本家三行広告 1 Lovely-Candle 2 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
いなくなってしまったSMAPと新しい地図
特選AVレビュー『田舎から上京してきた変態むっつり巨乳ちゃんにリモコンバイブ着けっぱにして東京姦光したらスゴいエロくなっちゃいました。 愛乃はるか』(ファーストスター)
Kinoko Hajime rope artwork【15】みんなは学校
特選AVレビュー『獄門大八車 - 夢野りんか』(ドグマ)
特選AVレビュー『となりの女子大生 しずか』(HMJM)
特選AVレビュー『驚異のLcup 123cm! メガボインギャル 大阪在住のヤリマン&パイパン女 なおこ(27歳)』(マザー)
Gallery Zaroff 企画 西牧徹・黒戯画展『艶画と福画/ふたつの黒』開催!!
特選AVレビュー『ねぇアナタ、私ね、酷いコトされないとイケないカラダになりました。/杏璃さや 』 (光夜蝶)
特選AVレビュー『名家の箱入り娘 厳格な父親の下で育った門限19時の日本人形のようなパイパン貧乳少女 篠田カナ』(ファーストスター)
特選AVレビュー『レズタチアニマルエクスタシー 』(レズれ!)
特選AVレビュー『アナタごめんなさい...。わたし寝取られました...。 [沙羅]Gカップ』(BIGMORKAL)
インターネットラジオ番組「村上裕一のゴーストテラス」第62回
2ページまんが 酒場の女【14】
特選AVレビュー『喉奥属性シャブリスト004/枢木みかん 』(ワープエンタテインメント)
ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【40】『痴母相姦』 著者=夏のおやつ(三和出版)
特選AVレビュー 『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
ドキュメンタリーの鬼といえば原一男!頭が原一男でいっぱいの男が、テキサスの男性ストリップ劇場のドキュメンタリーを観たらどうなるか? 映画『ラ・ベア マッチョに恋して』公開中!!
とりあたまちゃんシーズン4 日常【3】「飲み会」
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2017年12月号
村の子種で赤ん坊さつぐれ――色狂い集落の「泥々」調教ウェディング 『花嫁崩壊 奴隷のまぐわい 春菜はな』(大洋図書)発売!!
アクセスアップ
新刊情報
ふきげんなディア(大洋図書)
鳩恋荘 バースデイ(大洋図書)
まちがいさがしパーク&ファミリーDX Vol.9(ミリオン出版)
お絵かきパークminiDX Vol.12(ミリオン出版)
実話ナックルズ 2018年2月号(ミリオン出版)
まちがいさがしパーク 2018年2月号(ミリオン出版)
BITTER 2017年2・3月号(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2018年2月号(大洋図書)
六十路妻 七十路妻(ミリオン出版)
エロ大好き四十路マダム(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週月曜日更新!
小林電人、待望の第二作目好評連載中
全ての国民は2年間、国に全てを捧げて奉仕する義務がある――。日本によく似た、しかし異なる某国で「奉仕者」の立場に転落した女たちが辿る、絶対服従の日々。飼育・調教が法律によって認められた世界で繰り広げられる、 異色エロティックロマン!
 | 
第8章 体育教師・けい子【6】

ひかりの舌はけい子の唇の内側へと入り込んでくる。けい子は歯を閉じて、それ以上の侵入を防ごうとするが、歯茎の上でぬめぬめと動きまわる少女の舌の感触は、けい子の決意を麻痺させてしまう。

「ん、んん……」

ひかりは、吊られて自由を奪われているけい子の体を強く抱きしめる。少女のなめらかな肌がぴったりと貼りつく。小さいながらも、それなりに膨らみのある乳房が押し付けられる。そしてすでに硬く勃起している乳首の存在を感じた。

その肌のぬくもりは、けい子の官能を強く刺激する。男の肌が触れようものなら、鳥肌が立つほどに嫌悪を感じてしまうのに、女性の肌はなんと優しく快いのだろう。

けい子はつい歯を上下に開いてしまう。ひかりはすぐさま、舌を腔内へと滑りこませ、そしてけい子の舌を見つけ出す。

「んあ、あああ……」

瑞々しいひかりの舌は、悩ましくけい子の舌にからみつく。そのなめらかな感触にけい子は心の底から痺れた。 理性が少しずつ崩れていく。

「先生、好き。ずっと好きだったの」

ひかりはそう言いながら、激しくけい子の口を吸う。情熱的なキスだった。

「ああ、だめ、だめよ、ひかりさ、ん……」

口を吸われる度に、けい子の力が抜け、そして体が熱くなっていく。

長い長いキスの後、ようやくひかりは唇を離す。ツーッと唾液が糸を引き、キラキラと輝いた。とろんと潤んだ目でけい子を見る。けい子は目を閉じて、荒く息をついていた。

「先生、好きなの……」

ひかりはけい子の耳元でそう囁くと、耳たぶを舐めた。

「あうっ」

けい子の全身を快感が貫いた。まさかそんなところに性感帯があるとは。その不意打ちのような快感は、けい子の体を痺れさせた。

それからひかりは耳の穴にも舌を侵入させたり、首筋を丁寧に舐めたりと、けい子が考えたこともない方法で、ゆっくりゆっくりと愛撫していく。

ついに乳首にその舌が到達する頃には、けい子はもう意識が遠のいてしまいそうなほどの官能に浸っていた。ひかりの舌が触れる全ての場所が、敏感な性感帯となるのだ。自分の肉体が、これほどまでに感じやすいとは、想像もしていなかった。

この深い快感に比べれば、長谷川の責めなどは、所詮力任せなものに過ぎない。
陰裂からはとめどなく蜜が溢れ、内腿をびっしょりと濡らしていた。

「はぁぁぁぁっ!」

ひかりがその口唇で乳首を咥え、先端を舌先で舐めた。優しく、それでいて激しく。女ならではの微妙なタッチ。舌先が触れる度に乳首が熱く燃え上がるように疼く。

「だめ、そんな、あああん……」

唇で左の乳首を愛撫しながら、ひかりは右手の指先で右の乳首を軽く摘む。苦痛を感じるぎりぎりの強さで乳首を押し転がす。それもまた、けい子には凄まじい快感をもたらしていた。

「ああん、だめ、ひかりさん。そんなにされたら、ああ、おかしく、おかしくなっちゃうわ……」
「おかしくなっちゃえばいいのよ」

チェアに座って、二人の痴態を見ていた玲子が声をかけた。

「けい子先生がおかしくなっちゃうところが、私は見たいの。命令よ、もっとおかしくなっちゃいなさい」

そんな玲子の声は、二人には聞こえていなかった。玲子に言われるまでもなく、けい子はどんどん高まっていく。脚が震えて、まともに立っていられない。そしてひかりも一心不乱にけい子の乳首を愛撫している。

そんな二人を見ながら、玲子ももじもじと腿を摺り合わせていた。スカートの下のショーツはすでにぐっしょりと濡れて大きな染みを作ってる。

ごくり、と唾を飲み込みながら、玲子は全裸の女教師と元教え子が絡み合う姿を見つめていた。

やがて、ひかりの舌は乳首よりも下方へと向かう。乳房をたっぷりと舐め、脇腹や腹部を経て、そして股間へ。

ひかりはぺたんと床に座り込んだ。そうすると、目の前の位置にけい子の股間が来る。

「ああ、見ないで、ひかりさん」

けい子は腿をぴったりと閉じて、恥ずかしそうに腰を揺らす。内腿までびしょびしょに濡らしているその部分を元教え子に見られるのは、たまらない。

しかし、すでにそこからは牝のにおいがむんむんと放たれ、見なくてもどんな状態になっているのかは、ひかりにはわかっていた。

鍛えられた腹筋がしっかりと見える下腹部だが、そこにうっすらと脂肪が乗り、女らしい滑らかさも感じさせる。キュッと締まった腰のくびれから連なる曲線は、大人の女性らしい艶めかしさを見せている。

たくましい太腿の付け根、うっすらと濡れ光った茂みに、ひかりが顔を近づけようとした時、後ろから玲子が声をかけた。

「ちょっと待って」

おあずけを食わされたように恨めしげな表情で振り返るひかりに、玲子は言う。

「それじゃ、舐めにくいでしょ。ふふふ、舐めやすくしてあげる」

玲子はけい子の左膝に縄を巻きつけていった。その縄さばきは女子高生とは思えないほどに見事なものだった。

「ほら、脚をちょっと開いてね、先生。そう、力を抜いて」

やがて玲子はその縄尻を天井の滑車に通して、思い切り引いた。

「あっ、あっ、いやぁ!」

けい子の片膝が天井へ向かって引き上げられていく。たちまちけい子は片膝を吊られた格好になる。当然、脚は大きく広げられてしまい、股間は丸出しとなってしまった。

「いや、恥ずかしいっ!」

無残にさらけ出された股間では、やや濃い目の繊毛の中央で、ピンク色の肉の裂け目がうっすらと口を開いていた。そして、そこはあふれんばかりの蜜で濡れ光っていた。

「うわぁ、ひかりに舐められて、こんなに濡らしてたんだ、けい子先生。すごいわ。毛もびっしょりだし、ふとももまで垂れてる。まだここは全然触られてないのにね」
「ああ、いや、見ないで……」

目を閉じて顔を背けても、二人の元教え子が自分の最も恥ずかしい部分を食入いるように見つめているのが感じられる。

そして恥ずかしいと思えば思うほどに、見られている部分が熱く燃え上がり、蜜が溢れていくのだ。

「先生、こんなに感じてくれてたのね。ああ、うれしい……」

ひかりは、開ききったけい子の股間へと顔を近づけていく。

「いや、だめよ、ひかりさん、そこはだめ、そこだけはだめよ」

キスや胸を責められただけで、あんなに感じてしまったのに、最も敏感な場所を責められてしまったら、自分は一体どうなってしまうのか。けい子は恐ろしくなってしまう。

しかし、どんなに叫んでも、ひかりが止まるはずもない。ひかりは目をキラキラと輝かせながら、けい子の股間をじっと見つめた。

「これが、先生の……」

そして、その小さく可愛らしい舌をそっと伸ばした。

「あっ、ああああ〜っ!」

けい子は絶叫し、拘束されて不自由な体を、可能なかぎりに仰け反らせた。強烈な電撃を食らったような凄まじい快感に襲われたのだ。

ひかりが、いきなりクリトリスを舐め上げたのだ。しかも吸いつくようにして唇で包皮を剥き上げて、淫芽を舌で激しく舐め擦ったのだ。

それは長谷川が使用した強力な振動を与える責め具に匹敵する刺激であり、そしてそれ以上の深い快感をけい子に与えた。

どんなにけい子が体を仰け反らせようとも、ひかりは股間に吸いついて、離れず、舌を動かし続けていた。

「ふふふ、ひかりのアレはすごいからね」

玲子は、その姿を見てニヤニヤ笑った。あのテクニックをひかりに教え込んだのは自分だったが、才能があったのか彼女のほうが遥かに強力な効果を見せるようになっていた。ひかりに舐められて、耐えられる女などいない。

「ああっ、あ〜っ、もう、もうだめ。ゆる、して、ひかりさん」

電動器具による力任せの刺激とは違い、ひかりの舌による愛撫は強烈な快感をもたらせながらも、一気には絶頂へは運んではいかない。じわじわ、じわじわと追い詰められていく感じだ。

しかし、それは確実に近づいていく。

「あっ、あっ、あっ、もう、もうだめ!」

けい子は一際高い声で叫び、縄よ切れよとばかりに激しく痙攣した。その勢いに、ひかりは思わず振り飛ばされる。

「う、ああ……」

しばらく痙攣した後、けい子はガクリと頭を落とした。失神したのだ。
ひかりは、床にへたりこみながらも、満足そうな笑みを浮かべて、口元を拭った。


教室の中。中央に机が集められてベッドが作られ、そこに全裸のけい子が大の字に縛り付けられている。取り囲んでいるのは、けい子の教え子、それも全員女子生徒だ。

何人もの女子生徒が、大きく左右に広げられたけい子の両足の間から、その奥を覗きこんでいる。

「すごいわね、けい子先生のアソコ、こんなになってるんだ」
「なんか生々しくて、ちょっとグロテスクね」
「でも、すっごい濡れてるでしょ。これって興奮してるってこと?」
「え、何? けい子先生、私たちにこんなところ見られて感じてるってこと? いやだぁ、それってマゾの変態ってことでしょ」
「えー、あのけい子先生が変態だなんて。幻滅しちゃう」
「ねえねえ、またどんどん濡れてきたよ。こんなこと言われて感じちゃってるんじゃない? 本当に変態なのね、けい子先生」

そんな女生徒たちの声に、けい子は身を捩って叫ぶ。

「違うわ、私は変態なんかじゃない。いやぁ、見ないで、見ないで、みんな!」

しかし、女子生徒たちはゲラゲラと笑うだけだ。

「しかも、女の子に恥ずかしい目に遭わされるのが好きなんだよね、先生。レズでマゾで露出狂なのね。すごーい」
「違う、違うわ。私は変態じゃないわ!」

けい子はそんな悪夢を見ていた。いや、それは悪夢ではない。けい子が自慰に耽る時の妄想のシチュエーションそのままを夢に見ただけだ。けい子は背徳感にかられながらも、そんな妄想を思い浮かべながら成熟した己の体を毎晩慰めていたのだ。それがけい子の一番興奮するシチュエーションだからだ。

そして、目を覚ますと、そこにある現実は妄想とあまり変わらない状況だった。

白いシーツの敷かれたベッドの上にけい子は仰向けで寝かされていた。両腕は左右に開かれるようにして、ベッドの両脚に縄でつながれている。そして両脚もまた左右に大きく広げられて縛られているのだが、天井から吊り下げられている。つまり股間が天に向かってさらけ出されている姿勢だ。

「あら、目が覚めたの、けい子先生?」

横のチェアに腰掛けていた玲子がけい子に声をかけた。黒い下着姿だった。セクシーなガーターまで身につけた玲子は、スラリとしたプロポーションで、年齢以上に大人っぽさを感じさせる。とても女子高生とは思えないような色気があった。

「あ、ひかりさん、何を……」

けい子は自分が取らされている恥ずかしい姿勢に気づく前に、玲子の足元に跪いているひかりを見つけた。

ひかりは床に土下座をするような姿勢で、玲子の足先を舐めていたのだ。その姿は、まるで女王に奉仕する奴隷のようだった。

「ふふふ。ひかりの舌のテクニックは、先生もたっぷり味わったでしょ? あれも、全部、私たちが教え込んだのよ。ひかりはずっと前から私たちの可愛い奴隷なの」

ひかりは顔を玲子の足元に埋めたままだ。白く、小さな背中がふるふると震えていた。

(続く)

関連記事

【特別企画】小林電人「赤い首輪」の倒錯世界

官能小説家・小林電人、最新監督AV『美姉妹羞恥調教』を語る!

kobaden.gif 電人blog
「理想のSMビデオを作りたい!」
http://denjin.5.dtiblog.com/
 
著者=小林電人  長年夢見ていた自分の「理想のSMビデオ」を自主制作したことがきっかけで、AV&SM業界のはじっこに首をつっこむことになった都内在住の40代自営業。小説「赤い首輪」第一章をモチーフにした自主制作DVD最新作「首輪少女中○三年生 まる」の他、自分の感じ方に忠実なマニアックDVDを鋭意製作中!詳細をお知りになりたい方、購入ご希望の方はhttp://denjin.dtiblog.com/をご覧になるか、denjinkoba@livedoor.com までメールでお問い合わせ下さい。
 | 
10.11.29更新 | WEBスナイパー  >  赤い首輪
文=小林電人 |