ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
M男性とミストレスがリングで拳を交える~M格闘専門の会員制動画配信サイト「Mixed Fight JAPAN」の撮影現場を直撃フォトレポート!!
特選AVレビュー『人妻の生唾 春原未来』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『精子を舌で舐め取りじっくり味わう初ごっくん 小倉由菜』(ソフト・オン・デマンド)
特選AVレビュー『奇縄 失われた恥毛 北条麻妃』(バミューダ)
2ページまんが 酒場の女【23】
特選AVレビュー『生中出しヌルヌル爆乳ソープ 凄い挟射のパイズリ! 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『友カノの寝取り顔を黙って売ってます 水川かずは』(NON)
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
アクセスアップ
新刊情報
美人奥様の極限肛姦(大洋図書)
隣のボイン奥さん(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.24(ミリオン出版)
漫画奥様のエロス Vol.18(ミリオン出版)
柔肌まさぐる夜這いSP(ミリオン出版)
俺の旅 2018年11月号(ミリオン出版)
よろめき 2018年11月号(ミリオン出版)
giri giri Vol.26(大洋図書)
昭和の謎99 2018年 昭和の大衆娯楽号(ミリオン出版)
花と蜜 2018年11月号(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週水曜日更新!
これが教科書だ!肛門講座の決定版、復刻連載!
皆さんもご存じの通り、糞便嗜好の士は、我らケッツ党内にも少なからず存在します。
しかし、その行為、特に食糞などは素人が手を出せば痛い目に遭うこと間違いなしです。その恐ろしさを思い知るためにも、我が国と糞の話を民族学を交えて紹介します。
 | 
第一課 糞(ばば)は怖い


他人に糞を喰わせたり、お互いの身体に糞を塗り合ったりする糞便嗜好をスカトロジーと言います。

スカトロジー愛好家(スカトロジスト)は、世界中に普遍的に存在することが、裏ビデオの世界では、ドイツのビデオ『グロウ・ゾーン』などという、糞尿専門の作品が号を重ねていることからも窺えます。

個人的に、糞を愛好しようが、信仰しようが、他人に迷惑ねかけない限りは、何をしようとその人の自由であって、横からとやかく干渉すべきではないと思いますが、諸君よ、糞を喰うのは健康には非常に悪いことです。

よくショウなどで食糞を見せたり、そのようなことを好む人達のパーティの報告が誌上を賑わせたりしましが、常時そのようなことをしている人達は、実は抗生物質を前もって服用してからそのことに臨んでいるのです。だから、素人が行なうことではありません。

煙草や酒が身体に悪いとは分かっていてもそれを吸う時、飲む時の快感を思えば命を縮めても、その快感を得たいという愛好家の気持ちは私にはよく分かりますから、糞が喰いたいのに喰ってはいけないとは申しません。だが諸君、糞は怖いのです。


第二課 糞喰らえという言葉


他人の要求を拒絶する時、我々日本人は「糞喰らえ」とか「尻(ケツ)喰らえ」と言いますが、それには深い民族的な伝統が関わっているのです。

「糞喰らえ」とは、江戸時代の刑罰の一つで、実際に罪人に糞を喰わせることがよく行なわれてきた、その経験が我々の血統の底流にまだ生きているのです。

糞を喰わされるのは、犯罪者の中でも特に悪質な者や、重い罪を中々自白しない強情者に対して行なわれた、刑罰というより拷問といったものです。

その執行は、罪人を仰向けにして四肢を押さえ付けて、文字通り、口を開けさせた中へ、便所から汲み取って来たのを柄杓で掛けるのです。

そうするとどうなるかといいますと、最初は腹をこわして下痢をするのですが、何日も何日も喰わされると、肌が荒れて色は段々土色になってしまい、身体中に吹き出物が一杯出来て、吐く息も糞と同じ臭いになり、ついには死に至るということです。

糞便は食物のカスだというだけではなく、腸粘膜の古くなったいわゆるフケが多く含まれ、それを好む悪質な細菌やウイルスがうじゃうじゃ増殖している、正に猛毒なのです。だから、素人が食糞などという特殊なことは、体験したいなどと思わぬことです。糞は黴菌のエキスなのですから……(それでも、何としても一度体験してみたいという人は、女王様の排便直後の汚れたケッツの穴を、トイレット・ペーパーの代わりに舌で浄めさせてもらうくらいにしておきなさい。便の味は苦味のあるものです。それは大便の中には消化作用の中で分泌された胆汁が含まれているからなのです)。

それにしても、豚という生き物は天晴、剛の者ではありませんか。戦前派の人なら誰でも知っていることですが、旧満州では豚は放し飼いにされており、人々は屋外露天で用便するのが当たり前のことで、豚は人の垂れた便を常食して育つとのことですし、支那では便所で人が排便すると、その下で豚が待っていて、落ちてくる糞を喰うのだそうですが、人間ならそんな物を喰えば死ぬのに、豚はそれを餌として喜んで喰い、しかもよく育つというのですから、余程強い生き物なのでしょう。

(続く)
横田猛雄.jpg
横田猛雄 1990年3月号より『S&Mスナイパー』にて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そして『WEBスナイパー』にて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
12.04.25更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校
文=横田猛雄 | 絵=伊集院貴子 |