ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
2011.01.29 Sat 01.30 Sun at club axxcis
世界の緊縛ファンに向けたビッグイベントを緊急レポート!!
一鬼のこ氏率いる一縄会が主催する緊縛愛好家たちのワールドワイドな特別イベント 。世界が注目する“Japanese KINBAKU”は今、何を語るのか。日本が誇る精鋭と海外縄師たちの豪華競演、そしてユニークな企画が目白押しとなった2日間に亘るイベントの模様を早川舞さんにレポートしていただきます!! 本日後編です。

写真=白尾零二
 | 
さて、日付が変わって30日。開場早々満員で、昨日に勝るとも劣らぬ熱気です。

まず拝見したのは一縄会の女流縄師・よいさん。………………すばらしかった。取材者としてではなく、一個人として発言することを一行分お許しいただきたいのですが、今回の参加者の中ではぶっちぎりで好みでした。
一言で表現するなら「はんなり」。スピード感や力強さとは無縁の、たおやめの縄です。特に派手な動きがあるわけではなくても、どこかしらけだるげな動作からにじみ出てくる色気から目が離せません。緊縛へのこういうアプローチの仕方は見たことがなくて、本当に衝撃的でした。「女」と「縄師」が違和感なく融合するさまを見せつけられた思いです。


↑よいさんがあまりにも静かに責めるので、モデルさんのもだえる様子がさらに卑猥に見えます。

↑緊縛といえば退廃的なムードがつきものですが、彼女のショーには特に強く漂っていたような気が……。


同時刻には「行列のできる縄師」ことエロ王子さんのショーが。こちらでは竹を使った吊りがなされ、大技感がありました。が、ダイナミックながらもしっとりしていて、よいさんが女性的なしっとりだとすれば、エロ王子さんは男性的なしっとりを醸し出していました。
そもそもエロ王子さんになぜ「行列ができる」かというと、やはりこのしっとり感にあると思います。相手を自分のペースに乗せるのがすごくうまい方だと思うんですが(まぁ縄師さんは多かれ少なかれそうじゃなきゃやっていけないと思いますが)、このしっとり具合で、乗せられていることがだんだん気持ちよくなってしまうのではないでしょうか。

ちなみにさっきから「しんみり」とか「しっとり」とか「女性らしい」とか抽象的なことを連発しておりますが、より深く理解していただくために反対の例をあげますと、私は自分の縄を、特に「しっとり」とは対極にあるものだと思っています。
私は相手に感情なんかないみたいに黙々と縛り上げるのが好きですし、吊るとなったら少しでも長持ちするように、美しさはとりあえず置いておく、無骨きわまりない丸太のような縛り方をします。
……何となく、おわかりいただけたでしょうか(笑)。

海外ゲスト、Shinさん、Midoriさん、Eshinemさん参加によるトークショーでは、お三方がそれぞれのお国、台湾、アメリカ、イギリスの緊縛事情について通訳付きで語ってくれました。Midoriさんは出身が京都、育ちが東京ということもあり、通訳不要なほど日本語がお上手でしたが……いや、お上手どころかネイティブレベル。
緊縛に目覚めたきっかけや、日本の緊縛との相違点、緊縛を中心にしたSM事情などが話題に挙がりましたが、いちばん興味深かったのはEsinemさんが語った「日本人の緊縛は過程を大事にするが、ヨーロッパ人の緊縛はいかに美しく完成させるかを大事にする」という日欧緊縛比較論。じつは昨日Charmさんの緊縛を見たとき、「これは典型的なヨーロッパの緊縛だな」と感じたのですが、どこがどう典型的なのかうまく言葉にできずにいたのです。それをピタリと言い当ててくれて、まわりが人だかりではなかったら自分の膝を思いっきり叩いていたところでした。


↑神田つばきさん司会によるトークショー。もっといろいろ聞いてみたかった……!


昨日に続いて2回目の出演となるオーガナイザー・一鬼のこさんのショーは、昨日とは打って変わった、照明と音響をフル活用したド派手な内容。昨日のショーもすばらしかったですが、今度はまったく違うカラーで再度の本領発揮です。
全身タイツを着たモデルさんは顔まですっぽり隠されています。一見、無機質なように見えますが、こうすることで観客は彼の縛りの美しさに注目することができるのです。手際よく縛り、吊るし上げ、足元のスイッチを押すと……縄が発光を始めました。照明が落とされ、モデルさんの体を包んだ縄目が暗やみの中に浮かび上がります。MCの神田つばきさんが、このショーのことを「光で縛るショー」と評していましたが、まさにその表現がぴったりです。何度も展開が繰り返され、モデルさんの体勢も次々変わっていきましたが、ひとつひとつ光の緊縛ができあがるたびに、会場からは大きな拍手が上がりました。


↑昨日とは180度雰囲気の異なる動きと光に満ちたショー。光で縄目の美しさを見せるサイバーな緊縛は一鬼のこさんの十八番!

↑色の異なる蛍光ロープを完璧に縛り上げた体に無造作にからめてフィニッシュ。


まだまだお楽しみは残っています。次は「世界AIR緊縛選手権」。以前、「眠れる森の美女」で行なわれていたイベント「桃色鬼まつり」内で開催されていたものですが、イベントの終了とともに伝説の彼方へ……。大好きなコーナーだったのですが、それが復活したのです! ワーイ!
で、何それ? って話ですが、エアギター、エアセックス、エアオナニーときたら次はエア緊縛ですよ(なぜ下ネタばっかり出てくるのかはあまりツッコまないで下さい)。つまり縄はないけど縄があるふりをして、縛ったふりをする。バカバカしく思われるでしょうが、本当にバカバカしいです。詳しくレポートしたいのは山々なのですが、こういった催しはリアルタイムで参加しないと良さがまったくわからないものなので、あえて割愛させていただきます。が、「あのとき舞台には、縛られ、吊り上げられるドラえもんが確かにいた」とだけ言っておきましょう。


↑この人のパフォーマンスは緊縛と全っ然関係ありませんでした。いくらエアでもそこまでは甘くない。


ひとしきり笑ってフロアを移動してみると……一縄会・紫護縄びんごさんのショーが始まっていました。歌謡曲をBGMに、びんごさん「が」赤い長襦袢を着て女性を吊っています。顔には化粧もしておらず、女装とも呼べないスタイル。男性がとりあえず長襦袢を羽織ったといった風体です。ですがどこか狂気じみたエロさがあって、フロアに入って姿を見た瞬間、鳥肌が立ちました。
最後のほうでは長襦袢も脱ぎ、褌ひとつでモデルさんを吊り上げていましたが、彼のショーには日本の暗い部分、狂った部分が溶け出しているようで、妖しく、あやうく、最初から見なかったことを後悔しました。「八ツ墓村」に出演してほしいです。


↑女物の赤い長襦袢が黒い縄と黒い褌に妙に合って独特の空間を作り上げていた紫護縄びんごさん。


続いて登場した蓬莱かすみさんは反対にきりりとした味を持つ女流縄師。緊縛師としてのお名前は伺っていましたが、拝見するのは今回が初めてでした。手まりを持った白い襦袢のモデルさんに続いて登場、ぱりっとした着物姿が舞台に現われると、何だか場が引き締まりました。縄には安定感があり、縄目もきっちりしています。女性ならではの凛々しさが溢れるショーでした。モデルさんも女性だったのですが、レズっぽいというよりは、年の離れた姉妹の折檻シーンのようでしたね。

「日本のそれのように、過程にフォーカスした緊縛をしたい」と語っていたEshinemさん。縄の掛け方やモデルさんのなぶり方ひとつひとつをとっても、プロセスにこだわり、モデルさんの変化を引き出そうとする心意気が窺えます。
Esinemさん、はモデルさんと数日前に初めて会ったらしいのですが、「それではいい緊縛ができない!」ということで、ショー当日までできるだけ一緒に彼女と時間を過ごし、お互いの理解に努めたそうです。縄師さんって本当にマメな人が多いよね……。


↑仕草や縄さばきがどことなく日本人縄師を髣髴とさせたEsinemさんのショー。


一縄会の初期メンバーであり、現在は関西を拠点に活動するという獅子若さん。上背があり、筋肉もしっかりしているのでハードな責め縄を繰り出す姿が映えます。縄さばきも力強く、「漢(と書いておとこと読む)の縄」の風格。とにかくカッコイイ! 後のインタビューでは「普通の人では耐えられないような責め縄を受けてくれたモデルさんに感謝したい」と語っていたところにお二人の信頼関係が窺えました。
それにしても一縄会の方は皆さんそれぞれ個性が確立しているので、拝見していてとても楽しいです。


↑恵まれた体格を生かした獅子若さんのショーはダイナミックかつエロティック。

↑獅子若さんが持つと途端に蝋燭が残酷きわまりない必殺アイテムのように見えます。


続いてはアメリカの女流縄師・Midoriさん。今回のイベントでは唯一、男性モデルを使ったショーでした。彼女のショーはどこをとっても異色。まず縛り手が顔を見せない。最後まで全身タイツで顔と体を隠したままでした。その姿で、本人「が」逆さまの体勢で二人の男子を立て続けに緊縛。一人ははっぴに褌の筋骨隆々としたタイプで、もうひとりは長襦袢で女装させられた(でもやっぱり褌)線の細い美少年タイプ。まるで影のように寄り添ったMidoriさんが背後から二人を縛り終えると、最後は男同士のキスシーンで締め。会場には今までにない大きな拍手が沸きあがりました。まさにアイディアと技術力の勝利! ……みんなこういうの好きか。私はだいすきだ。

長田スティーブさんは外国人縄師とはいっても日本での活動期間が長く、長田英吉さんの弟子として名前も広く知れ渡っている方。日本のポップカルチャーやサブカルチャーにも詳しいようで、彼のモデルさんはメイドの格好をしていました。ある意味、和服です。メイド服はもう和服といってもいいと思う。
スティーブさんは合気道を習っているそうで、合気道の道着でショーに臨んでいましたが、長年続けると自然と出てきてしまうものなのか、それとも道着を着用すると心が合気道モードになるのか、ときどき仕草に合気道らしい動きがありました。まさか緊縛ショーで見るとは思わなかった動きでした。なんで私にそんなことわかるかって? 二段なの。


↑膝の動かし方や手さばきに合気道の特徴があったスティーブさん。このポーズ、まさに合気道っぽい。


2日に渡った縄祭りを締めるにふさわしいショーを披露してくれたのは奈加あきらさん。「ショーとして見せるというよりも、『俺が好きでやっていることを覗きたかったら勝手に覗いて』という感覚でやっている」という奈加さんのショーは、そう言われてみて初めて納得したのですが、繊細に整っていながらも、根底には「人の秘めごとをこっそり覗き見ている」背徳感があります。


↑繊細だが情念を感じさせる縄でモデルや観客を異世界にいざなっていくかのような奈加さんのショー。

↑奈加さんのショーには「官能的」という言葉が特によく似合う……背徳と官能は紙一重なのですね。


奈加さんの縛りからは特に強く感じますが、この背徳感は多かれ少なかれ緊縛すべてにつきまとっているものでしょう。緊縛はどんなにオープンになり世界規模になっても、背徳感を内包する……それが私が今回のイベントで自分なりに出した結論でした。動きを封じられるという原始的な恐怖と、そこから否応なくにじみ出てしまう生命の律動を、美しく人工的に彩って愛でたいという、耽美的な加虐嗜好ともヒネくれた愛情表現とも呼べる心境が生み出すこの背徳感こそが、海を越えて人々を魅了するのだと思います。

あっという間に過ぎた2日間ですが、出演者の皆さんが共通してコメントしていたことがありました。
「本当に縄が好きな人たちだけが集まった、最高に居心地のいいイベントだった」。
たしかにアーティストから一般来場者に至るまでの「緊縛が好き」という気持ちが、一演目が終わるたびに起こるなおざりではない拍手や、ショーを食い入るように見つめる目つきから、ひしひしと伝わってきました。「珍しいから社会科見学のノリで来ました」程度の人は皆無だったかもしれません。
海外ゲストも、
「ここまでの規模、クオリティのイベントは見たことがない。レベルの高い縄師に何人も会えてインスパイアされた」(Esinemさん)
「こんなにたくさんの愛好者と知り合えたのは奇跡的。未来につながった2日間だった」(Shinさん)
などと、大いに感動していました。

Japanese KINBAKUの名声は、彼らの満ち足りた笑顔とともにさらに伝えられていくのでしょう。鬼のこさん、縄屋さん、関係者の皆さん、本当にお疲れさまでした! 来年も楽しみにしていいですか?

文=早川舞


関連リンク

渋谷・メンバーズバー『眠れる森の美女』

関連記事

一縄ノ会主催「冬縛縄宴〜とうばくじょうえん〜」特別フォトレポート!!

早川舞
早川舞 世界、特にヨーロッパのフェティッシュ・カルチャー関係者との交流も深い、元SM女王様フリーライター。だが取材&執筆はエロはもとよりサブカルからお笑い、健康関係まで幅広く?こなす。SMの女王様で構成されたフェミ系女権ラウドロックバンド「SEXLESS」ではボーカルとパフォーマンスを担当。
早川舞ブログ=「早川舞ブログ」
「SEXLESS」ブログ=「we are SEXLESS!!」
 | 
11.02.20更新 | WEBスナイパー  >  イベントレポート
早川舞 | 写真=白尾零二 |