本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『妹に筆おろしされた挙句、拘束され飼い慣らされてしまった僕。 - 神宮寺ナオ』(ドグマ)
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
↑自称アイドルから主婦まで5人のヤリマンが「我こそはナンバーワンなり!」と競い合うなんとも下品な素敵イベント。このコラムでオナニー対談したドルショック竹下先生も、華麗にヤリマンテクニックを披露してらっしゃいました。

毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.
個人的に一番すげえなと思ったのは、アイドル漫画家・神無月ひろ嬢の「5万円で声かけられて援交しようとしたらどんどんダンピングされて、最後にはツケにされた」というエピソード。天使のようなひとだ……。

常日頃から「木こりになりたい……」とか「どうせあたいなんてひきこもりだし……」なんてことばっかりブツブツ言っている私ですが、実は結構アクティブな一面も持ち合わせております。
その証拠に、先日もパートをずる休みしてこのようなものに行ってきました。

その名も『ヤリワン・グランプリ』!

5人の肉食獣どもがガチでそのヤリマン度を競うという、世にも素晴らしいイベントです。うーん、ファンタスティック!!
場内特設の“ヤリマン席"にはワンドリンクサービスがあるというので、ちゃっかり座ってしまいました。タダ酒大好き、オナニーマエストロ遠藤です(だって自己申告だったんですもの……)。
 | 
しかしヤリマンの皆さんの下品全開なエンターテイナーっぷりには、おばちゃん感動すら覚えてしまいました。
各自のヤリマンアピールにヤリマンビンゴ(なんだそれ)、口説き&フェラテク実演、そして最後はこれまでヤッた男のイニシャルトーク。
舞台上で魚肉ソーセージを舐めしゃぶる熟女!
次々発覚する竿姉妹関係!
えっ、あの男性にそんな性癖がッ!?
ああ、もうこれ以上は書けない! 秘密エージェントに消されちゃう!!
いやー、笑った笑った。
「ブログやツイッターに書くの厳禁」と念押しされるネタもボロボロ出てきたので、気になる方は第二回を待ってロフトプラスワンに足を運んでみてはどうでしょう。胸焼け必至です。


↑ヤリマンズの皆さん。威風堂々。優勝したのは一番左、ラノベ作家の大泉りか嬢でした。


ちなみに場内には“出演者とヤッたことのある男性席(ワンドリンク付き)"もあったんだけど、こっちは出演者のチェックあり。
カメラごしに男性席をチラ見しては「あ、これOK。あたしヤッてま~す!」とかこともなげに言ってました(化粧の手は決して休めないのがポイント)。

さてさて、そんなセックス・アンド・ザ・シティな皆さんとは真逆な方向に全力疾走するマエストロ。
前回に引き続き、新宿ロフトプラスワンから徒歩5分の『新宿国際劇場』にて、一人地味にピンク映画を鑑賞中であります。

当初は「3本立てだけど、まあ1本観ればいいかな」と思ってたんですが、1本目の『催眠エクスタシー』にあんまりムラムラこなかったので、急遽2本目も居座ることに。
1本目が終わった途端に響き渡る幕間のBGMは、もちろん演歌。
間違ってもPerfumeとかはかかりません。やっぱり客の年齢層に合わせてるんでしょうか。この映画館、どういうわけか大衆芸能の佇まいがあって、ついつい長居しちゃいそうなんだよなあ。ああ、なんか昭和の時代に戻ったみたい……。

「さあ、今度こそは鼻血を流さんばかりに興奮してみせる!」と気合を入れるマエストロ。
時計を見ると2本目の『熟女訪問販売 和服みだら濡れ』が始まるまでにちょっと時間がありそうだったので、念のためトイレにいっとくことにしました。ほら、イイところで尿意をもよおしたりしたら大変ですからね。

しかし。

トイレの前まで来てハッとしました。
や、やっぱり女子トイレが……ない……。


↑焦って撮ったのでブレてるけど、「女性のお客様が使用中です。しばらくお待ち下さい(男性使用中止中)」と書いてあります。そんなこと大威張りで宣言されても……(泣)。


えーー。
20年前に行ったゲイ映画館に女子トイレがなかったのは、まあ仕方ない。ゲイ映画館は男色家の園、いわゆるハッテンバですし。
でも、ピンク映画は女子も来るでしょう。っていうか、どうも女子が使用するときは従業員に一声かけるシステムみたいなんですよね。まじっすか。ブーブー!!(←ブーイング)
モギリのお兄さん(ややイケメン)に「おしっこするんでトイレ独占させてください」と頼むなんて、私にとってはピンク映画を見るという行為よりもよっぽど羞恥プレイです。
しかも、外でおじさま方が行列作って順番待ちなんてことになったらどうしたらいいんですか。おちついてウンコもできやしねえよ……。


↑そういえばこんな張り紙も。でも見た限り客は60代くらいが中心で、ワイセツ行為に励めそうなのは見当たらないのがちょっと切ない。


幸いトイレはそう混んでなかったので、おじさま方がいなくなったのを見計らって大急ぎで用を済ませました。はあ、落ち着かない。


↑トイレの洗面台にはなつかしのレモン石鹸。これってまだ売ってるんですねえ。小学生の頃を思い出してほっこり(エロ映画館だけど)。


そして席に戻ると、ちょうど2本目が始まるところ。
でも、あれ? なんかさっきまでと様子が違うような。

……あ。 
1本目の上映中にはもっと前方に座ってたはずのご老人(竹村健一風のどや顔一九分け)が、グググイッと下がってきてる!
こ、これはもしや……ハッテン!? いやまさか。きっとスクリーンに近すぎて見づらかったから場所を変えたのよね。
でも、もしかしたら次の映画が熟女モノだから、リアル熟女を見てムラッときちゃったってことも。ポルノ映画館で絡み合う老人と熟女。ああん、どうしよう~。
まあ、普通だったらちょっとビビって席を変えたり映画館を出たりするところですが、ここは老人パラダイス。
なんかあってもタイマン張ったら勝てそうだし(←ひどい)、血まみれのピーターが出てくる映画を観させられることを考えれば、こんなの怖くもなんともありません。
それよりも問題は、次の『熟女訪問販売 和服みだら濡れ』。


↑主演は青山愛。見てください、この妖艶な姿! やっぱりピンク映画は熟女に限る。私はこういうストレートなエロを待ってたんですよ!


これはどう考えたって、古き良きエロ映画でしょう。なんてったってタイトルからして官能がにじみでてる! そう思ってたんですが……。
やられた。ええ、またやられました。
冒頭シーンに出てきたのは、なぜか和服じゃなくライダースーツを着た熟女と70年代丸出しのひょうきん(としか表現しようがない)おっさん。
ストーリーをかいつまんでいいますと、ヒロインの青山さんは伝説の元ヤンで、今は昔の舎弟が始めた会社で訪問販売レディーをしてるんですね。会社は全然うまくいってないんだけど、姉御と呼んで慕ってくるバカな舎弟のために一肌脱いで枕営業を始めるわけです。でもそれを知らない舎弟は街金に金を借りてしまい――と、まあこんな感じ。

ギャグだらけだし、アクションシーンはあるし、バズーカは出てくるしで大騒ぎ。まあ一応エロシーンもあるんだけど、擬似&オーバーアクションで当然のごとくエロくありません。
ちなみにこの作品、脚本段階では『ドラ猫バズーカ あばれあばずれ』ってタイトルだったとか。なんだよ、全然違うじゃん!(笑)
それでも一箇所だけちょっとムラムラくるシーンがあったんですが、よく見たら元AV女優の持田茜ちゃん(現在は“しじみ"名義で活躍中)が街金の性欲処理係にされるくだりでした。ああ、やっぱり私はAVから離れられないのか。

そんなこんなで2本目も終了。
『催眠エクスタシー』以上にハジけた面白い作品だったんですが、やっぱり股間はピクリともせず。まあしょうがないよな。『ドラ猫バズーカ あばれあばずれ』だし……。
せめて老人じゃなくて、年ごまかしてエロ映画観にきた純情な高校生でも隣に座ってくれたらよかったんだけど、そういう子はきっとおうちのプロードバンドでエロ動画をダウンロードしてるんでしょう。ちっ。
さすがに3本目を観る体力はなかったのでそそくさと映画館を後にしましたが、暗闇の中では最初からいた中高年の客達がまだぼんやりスクリーンに観入ってました。
ピンク映画は入替制じゃないから、きっとこの人たち、朝から夜までずっとここでこうやってるんだろうなあ。
思っていたよりも面白かったし笑えたけど、ピンク映画はもう完全にオナニーツールではなくなってしまったんだなあ。
そんなことを思うと、ちょっと寂しい気持ちになってしまった昭和生まれのマエストロなのでありました。
(こっちの勘違いだったらしく、結局どや顔老人も迫ってこなかった。まあ、そんなもんですよ。ふん!)

(続く)

【追記】
私は足を運ぶ機会がなかったのですが、奇しくもこのすぐ後、これまで多くのファンを魅了し続けてきたピンク映画館「上野オークラ劇場」が8月上旬に59年の歴史に幕を閉じるとの情報が入って来ました。
ああ、また一つエロの灯りが消えるのか……。
「やっぱAVじゃないとヌケない」とか言ってはみたもののそう言われるとなんだか淋しい……と思いきや!
なんと、同じ8月上旬に、「上野オークラ劇場新館」がオープンするらしいです。
古くからある一般の映画館さえ閉館を余儀なくされている今、ピンク映画館の新館を建てるなんて、ちょいとビックリ。
しかもシネコンばりのバリアフリー環境を設置して、若い人や女性もどんどん入れるようにしていくそうですよ。もう次の人を気にしながらオシッコしなくていいんですね! ありがとう上野!
8/1にはオープニングに先駆けて女性限定の上映会なんかもあるそうなので、興味のある女性は是非どうぞ。ピンク映画、面白いですよ。

関連リンク

「上野オークラ劇場」公式サイト

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
10.06.26更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義
文=遠藤遊佐 |