ミストレスランド 1 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
↑WEBスナイパーの記念すべきコラム連載第一弾『すあまにあ倶楽部』。まさかこんな劇的なラストを迎えるとは! おばちゃん、うっかり泣いちゃったじゃないか……。(←年のせいか最近涙もろい)
セーラちゃん、百合ちゃん、光ちゃん、さようなら。そして“抱枕すあま"さん、さようなら……。ただただ「お幸せに」と願うばかりです。うう。

毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.
ああ、なんてことでしょう。毎回楽しみに読んでいた新世紀抱き枕系コラム『すあまにあ倶楽部』が、突然の連載終了……。
全世界とまでは言いませんが、マエストロ界には確実に激震が走りました。そして思わず涙。
愛する人のために、抱き枕ともう一人の自分を潔く捨てたすあまさん。切ないけど、いい話。でもやっぱりちょっと切ない。
もしも最愛のダーリンに「僕とオナニー、どっちを選ぶの?!」と言われたら、一体私はどうするのかしら……なんてことを一瞬真剣に考え込んでしまった、オナニーマエストロ遠藤です。
 | 
うーん、本当にどうするんでしょうね。たぶん隠れてオナニーしそう……。
でも、女性の立場から見ればこれ以上の深い愛はないと思います。
すあまさん、幸せになってくださいね。わ、私の分まで!


↑以前、すあまさんがチンポ神社参拝のお土産にくれたチンポ飴こと“福子宝飴"。残念ながらまだ子宝には恵まれておりませんが、最終回の文章を読んだらものすごくご利益がありそうな気がしてきました。これからは朝に晩に拝もうと思います。
そういえば動画企画で一緒にぶらり旅に行った時は、マンコ飴ももらったなあ……。ありがとう、すあまさん。


とまあ、そんな感じで同志の幸せに胸をジンワリさせつつ、今日も元気にリア充とは程遠いオナニートークを続けるマエストロ。
エロエロ体験漫画家・ドルショック竹下先生に聞く肉食系女子のオナニー、第5回目です。インタビューは好きなんだけどまとめるのが異様にヘタな私……。なんだか話がどんどん長くなっていきますが、もう少しお付き合いくださいまし。

――ドルさんが肉食系である根幹には「ヤッたらどうなるか知りたい」っていう好奇心が強くあるみたいですけど、「これはムリ!」っていう時はないの? 

ドルショック「濃い顔の人とかダメですよ~。元々九州の家系なんで、親戚一同顔が濃いんですよね。だから濃厚顔の人だと近親相姦してる気分になっちゃう(笑)。この間取材で外人とヤラなくちゃならない時があったんですけど……」

遠藤・Iさん「すごい仕事ですね!」

ドルショック「ある雑誌の逆ナン取材で、アラブの富豪をゲットしたんですよ。普通のイケメンじゃなくてあえてアラブを捕まえちゃうってバカで面白いなーと思ったんですけど、これはさすがに濃かったです」

――そりゃ濃いでしょう。世界一濃いよ!(笑)で、その濃いのとヤッたの?

ドルショック「ちょうど生理になっちゃったんで、残念ながら……。あと場所がベンツの中だったんですよ。高級車のシート汚すの嫌なのでお口で済ませました。いいチンコしてたんですけどねえ」

――ははは、怒られるの嫌いなんだもんね。でも、あんまりデカくて固いと怖くない? 生理的に。

ドルショック「確かにちょっと怖いかも。でも『こわーい、けどヤッてみたーい♪』みたいな感じで(笑)」

――私は逆に、まったく知らない人とセックスするくらいだったら親とヤッたほうがマシみたいなのがある。

ドルショック「えぇー! “知らない人とするんだったら、仲がいいけど恋愛対象じゃない異性としたほうがいい"っていうならわかるけど……。私は全然知らない人のほうがいいですねえ。よく知ってる人だと笑っちゃいそう」

――だって気心の知れた相手だったら、何か粗相したとても「あー、ごめん。あれナシってことにして」って言えるじゃん。

ドルショック「それだったらゆきずりのほうがいいんじゃないですか。何かあっても二度と連絡とらなきゃいいだけだし」

――……あ、そうか。

ドルショック「親しい人にセックスの秘密を握られてるっていうのは嫌かも。『こいつでアンアン言っちゃったのか』と思うと恥ずかしいっていうのもありますね」


ああ、気を抜いて話してると、どうしてもセックス話になってしまう……。アラブの富豪を逆ナンとか面白すぎるだろ、ドル先生!。・゚・(ノД`)・゚・
このままでは“遠藤遊佐のオナニー平和主義"ではなく“ドルショック竹下のセックス爆笑主義"になりかねませんよ。なんとかオナニーの地位を回復しなくては。


――あのう、ドル先生、ちょっと聞いてもらえます? 最初(対談する前に)考えてたのはですね、セックスよりはオナニー推しでいきたいってことだったんですよ。私はオナニー好きなので、オナニーをするとみんなが幸せになるっていうことを訴えたいんです!

ドルショック「ふむふむ」

――一般的に今の世の中では「オナニーはセックスできないかわいそうな子が仕方なくするもの」みたいなイメージがある気がするんですよ。でも、実際はそういうものでもないですよね。男の場合で考えれば、ヤリチンがオナニーするのって全然普通じゃないですか。

ドルショック「そうですよね。女子にももちろん性欲はあるし、オナニーする人は自分で自分の性欲を面倒みれるんだからいいことですよね」

――そうやって考えると、肉食女子という“セックスが足りてる人のオナニー観"ってどんなもんなのかなって思ったんですよね。あの、セックスとオナニー、どっちがいいかなんて決められませんよね?

ドルショック「どっちが上とかはないですよね。セックスをよくする人間としては(笑)、オナニーを頻繁にして自分の快感についてしっかりわかってたほうがセックスも楽しめると思いますよ。私は女性誌の取材受けた時なんかによく言うんですけど、セックスしたいんだったら鏡で自分のマンコも見れないようじゃダメだろと。自分が見てないものを男に見せるってどうなんだと」

――ああ、確かに!「見たことないですぅ」とかいう女の子いるけど、自分で舐めたことないものを男の人に舐めさせるって考えようによっちゃスゴイことだよなあ。

ドルショック「いや、セルフクンニはちょっと難しそうですけども(笑)。どんな形なのかとかどこが感じるかとか、わかってないものを差し出すほうが恥ずかしいですよ」

――処女よりもソープのお姉さんのほうがよっぽどマンコが清潔だとか、よく言いません?

ドルショック「ヤリマンのほうがマンケア(※マンコのケアのことらしい)してると思いますよ。ちなみに私は今パイパンです(笑)」

――おお、マンケア。さすが肉食系だ! でもね、遠藤のリサーチだとヤリマンにも二種類あるの。一つは普段からエロいパンツとかはいてヤル気満々の叶姉妹みたいなヤリマン、もう一つは逆に3枚1000円みたいな毛玉のついたパンツ穿いてるヤリマン。叶姉妹系ヤリマンは、セックスじゃなくて何か別のものを求めてるような気もしてわかりやすいんだけど、安売りパンツ系のヤリマンはすごいですよ。そんなふうに見えないのに案外ものすごい数こなしてたりして、グッとくる。


『月刊叶姉妹Special 』

ISBN:4107902129
定価:2310円(税込)
発売:2010年1月
出版社:新潮社

↑エロいパンツを穿いて普段からやる気満々の人たち。いや、むしろパンツは穿いてないような気も。


ドルショック「ああ、わかる! そっちのほうがドキドキするな。安売りパンツ系のほうが女の業を感じますよね」

――セックスにもつれこみそうな時には勝負下着つけるとかっていう信仰があるじゃないですか。でも、実は勝負下着のことなんて考えたことなくて常に上下の柄が揃ってない女子のほうが、ガンガンヤッてる気がする。逆に勝負下着つけるようなタイプは、誘われても「ちっ、今日はダサいパンツだからやめとこう」ってなりそう。

ドルショック「叶姉妹みたいな自分を作り込むタイプのヤリマンは、男になりたいんじゃないかって思いますよ。チンコが欲しいっていうか、逆に男っぽいと思う」

――ええっ、なんで?

ドルショック「そういうタイプって男をよく知ってるから、自分を使って男の夢を具現化したい願望があるのかなとか」

――なるほど、クジャクもオスのほうが綺麗ですしね。……ってそれは違うか(笑)。でも、男尊女卑っていうのともちょっと違うんだけど、自然界では美しさにおいても男のほうが上だったりするよね。

ドルショック「本来、動物界での女っていうのは選ぶ側じゃないですか。子供を産めるのは女のほうだから、マンコ開いてればとりあえずオスが寄ってくる。だからオスのほうに美しさっていう武器が備わってるわけですよね。でもそれが逆転して、叶姉妹みたいに選ばれることに快感を感じるタイプは、むしろ男性的な気が」

――言われてみればそうかも。面白いなあ。

ドルショック「私は『勝負下着でキメたい』っていうのと『3枚1000円でもまあいいか。ヤッちゃえ!』っていうのと両方持ってる感じかも。普段は全然気を使わずにゲイみたいなパンツ(?)履いてるんだけど、そういう時に限って飲み会の席でテンション上って脱がされちゃったりするんですよねえ……」

――ははは。それ、シラフでやるからすごいよね~(笑)。

ドルショック「写真にバッチリ残された後で『しまった!』って思いましたよ。勝負下着で行けばよかった、って」

――そっちかよ!



ううむ。オナニー界と肉食女子界を代表するインテリ同志がぶつかり合うだけあって、なんとなくアカデミックな話題になってきました。でもオナニー話は一体どこへ……??(泣)
「次こそ……次こそはちゃんとまとめるから!」と涙目になりながら、次回に続きます。
あ、ちなみにマエストロは主にユニクロのパンツを着用しております。聞いてないですかそうですか……。

(続く)

ドルショック竹下 早大文学部在学中、ミリオン出版「漫画実話ナックルズ」誌においてセックス体験漫画「挿れるもの拒まず」でデビュー。以降、エロを軸に実話誌、レディースコミック、男性誌などで広く執筆。昨年は初書籍「セックス・ダイエット」(ミリオン出版)を刊行。最近は「くすぐリングスNEO」、「ヤリマンは、なぜ嫌われるのか」などのイベントにも精力的に参加。牡牛座B型、お調子者のヤリチン気質。 。
公式サイト=「Shock Heart!」
ドルショック竹下ブログ=「今日のどるちゃん情報」

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
10.02.20更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義
文=遠藤遊佐 |