女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.
『ヒコマラン―食べ人特撰 お店ナビ120 』

著者=彦摩呂
ISBN10:447800711X
定価:1680円
発売:2008年10月18日
出版社:ダイヤモンド社

↑彼がその昔“幕末塾"というアイドルグループのトップメンバーだったことを覚えている人は、一体何人いるんでしょうか。グルメ番組で「食のIT革命や〜!」とか言ってる姿は、もはや織田無道にしか見えません……。ああ、仕事って厳しいものなのね。
ちなみに私が今一番心配しているのは、『シルシルミシル』に出てる新人AD堀くんです。見るたび膨れてる。

『夜明け前 Before Dawn』

歌=幕末塾
ASIN:B00005MT17
定価:2920円
発売:1989年7月5日
レーベル:NECアベニュー

↑こちらが“幕末塾"時代のCDジャケット。さあ、彦摩呂先生はどれ? みんなで探してみよう!


親戚の三回忌で年の離れた従姉妹と15年ぶりに会ったら、見違えるように立派なおなべに成長していてびっくり。(実話)
あぐらをかいてちらし寿司食べてる姿は、どこから見ても彦摩呂でした。オナニーマエストロ遠藤です。
 | 
あんなにガリガリだったのに、いつの間にそんな恰幅良くなっちゃったの、まりちゃん。おばちゃん、ダブルのスーツなんて久しぶりに見たよ!
ちなみに下着はブリーフ派、おっぱいはDカップだそうです。(俺より大きい……彦摩呂なのに……)

若干のショックを受けつつ、淫語AVサイト管理人・淫語魔さんインタビュー、第二回目でございますす。


――いやあ、淫語魔さんて私が思ってたよりも普通の人ですね。いや、普通っていうと変なんですけど、なんかこう「淫語AVマニュアル」を見た感じだと、恐ろしいくらいのこだわりがあるのかと。淫語マニアの人って案外淡白なのかしら。

淫語魔「こだわりはありますよ。インターネットを始める前はエロに対する姿勢って“自分対エロ"でしかなくて、他の人の性嗜好なんてわからなかったけど、情報を求めて2ちゃんねるの淫語スレを見るようになって、いろんな譲れない部分があるっていうのを実感しましたね。そこには“チンポ"じゃないとダメって人も、“おちんちん"じゃないと絶対興奮しないって人もいる。そればかりかチンポ派とおちんちん派が大真面目に争ってたりするんですよ」

――ははははは。(←大喜び)

淫語魔「普通だったら、こいつらなんでおちんちんかチンポかで喧嘩までしてんだろうって思うでしょ。自分の人生とか人格まで否定されるようなことじゃない。でも、なんかわかる気もするんですよね。僕はその論争については冷静でいられるけど、もしオマンコがオマンコじゃなかったらたぶん嫌ですしね。まあ、そうは言っても“チンポ"か“おチンポ"かで喧嘩してたりするの見るとびっくりしますけどね。“お"が付いてるか付いてないかだけなのに!」

――丁寧に言うか言わないかだけですよね。

淫語魔「あと、“お"がついてると子供っぽいからダメだっていう意見もある(笑)。でもこれは別に淫語だけの問題じゃなくて、AV好きの人って結構そういうことで喧嘩してますよ。たとえばレズビアンの方に聞いたんですけど、レズも“お道具派"と“生指派"に分かれてたりするんですって。あと“着衣派"と“脱衣派"とかね。好みの問題だって割り切ればいいんだけど、必ず喧嘩になる。性の問題っていうのは余程自分の人格形成にかかわってるんだなあと思いますよ」

――うーん、でもエロとか食べ物とかの好みはムキになりますね。本能に直結したことだからかなあ。どうしても「えっ、こっちのほうが旨いじゃん!」ってなっちゃう。

淫語魔「でも、傍から見ると松屋が旨いか吉野家が旨いかで大喧嘩してるのって、わけわかんないですよ」


『がんばれ!!吉野家 』

著者=山中伊知郎
ISBN10:4860951069
定価:1260円
発売:2006年2月
出版社:長崎出版

↑何を隠そうマエストロは松屋派です。牛丼じゃないものがいろいろあって好き。


――そりゃそうだ。ちなみに淫語魔さんは“チンポ"と“おちんちん"だと、どっち派なんですか?

淫語魔「いや、僕は男性器は興味ないんで!(きっぱり)マンコの言い方でどれが好きっていうのも特にないですねえ……。当時2ちゃんで“マンコ"の対抗馬として頑張ってたのは“オメコ"なんですけど」

――へえ。でも“オメコ"って方言じゃないですか。

淫語魔「ええ。“オメコ"は標準語じゃないからメイン舞台に出てこれないんじゃないかって思うんですけど、関西人からの人気は根強いんですよ。『やっぱりオメコじゃないとね!』って人は確実にいる」

――えー、でもやっぱり同じ基準で争うのはどうかなあ。純粋に性的な好みっていうよりも生まれつきの環境で好き嫌いが決まっちゃうわけでしょう。

淫語魔「でもねえ、アクセス解析で検索ワード調べてみると、そういう人って“オメコ 画像"とかで検索して僕のサイトに来てるんですよ。ちょっと考えれば標準語の“オマンコ"のほうが絶対に確実にヒットするってわかりそうなもんだし、探してるのは画像なんだからオマンコでもオメコでも呼び方の好みなんて関係ないんだけど、やっぱりオメコなの。そこは譲れない(笑)」

――関西の人にとっては、『オメコはオメコ以外の何者でもない!』んでしょうかね。

淫語魔「そう思いますよ。っていうか、どうやら現在ではそれもドーナツ化現象が起こってるらしくてですね……あ、そうだ。ちょっと資料持って来たんですけど、出してもいいですか。神戸たろう監督のデビュー作と言われている……」
(ガサゴソとDVDを取り出す)

――おお、『淫語しまっせ』だ!! なつかしい〜。


『淫語しまっせ!〜大阪編・京都編』

監督:神戸たろう
定価:プレゼント専用非売品
メーカー:ソフト・オン・デマンド

↑神戸たろう監督『淫語しまっせ』。この時期のSODって本番ナシのゆるエロAVがいっぱい出てて、正直マエストロは「こんなの誰が観るんだろう」と思ってたんですが、淫語魔さんが観ていたのですね。


淫語魔「これ、大阪編と京都編が出てるんですよね。見てるとわかるんだけど大阪の子はあんまり“オメコ"って言わなくなってる。“オマンコ"のほうが多いくらいなんですよ。特に梅田とかなんばとか中心部に行けば行くほど標準語に近くなってて、『オメコって何?』って聞いてたりするの」

――ええ〜! それはオメコ派にはショックですね。

淫語魔「でも、京都編のほうにはまだ“オメコ"文化が残ってる。たぶん同じ関西でも田舎に住んでる子のほうが“オメコ"率が高いんですよね。デキる監督さんだとそのへんまで研究して、普段は“オマンコ"って言ってる関西娘がついつい“オメコ"って口走っちゃうみたいな設定をつけたりもしてるんです。で、そういう作品ってやっぱりオメコ派の人からは評判が高い。でも、関西出身じゃない女優さんに無理矢理“オメコ"って言わせてるようなのには文句がつくの。『アクセントが違うっ!』とか」

――こだわりだなあ(笑)。すごいなー、同じ関西でも聞き分けられるんだ。淫語マニア恐るべし! 淫語魔さんが淫語好きになったのって、もともと言葉に興味があったからっていうのもあるんですかね。

淫語魔「遠藤さんって、子供の頃深夜放送聞いてました?」

――超聞いてました。オールナイトニッポン! 笑福亭鶴光でおま!


『笑福亭鶴光のオールナイトニッポンDELUXE 鶴光でおまっ! 』

出演=笑福亭鶴光、みうらじゅん
ASIN:B001NOQD12
定価:5000円
発売:2009年2月25日
販売元:ビクターエンタテインメント

↑エロカマキリこと笑福亭鶴光。いやあ、やはり深夜放送といえばコレですよ! (っていうか、実は当時長野にはAM局が一局しかなかったので、これしか聞けなかったんですけどね……)


淫語魔「おお、同志! 以前淫語のチャットで同世代の方と話した時にも『どうやら僕らは鶴光の呪縛にかかってるらしい』って話になったんですよ。あれはねえ、淫語好きになる一つの要因としてあるんじゃないかと」

――鶴光のオールナイトって、夜中に「おめこ〜」とかいうんですよね。「乳頭の色は〜?」とか。あれって当時中学生が普通に入手できるエロの最たるものだったなあ。たまに五月みどり呼んでエロドラマとかやってて、今考えると豪華だった(笑)。


『五月みどりのかまきり夫人の告白』

監督:牧口雄二
定価:4725円(税込)
発売:2005年7月21日
ASIN:B0009EVIN0
販売元:東映ビデオ

↑アラフォー世代のセックスシンボル、五月みどり。そういえば以前花津ハナヨ先生も「初エロビデオは五月みどり」って言ってたなあ。


淫語魔「そうそう〜(←満足そう)。五月みどりとか『後ろから前から』の畑中葉子とかね。あと鶴光に本番中“マンコ"って言わされて謹慎になっちゃった松本明子とか!(※にわかに四十路トーク炸裂中)アイドルにも淫語を言わせてたんですよ」

――わざわざ「イク」って言葉にエコーかけたりしてね。今考えると羞恥プレイだ。

淫語魔「それでちゃんとオナニーしてましたからね。今あのテープが残ってたらヤフオクで高く売れるんじゃないかなあ(笑)。当時はそれくらい大事な素材でしたね」

――穿った見方をすると、エロが耳から入ってきた世代だっていうのもあるのかもしれない。そういえば、エロテープって昔ありましたよね。アンアンいってる喘ぎ声を録音しただけのやつとか。私は昔新宿二丁目のゲイショップで三社祭のエロテープ買ったことある(笑)。なんであんなの買ったんだろう。屈強な男の声で「そいやそいや!」「兄貴ィ!」とか入ってるの。これもエロなんだ……と思った記憶がありますねえ。


淫語魔さんのサイトを見ると、このビデオはオマンコって何回言っててオメコは何回で……なんて表が載ってたりして、私みたいな凡人には理解不能なマニアックな話なのかと思ってたんですが、そうでもないのかも……。
鶴光のオールナイトニッポンを毎週エアチェックしていた私も、もしかしたらふとしたきっかけで淫語マニアになっていたかもしれない。そう考えると嬉しいような困ったような。
懐かしい話に嬉しくなって、思わずyoutubeで『おもろない音頭』を検索してしまったマエストロでありました。というわけで、以下次号。
(続く)

淫語魔 自称、日本一淫語AVを見ているAVユーザー。淫語AVをさらに普及させるべく、淫語AVレビューサイトを主催する。それ以来AVを見てはチンポ、マンコ等の発言回数をカウントし、気に入った台詞を一語一句、正確に抜き出す日々が続く。それらの苦労をブログにてボヤキ始めたところ、なぜか業界の一部で評判となり監督たちとも交流を持つようになる。AVを見て哲学する40代のオヤジ。歴史、民俗、宗教関係も好き。
淫語魔のレビューサイト=「淫語AVマニュアル」
淫語魔ブログ =「ボヤキの小窓」

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
10.03.27更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義
文=遠藤遊佐 |