女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『妹に筆おろしされた挙句、拘束され飼い慣らされてしまった僕。 - 神宮寺ナオ』(ドグマ)
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.
↑ずらり並んだ“休"の文字。こういうのってジッと見てると本来の意味がわかんなくなってきますよね。そうか、“休"ってニンベンに木って書くんだよなあ。
……ていうかこれ「都合によりしばらく休業します」じゃダメなんでしょうか。

毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.
先日、友人とタイ料理を食べに行ったときのこと。
隣にあるお茶屋さんの店先で、こんな張り紙を見つけました。
カレンダーに店の休みの日を書いてあるんですが……明らかに休み過ぎです。やる気がないとしか思えない。

「ちっ、これだったら営業日を書いといたほうが早いんじゃねえの!」

なんてことをブツブツつぶやきながらも、すかさず写メする39歳。
ああ、VOW世代ど真ん中……オナニーマエストロ遠藤です。
 | 
そういえば昔『VOW』に投稿したことあったなあ……と思って探してみたら、まだ本棚の奥にありました(VOWがなんだかわからないナウなヤングは、Wikipediaとかで検索してみてね☆)。
ちなみに当時女子校生だったマエストロが送ったネタはこちら。


↑三つ子の魂百までとはこのことですな! ははははは!!
商品のシールと金一封がまだ届いてないので、宝島社の人はキャスキッドソンのムックばっかり作ってないで早く送ってください。待ってます。


さて、高校時代はラーメン屋の看板見ただけでムラムラできてたはずなのに、20年が経った今、丸見え洋ピン&電マがオナニーのデフォルトになってしまった私。
一昔前のピュアな気持ちを思い出し、地に落ちた妄想力を強化しようと、今回は単身ピンク映画を観に行くことにいたしました。

いざ向かったのは、新宿は“新宿国際劇場"。


↑場所は、南口にあるフラッグスというおしゃれビルの前の四叉路を手前から2本目に入った通りの真ん中へん。明らかに異彩を放っているので、ぼんやり歩いててもすぐわかる。


ピンク映画をやってる映画館は都内にいくつかあるようなんですが、そういや駅のそばで見かけたことがあるなーと思い出したので、とりあえずそこへ行ってみることにしました。なんてったって南口から徒歩2分。近い!
あ、「手近なところで済ませたな!」と思うかもしれませんが、一応東京に来るまでに片道4時間、バス代4000円かかってますのであしからず。オナニーのために県境3つ超えてます。


↑映画館の前にはラムタラが。新旧エロがさりげなく対決?(画像がぼやけてるのは雨のせいです……)。


日曜日なので人が多いけど、恥ずかしいとかいう可愛らしい気持ちは一切わいてきません。ああ年とってよかったなと思うのはこんなとき。
週末デートにうつつをぬかすカップルどもを尻目に、そそくさと映画館の前に立つと……おお!


↑いいですねえ。手書き看板がなんともグッときます。明朝体最高!


『和服みだら濡れ』に『豊乳願望 悩殺パイズリ締め』『巨乳家政婦 内緒の裏メニュー』……ああ、豊乳なんて言葉聞いたの何年ぶりかしら。
そして『馬を愛した牧場娘』! AVじゃこうはいきません。
よく見るとこちらの映画館、地下と2階にスクリーンがあり、2階が“国際劇場"地下が“国際名画座"と分かれているらしいんですね。
ちなみに“国際名画座"のほうのラインナップはこちら。


↑ナースと和服エロスと愛染恭子。愛染先生が出てくるあたりが、なるほどピンク映画っぽい。


うーん、うーんとひとしきり迷った挙げ句、2階の国際劇場に入ることにしました。
愛染先生の引退記念作にもかなり惹かれたんですけど、この作品が目に入っちゃしょうがない。


↑催眠エクスタシー、キター!!


そう。前回挑戦して、かかったんだかかからなかったんだかはっきりぜず悶々としたのが催眠オナニー。
そして、目の前にあるのが『催眠エクスタシー』。似てる!っていうかほぼ同じ!
タイトルを見た限りでは、催眠術をかけられた女がアヘアヘになっちゃう話としか考えられませんよね。だとしたら、まさに私のためにあるような作品じゃあないですか。
こ、こいつを観ればエロ催眠のなんたるかが理解できるかもしれない……。そんな淡い期待を抱きつつ、古い階段を上がります(しかし、日曜の夕方だっていうのに客いないなあ)。

ちなみにチケットは1800円……ちっ、ロードショー料金か。
ゲイ映画館と違って女性割引はないようで、ちょっとがっかり。
でも入替制ではないので、居たかったら朝から晩まで居られます。
モギリの兄さん(わりとイケメン)にふてぶてしくチケットを渡して中に入ると、お客さんはポツポツという感じ。
「ジロジロ見ちゃだめ! 知らんぷりするのがエチケットよ!」
と思いながらチラチラ横目で人数を数えたら、ちょうど20人でした。しかも客層はほとんど中高年のお父さん&おじいちゃん。ぶっちゃけマエストロが一人で平均年齢下げてる状態です。
エロ業界では「AV買うのは30代以上の男性」なんてことが言われておりますが(それより下の人は無料エロ動画やダウンロードが中心)、ピンク映画はそんなもんじゃありません。見たところ基本50代以上。40代さえいないかも。

うー、まあ、そうだろうなあ。
わかるんですよ。お若い人はわざわざ1800円払って陰毛すら出てこないエロを観ようとは思いませんもの。
私も子供の頃ピンク映画に興味を持ったのは、それが当時あるものの中では結構エロ度の高いものだからであって、あのときギリギリモザイクとかあったら絶対にそっちを観てたはず。
「おじいちゃん、向かいのラムタラ行けば1980円でS級素人のAV売ってるよ!」
思わずそんな余計なことを教えてあげたくなってしまう私……。すみません、余計なお世話ですね。


『東京中出し女子校生 26』

監督:NanQ
品番:RSAMA-267
発売:2010年6月18日
販売元:S級素人

↑正直、同じ2000円近く払うんだったらこっち買うよなあ。ギリモザで中出しでまんまる美巨乳!!


でも、この客層を見た途端「もしかしたらハッテンしちゃうかも。いや~ん」という懸念は綺麗に消え失せました。ぶっちゃけ「したくてもチンコに添え木が必要なのでは……」という感じの方もちらほらいらっしゃる。
ゲイ映画館のときと違って、通路に並んで品定めをするようなガッツは微塵も感じられません。
一気に気が大きくなり、観やすい場所を求めてウロウロするマエストロ。お父さん方はあからさまに「ちっ、小娘が俺たちの憩いの場に!」という顔でこっちを見てますが、そんなこたあ知らねえよ。おばちゃんだって1800円払ってるんだもん。

ちょうど真ん中あたりに陣取ったあたりで上映開始。
3本立てで、1本目は期待の『催眠エクスタシー』です。ストーリーはこんな感じ。

夜の街をさまよう不眠症のヒロインは、眠れないせいで自分は人の2倍の速さで生きていると思っている。そんなある日、彼女は“チンコが縮んでなくなってしまう"という妄想にとりつかれた男と出会い、彼にどっかの住宅地にある“リバース研究所"なる場所に連れていかれる。
そこは催眠術による生まれ直しでセックスのトラウマを解消しようという場所で、マンコが締りすぎて男を殺してしまうんじゃないかと怯える女(←ずうずうしい)や、窒息マニアの男などが集い、日夜治療という名のセックスを繰り広げている。
不眠症なだけでなく不感症でもあるヒロインは、研究所で変態さんたちとの3Pに身を投じていく――。

ぐぐぐいっと画面に見入るマエストロ。上映時間は60分程度だったでしょうか。

――はぁ〜。

やっぱりといえばやっぱりなんですが、催眠術のかかり方についてはまったくもって得るものがありませんでした。まあ、そうだよな。
エロ妄想のほうに関しても、かなり気合を入れて頑張ったつもりなんですけど、うーん……なんといいますか。

マンコもチンコも出てこない、挿入も擬似とわかってるってことが、こんなにムラムラ力を低下させるとは思わなかった……。

いや、正直もうちょっとイケるだろうとたかをくくってたんですよ。鼻血は出さないにしても、ちょっとジュンってくるくらいのことはあるだろうと思ってたんですけど、ダメでしたねえ。
(終わった後にマンコに指突っ込んでみたけど、変化なし)
思うに、これはピンク映画がエロくない云々の話じゃなく、毎日AV観て生マンコに慣れてるってところが問題なんじゃないかと。どうしてもAVと同列で比べちゃうんですよ。

あと、笑いの要素が強いんですよね。
一般映画でもたまにムラムラくるようなのがあるんですけど、それってチンポマンコじゃなく、ストーリーとかキャラにムラムラしてるわけじゃないですか。でもピンク映画っていうのは、ギャグ寄りだったりシュールだったりするストーリーが多い。で、基本的にオーバーアクション。
つまり、チンポマンコの面でもストーリーの面でも、がっつりエロじゃないんです。
だからムラムラのヌレヌレにはならない。でも映画としては結構面白いからこれまた始末が悪い(笑)。

――いや待てよ。むしろ面白くないピンク映画のほうが妄想力が膨らむってこともあり得るな……。

とにかくこのままでは帰れません。なんてったって県境3つも超えて来たんですもの。
というわけで、いかにも面白くなさそうなタイトルの『和服みだら濡れ』に勝負をかけることにしました。
今度はちょっとでもムラッときたら、その場オナニーも辞さない所存です。
頑張れ、俺。集中、集中ッ!!!
(続く)

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
10.06.19更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義
文=遠藤遊佐 |