本家三行広告 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週水曜日更新!
これが教科書だ!肛門講座の決定版、復刻連載!
私の可愛い生徒である読者には「羞恥」の事実ですが、ケッツは素晴らしく便利なものです。しかし、その便利さ故に、現代の日本にもケッツを悪用する輩が急増しているのです。今後の日本、そして人類は、すべてケッツ次第。冒涜すれば、我々に未来はありません。
 | 
第三課 モンゴル人のやり方 

ジンギス汗が東欧の或る国を亡ぼした時のこと、捕らえられた亡国の民達は殺されるのを待つだけでした。その時、その人々の群の中から進み出た一人の老婆が、征服者ジンギス汗に次のように言って命乞いをしたのです。

「ジンギス汗様、私は世界にも稀な大粒の宝石を持っています。但しそれは今飲み込んでしまって私の腹中にあります。ですから、2~3日待っていただければこの宝石を献上することか出来ますので、命はお助けください」と。

すると、ジンギス汗は剣を抜いて、「婆よ、わしはそのようなノロマなことは大嫌いじゃ、お前にそんな面倒はかけさせぬ、もっと早いいい手があるから、今それを見せてくれる」と言うやいなや、家来共に命じ婆の手足を押さえさせ、仰向けにしたその婆の腹を切り開いて宝石を取り出したということです。日本人では出来ないことです。

遊牧民族による征服で国家・民族の興亡の繰り返し行なわれたユーラシア大陸では、日本人には一寸考えも及ばぬ残酷なことが平気で行なわれてきたものです。日清・日露の戦争の頃、露西亜人や支那人達は捕らえた不審者を調べるのに、必ず全裸にして浣腸を施すのが常識だったようです。

彼らはケッツの穴には、大量の物が隠せることを、昔からよく知っていたのです。そのような時に使われた浣腸器は、ガラスの筒よりも、はるかに太い青銅製のものがよく使われたのです。

第二次世界大戦の頃、ソ連では浣腸器よりも水道のゴムホースをケッツに差し入れ、それから大量の水を入れて腹をポンポンに膨らませ、その腹を手や足で踏んだり押したりして、ケッツから水を吐かせて調べたことが報告されています。

捕虜にしたドイツの看護婦のケッツからゴムホースで大量の水を入れて、とうとう口から糞が噴出するのを見たと言う露西亜女性受刑者の証言を読んだことがあります(その看護婦はその責めにより死亡)。


第四課 伝書鳩

東京オリンピック前後からベトナム戦争が終わる頃にかけて、東京の若者達の麻薬の人手方法は、人間のケッツの穴利用の、次のような方法によるものでした。

「薬が手に入るというので、友人にさそわれて六本木の某店に行くと、夕方から始まる店内はまだ閉まっていて、裏口から通されてカーテンを閉じた薄暗い店内で待つと、運び屋が来たという。見るとそれは黒人で、彼は手に何も持っていないので、薬は持って来られなかったのかと思ったが、そうではなく、黒い若者は、ズボンを下ろし大きな尻を出すと床の上にいきなりしゃがみ、ウンウン唸り出したのです。気が狂れたのかと思って見ていると、何ということでしょう、彼の尻から太くて長い物が、ゆっくりと産み出され、やがてその物は床にダランと落ちました。よく見るとそれはコンドウム一杯に詰められた薬でした。札の数を確かめた彼はニヤリと笑うと『OK』と言って、そのまま店を出て行きました。それにしても、バナナよりはるかに太くて長い、トウモロコシくらいの巨大な物を、彼はお尻に収めて運んで来たのです」

薬の運び屋は、米軍当局からも日本の公安当局からもマークされているので、ほとんどがこの方法で運ばれたようです。

今、成田で逮捕される麻薬の運び屋の70パーセントが日本人だと言われています。外国旅行の帰路、彼らは軽い気持ちでアルバイト気分で運び屋を志願するのでしょうが、あんな大量の薬を直腸に収めるには、手術並みの処置が要る筈です。

皆さん、ケッツはこんな陰湿な犯罪に使ってはいけません。ケッツはもっと明朗で、美しく清くあるべきです。人類を亡びから救ってくれる最後の希望なのですから......。

(続く)
横田猛雄 1990年3月号より『S&Mスナイパー』にて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そして『WEBスナイパー』にて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
12.10.24更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校
文=横田猛雄 | 絵=伊集院貴子 |