女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2 Lovely-Candle 1 本家三行広告 2
最新記事20件
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年1月号
特選AVレビュー『男を腰砕けにするエグい痴女/香椎りあ』(ワープエンタテインメント)
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
特選AVレビュー『田舎から上京してきた変態むっつり巨乳ちゃんにリモコンバイブ着けっぱにして東京姦光したらスゴいエロくなっちゃいました。 愛乃はるか』(ファーストスター)
Kinoko Hajime rope artwork【15】みんなは学校
特選AVレビュー『獄門大八車 - 夢野りんか』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの女子大生 しずか』(HMJM)
特選AVレビュー『驚異のLcup 123cm! メガボインギャル 大阪在住のヤリマン&パイパン女 なおこ(27歳)』(マザー)
Gallery Zaroff 企画 西牧徹・黒戯画展『艶画と福画/ふたつの黒』開催!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『名家の箱入り娘 厳格な父親の下で育った門限19時の日本人形のようなパイパン貧乳少女 篠田カナ』(ファーストスター)
特選AVレビュー『レズタチアニマルエクスタシー 』(レズれ!)
特選AVレビュー『アナタごめんなさい...。わたし寝取られました...。 [沙羅]Gカップ』(BIGMORKAL)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第62回
2ページまんが 酒場の女【14】
特選AVレビュー『喉奥属性シャブリスト004/枢木みかん 』(ワープエンタテインメント)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【40】『痴母相姦』 著者=夏のおやつ(三和出版)
特選AVレビュー 『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
ドキュメンタリーの鬼といえば原一男!頭が原一男でいっぱいの男が、テキサスの男性ストリップ劇場のドキュメンタリーを観たらどうなるか? 映画『ラ・ベア マッチョに恋して』公開中!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【3】「飲み会」
アクセスアップ
新刊情報
ふきげんなディア(大洋図書)
鳩恋荘 バースデイ(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX Vol.9(ミリオン出版)
お絵かきパークminiDX Vol.12(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年2月号(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2018年2月号(ミリオン出版)
BITTER 2017年2・3月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年2月号(大洋図書)
六十路妻 七十路妻(ミリオン出版)
エロ大好き四十路マダム(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週月曜日更新!
小林電人、待望の第二作目好評連載中

全ての国民は2年間、国に全てを捧げて奉仕する義務がある――。日本によく似た、しかし異なる某国で「奉仕者」の立場に転落した女たちが辿る、絶対服従の日々。飼育・調教が法律によって認められた世界で繰り広げられる、異色エロティックロマン!
 | 
第10章 特殊奴隷・晶【8】

「いやぁ、本当にびっくりしましたよ、北尾さん。まさか、あの可愛らしい少女が、男だなんて。しかし、あそこまで可愛ければ、もう性別も関係ありませんね」

イサクは少し照れながら、そんなことを言う。北尾が席を外した後、晶と一戦交えたのだ。晶が部屋を去り、シャワーを浴びた後にバスローブ姿でくつろいでいると、北尾が再びやってきた。

イサクは自国でのドールパーティで、様々なフェティシズムを持った人々を目撃した。その中には女装癖のある人も何人かいた。しかし、晶ほど可憐で美しい「少女」はいなかった。

晶との初めての体験は、イサクの新たな官能の扉を開いたような気がした。恥じらいに顔を染めながら泣き叫び、そしてイサクと同時に射精した晶の姿は、現実のものとは思えないエロスを感じさせたのだ。

「気に入って下さったようで何よりです。実はこの『島』でも、晶のようなドールは初めてなんですよ。まぁ、なかなかあれだけのルックスを持つ者はいないですしね」
「確かに……」

イサクは、プレイ中の晶の顔を思い出す。触ると壊れてしまいそうなほどに端正な顔立ち。あの美しさが、生物学的には男性なのだとは到底信じられない。いや、だからこそ、あの非現実的な美しさを感じさせるのかもしれない。

「あの……、あの子はレンタルはできないのでしょうか?」

イサクはおずおずと切り出す。すっかり晶の妖しい魅力の虜となっていたのだ。

「バックマンさんに、そこまで気に入っていただけたとは、嬉しい限りですね。しかし、残念ながら晶は、まだ実験的な存在ですので、レンタルは出来かねるのです」
「そうですか……」

イサクは肩を落とす。金で解決できることなら、いくら積んでもいいとまで思っていたのだ。

「基本的に、一人のご主人様にお貸出しできるのは一人のドールという決まりもありますので。申し訳ありません」

晶が欲しいと言っても、アイリを手放すことはイサクには出来ない。

この「島」に来てから、アイリは別行動をとっていた。健康診断やカウンセリングなどを行なうらしい。職員たちは「再チューニング」と言っていた。

それにアイリが傍らにいたら、イサクも晶とのプレイを楽しむことが出来なかっただろう。

「その代わりに、ここにいらっしゃる間は、晶を存分にお楽しみ下さい。もうすぐアイリの再チューニングも終わりますので、よろしければ三人でのプレイもいかがですか?」
「え、三人で?」
「晶は、男性女性のどちらにも対応できますからね。アイリに晶を責めさせたり、逆に晶にアイリを責めさせるようなことも面白いかもしれませんよ」
「なるほど」

イサクは、晶とアイリが絡みあう姿を想像した。二人の愛らしい少女がお互いを貪りあっているのだが、その一人の少女の股間には雄々しい一物があり、もう一人を貫いている。なんとも倒錯的で卑猥な光景だろう。

イサクはアイリに対して、主人と奴隷という立場を超えた感情を持っており、他人がアイリを責めることを好まないが、その相手があの晶だとしたら、興味がある。

「いいですね、それはぜひ……」

すると北尾は、わざとらしい笑顔を浮かべて、話題を変えた。

「ところで、バックマンさんのお国では、例の組織がずいぶん活発化しているということですが……」
「ああ、PTWのことですか」

PTWことPOWER TO WOMENは女性の権利を守ることを目的とした団体だ。ヨーロッパを中心に世界的な活動をしているが、その本拠地はイサクの国に置かれている。

かつてアメリカに渡り、ウーマンリブの洗礼を受けたカリスマ的な女性運動家である創始者ロッタ・キヴィマキがその国の出身だったためだ。

ロッタは、数年前に病死し、現在はその一人娘であるレイヤが最高指導者となっている。

レイヤの代になってからPTWの活動は、さらに先鋭化し、世界中で度々問題を起こしているが、それにつれて賛同者も増加し、国際的にも無視できない存在となっていた。

そのPTWが、世界中の有力者の間で楽しまれているドールの存在に目をつけている。

ドール愛好者たちは、厳重なセキリュティによってお互いに秘密を守っているが、どこからか噂は漏れてしまうものだ。

ただ現在は「上流階級の間では、今も奴隷制度が存続している」という都市伝説的なものとして扱われており、一般には本気で信じる者はあまりいない。

しかし、PTWは、それが真実であり、性的奉仕を目的とする女性奴隷が存在するのではないかと調査を進めているというのだ。

もし、ドールの存在が明らかにされてしまえば、有力者たちは一気に失脚を余儀なくされ、世界中が大混乱に陥るだろう。

「我が国でも、PTWに関しては手を焼いていますよ。もともと過激な行動が問題になってますから、ずいぶんメンバーは逮捕されてますね。ただ、最近は半ば地下に潜ったような状況で、今ひとつ全貌がつかめていないようです」
「バックマンさんにとっても、PTWは目障りな存在でしょう?」
「そりゃ……、もしドールのことが公にされたら、私だって困りますよ。それどころか大統領以下、みんなドール仲間ですからね。我が国は大変なことになってしまいます」
「そこで、バックマンさんにご協力いただけないかなと思いまして」
「私に?」

北尾が合図をすると、部屋の奥のドアが開き、一人の女性が入ってきた。

胸まで伸びたストレートのブロンドヘアが美しい全裸の白人女性だった。ほっそりと伸びた長い手脚と、形よく盛り上がった乳房。文句のつけようのない完璧なプロポーションだった。そしてその首には、赤い首輪がある。

「えっ……」

イサクはその女性を見て驚いた。ドールは全て東京国の女性のはずだった、明らかにヨーロッパ人に見えるこの女性もドールだというのか。

「紹介しますよ。エリカ・コルピ。あなたの国の女性です。そしてPTWのメンバーです」
「えっ?」

北尾は少し得意気な表情になる。

「帰国の際に、このエリカと晶を連れていって欲しいんです。この二人が、PTW壊滅のための私たちの武器なんですよ」


アイリにとって「島」は、厳しい調教の場であったが、懐かしい故郷でもあった。ごく普通の東京の15歳の少女であった鹿島愛理が国民奉仕法によって、三島という中年男に2年間調教される事となり、そして適性を認められて「島」に送られた。

鹿島愛理は、奴隷のアイリとなり、そして「島」でドールのアイリとして生まれ変わった。だからこの「島」はドールのアイリにとっての故郷になるのだ。

アイリがいた頃の同期の奴隷たちは、そのほとんどが世界中に「出荷」されていたため会うことはできなかったが、調教師たちとの再会は懐かしいものだった。調教の時は、厳しく恐ろしい彼らだったが、今となってはいい思い出でもある。

特に、スピアの顔を見た時は心がときめいた。まだ自分と変わらない年齢なのに、調教師として頭角を現わしていたその少年に対して、アイリは、調教する者とされる者以上の感情を密かに抱いていたのだ。無論、それは決して叶わぬ思いであり、アイリも口に出すことはなかったのだが。

徹底的な身体検査を終え、健康上の問題が何一つないことが判明すると、アイリには少しの自由時間が与えられた。調教されている時には入ることの出来なかった豪華な個室に案内された。今回の来島では、アイリは重要な招待客であるイサクの従者であり、客として扱われたのだ。

そして、かつて「島」にいた時との大きな違いは、アイリが服を着ていることだった。主人であるイサクの希望で、シンプルなデザインの清楚なブラウスとセミロングのスカートを身につけている。イサクが必要な時以外にアイリが全裸でいることを嫌っているからだ。

「うふふ、お客様なのね、私」

アイリは、部屋の中央の大きなベッドの上に飛び乗ると、ぴょんと跳ね、そして大の字になって寝転んだ。

「このお部屋で寝ることが出来るなんて、昔は想像もしてなかったなぁ」

アイリはニコニコしながらそうつぶやく。無邪気に今の境遇を楽しんでいる。そしてつい、ベッドの上でウトウトと微睡んでしまった。

アイリの優雅な昼寝は、チャイムによって破られた。アイリは飛び起きる。主人のどんな命令にもすぐ反応するドールとしての習性だ。ただ、さすがに目が覚めた一瞬は、自分がどこにいるのか、わからなかったが。

「はいっ」

ドアに駆け寄り、オートロックされていた鍵を外した。

ドアが開くと、そこに立っていたのは、スピアだった。

「あっ、スピア様」

さっき、遠くでちらりと顔を見かけただけで、ときめいてしまったスピアが目の前にいるのだ。アイリの心臓は高まった。

「久しぶりだな、アイリ」
「は、はい……」
「お前のご主人様がお呼びだよ。来るんだ」
「はいっ!」
スタスタと歩いて行くスピアの後、急いでアイリはついて行く。
「わざわざスピア様が呼びに来てくれたんですか?」
「ちょうど、おれも一緒に呼ばれたからな。ついでだよ」
「一緒って……」
「プレイでもしようってことだろう?」
「スピア様と……」

イサクの前でスピアに責めさせようということなのだろうか。久しぶりにスピアに責められることを考えると、身体が熱くなってしまう。優しさが先に立ってしまうイサクのプレイは、正直いって完全に調教されたアイリにとっては物足りないものだった。もし、スピアに責められれば、自分は激しく燃え上がってしまうだろう。しかし、そんな姿をイサクに見られるのは、抵抗があった。

色々なことを考え、気持ちを乱れさせながら、アイリはスピアの後をついて、イサクの部屋へとたどり着いた。当然のことながら、アイリのために用意された部屋よりも、はるかに大きく、豪華な部屋だった。

「連れてきましたよ、バックマンさん」

スピアとアイリが部屋に入って来ると、ソファに腰掛けていたイサクは目を細めた。

「やぁ、アイリ。健康診断は何事もなかったんだって?」
「はい。いくつかの検査の結果は明日以降になるそうですが、今のところは異常は見つかっていません」
「そうかそうか。それはよかった……」

イサクはアイリを呼び寄せて、自分の隣に座らせた。

「お前もこっちに来い、スピア」

イサクとテーブルを挟んだ向かいに座っている北尾もスピアを呼び寄せる。

「あ、そいつは……」

スピアは先に座っていた一人の少女の姿に気づいた。セーラー服に身を包んだ華奢な身体付の美少女。

いや、スピアは、それが女性でないことを知っていた。

「こいつも含めてプレイしようっていうのですか。そりゃあ、あんまりゾッとしないな」

スピアはボソリとつぶやいた。

「おい、お客様の前で余計なことを言うな、スピア」

北尾にたしなめられると、スピアは目を逸らせた。

「この子は……?」

アイリは、初めて見るそのセーラー服の少女に目を奪われた。

晶は、黙ってうつむいていた。

(続く)

関連記事

【特別企画】小林電人「赤い首輪」の倒錯世界

処女長編『羞恥の教室』完成記念SM官能小説家・小林電人インタビュー!
kobaden.gif 電人blog
「理想のSMビデオを作りたい!」
http://denjin.5.dtiblog.com/
 
著者=小林電人  長年夢見ていた自分の「理想のSMビデオ」を自主制作したことがきっかけで、AV&SM業界のはじっこに首をつっこむことになった都内在住の40代自営業。小説「赤い首輪」第一章をモチーフにした自主制作DVD最新作「首輪少女中○三年生 まる」の他、自分の感じ方に忠実なマニアックDVDを鋭意製作中!詳細をお知りになりたい方、購入ご希望の方はhttp://denjin.dtiblog.com/をご覧になるか、denjinkoba@livedoor.com までメールでお問い合わせ下さい。
 | 
11.05.09更新 | WEBスナイパー  >  赤い首輪
文=小林電人 |