ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
特選AVレビュー『めちゃシコ絶対服従アイドル/百合華 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『闇に沈められたプリマ バレリーナ捜査官暴力監禁室』(シネマジック)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『今日も義父に玩具にされて.../椎葉みくる』(光夜蝶)
雪村春樹流 緊縛ワークショップ『縄で組み立てるSMプレイ』 講師:紫春晏(紫春晏 写真展『日常とSMが混在した日常』展示記念イベント)開催!!
特選AVレビュー 『ヨーロピアンクォーター グラマラス爆乳ガール』(マザー)
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【2】
2ページまんが 酒場の女【19】
読者代表takashi部長がイク! 第7回 鶯谷「Mフェチ・アブノーマル専門店 マニア東京」ユン -yun-さん【1】
特選AVレビュー『挑発面接室/篠田ゆう』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー 『美少女機械人形●B×アナル&マ●コ2穴中出しファック×10連続大量ザーメンぶっかけ ほのか』(TMA)
秘めごとをさらす-現代のお籠りと鏡 インベカヲリ★写真展「理想の猫じゃない」 文=三木学
『マッド・ボンバー』みたいな映画が好きな私としては、本作で最も「ダメな僕」なのは殺人者になってしまった爆弾犯人だと思う!しかし...... 映画『ボストン ストロング ~ダメな僕だから英雄になれた~』公開中!!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年5月号
特選AVレビュー『変態ドM巨乳素人女徹底調教』(クリスタル映像)
ベッドで仰向けに横たわるマゾなあなたに人気店所属美人ミストレスの豊満な乳房が、巨大なお尻が迫りくる―― VR映像作品『【VR】エリカ女王様がエッチにVRお仕置き!』発売!!
アクセスアップ
新刊情報
恥辱に悶える露出美女(大洋図書)
疼きを止められない母(ミリオン出版)
トワイライト・アンダーグラウンド+(大洋図書)
トワイライト・アンダーグラウンド(大洋図書)
HALA-TION(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.2(ミリオン出版)
艶熟SPECIAL Vol.35(大洋図書)
柔肌まさぐる夜這い(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.16(ミリオン出版)
giri giri Vol.24(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週月曜日更新!
小林電人、待望の第二作目好評連載中

全ての国民は2年間、国に全てを捧げて奉仕する義務がある――。日本によく似た、しかし異なる某国で「奉仕者」の立場に転落した女たちが辿る、絶対服従の日々。飼育・調教が法律によって認められた世界で繰り広げられる、異色エロティックロマン!
 | 
第12章 指導者・レイヤ【5】

「あれ、どうしてこんなに濡れてるの? レイヤさん」
「止めて、何をするの」

レイヤは抵抗しようとするが、晶にがっちりと押さえつけられて動けない。晶は左手で、レイヤの両腕をつかみ、そして右手で股間を愛撫してくる。晶の指が、動く度にレイヤの全身が痺れるような快感に襲われる。力がどんどん抜けてしまう。

「感じやすいんですね、レイヤさんは」

そう言いながら、晶はレイヤの両腕を背中に回し、どこからか取り出したロープで器用に縛り上げてしまった。驚くほどの手際のよさだった。

「やめて、晶。なんてことをするの! ふざけないで、早くほどいて!」

自由を奪われたことで、レイヤは恐怖を感じ、思わず叫んだ。すると、晶が手のひらでその口を塞ぐ。

「静かにしないと、外に聞こえちゃいますよ。私たちがここにいることがバレたらまずいんでしょ?」

晶の言葉に、レイヤは自分たちが潜伏中の身であることを思い出し、大人しくなる。

「レイヤさんを傷つけるつもりじゃないの。だから、大人しくして」

晶は、レイヤの耳元でそう囁き、そして耳たぶを軽く噛む。

「あっ」

痺れるような快感が走る。晶は、さらに耳を舐め、首筋にも舌を這わせていく。レイヤは、自分の息がどんどん荒くなっていることに気づく。こんな状況なのに、体が熱くなる。

首筋を舐めながら、晶の手はレイヤの胸と股間に伸びた。ブラジャーを持ち上げてずらし、形のよい乳房を露にすると、ピンク色の乳首を指先で軽くつまむ。

同時にジーンズの中に潜り込んだ指は、股間の湿った茂みの中で妖しく蠢く。

「ん、んんっ、だめ……。やめ、止めて」

口ではそう言いながらも、レイヤの肉体は明らかに晶の愛撫を受け入れていた。

レイヤはこれが現実のこととは思えなかった。あの夜、ジェニーの屋敷で見た、晶とエリカの痴態が夢の中の出来事のように思えたのと同じく、これは淫夢なのではないか。あの時と同じに変貌した晶は、淫夢の中にだけいる存在なのではないか。

自分で慰めるのとは全く違う快感に、レイヤは翻弄される。レイヤは男性にも女性にも、自分の肉体を愛撫された経験はなかったのだ。しかし、毎夜の自慰によってその肉体は十分に開発されていた。

晶は剥き出しにされたレイヤの乳房へと舌を進めさせる。決して大きくは無いが形よく盛り上がり、張りのあるその乳房と薄桃色の乳輪は、男が目にしたならば思わずため息をつくであろう美しさだった。しかし、レイヤは医師を除けば、それを男性の前に晒したことは、これまでになかった。

「レイヤさんの、おっぱい、とっても綺麗ですよ。ああ、素敵……」

晶は、左手で乳房をやわやわと揉みほぐしながら、もう片方の乳房をゆっくりと舐めまわしていく。渦を描くように、すこしづつ中央へ舌を近づけていく。そしてその滑らかな舌先が、乳首に触れた時、レイヤはのけぞって、声を漏らした。

「あ、ああっ」

いつも自分の指で慰めていたため、その部分を舐められるのは、初めての体験なのだ。晶の滑らかな舌の感触が与える快感は、自分の指の比ではない。しかも、晶は舌先を絶妙に動かし、その合間に歯で軽く噛むというような刺激も混ぜてくる。

「いや、だめ、女同士で、そんなことをしては、いけないわ……」

それはレイヤの本心ではなかった。この美しい少女のなすがままに嬲られているという状況にも、レイヤは激しく興奮していたのだ。

両方の乳首をじっくりと舐められ終わった頃には、レイヤはもう抵抗する気力さえ失っていた。ぐったりとベッドに倒れこみ、汗まみれの白い体を、息も荒く波打たせるばかりだった。

しかし、晶の舌が、乳房から下腹部へとじわじわ南下していくと、慌てて体を起こした。あと少しで、ヘアの生え際にたどり着くという時だった。

「だめ、だめよ、晶。そこは、そこはだめ」

それは、羞恥心から出た言葉ではなかった。一番敏感なその部分を、晶に舐められたら、どうなってしまうのかわからないという恐怖に怯えたのだ。

「レイヤさんのここを、一番愛してあげたいの。ね、よく見せて」
「あ、ああっ」

晶は、レイヤのジーンズとショーツを一気に引き下ろして、足から抜いた。レイヤは本能的に膝を閉じて、股間を隠した。しかし、晶はその両膝を掴むと思い切り引き上げた。

「だめ、だめ、見ないでっ」

レイヤが叫ぶ。

あられもない格好だった。折りたたまれた両脚を大きく左右に広げられ、股間は天井を向いている。女として隠しておかなければならない二つの恥穴は、これ以上ないというほどに剥き出しになってしまっていた。

「すごいですよ、レイヤさん。お尻の穴まで、丸見えですよ。おまんこも、ぱっくり開いて、びしょびしょになった中のほうまで、よーく見えちゃってますよ」
「ああっ、そんなこと言わないでっ」
「だって、丸見えなんです。レイヤさんの恥ずかしいところが、こんなに広がって」

晶は、わざと下品な言葉でレイヤを辱めた。初めて他人にそんなところを見られてしまったレイヤは、息が止まるほどの羞恥に身を焦がす。晶の視線が熱く突き刺さるようだ。

しかし、それはレイヤの官能を燃え上がらせてしまう。レイヤは自慰の時に、こんな、いや、もっと恥ずかしい目にあわされる自分を妄想していたのだから。

「うわぁ、どんどんいやらしい液が溢れてきていますよ、レイヤさん。こんな恥ずかしい格好にさせられるのが、そんなに嬉しいんですね」
「ち、ちがうの。ちがうの……」
「何言っても、こんなになってるんじゃ、説得力ないですよ」

晶が言うように、レイヤの肉裂からは、とめどもなく愛液が溢れ出し、その下の薄菫色の窄まりにまで流れ落ちている。

「じゃあ、もっと気持ちよくしてあげますね、レイヤさん」

晶はその剥き出しの股間へと顔を埋める。

「だめ、晶。そんなところ、あっ、あっ、ああ〜っ!」

レイヤは悲鳴を上げた。晶の舌はそのびしょ濡れの股間を艶かしく這い回る。やや肉厚の陰唇をなぞるように、みっしりと生えたヘアの林をかきわけるように。その微妙な動きは、レイヤの官能を、さらに押し上げる。レイヤは、甘いうめき声を漏らしながら、体をくねらせる。

その部分の全てが性感帯になってしまったようだった。どこに晶の舌が触れても、電流が流れたような快感が脳天まで貫く。

他人にそこを舐められるのが、これほどまでに気持ちのいいものだとは。自分の指では味わうことのできなかった快感に、レイヤは翻弄される。

「あっ、あっ、ああっ」

晶の舌は、縦横無尽に股間を這い回る。しかし、レイヤの最も敏感な肉芽だけは避けていた。ぎりぎりまで近づいては、方向転換をしてしまう。やがてレイヤもそのことに気づいた。晶が意識的にそこを避けているのだと。

レイヤが自分を慰める時、最も集中的に刺激するのはクリトリスだった。そこをどう触れば自分は一番気持ちいいのか、熟知していた。触りすぎて、その部分が少し大きくなってしまったのではないかと心配してしまうほどだ。

わざとそこを舐めないのだと気づくと、よけいにそこは刺激を求めた。ジンジンと熱く疼いた。早く、そこを舐めて欲しい、思い切り舐めて欲しいと、レイヤは願った。その近くを晶の舌が這い回ると、自然に腰が動いて、そこを舐めてもらおうとする。しかし、晶の舌は、そこを避けてしまう。

そんなことを何回か繰り返すとレイヤの欲望は限界まで高まっていく。もう、そこを舐めてもらうことしか、頭の中になくなってしまうのだ。

「ああ、そんな、いじわる、しないで……」

つい言葉が漏れる。

晶は股間から顔をあげると、少し得意げな顔をレイヤに見せた。小悪魔のような表情だ。

「どうしたんですか、レイヤさん。私、何もいじわるなんてしてないですよ」
「だって、だって……」
「どうして欲しいのか、言ってくれないと、わからないんです」

少女の残酷な笑みに、レイヤは頭を振る。

「ああ、そんなこと、言えないわ。言えるはずないわ……」
「言わないと、やめちゃうわよ」

晶は舌を伸ばして、レイヤに見せつける。鮮やかなピンク色の濡れた舌がぬめぬめと動いている。その舌先で、クリトリスを舐められたら……。レイヤは想像して、ゴクリを唾を飲んだ。どれほどの快感が自分の体に訪れるのだろうか。

レイヤは、もうPTWのリーダーであるという自分の立場など、すっかり忘れてしまっていた。今、ここにいるのは、快楽を求めるだけの淫らな牝なのだ。少しだけ残った理性も、今や消し飛ぼうとしている。

「な、舐めて欲しい……」
「どこを舐めて欲しいのか、言わないとわからないわ」

晶は残酷だった。いたぶるように、レイヤを追い詰めていく。

「く、クリトリスを……」

レイヤはついにその恥ずかしい言葉を口にする。しかし、晶はそれでは許さなかった。

「誰のクリトリスを舐めて欲しいの?」
「わ、私の……」
「だめよ、ちゃんと言わないと。PTWの二代目指導者であるレイヤ・キヴィマキのいやらしいクリトリスを舐めて下さい、でしょ?」

いつものレイヤなら、どんなことがあっても、そんな屈辱的な言葉を口にはしなかっただろう。しかし、今のレイヤは違った。もう晶の言うままだった。

「ぴ、PTWの、二代目指導者である、れ、レイヤ・キヴィマキの、いやらしい……、いやらしいクリトリスを、舐めて下さいっ」

最後はもう、叫び声になっていた。それはレイヤが、晶の隷奴になるという屈服の誓いの言葉といってもよかった。

「よく言えたわね。じゃあ、自分で足を開きなさい、レイヤ」
「は、はい……」

晶が手を離して、背中で縛った両腕を解くと、レイヤは自分で膝を抱え込んだ。自ら、局部を晒す恥ずかしいポーズを取ったのだ。

「舐めてあげるわ、レイヤ」
「はい。お願いします……」

そして、晶の舌先が、レイヤの肉芽へと近づく。それはすでに包皮から顔をのぞかせていた。

「あっ、ああっ、ああーっ!」

凄まじい声があがった。レイヤは、晶にクリトリスを舐められると、全身を仰け反らせた。焦らしに焦らされてからの、その刺激は、信じられないほどの快感をレイヤにもたらした。しかも、晶はレイヤのその部分に唇をぴったりとくっつけて、肉芽を吸い出すと、舌先をすごいスピードで回転させた。まるで機械のような勢いで肉芽を刺激する。

一瞬だった。レイヤは鋭い悲鳴を上げると同時に体を大きくそらし、そしてヒクヒクと痙攣させた。息が止まる。

ほんの十数秒で、レイヤは絶頂に達してしまったのだ。そして意識を失った。

「あれ、もうイッちゃったの?」

晶はレイヤの顔を覗き込む。目を閉じてぐったりとしているが表情は幸せそうだ。そして意識を失ってもなお両脚を抱え込んで開いたあられもないポーズは崩していない。

晶は、ベッドの上で立ち上がり、そんなレイヤを見下ろす。白いゆったりしたワンピースの裾を持ち上げるようにして、晶の下腹部から固いものが突き出している。

晶はそれをそっと握った。先が少し濡れていた。

(続く)

小林電人、AV作品最新作「首輪少女さゆり 肛門専門奴隷として調教される少女」発売!!


『首輪少女さゆり 肛門専門奴隷として調教される少女』

監督: 小林電人
発売: 2011年8月25日
定価: 5.250円(税込)
品番: Dj-008
メーカー: 小林電人

メーカーサイトで作品詳細を確認・購入する>>>こちら


関連記事

官能小説家・小林電人、最新監督AV『首輪少女さゆり 肛門専門奴隷として調教される少女』の魅力を語る!

官能小説家・小林電人、最新監督AV『巨乳女子大生羞恥撮影 あすか 』の魅力を語る!

【特別企画】小林電人「赤い首輪」の倒錯世界

処女長編『羞恥の教室』完成記念SM官能小説家・小林電人インタビュー!
kobaden.gif 電人公式サイト
「羞恥専門小林電人公式サイト」
電人blog
「理想のSMビデオを作りたい!」
 
著者=小林電人  長年夢見ていた自分の「理想のSMビデオ」を自主制作したことがきっかけで、AV&SM業界のはじっこに首をつっこむことになった都内在住の40代自営業。小説「赤い首輪」をモチーフにした作品など、自分の嗜好に正直な自主制作DVDを鋭意製作中。詳細をお知りになりたい方、購入ご希望の方は「羞恥専門小林電人公式サイト」をご覧下さい。
 | 
11.09.05更新 | WEBスナイパー  >  赤い首輪
文=小林電人 |