ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『妹に筆おろしされた挙句、拘束され飼い慣らされてしまった僕。 - 神宮寺ナオ』(ドグマ)
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
↑ずっと、松茸をチンポになぞらえる意味がわからなかった私ですが、このコラムで佐川銀次さんの生チンを見て初めて「ああ、そういうことか……」と思いました。なるほど松茸!

毎週土曜日更新!
onanistic pacifism by “maestro”Endo Yusa.
皆さんご存知でした? なんでも今年は、松茸が例年にない豊作なんだそうですよ。
信州の山奥にある遠藤家にも、近所に住むマタギやキノコ名人からご立派な松茸が次々と届けられております。
普段は「ケッ、たかがキノコのくせに何千円もするなんて生意気な!」と苦々しく思っている私ですが、くれるんだったら話は別。
先週なんて国産のおマッタケを3回も食べちゃいましたわよ。おほほほほ! 
気分はにわかセレブ、オナニーマエストロ遠藤です。
 | 
ちなみにセレブの私が松茸料理で一番好きなのは、なんといっても松茸フライですね。
松茸ご飯や松茸の吸い物なんて、あんなちまちましたものまだるっこしくてやってられませんよ。やっぱりセレブは、松茸をこう厚く縦切りにしてですね、とき卵にくぐらせパン粉をつけてサラダ油でジュワジュワーっと揚げる。んで、カラリと揚がったらとんかつソースをどぼどぼかけて……。ああ、甘じょっぱくてうまい。揚げ物最高!(←味音痴)

さてさて、そんな感じで間違ったセレブ感を漂わせつつ、今日もオナニーを啓蒙し続けるマエストロ。
長々と続いてきたラノベ作家・大泉りか先生へのオナニーインタビューも、いよいよ最終回でございます。


●声出しオナニーは淑女のたしなみ

りか「遠藤さんは、グラビアとか見てオナニーします?」

――私、それは全然ないなー。着エロとかアイドルの水着写真とか大好きなんですけど、オナニーしたいとは思わない。あ、でも『お尻倶楽部』のグラビアとか、あのへんまでなっちゃうとさすがにムラムラきますね。昔の裏本に出てるようなあんまり美人じゃない普通の子が2本刺しとかでズボズボやってて、隣に「私って肉便器OLなんです……」とか文章入ってるやつ。でもやっぱりオカズとしてはちょっと弱い。シチュエーションがないとダメなんですよ。りかさんは?


↑グラビアでオナニーってあんまりしないけど、平凡なルックスのモデルさんがズボズボやってるこういう感じのはアリ。完全に裏本世代です。


りか「私もシチュエーション大事、あとセリフ」

――セリフ??

りか「昨日ちょっといいなと思ったのは『ゴメン、我慢できなくて、つい……』っていうセリフ。それでオナニーできると思った」

――セリフだけで?

りか「うん。そのセリフをもとに妄想を膨らますの」

――ああ、やっぱり作家だなあ。

Iさん「男性のそういうセリフの一言から物語が作れるわけですね。ちなみに今までにどんなセリフ使いました?」

りか「わりとねえ、超陳腐ですよ。『こんなに濡れて恥ずかしくないの』とか。で、一人で『恥ずかしい〜』って言いながらオナニーするの。『いやあっ!』って言ったり。遠藤さんは声出しオナニーってしないの?」


↑オナニー中に一人芝居をするアラサーの人と、オナニー中にわけのわからないことを口走るアラフォーの人。恥の多い人生ですみません……。


――私、すごい恥ずかしい告白すると、三十路越えてからオナニーしながら「お兄ちゃん!」って言ったことあります。

りか「あはははは。『らめえっ』とか?」

――いや、さすがに「らめえっ」はないけど……。でも私はセリフまでは言いませんよ。意味のある言葉は言わないです!

りか「私は『いや、だめ』系。気持よくなっちゃう〜、とか。頭の中にいる彼と会話してる」

――自分のパートは自分で言わなきゃってことですね。なるほど納得(笑)。私が声出すのは、どっちかっていうと勢いづけですから。「ラッセーラ! ラッセーラ!」って祭りの掛け声みたいな。言わないより言っとけ、くらいの感じ。「ファイトオー、ファイトオー!」と同じだから。

Iさん「雄叫び的な」

――失礼な! ……でもまあそうです、「あぁぁぁーーー!」とか。そういう感じ。りかさんみたいにセリフ系だと、隣の部屋の人とかに聞かれちゃったりしたときにコトですよねえ。

りか「だからちゃんと窓しめてやります。あの、最初はね、実家で家族が私以外全員田舎に行っちゃったとか、そういうときに声出してやってみたんですよ。そしたらすごい気持ちよかったの。中学生くらいの、処女の頃の話ですけど。それから声出しオナニー派になったんだけど、まあ普段は家族がいるからできないんですよね。それが今は一人でいるときにオナニーするから、もう声出し放題」

――出してるのがデフォルトだと、たまに出さないときが妙に気持ちよかったりするな。

りか「それは、出しちゃいけないシチュエーションとかを妄想してるの?『やだ、聞かれちゃう』みたいな(笑)」

――うち、今屋根の雨漏り修理してるんですよ。で、私の部屋の窓のすぐ外が屋根なんで、日中ずっとそこに職人さんがいるんですよね。うっかり忘れて寝起きに裸で窓開けたりすると、すぐそこにオヤジがいたりするの。そういう絶対に声出せないシチュエーションのときって、かえって真っ昼間からしたくなる。


●こんなオナネタは恥ずかしい!

りか「こないだね、彼氏が仕事で留守のときに家でオナニーしてたんだけど、終わってオルガスターを洗って『はー』って一息ついたところで、いきなり帰ってきちゃったからびっくりしたなあ。『あれ、オナニーしてた?』って言われた。で、後でオカズのエロラノベを布団の上に置きっぱなしってことに気づいて、見つからないかすごい焦ったの。オカズ見られるのって恥ずかしいですよね」

――また、エロラノベってところが微妙ですよね。そういえば、見られて一番恥ずかしいオナネタってなんだろう。

りか「エロラノベはかなり恥ずかしいんじゃないですか。ちなみに、そのとき見られそうになったのは『どれちょ!』。奴隷調教の略だよ!?」


『どれちょ! 生徒会ドレイちょーきょー 』(美少女文庫)

著者: 巽飛呂彦
イラスト:ごまさとし
発売: 2010年3月
定価: 700円(税込)
ISBN: 9784829659212
出版社:フランス書院

↑おお、ドレイちょーきょー!! このライトさと萌え絵は確かに恥ずかしい。しかしりかさん、ほんとにエロラノベが好きなんですね……。


Iさん「あははははは」(←大喜び)

――ラノベって、ソフトなところが逆に恥ずかしい。私が最近思う「女子にとって一番恥ずかしくないオナネタ」は、団鬼六の小説ですね。団鬼六のSM小説でオナニーしてますっていうのが、一番他人に言って恥ずかしくない、女子力高いオナネタなんじゃないかと。ほら、エロいんだけど文学の匂いを漂わせつつ、SMってところで若干の情念を漂わせつつ……。

Iさん「情念ですか?」

――ちょっとくらい情念あったほうが、『おまんこ100連発』とかいうAVオカズにしてる女より、グッときません?

りか「亀梨とかも逆に恥ずかしいですよね。ジャニーズ写真集見ながらオナニーとか見られたくないでしょ。あと……元彼の写真とか。それはないか」

――私はそもそも写真じゃヌケないからなあ。あ、素人がエロサイトに書いてる小説っていうのは? 昔オナネタが入手しづらかった頃、そういうの見つけてわざわざプリントアウトしてオナニーしてましたよ。こう、A4のコピー用紙をホチキスでとめて。しかも省エネでゲラの裏側とか使ってるっていう。探せばまだ家にある気がするなあ。

りか「それは恥ずかしいね!」

Iさん「恥ずかしオナネタ、面白いですねえ。他にもあります?」

りか「自分じゃないんだけど、男友達の家に行ったらヌードグラビアの上にわざわざスクール水着が描いてあったことがある」

――あはははは。むしろ見えないほうがいいんだ。足してくエロスですね!(←大喜び)私、そういう工夫って超好きなんですよ。コンニャクにチンコ突っ込むとか、伸びたカップヌードル使うとか。

りか「こないだ誰かに『コンニャクって気持ちイイのかなあ』って言われてびっくりしましたよ。こんだけエログッズが発達してみんなTENGAとかって騒いでるのに、あえて戻るのかよと」

――確かに(笑)。でも、コンニャクとか安そうなどピンクの熊ん子バイブとか、そういうのでオナニーしてる人ってどうしても好感を抱いてしまうんですよねえ。


↑バイブの元祖と言われる「熊ん子」。よく見ると“民芸郷土人形”とか言っちゃってちょっとスカしてますね。


りか「TENGAの女子版とかあったらよくない?」

――TENGAの女子版は電マでしょう! だからりかさんも使ってください!

りか「いや、イカなくなるからいいです! やみつきになるからやだ〜」

――ちぇ。じゃあ、りかさんはオナニーのことどう思ってるんですか。清く正しいヤリマン女子としてコメントお願いします。

りか「オナニーは、やっぱりしたほうがいいですよね。オナニーが充実してればつまんないセックスしないですむし。あと、やっぱり自分のマンコも見たことないっていうのはダメです。自分をわかってないと。セックスのためにオナニーするっていうんじゃないけど、オナニーしたほうがセックスも絶対気持ちいいと思いますよ」

――私、一番いいのは、オナニーもする男女が相互オナニーして手の内を見せ合って、それからセックスすることだと思うんですよ。そうすれば「この人の好きな手コキはこうね」とか「こいつはGスポット派だな」とかわかって、手っ取り早いじゃないですか。

りか「そうか! 私、相手のオナニー見るのすっごい好き! でもなかなか見せてくれないんだよね。見せてくれるのってMっぽい人ばっかりでつまんない」

――見せてって言ってみれば?

りか「いや、ダメ。言ってみたけど見せてくれなかった(笑)」

Iさん「最後に、オナニーに情熱を注ぐ遠藤さんに一言」

りか「とりあえず、そこまでプッシュしてくれるのなら電マにもう一度挑戦してみようと思います」

――パンツはいたまま、クリトリスから若干離れた恥骨の辺りに振動MAXの電マを当てる。で、骨伝導でクリトリスまで振動が伝わるのを待つ、これが遠藤流電マオナニーですので是非お試しを(笑)。

りか「じゃあ、今回の記念に挑戦してみますよ。電マ買ったらどこに隠そうかなあ(笑)」

ヤリマングランプリ優勝者で、SMモデルの経験もあり、ガハハハといろんなことを話してくれるりかさん(あと、携帯ストラップのかわりにコデンマがついている。自分以外でほんとにつけてる人って初めて見た……)。


↑もちろん私も持ってます!(でも使う機会がないのですぐに外した)大泉先生はちゃんとオナニーに使用してらっしゃるんでしょうか……。



でも「愛読書は『VIVI』」なんてゆるふわっぽいこともさらっと言っちゃう。オナニーと女子力の高さが自然に融合してるんですよねえ。いやあ、さすが。
次回作は『セク研!』に引き続き是非『オナ研!』でお願いしたいところなんですが、どうでしょうか、先生?

(続く)

『セク研!2』(ガガガ文庫)

著者: 大泉りか
イラスト: 相音うしお
発売: 2010年10月19日
定価: 600円(税込)
ISBN-10: 9784094512342
出版社:小学館


内容:ここは由緒正しき女子高、聖・九宮学園。選ばれた女子のみが入部できる「セク研」では、今日も4人の美少女たちが、18歳での「最高の喪失」と「乙女の快感」を目指して活動中。清く正しい「男女の行為」を研究するはずが、部長の藍斗が新入生のぽんに恋をした? 乙女たちは、百合百合の禁断の恋に溺れてしまうのか? 超絶お嬢様・那美香とメイドの秘め事、そして学園への闖入者も現れて、エッチ&百合度増量。


(C)ドルショック竹下
大泉りか 1977年生まれ。東京都出身。O型。小説家。03年『ファック・ミー・テンダー』(講談社刊)でデビュー。以降、肌色ライトノベルやピンク小説を中心に活躍中。代表作に『サディスティック88』シリーズ(小学館)など。また、2010年に行なわれたヤリマン世界一決定戦『世界最強Y-1(ヤリワン)グランプリ』にて優勝。ヤリマン日本一という不名誉を持つ。
大泉りかブログ=「スパンキング☆ライフ」

遠藤遊佐(C)花津ハナヨ
(C)花津ハナヨ
遠藤遊佐 AVとオナニーをこよなく愛する三十路独身女子。一昨年までは職業欄に「ニート」と記入しておりましたが、政府が定めた規定値(16歳から34歳までの無職者)から外れてしまったため、しぶしぶフリーターとなる。AV好きが昂じて最近はAV誌でレビューなどもさせていただいております。好きなものはビールと甘いものと脂身。性感帯はデカ乳首。将来の夢は長生き。
遠藤遊佐ブログ=「エヴィサン。」
 | 
10.11.06更新 | WEBスナイパー  >  オナニー平和主義
文=遠藤遊佐 |