女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『変態ドM巨乳素人女徹底調教』(クリスタル映像)
ベッドで仰向けに横たわるマゾなあなたに人気店所属美人ミストレスの豊満な乳房が、巨大なお尻が迫りくる―― VR映像作品『【VR】エリカ女王様がエッチにVRお仕置き!』発売!!
特選AVレビュー『ウチのイケメンの息子を男の娘にするからそれを担保に金くれ。』(Men's LAB)
『すとりっぷ小屋に愛をこめて』(人間社文庫 昭和の性文化2)増刷祈念トーク&『ザ・ストリッパー 堕ちて藍』(1981年)上映会 開催!!
特選AVレビュー『Hide&Seek4』(SILK LABO)
特選AVレビュー『進撃の粗チン 永井みひな』(NON)
原作「Yahoo!知恵袋」はいいけど、原作「大手小町」はちょっと嫌だ! 榮倉奈々の死んだふり七変化に癒されながら夫婦の在り方を考えよう。映画『家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。』公開!!
特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『乳首イクイク敏感美少女/優梨まいな 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『爆乳の人妻はおっぱいを揉みまくると絶対的に淫乱になる - 彩奈リナ』(ドグマ)
特選AVレビュー『覆面プロレスラーの俺が呪いのマスクで女体化』(ROCKET)
本作とストロングゼロの間には奇妙な共通点がある。人はときに、三次元的にぶん回されたくてしょうがなくなる生き物なのだ。映画『トレイン・ミッション』公開中!!
特選AVレビュー『女監督ハルナの トリプルレズ ぺニバンシンドローム file.02』(レズれ!)
この春、あの大ヒット宣言を書いた、ウワサのふたり組がスクリーンにやってくる! 映画『マルクス・エンゲルス』公開中!!
特選AVレビュー『妻ネトリ 凌辱輪廻』(ZIZ)
女子版『8 Mile』!しかし肝心のラップより、母親役のブリジット・エヴァレットが歌う「Kiss Me Deadly」のスーサイドっぽいカバーのほうが染みる...... 映画『パティ・ケイク$』公開中!!
2ページまんが 酒場の女【18】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年4月号
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 天才M女 宮村ななこ』(HMJM)
川上譲治 トーク&上映会「1985-2005裸的群像伝記録映像【あんぐら すとりっぷ】」開催!!
アクセスアップ
新刊情報
制服少女COLLECTION(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年7月号(大洋図書)
BITTER 2018年7月号(大洋図書)
(裏)恥辱の絶頂special!(ミリオン出版)
簡単無料!!初心者でも絶対成功するDVDコピー入門(ミリオン出版)
スナイパーEVE Vol.68(ワイレア出版)
ごぶさたな奥さん 2018年7月号(ワイレア出版)
G-COLLECTION 2018年7月号(大洋図書)
シュガー・マイ・ベイビー(大洋図書)
悪魔はファンシーアレルギー(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週月曜日更新!
小林電人、待望の第二作目好評連載中
全ての国民は2年間、国に全てを捧げて奉仕する義務がある――。日本によく似た、しかし異なる某国で「奉仕者」の立場に転落した女たちが辿る、絶対服従の日々。飼育・調教が法律によって認められた世界で繰り広げられる、 異色エロティックロマン!
 | 
第7章 肛虐奴隷・穂奈美【10】

日本共和国と東京国は、数十年に渡って戦争状態にある。とはいえ二つの国に分裂してから実際に本格的な交戦をしたことはない。時折緊張が高まるものの、それ以上に発展することはなかった。

当然、正式な国交はないが、第三国を経由した民間レベルでの通商は少なからず行なわれている。

国力としては日本共和国に遥かに劣る東京国だが、先端テクノロジーや文化では常にリードしている。そのため、東京国の衣料品は共和国ではもてはやされ、その輸入を手がけるものは、大きな財を築いていた。

向こう側とのパイプが重要となる共和国への商売に新規参入するには、かなりの努力が必要だった。キハラのような小さく若い会社がそこへ潜り込めたのは奇跡だ。もちろん、そこに至るまでに、長い時間をかけての賄賂工作があったことは言うまでもないが。

そして、キハラの手掛けるブランドの靴下を、共和国の実質的独裁者である鈴木太郎将軍が気に入るというチャンスが訪れた。デザインと通気性にすぐれたキハラの靴下に変えてから将軍の持病である水虫の症状が劇的によくなったというのだ。実際にキハラの靴下の効果かどうかはわからないが、将軍はそう信じ、靴下はキハラだと決めるに至った。そして将軍のご機嫌をとりたい党の上層部が、こぞってキハラを履き、その人気はやがて一般層にも広がりつつあった。

キハラは共和国に本格的に進出することとなった。そして、その社長である木原の渡日が実現したのだ。

木原は将軍の名のもとに招かれることとなった。それは国賓扱いされるという意味だった。実際に鈴木将軍に会うことは出来ないようだったが、そのもてなしは素晴らしいものだった。

最高のホテルが用意され、多くのパーティに招かれた。そのパーティのひとつで、木原は党の次世代の有力者とも目される佐藤啓一と親しくなれた。将軍の右腕とも言われる佐藤国務委員長の孫であり、近頃めきめきと頭角を現わした存在だった。

年齢の近い木原とは、東京のロックバンドの話題で意気投合した。

「そうですか、フィリップスは解散してしまいましたか」
「ええ、活動休止ということになってはいますが、実質的には解散のようですね。しかし、佐藤さんがそんなに東京のロックバンドに詳しいとは、驚きました」
「いちおう表向きは『敵性音楽』ということになってはいるんですがね。日本にもいいバンドはたくさんあるんですが、やっぱりまだまだ東京にはかなわないですよ」
「では、今度、フィリップスの秘蔵ライブ映像をさしあげますよ。ちょっと関係者に知り合いがいまして、特別に入手できたものなのですが」
「それはうれしいな」

パーティも終わりに近づいた頃、啓一が少し声をひそめて、木原に話しかけた。

「ところで木原さんは、女のほうはお好きなんですか?」

木原はニヤリと笑い返す。

「ええ、それはもちろん。こちらに来てから、毎晩接待していただいてます。日本の女の子は、可愛らしくていいですね」
「いやいや、東京の女の子にはかないませんよ」

木原はその言葉に、表情を変えた。

「東京の子って……。ドールですか?」
「ええ。ご存知なんでしょう?」
「いや、噂では聞いていましたが、本当なんだ。日本にドールを輸出しているというのは……」
「ふふふ、まぁ、将軍への貢物としてなんですけどね。実は私もひとりドールを飼っているんですよ。何しろ、将軍は飽きっぽい人でね。責め殺すか、さもなければ飽きて次の新しいドールを欲しがるんです。私の飼っているドールは、かなり気に入っていたようなんですが、一度体を壊してしまった時に、将軍の熱が冷めてしまったみたいで、私が引き取ることに……。おっと、ちょっと話すぎましたね」

啓一は意味ありげな笑顔を見せた。ドールを払い下げられるほど、自分は将軍に気に入られているのだと言外に語っているのだ。


「木原さんもアナルマニアだとは知りませんでしたよ。ふふふ、そんなところまで趣味が同じとはね」

木原は、パーティの後に啓一の別宅へと招かれた。酒量で男の価値を図るという気質の強い共和国のパーティでは、いつもかなり飲まされてしまうのだが、ふたりともまだまだ体力には自信のある三十代。足取りひとつふらついていなかった。

「僕は、お客さんと一緒にプレイするのが好きでね。もちろんよほど気を許した人に限りますよ」

そう言いながら、別宅へと啓一は入っていった。ドールと遊ぶためだけの隠れ家ということだが、かなり立派な邸宅であり、この国での彼の地位と権力を木原に実感させた。

「おかえりなさいませ、ご主人様」

玄関で、全裸の女性が土下座をして迎えている。首には真っ赤な首輪があった。

「今日はお客さんを連れてきたよ。なんと東京から来た木原さんだ」

東京という言葉に、女の背中がピクリと反応したようだった。そして顔をあげて、木原を見る。

「遠いところから、いらっしゃいませ」
「僕のドールの穂奈美だ。どうだい、なかなかいい女だろう?」

木原は、その女、穂奈美の顔に見覚えがあった。誰だろう、と記憶を探るがはっきりとは思い出せなかった。穂奈美のほうは、木原の顔を知らないようだ。

「知っているかもしれないけれど、将軍は無類のアナルマニアでね。その趣味が同じだったことで、僕も覚えがいいんだ。ずいぶん一緒に、この穂奈美を責めたものさ。なぁ、穂奈美」

穂奈美は恥ずかしそうな微笑を浮かべる。

美しい女だった。胸も尻も大きく、それでいてしっかりとしたくびれもある。肌はミルクを溶かしたかのように白くねっとりとしていた。グラマラスな肉付きなのに、どこか線が細い印象がある。一度、体を壊したと言っていたが、そのせいかもしれない。


「あ、あ、ああ……。も、もう、木原様のものを頂きたいです……」

息も切れ切れに、穂奈美はうめいた。自ら開いた脚を抱え込み、恥ずかしい部分をすべて木原の前にさらけ出している格好だ。後ろから啓一が抱きかかえ、その豊かで形よく盛り上がった乳房を揉んでいる。三人とも全裸でベッドの上にいた。

「さぁ、一発ぶち込んでやってくださいよ、木原さん。穂奈美のお尻の穴の味は、格別ですよ」

木原は頷くと、はちきれそうにまで固く膨らんだペニスを、そっと穂奈美の窄まりの中央に押し当てた。先端が触れただけで、その部分は口を開き、飲み込もうと待ち構える。

「あ、ああ、熱いです。早く、木原様のをいただきたいです……」

窄まりのすぐ上でヒクヒクと震えててる肉裂からは、とめどなく愛液が流れ落ちてくる。

木原はペニスの先端を沈めた。

「あ、ああっ」
「う、うう?!」

穂奈美と同時に、木原も声をあげてしまった。今まで体験したことのない、未知の感触が木原のペニスに訪れたのだ。

強烈な締めつけとともに、ヌメヌメとした粘膜が絡み付いてくる。複雑な動きで、ペニスを締め上げる。

「なんだ、これは……」

木原もこれまでにたくさんの女とアナルファックを経験してきた。そして女の肛門というものは、締めつけこそ強力だが、内部の感触自体は意外に単調なものだということも知っていた。感触でいえば、膣の複雑さには敵わない。所詮は排泄目的の器官なのだから。しかし、それでも木原がアナルファックにこだわるのは、やはり精神的な満足感が大きい。こんなところを犯しているという、アブノーマルな気分が快感を倍増させるのだ。

結局のところ、アナルファックとはそういうものだ。木原はそう思っていたのだが、今、体験している感覚はまったく違った。

絶妙に強弱をつけての締めつけ。からみつき、まとわりつき、包みこむ腸壁の感触。それは膣のそれを上回る快感だった。

そして、そこにペニスを受け入れるということで、穂奈美自身も激しい快感を得ているようだった。

これが、ドールとして磨きあげられ、鈴木将軍を虜にしたアナルなのか……。

自然と木原の腰の動きも速くなっていき、それに合わせるように穂奈美の腰も複雑な動きを見せた。

「ああっ、木原様、気持ちいいです。お尻、お尻でイキます。ああっ」

絶叫する穂奈美の口を塞ぐように、後ろから啓一がキスをした。穂奈美は貪欲に舌をからめていく。

「ううっ!」

あまりの快感に耐えきれなくなった木原は、挿入して5分も経たずに精を放った。自分でもびっくりするほどの量の精液が穂奈美の腸内へと注ぎ込まれた。

木原の射精と同時に穂奈美も絶頂に達していた。穂奈美は、どんな時でも、相手と同時にエクスタシーに達することが出来るようになっていたのだ。


それから、啓一と交互に、もう一度穂奈美のアナルを犯した。男を虜にする肉体とは、このことだと思った。

奉仕奴隷の中から、優秀な者は再調教されて海外へと輸出される。それは世界中の要人の間で、最高級の貢物とされ、東京国の外交の最大の武器となっている……。そんな噂を聞いたことはあったが、都市伝説の類かと真に受けてはいなかった。

しかし、穂奈美の肉体を知ると、それが本当なのだと実感した。これは確かに、外交を左右しかねない最高の武器だろう。

啓一がシャワーを浴びにいくと、残った穂奈美は、その間も木原のペニスを丁寧に舐めあげた。自分の体内に挿入した汚れを落とすかのように。

一生懸命に自分の股間に奉仕する穂奈美の顔をみているうちに、木原は思い出した。そうだ、この子だ。あの人が写真で見せてくれたあの子だ。

「君、東京で森元さんに奉仕していなかったか?」

その名前を聞いて、穂奈美の舌の動きが止まった。

「森元、様……」

穂奈美のそのつぶやきを聞いて木原は確信する。

「やっぱりそうか。森元さん、君のことが忘れられずに、奉仕期間が終わった後も、探してたみたいなんだよ」

森元は、仕事上の古い先輩だった。妻を事故で失ったショックで、会社を辞めてからは全く連絡がとれなくなったが、何年か後に木原が立ち上げた新会社を訪ねてきたことがあった。

明らかにやつれた顔で、森元は木原に一枚の写真を見せた。

「この子、見たことないか?」

奉仕期間が終わった後に、奉仕者と接触を求めることは国民奉仕法で固く禁じられている。そして動画や写真など、奉仕者の記録を保存することも禁じられている。

穂奈美のことが、どうしても忘れられない森元は、彼女を捜し歩いていたのだ。しかし、それはあまりに危険な行為だった。

しばらくして、彼が逮捕されたという噂を聞いた。当然予測された結末だった。

「森元さん、君のことが忘れられなかったみたいだよ」
「いえ、私は東京にいた頃のことは覚えておりませんので……」

穂奈美はそう言って、再び木原のペニスに奉仕を開始した。

「東京のこと、思い出したりしないのか?」

穂奈美は、黙って舌を動かしていたが、少ししてから顔を上げ、木原に向かって、笑顔を見せた。

「世界平和のためですから」

そうして、木原の股間に顔を埋めて、奉仕を再開した。

(続く)

関連記事

【特別企画】小林電人「赤い首輪」の倒錯世界

官能小説家・小林電人、最新監督AV『美姉妹羞恥調教』を語る!

kobaden.gif 電人blog
「理想のSMビデオを作りたい!」
http://denjin.5.dtiblog.com/
 
著者=小林電人  長年夢見ていた自分の「理想のSMビデオ」を自主制作したことがきっかけで、AV&SM業界のはじっこに首をつっこむことになった都内在住の40代自営業。小説「赤い首輪」第一章をモチーフにした自主制作DVD最新作「首輪少女中○三年生 まる」の他、自分の感じ方に忠実なマニアックDVDを鋭意製作中!詳細をお知りになりたい方、購入ご希望の方はhttp://denjin.dtiblog.com/をご覧になるか、denjinkoba@livedoor.com までメールでお問い合わせ下さい。
 | 
10.10.18更新 | WEBスナイパー  >  赤い首輪
文=小林電人 |