女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【13】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『眼鏡×競泳水着×くびれボイン 霧島さくら(クリスタル映像)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【12】『MISSING LOVERS』 著者=滝美梨香 (コアマガジン)
天国と地獄を交互に味わって...理性トロトロになった女の子が最後に見せるメスの顔とは!?『チャレンジ!タイマー電マ かれん みわ』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『一見清楚に見える人妻は「メス豚」と罵られたいお下劣なSEXをする異常性欲女 - 明星ともか』(ドグマ)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第7講 浣腸液に厳重注意【2】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『闇相撲 美女力士陵辱 巻の七(アキバコム制作部)』
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【12】女性同士の性的プレイ
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『秘書in...(脅迫スイートルーム) 佐々木あき』(ドリームチケット)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  濡木痴夢男の猥褻快楽遺書 【15】かたくて悩ましい腿と尻
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『ザーメンごっくん専用神舌どすけべ淫乱妻(クリスタル映像)』
理性を崩壊させてしまう悪魔的なスイッチON&OFF!『チャレンジ!タイマー電マ りおん こはる』(大洋図書)発売!!
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  芳野流人生相談 10代からの飲酒案内【12】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『オナ禁1ヶ月で全身性感帯になった男の娘の馬並み発射! 櫻井やえ』(僕たち男の娘)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  ゴールドマンのロックンロール・エロ漫画【11】『もんぜつ系!』 著者=ジョン・K・ペー太 (コアマガジン)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  大肛門大学|第7講 浣腸液に厳重注意【1】
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  エロティカルパレード・ジャポン!!【11】おっぱい、授乳そしてエロティシズム
WEBスナイパー アーカイブスセレクション  特選AVレビュー『匂いたつ忍ぶ熟女の縛り汁(アートビデオ)』
アクセスアップ
新刊情報
TOKYO GALs COLLECTION SP Vol.14(大洋図書)
実話ナックルズSPECIAL 2021 冬(大洋図書)
実話ナックルズGOLD Vol.23(大洋図書)
別冊投稿キングDVD 冬(12月)号(ワイレア出版)
昭和の謎99 2021年 秋号(大洋図書)
よろめきSP Vol.27(大洋図書)
金色蜂に蜜 3(大洋図書)
金色蜂に蜜 2(大洋図書)
京極家の初夜(大洋図書)
実話ナックルズ 2021年12・2022年1月合併号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週水曜日更新!
これが教科書だ!肛門講座の決定版、復刻連載!
最近、世間は健康ブームの流れで、腸洗滌は良いことずくめだという風潮があります。しかし、完全なる腸洗滌を志す我らケッツ派の輩にとって、その理論は通用しません。腸洗滌時、我々はその目的の崇高さゆえに失う重要なものを補う必要があるのです。
 | 
第一課 徹底洗滌の危惧

直腸及び肛門を用いて快感に浸るためには、事前処置として大腸(上行結腸以下の諸結腸)並びに直腸の完全な洗滌が必要不可欠だと説いてきました。

一晩かけての長時間の直腸や肛門のプレイでは、昼や夕方に食べた物が、夜、洗滌の時にはまだその液の届かぬ胃や小腸にあり、大腸だけをいかに完全に洗滌しても、時間がたてば、小腸から新たな汚物の素が送り出されて来ますから、それがプレイ中に排出されますので、興が殺がれます。

そのために小腸も大腸も、すべてを全く空にする方法として、事前に最後の食事の後で小さなボタンを一つ飲み込んでおいて、洗滌にはうんと時間をかけて、そのボタンが排泄されるのを見届けるまでやるようにと説きました。そのように行なえば、腹中は本当の空になる訳で、こうしてこそ、腰を落ち着けての本格的なケッツの秘儀が行なえるのです。

さて、そこまでしっかりと洗滌すると、腹中はさっぱりした気分になり、ケツツの穴に指を突っ込んでも、鼻を近付けても、ぐりぐり掻き廻しても、全然臭くはありませんし、やるほうもやられるほうも快適そのものです。

そこで、世間では大腸の洗滌は健康・美容に非常に良いから、度々やるのが理想的だ、などと唱える人がおりますが、それは半分は正しくて、半分は間違っています。


■第二課 その訳は

今それを説明します。

食物は口から入り、胃の中で胃液によって消化(こなす)され、それが小腸に送られて、そこで吸収され、栄養分は取り入れられます。そして残ったドロドロのカスが、大腸(上行結腸)へ送られて来ます。

送られて来るのは全くのカスですから、これが逆戻りしてはいけません。よって小腸から大腸へ行く境には一方通行の弁があり、一旦大腸に送られた物は、逆流しないようになっています(この弁があるため、洗滌液は大腸一杯までは何とか入りますが、小腸までは中々入らないのです)。

さて、大腸に送られたカスは、大腸の始まりである上行結腸から、次に続く横行結腸、さらにその先の下行結腸へと、嬬動運動で送られる間にその中の水分が吸い取られ、腎臓へ送られて尿になり、カスは段々に固形化して便になり、S字状結腸を通って直腸へ下りて来て、便意を催すようになっているのです。つまり、大腸(諸結腸)は食物のカスの水分を吸収して便を練り上げるところです。

さて、その便ですが、これは身体にとっては全く良いところは一つもない物で、一刻も早く体外へ出してしまうのが一番という代物です。NHKラジオの医学番組で言っていましたが、便の内容はほとんどが大腸菌と腸粘膜の剥離したカスと食物のカスで出来ており、これが長時間腸内に留まっていると発癌作用を起こす可能性が高いのだそうです。

こういった方面から見ると、腸洗滌によって発癌性物質を体外へ流し出すことは、非常に良いことだといえます。

だが、ここでもう一点、大変に重要なことがあります。それは、人間の身体には自分の力で闘って生きてゆく力も、自然に、生まれながらに備わっているということです。腸内には腸内常住菌と呼ばれる様々な細菌が住んでいて、健康な人はそれらが上手にバランスを取り合っているので、上手に便(屎)を製成して、病気に罹るのを防いでくれているのです。

腸内常住菌には様々なものがいますが、大別すると、人間の身体に悪さをしようとする悪玉菌と、その悪玉菌と戦って我々を守ってくれる善玉菌の二つになります。

悪玉菌の代表はウェルシュ菌といい、毒素を持っていて、これが発癌物質を造る奴で、これと戦ってくれる善玉菌の代表がビヒズス菌です。普段、我々の腸内ではこの二つの菌が戦っていて、ビヒズス菌が悪玉を抑えてくれているから健康でいられるのです。

それを、度々徹底した腸洗滌を日課のように常習することになると、この常住菌をすべて体外へ洗い流してしまうことになるのです。

悪玉のウェルシュ菌を洗い流すのは、いくら流してやってもいいのですが、ビヒズス菌も共に流出するところに問題があるのです。

それだけではなく、この二つの菌の増殖する力にも大きな問題があり、悪玉のウェルシュ菌はビヒズス菌より何倍も早く大きく増えるので、このバランスを崩すと大変なことになるのです。

半分は正しく、半分は誤りと言ったのはこのことで、腸内の糞便(の素)を早く体外へ排出することは良いことで、しかし、善玉菌のビヒズス菌を流失してしまうことは良くないことなのです。

(続く)
横田猛雄 1990年3月号より『S&Mスナイパー』にて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そして『WEBスナイパー』にて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
12.08.08更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校
文=横田猛雄 | 絵=伊集院貴子 |