本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『妹に筆おろしされた挙句、拘束され飼い慣らされてしまった僕。 - 神宮寺ナオ』(ドグマ)
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
↑こちらが噂の某カード。ルミネさんは私のような者にもカードを作らせてくれる素晴らしいお店です。ちなみにルミネでお買い物をする時は、ルミネカードを使うとなんでも5%オフになりますYO! (絵面的に寂しいので、suicaとヤマダ電気のポイントカードも並べてみました)

毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.
現代日本はカード社会!
何を隠そう私も一応クレジットカードなどというものを持っているのですが、驚いたことに先日初めてカード詐欺にあってしまいました。オナニーマエストロ遠藤です。
 | 
ここんとこそういう事件がいくつか発生しているらしく、某カード会社のお客様窓口から、先月◯月×日に私がネットで買い物したかっていう電話がかかってきまして。

カード会社「失礼ですが、遠藤様はそのようなお買い物の記憶はございますでしょうか」

遠藤「……えーと、ちょっとわかんないんですけど、ちなみにどんなものを買ったことになってるんでしょうか」

カード会社「深夜に海外のサイトを通じてお買い物をされてるようなんですが」

遠藤「……」

とりあえず何も買ってないと言い張りましたが、ごめんなさい。実はあんまり自信ありません。
深夜に海外サイト……正直、丸見えエロ動画をポチッとやってる可能性がないと言い切れないところが哀しい……。いや、そういえばなんか黒人がアヘアヘ言ってるところ見たような記憶も……あれ……?

……えー、とにかくよい子の皆さんもカード詐欺には気をつけてくださいね。
「貧乏だから大丈夫!」だなんて妙な自信を持ってると、ケツの毛までむしられちゃいますよ。怖い怖い!


さて、前回に引き続き淫語AVサイト管理人・淫語魔さんへのインタビュー。4回目でございます。

――淫語魔さんは、いちユーザーとして売り手と買い手の温度差に心を痛めたりしてるわけなんですけど、そういう話を聞くと“淫語AVマニュアル"ってサイトは昔の裏ビデオ屋のオヤジみたいな役割を担ってますね。私、そういうイイ話に弱いんですよ〜。

淫語魔「そうなんですかね。あ、そうだ。サイトやってて一つわかったのは、自分はおちんちんとかマンコが主流だと思ってたんだけど、意外に『キンタマが聞きたい』って奴は多いんです」

――ああ、キンタマですか……(ちょっと感動してたのに……)。

淫語魔「キンタマはレア! オメコと同じくらいレアなんです。タマキンじゃダメなんですよ。あくまでも“キン・タマ"!」

――はあぁぁぁ……。

淫語魔「以前“キンタマ"がある・ないでこだわってる淫語マニアの人がいたんで、サイトに『冬月かえでさんがキンタマって言ってるからこれは買いです』みたいなことを書いたんですよ。そしたら、それを読んでくれた人にDMMのレビューで『「タマ」や「タマタマ」ではなく、「金玉」発言あり。 正確には、「金玉さん」だけど……』ってコメントされたことがあります」


↑『オナニーのお手伝いしてあげる』『オナニーサポート』『最高のオナニーのために』等々、いろんなメーカーが人気女優を使った主観淫語シリーズを出しているんですが、具体的になんて言ってるかは実際に見るまでわからないことが多いわけです。しかしこんな美形がキンタマ発言とは……そりゃムズムズしますわな。


――ははは。彼としてはそれは不満だったんですかね。

淫語魔「“キンタマ"だとベストだったんでしょうけど、まあそれに準じる“キンタマさん"でもいいだろうと思ったんでしょうね。好意的なコメントでした(笑)」

――深いわぁ。

淫語魔「それを見たとき『サイトやっててよかった!』って思いましたよ。達成感を感じましたね」

――それはすごい大事なことですよ。別に誰にも教えず自分だけの知識にしてもいいんだけど、同じエロを愛する同志には教えてあげたいもんですよね。ちなみに私が個人的にグッとくる淫語っていうのは、村西とおる監督とかゴールドマン監督みたいに「オマンコべろべろピョ〜ン」みたいなことを大威張りで命令されて言わされる、S男がM女を淫語で責めるっていうパターン。そう言えば主観で「気持ちいいんでしょう? チンポギンギンよ〜」みたいなのはそんなに興奮しない。


↑素人娘に大開脚をさせて「オマンコ見て〜。ビラビラグチュグチュよ〜ん」なんて独特の淫語を言わせるゴールドマン監督。脳みそが溶けそうなコール&レスポンスが最高でございます。


淫語魔「僕も村西監督やゴールドマン監督みたいな責め淫語が好きなんです。でもいつからか『この男優、あんまり淫語責めうまくないな』って思うことが多くなっちゃって。SMビデオで淫語のちゃんとしたのを観たいんだけど、ことごとくはずれてるんですよねえ……。SMビデオの言葉責めって自分からするとまだ甘いの」

――ほーう。

淫語魔「言葉の順番がなってないんです。さっきのマリオンさんの話でもそうだけど、僕は順番がすごく大事なんです。映像に必ず寄りと引きがあるように、言葉にも距離感があると思うんですよね。アロマ企画でもたくさん淫語物を撮ってくれる監督がいたけど、途中から淫語の羅列になっちゃって、ちょっとおかしな感じになってきちゃった。作り手としてはいろいろ制約があるのはわかるけど、でももっと何かできるんじゃないのってSMビデオには思ってしまうので、かえって観れないんですよ」

――期待が大きすぎちゃうんですね。

淫語魔「そんなことを踏まえた上で今日はちょっと実験をしてみたいなって思ってるんですよ……ちょっと見てもらえます? これ遠藤さんに読んでもらおうと思って考えてきたんですけど」

(淫語がびっしり書かれたプリントアウトを見せられる)

――す、すごい。なんですかこれ!(ちょっとビビる遠藤)

淫語魔「淫語の種類としてこういうのがあるよっていうのをまとめてみたんです。この、最初の一頁目にあるのは本当に淫語の羅列ですね。まあ、ちょっと遠藤さんに読んで貰って、みんなで聞いてみましょうよ」

――(……淫語魔さんの趣味?)はぁ。えーと、普通に読めばいいんでしょうか……。

淫語魔「はい」

――おちんちん…チンポ、おちんぽ、まんこ、おまんこ、きんたま……。
(若干ニヤニヤしながら読む俺。どんどん過激になっていくので照れて笑ってしまうあたりが我ながらカワイイ。誰も言ってくれないので自分で言うよ!)



【1】 FLV形式 2.97MB 01分31秒


淫語魔「はいはい、ありがとうございました。まあ淫語マニアだったらこれだけでもイケると思うんですけど、自分の感覚からすると今みたいな羅列だけだとそのうち飽きるんです」

――はあ(飽きるのかよ! 恥を偲んで読んだのに!)。

淫語魔「それはどうしてかっていうと、言葉の醍醐味って本来リズムや流れにこそあるからなんです。今度はちょっと20行くらいあるんですけど、ここから読んでもらえます?」

――はーい、読めばいいんですねっ! えーと、「大事なところ、女の子の大事なところ、下のほう、Hなところ、お股、アソコ、ヴァギナ、おまんまん、おまんこ、クリ、クリちゃん……」(だんだん恥ずかしくなってくる)



【2】 FLV形式 1.57MB 0分48秒


淫語魔「……こんな感じです(笑)。なんでこんなことをさせたかっていうと、今度の場合は言葉の羅列ではあるけど、だんだん“おまんこ"に近づけようとしてたんですね。最終的に“遊佐のおまんこじゅるじゅる"っていう恥ずかしい言葉にまでもっていったけど、言葉って遠いところから近いところへ行ったり、近いところから遠いところへ行ったりするものなんです。音楽みたいなもんで、意識の上げ下げを行なっていくことによってグルーブ感が生まれるの。わかります?」

――ほう!(←実はよくわかってない)

淫語魔「これは単語にしてるので伝わりにくいかもしれないけど、もっと文章的にすると『君が感じるところはどこなの』『大事なところ』『大事なところってどこ?』『女の子の大事なところ……』ってなっていく」

――……ああ、なるほど。AV見てるとよくそういう流れがありますよね。

淫語魔「で、言い方にも気持ちを込めて言ってくと、グルーブ感が生まれるんですよ。たとえば『遊佐のおまんこ』っていうのは、名前を入れて所有格にしてるでしょ。これも、『私のおまんこ』よりは『遊佐のおまんこ』のほうが距離感が縮まるんですよ」

――へぇ、そうなんですか?

淫語魔「だって『遊佐の』は個人名だから! 『私』っていうのは所詮代名詞に過ぎないですからね。おまんこも、私のおまんこなのか、私のこのおまんこなのか、私のこのじゅるじゅるおまんこなのかで言葉が違ってくるんですよ。そこを上げ下げしていくと非常にいやらしいなと思うわけ!」(←ヒートアップ)

――なるほど確かに。こりゃもうレポートとか書いて発表したほうがいいですよ。淫語魔さん!

淫語魔「そういうことまで考えて台本を作って欲しいんですよ。単に『おまんこ気持ちいい』って言わせて終わりだったりするんで、もうちょっと工夫してくれるといいなあ。痴女AVによく出る女優さんで桐原あずささんて人がいるけど、彼女なんかはこういうことがナチュラルにできるんです」


『熟雌女anthology #051 』

型番:PSD+382
発売:2009年11月20日
メーカー:アウタースジャパン

↑淫語魔さんおすすめの淫語女優・桐原あずさ嬢。この方、いろんな意味ですごいです。私が最近観た出演作の中では『老人臭に欲情するむっつりドスケベ嫁』というのがよかったです……。


――元・伊藤あずささんですね。いいですよねえ。

淫語魔「『先生のおまんこ』って最初は言ってたのに、そのうち『あずさのおまんこ』って言い出すの。社会的な地位をまとっての『おまんこ』なのか、それとも個人の『おまんこ』なのかでは違うんですよ!(熱く語りだす淫語魔さん……)意識的にやってるのかどうか知らないけど、彼女はそういう言葉の入れ替えをするんですよねえ〜。遠藤さんは文章を書く人ですけど、文章でも、流れが悪いなって感じると言葉を入れ替えたりするじゃないですか。形容詞を書き加えたり、体言止めにしたりね。淫語だって文章、言葉なのにそれをやってくれてない。SMビデオではそういうのを観たいんです。その人の日常的な立場が淫語によってだんだん非日常的に崩されていって、最後は人には言えない秘密まで暴露されていって人生が狂うっていうような……」

――SMってあえて淫語ってジャンルに焦点当ててないですよね。羞恥責めみたいなくくりになるのかなあ。

淫語魔「SMってトランス状態になるでしょ。それと同じで、言葉でトランスさせることもできるんですよ。淫語を使うことで自分もどんどん興奮していくし、相手もMだから責められてわけわかんなくなっていく。一緒に別世界に行くことで、共犯関係みたいな意識も湧いてきますよね」

というわけで、気がつけば白昼のスナックで淫語原稿を読んでいたマエストロ。
何故……? これも淫語魔マジック!?
ともあれ、わざわざ用意してきてくれたプリントアウトの束に溢れる淫語愛を感じつつ、次回最終回に続きます。

(続く)

淫語魔 自称、日本一淫語AVを見ているAVユーザー。淫語AVをさらに普及させるべく、淫語AVレビューサイトを主催する。それ以来AVを見てはチンポ、マンコ等の発言回数をカウントし、気に入った台詞を一語一句、正確に抜き出す日々が続く。それらの苦労をブログにてボヤキ始めたところ、なぜか業界の一部で評判となり監督たちとも交流を持つようになる。AVを見て哲学する40代のオヤジ。歴史、民俗、宗教関係も好き。
淫語魔のレビューサイト=「淫語AVマニュアル」
淫語魔ブログ =「ボヤキの小窓」

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
10.04.10更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義
文=遠藤遊佐 |