本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週水曜日更新!
これが教科書だ!肛門講座の決定版、復刻連載!
私の可愛い生徒である読者には「羞恥」の事実ですが、ケッツは素晴らしく便利なものです。しかし、その便利さ故に、現代の日本にもケッツを悪用する輩が急増しているのです。今後の日本、そして人類は、すべてケッツ次第。冒涜すれば、我々に未来はありません。
 | 
第一課 肉体内装人


皆さん、人類最後の希望の灯、それはケッツです。ケッツこそ、終末に向かいつつある人類を救い得る唯一の頼みの綱なのですが、何とまあ、不幸な現実を見せつけられました......私は。

平成14年7月24日(月)、朝9時半です。折からテレビは成田空港内にある診療所の紹介をしていました。成田空港内にある診療所は国立の施設なのかと思いましたら、そうではなく、数人の医師と看護婦さんとで切り廻している小さなもので、番組ではそれらの人達の忙しい日課を紹介していましたが、その中で気になったのは、日本国内に持ち込まれる麻薬の実状を知らされた部分です。

この診療所には、空港の税関から麻薬の運び屋と見られる入国者が連れて来られ、内臓部(食道や肺から直腸部まで)のX線撮影が行なわれるのです。

運び屋として逮捕される者は大体1カ月に4人から5人で、これらは、ラップに包み込んだ麻薬を、体内に収めてやってくるので、「肉体内装人」と呼ばれるのだそうです。

肉体内装人は、ヨーロッパ人が多く、その次に中南米人であったのが、最近ではその65~70パーセントが日本人に代わってきているということです。1人で1回に運んだ、今までの最大例は、合計10キログラムあったという恐ろしい例が報告されていました。

医師が示すX線写真の例には、肺の下部のあたりや腸と見られるあちこちに、10カ所以上もビニール袋とおぼしき物が写っており、直腸の位置には、夏ミカン大の大きな塊が写っており、医師はそれを指して「このフイルムを見れば、どこからどのようにして入れたかは大体想像がつきます」と言っていました。

口から飲み込む分は小分けにして、ラップで包んだものですし、直腸に居座っている大きなひと塊は、ケッツから押し込んだのに決まっています。 一番多い例では10キログラムといいますが、これは大変危険なことです。医師の説明によると、包んだラップやビニール袋から中身が染み出したら大変なことになり、内臓の破裂により死に至るとのことです。

税関職員に連れられてこの診療所に来る肉体内装人は、機中でそのような発作を起こしかけ、それで連れて来られる例が多いのです。

(続く)
横田猛雄 1990年3月号より『S&Mスナイパー』にて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そして『WEBスナイパー』にて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
12.10.10更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校
文=横田猛雄 | 絵=伊集院貴子 |