ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1
最新記事20件
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週水曜日更新!
これが教科書だ!肛門講座の決定版、復刻連載!
腸洗滌の大国はどこかといったら、それは何といってもアメリカです。今回は、私が過去に知ったケッツ先進国の凄まじさをお教えしましょう。ケッツ方面において我々はいまだ後進国ですから、追いつけ、追い越せの精神こそが重要なのです。
 | 
第二課 追いつけるのか日本


このレポートを読んで私が感心したのは、洗滌室にある腸洗滌の設備の付いた便器の存在です。さすがはアメリカです。男対男であれ男対女であれ、ケッツの穴を使用して快楽を探求せんとする者には、事前の腸内の洗滌が必須の要件として、そのような便器が普及しているとは、まさに理想的、模範的です。

当時、我々肛門修業の日本人は、「奇譚クラブ」とか「風俗奇譚」というSM誌を教科書として、各個が密かに自習しているだけの後進的な状態でしたから、さすがアメリカはケッツの穴の先進国と、改めて敗戦が身に染みたものです。

当時の「風俗奇譚」で婦人科病院での子宮摘出の手術体験者の告白があったのを憶えていますが、告白者の女性が術前の腸洗滌の体験を詳しく書いていますので、それを次に紹介します。

その病院に入院していて、手術日と定められた日時に指定の部屋へ行くと、大病院なので婦人科の手術日には大学病院から専門の先生が来て、一日に何人もの手術を行なうとみえて、部屋には数人の女性が集められ、看護婦の指示で洗滌室へ入れられたとのこと。

洗滌室はタイル張りの広い部屋で、洋式便器が10台くらい並んでおり、各人がそれに腰掛けると、便座の脇に懸架式で2リットル入りの大きなイルリガートル式浣腸器があり、看護婦の指示により、各自がそのイルリガートルの嘴管を取り、自分の手で自らの肛門にそれを挿入し、温水が入って腹が脹って苦しくなったらそれぞれが排出します。

又、嘴管を肛門に挿入して腸内に温水を注入し、排出し、イルリガートルが空になったら看護婦に知らせて、又、温水を補足してもらって、各人がセルフサービスでそうやって腸内の洗滌をし、排出する水の黄色味がなくなり、無色透明になったら洗滌完了と認められたとのことです。

それ以前も、「奇譚クラブ」誌上で当時内臓手術の事前処置としての腸洗滌を告白した記事は幾つか有りましたが、それらは、患者と看護婦の一対一で、他人の眼の届かぬ個室で、高圧浣腸を施されるという、秘密の儀式めいた雰囲気のものばかりでした。しかし、大病院での、しかも経産婦や性生活経験の豊かな中年女性患者ばかりの場合は、いちいち看護婦が篤く世話をやかず、患者にセルフサービスでそこまでさせるのかと、感心したり、又、自分で自分のケッツの穴へゴムホースを突っ込んで、注入し、ピープー排出するのを、数人が同室で一時にやらされている様を想像して、とても助平心がムラムラして妙な気分でありました。

この記事の記憶が頭の隅に残っていて、それから暫くたって、先のアメリカのホモ情勢のレポートを眼にした訳ですが、アメリカではケッツの穴へ突っ込むゴムホースの付属した新型便器がすでに使われているのに、当時の日本の大病院では、まだ旧態依然たる唯の便器しか使われていないことを思い、やはり我が国はアメリカに確実に後れをとっているとの気持ちが強くなりました。

それ以後時折見るホモ関係の雑誌の広告によると、我が国のホモの集まるホテルには、このアメリカ式のゴムホースの備わった便器を据えたところもあるようなことが書いてありますが、私はそこへ行ったことがありませんので、自分の眼で確認していません。どなたかホモの世界のことに明るい人がいましたら日本での、このケッツの穴洗滌ホース付き便器の普及具合の報告をして下さい。

ホモの世界だけではなく、SMの世界ではどうなのでしょうか。ケッツの穴をじっくりと責めたり、ケッツの穴に色々な芸を特訓しようとするならば、腸内の完全なる洗滌が必須条件です。ケッツを調教している最中に、ブチュッと不意に臭い屎が出て来たら、汚くって興醒めになる筈です。

屎が好きだという人は少数派だと思います。私は屎が好きな人がいても、それは個人の好みの自由ですから、その存在は認めますが、私自身は屎は見るのも嫌ですし、臭いを嗅ぐのも嫌で、吐き気がします。

世間のSMクラブで、S女性がM男のケッツの穴を責めたり、フィスト・ファックをする時、ゴム手袋を着用するのは、屎が付着しては不潔で嫌だからそうするのでしょう。だったら事前に徹底的な腸洗滌をすることが必須条件だと思うのですが、それにしては、我が国ではあれから20年たったのに、ケッツ洗滌器付きの便器がまだ市民権を得ていないのではないでしょうか。

(続く)
横田猛雄.jpg
横田猛雄 1990年3月号より『S&Mスナイパー』にて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そして『WEBスナイパー』にて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
12.03.07更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校
文=横田猛雄 | 絵=伊集院貴子 |