女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
DX歌舞伎町 三代目葵マリープロデュース Special Live 大浣腸祭り&アナル祭り開催!!
ただ夢中に駆け抜けた青春時代を思い出す 映画『あの頃、君を追いかけた』公開!!
特選AVレビュー『究極性交 5人の監督による究極の5本番 ACT.02 鈴村あいり』(PRESTIGE)
心が浄化されるハートフル冒険ストーリー 映画『500ページの夢の束』公開!!
特選AVレビュー『ヒロイン乳辱 ワンダーレディー』(GIGA)
特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
特選AVレビュー『いっぱいビンタされたい貴方のためのラブラブビンタ』(OFFICE K'S)
特選AVレビュー『ギャルシャッ!! RISA』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『会長の接待専用肛虐ペット 奴隷秘書の系譜』(シネマジック)
2ページまんが 酒場の女【22】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年8月号
特選AVレビュー『ワーキング+』(SILK LABO)
特選AVレビュー『男の娘監禁凌辱 ちびとり姫、マゾの目覚め』(関西アンダーグラウンド)
女流緊縛師、シリーズ第三章 魔乳女優が感動の降臨姦!『緊縛10 かなで自由×蓬莱かすみ』(大洋図書)発売!!
むき出しの感情が「劇場」で交差する 川上讓治写真展『釜ヶ崎劇場』開催!!
アクセスアップ
新刊情報
よろめきSpecial 艶 2018年11月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.16(ミリオン出版)
臨増ナックルズDX Vol.13(ミリオン出版)
封印発禁TV DX 2018 秋の嵐 超拡大号(ミリオン出版)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.2(ミリオン出版)
点つなぎパーク&ファミリー 仲秋特別号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.4(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.21(ミリオン出版)
よろめき 2018年10月号(ミリオン出版)
美熟女密会 Vol.14(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週月曜日更新!
小林電人、待望の第二作目好評連載中

全ての国民は2年間、国に全てを捧げて奉仕する義務がある――。日本によく似た、しかし異なる某国で「奉仕者」の立場に転落した女たちが辿る、絶対服従の日々。飼育・調教が法律によって認められた世界で繰り広げられる、 異色エロティックロマン!
 | 
第4章 女教師・美沙子【9】


「第二次東亜戦争の後、暫定的にアジア共同体が成立するわけですが、参加国の間での……、ええと……」

その日の麗子先生はどこか落ち着きがなかった。明らかに集中力に欠けていて、教科書を何度も読み間違えたり、言い淀んだりしていた。何か他のことに気を取られているようだ。

そんな麗子先生の異常に、生徒たちも気づいて、ヤジを飛ばす。

「麗子先生、なんかあったの? 彼氏に振られたとか?」

「昨日デートで頑張りすぎちゃったとか?」

おれだけはその理由を知っていた。麗子先生のお尻の穴には、遠隔操作が出来るラジコンローターが挿入されているのだ。そして、そのコントローラーはおれが持っている。おれがこのスイッチを押せば、ローターは唸りを上げ、麗子先生の肛門を刺激する。

肛門性感を完全に開発されている麗子先生だ。もしローターが動き出せば、強烈な快感に襲われてしまう。平気な顔で授業を続けるなど、とれも出来ないだろう。

いつ、スイッチを入れられるのか、麗子先生は気が気ではないのだろう。いつ、快感が襲いかかってくるのか、緊張しながら授業をしているのだ。

しかし、おれはスイッチを入れなかった。もうあと5分で、麗子先生の授業は終わる。おれは最後までローターを動かすつもりはなかった。

麗子先生がチラチラとおれに視線を向けているのがわかったが、無視した。

やがてチャイムがなり、授業が終わった。麗子先生は、少し哀しそうな表情で、おれを見て、そして足早に教室を去っていった。

その後の休み時間の教室は、当然のように麗子先生の異変についての話題で騒々しかった。



「ちゃんとご主人様の命令通りに、お尻の穴にローターを入れていたのに……。もしかして、コントローラーが壊れていましたか?」

夕方、学校から帰ってきた麗子先生、いや美沙子は、先に部屋に来て待っていたおれに、そう言った。恨みがましい目だった。

「いや、壊れてるかどうかは知らないよ。スイッチ入れてないから」

「どうしてですか?」

「美沙子は、そんなに授業中に、お尻の穴のローターを動かして欲しかったのか?」

美沙子は顔を赤らめてうつむいた。

「いえ、そんなことありません……。もし、動いたらどうしようかと、ずっとドキドキしていました」

「期待してたんだろ?」

「……」

「恥ずかしい思いをしたかったんだよね。美沙子は変態のマゾ奴隷だからな」

「そ、そんなこと……」

「美沙子は、教え子のおれに、恥ずかしいこととか、いやらしいことをされて興奮してるんだろ? もっといじめられたいんだろ?」

美沙子はうつむいたまま、答えない。おれも黙った。部屋の中に重たい沈黙が居座る。

しばらくして、美沙子が口を開いた。

「いじめられたいです……」

小さな声だった。

「何言ってるのか聞こえないよ。はっきり言うんだ」

「美沙子は、ご主人様にいじめられたいです」

美沙子は、少し大きな声で言い直した。

「美沙子は、どうしていじめられるのが好きなの? 普通はいやなもんだよな」

「それは……、美沙子はマゾだからです……」

「へえ、佐伯麗子先生は、マゾだったんだ。学校のみんなに教えてやったら、大騒ぎになるな。学校中の憧れの麗子先生が変態だったなんてね。きっと、おれにもやらせろって、男子生徒が行列するぜ。女子なんかは、軽蔑の目で見るだろうな」

「ああ、そんなこと、言わないで下さい……」

言いながら、美沙子は腰をもじもじとさせていた。そんな破滅的な状況を想像して、密かに興奮していたのかもしれない。

「ようくわかったよ。美沙子は本当にマゾなんだよな。それなら、望みどおりにしてあげるよ」

おれはいきなり美沙子の頬を平手で殴った。不意を打たれた美沙子は崩れるように、後ろのベッドに倒れた。

「あっ、ご主人様」

そのまま馬乗りになり、美沙子のブラウスの前を力任せに開く。ボタンが弾け飛び、ブラジャーに包まれた大きな乳房が現れる。ブラウスを強引に脱がし、その袖を使って、美沙子の腕を背中で縛り上げる。うつ伏せに押し倒し、尻を高く突き上げさせた。

スカートをめくり、ショーツを引き下ろす。白くてむっちりとした尻肉が剥き出しになる。

おれは勢い良く、その尻を平手で叩いた。

パチーン!

肉が弾ける小気味いい音が上がる。同時に悲鳴も上がる。

「ひっ!」

構わず、おれは尻を叩く。

「ああっ、痛いです、ご主人様」

思い切り叩いているので、美沙子の白い尻肉には、おれの手形がはっきりと残った。赤くて痛々しい。

しかし、おれはさらに叩く。

「ああっ、許して下さい、ご主人様っ」

「ほら、3発目だ。ちゃんと数えろよ、美沙子。次は何発目になるんだ?」

「よ、4発目です」

パチーン。

「ひいっ!」

「ちゃんと数えるんだ」

「はいっ、5。6。ああっ、7……」

美沙子の白い大きな尻は、あっという間に真っ赤に染まった。自分で叩いておきながら、人間の尻がこんなにも赤くなるのかと、おれはびっくりした。

それでも、おれは容赦せずに叩き続ける。

「8……、きゅ、9……。ああ…、もう、もう、じゅ、10っ!」

おれの渾身の十発目の平手を食らったあと、美沙子は耐えきれずに、腰を落としてベッドの上に倒れた。

息が荒くなり、真っ赤な尻が激しく上下していた。

「はぁ、はぁ、はぁ、もう、もう許して下さい、ご主人様……」

おれは答えずにうつ伏せの美沙子の両脚を大きく左右に広げた。股間の肉裂がぱっくりと口を開く。そして、そこはぐっしょりと濡れ光っていた。

美沙子はおれにスパンキングされて、こんなに興奮していたのだ。

おれは素早くパンツを脱ぎ捨てた。美沙子の腰を抱え込むようにして持ち上げ、突きあげられた股間の肉裂へと、ペニスを挿入した。すでにヌルヌルと十分に濡れていたその部分は、何の抵抗もなくおれのペニスを受け入れ、そして絡みついてきた。

「あっ、ああっ、いいっ。気持ちいいです、ご主人様」

美沙子は悲鳴のような快感の声を上げた。おれは真っ赤になった尻に激しく腰を打ちつける。ジュルジュルと湿った卑猥な音が響き渡る。

ブラウスの袖で縛りあげた腕を引っ張るようにすると、美沙子の体が海老のように仰け反る。膝立ちの姿勢で、後ろから突き上げる。

「あっ、あああっ」

きつい体勢のはずだが、獣に犯されているようで、美沙子の被虐心をかきたてるのだろう。快楽の声はさらに激しくなる。

「ひぃっ、ひいっ、すごい、だめぇ。おかしくなっちゃいます、ご主人様っ」

おれはひたすら乱暴に腰を動かす。

「だめです。イッちゃいます。イッていいですか、ご主人様っ」

絶頂に達する時は、おれの許しを得るようにと命令してあるのだ。

「いいよ、イキな」

「ありがとうごいますぅ、あ、ああっ!」

ひときわ声が高くなり、そして美沙子の体がブルブルと何度も震えた。

しかし、おれは腰の動きを止めなかった。そのまま突き続けた。

「あ、あ、ご主人様、だめ、あ、ああっ」

絶頂に達したまま、おれにさらに突かれ続けて、美沙子はさらに快感に翻弄される。

「だめ、またイッちゃう、イッちゃいますぅ!」

さっき絶頂に達したばかりだというのに、美沙子は3分と立たずに、再びアクメを迎えた。さっき以上に、激しく体を痙攣させる。

おれは自分でも不思議なくらいに冷静だった。美沙子の状況を観察しながら、それでも腰の動きは止めない。いつもなら、すぐにおれも射精を堪えられなくなるのに、今日は完全に自分でコントロールできるような気がした。

「お願いします、もう、もうだめです。おかしくなっちゃいます。許して、ご主人様。いや、ああ、また、また来てる。またイッちゃいます。だめ、だめ、あっ、あああっ」

おれは、真っ赤に染まっている美沙子の尻をさらに叩いた。

パシーン!

激しく貫かれながら、はれ上がって熱を持っている尻肉を叩かれる苦痛に、美沙子は仰け反る。そしてそれは彼女に強烈な快感をもたらしたようだ。

「ひいいいっ!」

狂ったような叫び声が上がり、美沙子は身をよじった。媚肉がキュッとおれのペニスを絞めつけた。さすがにたまらず、おれも射精した。熱い液体が体の奥から勢いよく噴き出していく快感。おれと美沙子は、ほぼ同時に絶頂に達した。そして折り重なるようにして、ベッドに倒れ込んだ。

射精しても、おれのペニスはいつまでも、硬さを失わない。ずっと挿入したままだった。

「ご、ご主人様、すごいです……」

汗まみれになって、息を荒げながら、美沙子がおれを振り向く。

綺麗だと思った。美沙子は、おれが知っている全ての女性の中で一番美しいと思った。抑えきれない感情が吹き上げてくる。

美沙子がおれを見ながら言う。

「ああ、ご主人様。美沙子はご主人様の物です。美沙子を、もっと、もっといっぱいいじめて下さい」

おれは美沙子にキスをして、言った。正直な気持ちを美沙子に言いたかった。

「おれは本当に美沙子が好きだ。もう、ご主人様とか奴隷とか、どうでもいいよ。美沙子が好きなんだよ! ずっといっしょにいたいんだよ」

気恥ずかしいが、それはおれの本当の気持ちだった。おれは美沙子を愛しているのだ。美沙子と愛しあいたいのだ。

そのおれの告白に、美沙子は狂喜してくれる、はずだった。

「ありがとうございます。うれしいです、ご主人様」

その言葉と裏腹にスッと美沙子の表情から一瞬、熱が冷めたように思えた。でも、おれはそれに気づかないふりをして、さらに言った。

「おれは、美沙子と普通に愛しあいたいよ。奴隷とかご主人様とか、そういう上下関係とかいらないから、普通のセックスをしようよ。おれ、美沙子の恋人になりたいんだ」

感情が噴きあげて止まらなかった。もともとは弱みを握ったことから無理矢理に関係を迫ったのだが、今は美沙子もおれの責めに夢中だった。自分から責めを求めてくる。おれの従順な奴隷となっている。でも、おれはもう本当に美沙子のことが好きになっていた。ただの性欲処理の奴隷ではないのだ。一番大切な女性だと感じるのだ。

「いえ、そんな、とんでもないです。美沙子はご主人様の奴隷です。もっともっといじめて下さい。ご主人様の性欲処理の肉奴隷で構わないんです。ご主人様が望むことを全て受け入れたいんです」

「じゃあ、普通にセックスしてくれよ。おれのことを抱きしめてくれよ」

「そ、それは……」

その時の、美沙子の冷たい目を、おれは忘れることは出来なかった。
(続く)

関連記事

【特別企画】小林電人「赤い首輪」の倒錯世界

官能小説家・小林電人、最新監督AV『美姉妹羞恥調教』を語る!

kobaden.gif 電人blog
「理想のSMビデオを作りたい!」
http://denjin.5.dtiblog.com/
 
著者=小林電人  長年夢見ていた自分の「理想のSMビデオ」を自主制作したことがきっかけで、AV&SM業界のはじっこに首をつっこむことになった都内在住の40代自営業。小説「赤い首輪」第一章をモチーフにした自主制作DVD最新作「首輪少女中○三年生 まる」の他、自分の感じ方に忠実なマニアックDVDを鋭意製作中!詳細をお知りになりたい方、購入ご希望の方はhttp://denjin.dtiblog.com/をご覧になるか、denjinkoba@livedoor.com までメールでお問い合わせ下さい。
 | 
10.03.15更新 | WEBスナイパー  >  赤い首輪
文=小林電人 |