本家三行広告 2 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
『ヘンリー塚本 中高年の為の名作裏ビデオ集 』

監督:ヘンリー塚本
発売日:2009年11月25日
メーカー:FAプロ
↑しかし気になるのは、1700万払ってでも妻に隠し通したい裏ビデオって一体どんなものなのかってことですよ。ロリ? 獣姦? いやゲイビデオか。まさか『洗濯屋ケンちゃん』じゃないよね......。

毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by "maestro"Endo Yusa.
私はテレビっ子なので一人で家にいるときはだいたいテレビ(日テレ)をつけているのですが、先日こんなニュースをやっていて、思わず「はァ!?」と声をあげてしまいました。

「82歳無職男性、裏ビデオ購入。告訴取り消しに手数料1700万円要求」

なんでも、82歳の男性が弁護士を装った男に「裏ビデオを買った罪で訴えられている。告訴を取り消したかったら金を払え」と言われ、結局1700万円払ってしまったんだとか。

......おいおい。

男性は「20~30年前に裏ビデオを1回購入したことがあり、妻に知られたくなかった」と話しているという。

......おいおいおい。

嫁に裏ビデオ買ったことを知られないために1700万て。
そんなことで逮捕されてたら、私なんて前科何犯かわかったもんじゃありませんよ。ああ、無知って恐ろしい。
裏ビデオを買っていることは15年前親にバレたけど、別にどうってことなく生きているオナニーマエストロ遠藤です。
 | 
そういえば、私が初めて観た裏ビデオは父親が押し入れに隠した彼のコレクションだったなあ。案外、この人の奥さんも隠れて裏ビデオ観てたりして......。
などと考えてニヤニヤしつつ、素人女性・まなさんへのオナニーインタビュー第3回目です。
エロ関係の仕事をしてるというわけでもないのにオナニー話が好きで、今年の7月からは一人で女子オナニー対談のUst放送まで始めてしまったまなさん。オナニーは好きだけどまだイッたことはなく、20代半ばまで彼氏もいなかったという彼女がハジけたきっかけは......?

■好きな相手じゃなくてもセックスできるんだと思ったら、ハジけました

――でもこうやって話を聞いてると、まなさんのオナニーライフって子供の頃からそれほど大きな変化がないですよね。Ustをするほどオナニーに興味があるのに、意外。これまでこんなエロにカルチャーショックを受けたとかいうのあります? 例えば彼氏ができて思い出しオナニーするようになったとかは、けっこうビッグな変化だと思うんですけど。

まな「うーん。彼氏ができたこともですけど、そう考えると一番大きいのは25歳のときに初めてペッティングをしたことかなあ。男の人とキスもしたことがないっていう時期が長かったんですけど、広告会社に勤めてたときにある講座に通っていて、そこで知り合った10歳くらい年上の人と映画を観に行こうってことになったんですよ」

――おお、デートですね!

まな「いや、デートとかいう意識さえなかったです。『YOYOCHU』って映画があったじゃないですか。あれを観たいってツイッターでつぶやいたら、その人が「興味あるから観たい」ってリプライしてきたんで、じゃあ行きましょうってことになって」

――『YOYOCHU』って聞けば、普通の人はAVのエロい映画だと思いますよ。


『YOYOCHU SEXと代々木忠の世界』

監督: 石岡正人
発売日: 2011年9月9日
販売元:角川書店

↑AV界の巨匠・代々木忠監督を描いたドキュメンタリー映画。遠藤も観に行きましたが、AV史をひもとくって意味でも面白かったです。


まな「でも実際はドキュメンタリーじゃないですか。それにまあAVは出てきますけど昭和のAVでしょ。そんなにエロくないだろうと」

――はははははは。昭和のAV!(泣) まあそうですよねえ。

まな「あ、す、すみません......。でもチャネリングセックスとか、どっちかというと面白い内容でしょう。エロさにおいてはピンとこなかったんですよ」


『チャネリングFUCK 悪霊と精霊たち』

監督: 代々木忠
発売日: 1990年9月7日
メーカー:アテナ映像

↑その昔、代々木監督が提唱していたチャネリングセックス。お互いの性的イメージを交換することで、相手の体に触れずにして絶頂に導けるんだとか......。私も深夜番組でボディコン姉ちゃんたちがアヘアヘ言ってるのを見て「スゲー」と思った記憶があります。

――でも、相手の方は昭和世代ですから、まあエロを期待しますよ。

まな「そうなんですね。で、ムラムラしたのかその後ネットカフェに行っちゃって、個室のペアシートなんか座っちゃって」

――おお、きましたね! ペッティングフラグ立ったッ!!

まな「私は初めてだったんで、ビビって途中でやめちゃったんですけどね」

――でもまあ、それがオナニーでハジけるきっかけになったと。

まな「うん。妄想に自分が入るようになりましたね。それまでは第三者として客観的にエロを観てたのが」

――大学時代もなんかしらエロいことありそうですけど、ほんとになかったんだ。私が言うのもなんですけど、今どき珍しいというか、すくすく育ってきたんですねえ。

まな「その経験があるまでは、好きな人以外とはエッチなことしちゃいけないと思ってたんですよ。好きな相手はいたんですけど片思いだったり、向こうから言ってきてくれる人がいても私が好きじゃなかったりして、付き合うことがなかったんですね。でも25歳のときに予想もしてない人とそうなってから「あ、別に好きな相手じゃなくてもいいんだ、できるんだ」って。

――ハジけるというか、飛び立つきっかけになったんだ。

まな「そうですね」

――その頃はまだオナニーUstもやってなかったんですよね。だとしたらそのペッティングは大きな一歩ですよ。

まな「その頃からツイッターでヘンなことはよく言ってましたけど」

――あの、私それも面白いなって思うんですよ。若い女の子がツイッターでエロいこと言うときって、ちょっと「釣り」みたいな部分もあるもんじゃないですか。でもまなさんはそういうんじゃないでしょ。たぶん、仕事でやってるわけでもモテたいってわけでもないのに、わざわざ東京まで来てUstまでやってるっていうのが、ありそうでないなあと。


↑一見大門軍団風ですが、メガネをとると可愛らしい普通のお譲さん。ツイッターでエロトークを繰り出してるようには見えません。


まな「うーん。今って遠藤さんのコラムみたいに、エロだけど面白いものがネット上に転がってるじゃないですか。そういうのを見るのが前から好きだったので、私もエロ面白い話がしたいなーと思って」

――あ、わかった。エロい話っていうより猥談ですよね。

まな「そうですそうです。猥談がしたいんだけど現実社会ではそうそう言えないので、ネットで言って憂さ晴らししてたっていうのが近いかも」

――エロが好きだけど処女で、25年間ムンムンムラムラオナニーを続けてたっていうとすごい溜まってる感があるんだけど、まなさんて鬱屈したものを感じないんだよなあ。なんでだろ。

まな「いやいや、溜まりまくってますよー!」


■エロというより、楽しく猥談したいんですよね

――そんなに力説するほど溜まってるとなると、オナニーに道具を取り入れてみようとかいうアグレッシブな欲望も出てきそうなもんですが......。

まな「不思議とそういうのはなかったですね。ずっと自分のやり方で、惰性でやってました。でもやっぱりイクのも経験したいなと思って、ローターを使いだしたのが25歳の頃」

――イクためにローター買ったの?

まな「はい。ラブピースクラブっていう女性向けアダルトグッズショップの通販で、これぞローター!みたいなのを買ったのが最初です。今はインスピレーションを導入したので、それはもうほかしちゃいましたけど。やっぱり静かっていうのが大きいんですよねえ、実家暮らしとしては」


↑日本で初めての女性だけで経営するアダルトグッズショップ"ラブピースクラブ"。初オモチャはここで買ったって女の子はけっこう多いです。HPはコラムも充実!


――まあねえ。電マなんて超うるさいですからね! ちなみに家族構成は?

まな「一人っ子なので、両親と私の三人暮らしです。でも、母親が専業主婦でだいたい家にいるんで、どうしても気になっちゃうんですよ」

――あー、のんびりした感じ、しますもんね。

まな「大事にはしてもらったと思います」

――そんなまなさんがドカンとはじけて、オナニーUstまでやってしまうっていうのが面白いんですよね。どういう流れでそうなったんですか。

まな「もともと、その手のイベントに行ったりするのが好きだったんです。あと、前の会社がCMの制作関係だったり、大学のときに映画サークルに在籍してたりしてたので、映像発信には興味があったかもしれない」

――エロと映像とイベントと......って、好きな物がうまくはまったわけですね。

まな「はい。猥談をみんなで楽しくやって、それを観て楽しんで......っていうのが好きなんだと思います」

――周りの人の反応ってどうですか。っていうか、リアル友達もこういう活動のことは知ってるの?

まな「知ってますよ。地元の友達もこういうことしてるのは知ってるし、オナニーUstに出てくれた子もいます。インスピレーションていうローターがいいってつぶやいてたら『私も買う!』って言いだしたりとか。何も知らないのは彼氏だけです(笑)」

――彼氏は知らないんだ。うわー、バレるのなんて絶対時間の問題ですよ!

まな「彼氏はすごい真面目で冗談が通じない感じの人なので、どうなるのか想像がつかないなあ」

――彼氏と、いつも妄想してる痴漢プレイみたいなことをやってみたいとか思いません?

まな「うーん。実際のセックスはノーマルなので、あんまり突飛なことしたいとは思わないんですよ」

――普通だ! 淡々としてる! 今までオナニー話を聞かせてくれた女子はどっちかというと突飛なことをする人が多かったから、そういうセリフって新鮮だなあ。もしかしたら、一般世間ではそういう淡々としたタイプのほうが主流なんですかね。エロいことは言うけどセックスはノーマルで彼氏は真面目な人が一番、みたいな。

まな「ほんとにいろんな人がいますよ。Ustやって思ったのは、パターンなんてないっていうこと。いろんな人がいていいし、やりたい人はやればいいんじゃないですかね。本当にオナニーに興味なくて、一度もしたことないっていう人ももちろんいるし」

――女の子って、モテない女と思われるのが恥ずかしいから「オナニーしてます」って言わないんじゃないかなと思ってたんだけど、そうでもないのかな。

まな「うーん、私も今の彼氏ができるまで全然モテなかったけど、オナニーの話はしてましたよ。あ、でもそうしたら男友達に『オナニーオナニー言いすぎるからモテないんだ』って言われました(笑)」

■今は彼氏がいるので、アクが抜けてるのかも

Iさん「性的なことって誰でも興味があることだと思うんですけど、さらに突きつめたいと思うかどうかは人それぞれですよね。例えば遠藤さんなんかは、オナニーが気持ちいいと思ったら中イキするぞと決めてバイブを買って訓練したりしてるじゃないですか。まなさんはもっと突き詰めたいって思ったりはしませんか」


↑毎度おなじみ、遠藤愛用の中イキ用バイブ。イカせ上手な憎いやつ。


まな「イッたことがないっていうのと、挿入が苦手っていうのは克服したいと思いますね。特に挿入はなんとかしたい!」

――挿入が苦手だとセックスが大変ですもんね。まあ、無理はしなくていいと思うけど。

Iさん「ずっと話を聞いてきて思ったんですけど、まなさんてエロ好きな女性にありがちなタイプのどれにもひっかかりませんよね。例えば、この業界には『自分にとっては性的なものがすごく重要』って考えている人が多いんですけど......」

――まったく逆ですね。「普通な女の子だけどエロい」っていうのを計算して売りにするパターンもあると思うんだけど、そういう感じでもないし。

まな「あんまり考えてないんですよね......」

――そこがいいんですよ。モテ非モテとか余計なことは考えず、なんのエクスキューズもこだわりもなく「オナニーしてます、でもしたっていいよね?」って言えちゃうのが。

まな「いやいや、モテるモテないは気になるし、こじらせてますよ。今は彼氏がいるのでちょっとアクが抜けてるんです!」

――ははは。是非このままあんまり考えず、楽しくオナニーUstを続けていってください。私も引きこもりながら聞きますから! あと、今後の活動予定ってあります?

まな「予定っていうほどのものはないんですけど、11月末にさっき言った大阪の紅鶴でオナニーイベントをやろうかと思ってます。遠藤さんにもゲストで出てもらえることになったんですよね」


↑11月25日に決行です。関西方面のお暇な方は是非来てくれるといいと思う!


――そう。大阪楽しみだなあ。たこやき! 串カツ!!

Iさん「イベントも『みんなオナニーすべき』みたいな啓蒙意識ない感じになりそうですね」

まな「すべきとは言わないけど『オナニーしてるって言ってもいいじゃん、みんなでオナニー話しようよ!』みたいな空気が作れればいいなと思ってます」

――じゃあ最後に、オナニーマエストロに質問あります? なんでも答えますよ!

まな「えーと、コラムいつも呼んでます。私、実験系の回が好きなんですよ。バイブ作るのとか、タンでオナニーするのとかすごいですよね!」

――あ、ありがとうございます......。じゃあ、今度は実家暮らしの女の子のための消音オナニーについて実験してみようかなあ。

Iさん「今、iPhoneアプリで騒音計るのとかありますから使ってみるといいんじゃないですか」

――あ、いいですねえ。次のネタができた!(笑)

というわけで、最後は女子オナニストとして次のテーマまで与えてくれたまなさん。
「みんなで楽しく猥談したい」という気持ちは、わたくしもよくわかります。オナニー話って、オナニーと同じくらい楽しいもんなあ(いや、それは言い過ぎか)。
さーて、私はとりあえず大阪で何を食べるか考えなきゃですよ。やっぱりお好み焼きははずせないよな。あと豚まんとうどんとイカ焼きと......。

(続く)

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛するアラフォー女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
12.11.10更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義
文=遠藤遊佐 |