本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 1
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
2009.8.25.thu-2009.11.23.mon at Suginami Animation Museum
スタジオぴえろの魔法少女シリーズ5作品と再会!

「スタジオぴえろ〜魔法少女の華麗なる世界」チラシ

日本のアニメーションを体系づけて紹介していくことを目指して出発した杉並アニメーションミュージアム。あなたはもう行ってみた? 現在行なわれている企画展ではスタジオぴえろが制作した魔法少女シリーズ5作品を展示中。その楽しみ方のポイントを、エヴァンゲリオン研究家・四日市氏が独自の視点から紹介します!!
 | 
入るやいなや撲殺天使が迎えてくれる。
杉並アニメミュージアムのビッグスクリーンでクリィミーマミが見られる上にマネーも取られないというので観てきた。

杉並アニメミュージアムは2002年に杉並アニメ資料館として開設され、2005年に拡大、杉並アニメミュージアムとしてリニューアルオープンした。大衆娯楽としてのテレビアニメ全般に対する資料を取り扱っている。放送年ごとの放映アニメ一覧が設置されておりなかなか壮観、ネットでいくらでも探せるが一望できる形になっているとまたおもしろい。また、アニメの上映も常に行なっている。劇場アニメではないテレビアニメを150インチのスクリーンで見られる機会はなかなかない。

『魔法の妖精 ペルシャ DVD COLLECTION BOX 1』 発売=2003年2月25日 販売元=バンダイビジュアル

『魔法のスターマジカルエミ DVDメモリアルボックス』 発売=2007年8月24日 販売元=バンダイビジュアル

『魔法のステージ ファンシーララ DVD COLLECTION BOX』 発売=2002年11月25日 販売元=バンダイビジュアル

今回は「スタジオぴえろ〜魔法少女の華麗なる世界」展の開催。スタジオぴえろが1983年から1986年まで毎年放送を続けた「魔法の天使クリィミーマミ」、「魔法の妖精ペルシャ」、「魔法のスターマジカルエミ」、「魔法のアイドルパステルユーミ」、そして12年の間隔をあけて1998年に放送された「魔法のステージファンシーララ」に焦点が当てられている。

展示内容は各作品のストーリー紹介と、当時発売されたおもちゃなどのキャラクターグッズ。もちろん原画と台本の展示もある。おもちゃの電池が完全に腐っているところや台本が全て手書きなところに時代を感じる。角ばった書体が印象的な台本は手に取ることも出来る。撮影禁止と書かれていたため写真は撮ってきていない。あなたの目で確認してほしい。

展示に併せたアニメの上映(というかこちらがメインと言えるのだが)も行なわれている。平日は16時から、土日祝日は拡大版ということで丸一日かけての上映だ。それぞれ選りすぐりの名エピソードを上映しているとのことだが、やはり土日の拡大版をおすすめしたい。日によっては当時のスタッフを招いたトークショーも開催されている。スケジュールや上映エピソードについては『公式サイトのシアター情報を参照してもらいたい。

各作品の舞台設定に当時の少女たちの憧れ、流行を読み取るのもおもしろい。クリィミーマミはアイドル、ペルシャはキャリアウーマン、マジカルエミはマジシャン、パステルユーミは変身せず、描いたものを実体化する=イラスト。1998年に放送されたファンシーララはファッションモデルに変身するのだが、この設定は1987年に文具展開だけされた「魔法のデザイナーファッションララ」が原型とされているため、そこから1998年を読み取るべきではないだろう。なお公式にはファッションララとの関係はなかったことにされているため、展示でも触れられていない。

筆者が足を運んだ日は「感動のラスト3部作上映!」ということでクリィミーマミの第25話「波乱!歌謡祭の夜」、第26話「バイバイ・ミラクル」と、ラスト3部作である第50話「マミがいなくなる…」 、第51話「俊夫!思い出さないで」 、最終話「ファイナルステージ」を半日かけて観てきた。現在のテレビアニメに比べると密度が高く、今なら倍の時間をかけるであろう内容なのでスクリーンに向き合って、流し見ではなく鑑賞という態度を余儀なくされることは幸福かもしれない。

『魔法の天使クリィミーマミ DVDメモリアルボックス』 発売=2007年7月27日 販売元=バンダイビジュアル

おもしろかったところを挙げておこう。まず第25話と第26話が最終話への伏線となっているのはもちろん、物語全編の折り返し地点ともいえる話で、この地点でのマミのクリィミーマミに対する考え方は最終話でのマミとは明らかに異なっている。その転機となった回という点で重要な話で、この回を見ておくことによって、平凡な少女である自分とトップアイドルであるクリィミーマミという自己像の分裂に対する葛藤を乗り越え、クリィミーマミというアイドルを偶像と割り切った上でトップアイドルにふさわしい幕引きへ向けて奔走するマミの成長の物語がよりわかりやすく見えてくるだろう。

最終話のカットで、ステージ上で歌うマミと、マミを中継している巨大スクリーンを何度も往復するカットがある。以前見たときはどういう意味なのかさっぱりわからなかったのだが、大規模な会場でのアイドルのコンサートへ通うようになった今みると、確かに会場ではそのような目線の動きをしている自分に気がついた。アイドル文化の復興した現在だからこそわかる演出意図と、また現場に基づいた演出がテレビアニメで行なわれるほどアイドル文化が浸透していた当時に思いを馳せつつ、5話まるごと楽しむことをお勧めしたい。

展示そのものは小規模なので企画展としてアニメ上映がメインになってしまうが、常設の展示資料もおもしろいのでぜひ立ち寄ってみてほしい。ただし駅からかなり遠いのでバスを利用しよう。油断して歩いたら30分近くかかってしまった。近くに食事を摂れる店も少ないのでコンビニ弁当で我慢していただきたい。クリィミーマミの時代にはありえなかったライフスタイルだ。

文=四日市

杉並アニメーションミュージアム
「スタジオぴえろ魔法少女の華麗なる世界」


開催日時=8月25日(火)〜11月23日(月・祝)
開館時間=10時〜18時
※入館は17時30分まで。企画展最終日11月23日は16時で閉館。毎週月曜休館(月曜が祝祭日の場合は開館し、翌平日休館)
入場料=無料

会場・問い合わせ先=
東京『杉並アニメーションミュージアム』
杉並区上荻3-29-5 杉並会館内3階 電話 03-3396-1510
関連記事

Special issue for Silver Week in 2009.
2009シルバーウィーク特別企画/
WEBスナイパー総力特集!
ドラクエ四コマから現在へ

WEB sniper holiday's special contents
2009年・夏!休特別企連画
ばるぼら × 四日市対談『ヱヴァンゲリヲン新劇場版 : 破』
【前篇】>>>【後篇】

special issue for the summer vacation 2009
2009夏休み特別企画!
「ポケモンスタンプラリー2009」を 完全制覇するドMな冒険
【1】>>>【2】>>>【3】


ykic-p.gif
四日市エヴァンゲリオン研究家。三度の飯よりエヴァが好き。クラブイベントにウエダハジメ、有馬啓太郎、鶴巻和哉らを呼んでトークショーを開いたり、雑誌に文章を載せてもらったり。プロフィール画像は昔描いた三十路魔法少女漫画。
http://twitter.com/ykic
 | 
09.10.31更新 | WEBスナイパー  >  イベント情報
文=四日市 |