることは言ってないので、そこは微妙」

――いやあ、うちもそうですよ。去年まで実家でエロライターしてたんですけど、部屋にAV山積みにしてたりすると顔しかめて「あんたはエッチねえ!」とか言われましたもん。さすがにいい年なので頭ごなしに叱られたりとかはありませんでしたけどね。
うーん、でも、なんだろう。まなさんてすごく自然体じゃないですか。エロ活動をするのにすごくコソコソしてるわけじゃないし、だからといって開き直ってもない。普通は普通だけど、話を聞いてるとなんだかホッとするんですよね。

■25歳まで、エロは他人事でした。

――エロに興味がありながらも、ずっとBLをオカズに指オナっていう可愛らしいことをしてたのは、何か理由があるんですか。

まな「私、処女時代が長かったんですよ。25歳くらいまで本当に浮いた話がなんにもなくて......その間はずっとBLオナニーに耽ってました」

――じゃあ実践としてセックスをしてからはオナニーのほうも......。

まな「そうですね。自分が経験してからは彼氏とのことを思い出しながらするっていう、いわゆる"思い出しオナニー"をするようになりました。今考えると、処女のときはなんだかんだ言ってもエロが他人事だったんですよね。エロいものが好きだし観たいけど、でもやっぱりそれは自分にかかわってくることではなくて他人事。切ないですけど」

――それはやっぱり切ないことですか。

まな「切ないですよ~。エロが好きなのに実感できないっていうのはね」

――そうかあ。じゃあ早く経験してみたいっていう気持ちもありつつ、オナニーをして気を晴らしつつ。立ち入ったこと聞いちゃいますけど、彼氏は25歳までずっといなかったんですか。

まな「いませんでしたねえ」

――ということは、初めてつきあった殿方と初エッチ?

まな「いえ。初めての彼氏ができたのは本当に最近なんですけど、まあ付き合うっていうんじゃなくてもそういうことはいくらかあって」

――あ、わりとチャレンジャー(笑)。以前、コラムにお悩み相談いただいたときも「フェラチオだったら誰でもガンガンできる。精子も飲める」みたいに言ってましたよね。

まな「できますねえ!(笑)あの、でも挿入が苦手なんですよ」

――ああ、さっきもバイブがダメって言ってましたね。

まな「バイブどころか、すっごい小さいタンポンとかでもダメなんです。


↑「すっごい小さいタンポン」ていうのはたぶんこういうのだと思われます。ちなみに現在熟女ホルモン暴走中のマエストロは、同じ種類の「チャームソフトタンポンスーパープラス~特に量の多い日用」というのをご愛用。あ、言っときますけど大きい小さいはマンコの大きさとは関係ありませんから。フン。


――タンポンもダメっていうと生活に支障出ちゃうよなあ。なんだろう、「挿入恐怖症」みたいなものなんですかね。トラウマ的なもの?

まな「なんなんでしょうね。自分でも指を入れる練習とかしてみてるんですけど、ダメなんですよ。思い当たるトラウマとかは一切ないんですけど、もともと小心者というか怖がりで、ピアスの穴も開けられないっていうのはあるなあ。痛いのが怖い、注射もイヤみたいな」

――「私すごくフツーです」って言ってましたけど、そうでもないような気がしてきた(笑)。

まな「よく言われます(笑)」

■痴漢電車に乗る小倉優子が鉄板です。

――オナニーするとき、自分のこと変態だなって思うような妄想することあります?

まな「痴漢AVみたいな妄想はいつもしてましたね。ていうか、最初に痴漢AV観たときに『あ、私の妄想と同じだ!』って思いました」

――まなさんがそのとき考えてた痴漢妄想ってどんなのか聞きたいなあ。これまでのベスト痴漢妄想ってどんなシチュエーションで?

まな「私の鉄板妄想はですね、小倉優子みたいな女の子が電車の中で3人くらいのオッサンに痴漢されるっていう」

――ははは。小倉優子は絶妙! 


『恋星 小倉優子』

出演:小倉優子
発売日:2010年1月25日
販売元:Air control(エアーコントロール)

↑まなさんにとっての痴漢される要員・小倉優子。こりん星からやってきてまでおっさんに触られる。素晴らしいですね。


まな「かわいいんだけど自分はそれほど好きじゃないっていう女の子が、ひどいことされてるのはグッときますね」

――ああ、それが小倉優子であると。実際にファンだったりする子だと可哀想になっちゃうっていうね。ちょっとわかるなあ。

Iさん「小倉優子以外だとどういう人が槍玉に上がるんですか」

――槍玉て!

まな「小倉優子がちょうどいいんですよねえ」

――小倉優子ってかわいいというかぶりっ子系ですけど、おっぱいバーンのいかにもエロそうなフェロモン姉さんなんかには萌えません?

まな「麻美ゆまちゃんはすごく好きです。おっぱい大きいのは憧れるし、エロカワはいいですよね。でも、いずれにしても実際に自分がされるのはやっぱりイヤですよ。あと、自分でセックスするようになって思ったのは、私ペッティングが一番好きなので......」

――ペッティング! その単語久々に聞いた!

まな「ふふふ。ひたすらペッティング、触られまくるのが好きなんで痴漢にグッとくるのかもしれないです」

■イッたことがないから、オナニーはエンドレスです。

――無理矢理ハメられてイヤなのにイッちゃって......みたいなファンタジーではないんですね。

まな「そうですね。あの、私イッたことないんですよ」


↑「25歳まで浮いた話がなかった」とか「イッたことがない」とかいうことを笑顔で話すまなさん。好感度高し!


――え、意外! 

まな「だから延々やってて、飽きたからそろそろやめようかなみたいな(笑)」

――えー、それは究極。1時間でも2時間でもやってられるっていうのは夢ですね。

まな「いや、でもそんなに長くはしないですよ。30分とか」

――イカなくても気持ちはいいんですよね。

まな「はい。イッたことないからわからないんですけど、じわじわ気持ちいいです。でもイクっていうのはじわじわじゃないんですよね」

――じわじわがこう、徐々に盛り上がって......って感じかなあ。

Iさん イクっていう区切りがないとすると、妄想してるときはどこがフィニッシュになるんですか。

まな「終わりがはっきりしてないんですよ」

――なんとなくモヤモヤした妄想をしつつ、自分もじわじわくる気持ち良さを味わうという。それは新しい! よく「女は男と違って何度でもできて羨ましい」とか言われますけど、その上をいきますね。終わりのないオナニー!

まな「でもやっぱりイッてみたいですよ。Ustで話を聞かせてくれた人たちもみんなイッたことあるって言うから、どうやったらイケるかいろいろ聞いてみたりしてるんですけど、まだ経験できてない。実家住まいだから気が散って没頭できないっていうのもあるのかも」

――うん。

まな「なんかオシッコが漏れそうになるときとかあるんですけど、そこで辞めずに頑張って続ければイケるのかなとか......」

――ああ、それは是非試してみたほうがいいですよ。イクって一線を越える感覚ですから。でも家のベッドの上でおしっこ漏らしたら27歳女子としてはちょっと親に顔向けできないよなあ。

まな「そうなんですよ!」


『イキまくり失禁アクメ 』

発売日:2012年9月21日
販売元:OFFICE K'S

↑実家のベッドの家でこんなことになったら、それこそ勘当されてもしょうがない。まさかとは思うけど、実際これだけ吹いてる人もいるわけですし......ねえ。


――親がいないときを見計らってチャレンジするとか、思い切ってオナニーのためにホテルに泊まるとか。一人旅に行ったときとかも狙い目。

まな「ああ、今日なんてまさしくそうですよ(注・まなさんは大阪から来てこの日はホテルに泊まる予定)」。

――いいじゃないですか、ビジホなら100円入れればエロチャンネルも観れますし、オカズには事欠かない!

まな「100円て。今カード式じゃないですか?(笑)」

――あ、そうか。でもいずれにしろ、イクとオナニーも面白さが増しますよ! 私もまなさんと同じでイクようになったのって遅いんですよ。大学生の頃に初めてイッたんですけど、今みたいにオナニーにハマりだしたのってそれからですもん。そして今ではマエストロ!

まな「やっぱりそうですか。だからイクのにすごい憧れがあるんですよ」

――セックスで、というか挿入ではイッたことないけどオナニーならイケるって女の子は多いから、自分で訓練してみるといいですよ。あと電マ。やっぱり電マはおすすめです!(出た、電マ信者!)

まな「電マは一度使ってみたことあるんですけど、私には強すぎるかなーと。指時代が長かったから強い刺激に慣れてないんです」

――じゃあ、お漏らしを恐れずイクまでずっと同じとこにローター当てましょう。それがポイント! がんばれ!

まな「はい!」

ああ、大変いい返事です! 
オクテなのかハジけてるのかわからないけど、何を聞いてもてらいなく正直に答えてくれるまなさん。ええ子やなあ。
一刻も早くイケることを、そしてもっとオナニーを好きになってくれることを願いつつ、次回に続きます。

(続く)

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛するアラフォー女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
12.11.03更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義
文=遠藤遊佐 |