ミストレスランド 1 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週水曜日更新!
これが教科書だ!肛門講座の決定版、復刻連載!
何度も言いますが、諸君らケッツ学生にとってテレビのニュースは大変有用な資料です。今世紀がケッツの世紀であることを証明する数々の事件が、世界では起きているのです。私の講義はもちろん、テレビで自発的に肛門の研究をすることも正しい勉強の道ですぞ。
 | 
第ニ課 電球をケッツから入れて 


電球の直径は7センチ強はあると思います。それをケッツから突っ込んだのでしょうが、唯突っ込んだだけなら直腸が、指でさらに押し込んだとて、下行結腸くらいまでには入るでしよう。しかし、レントゲン写真は大腸の一番奥、つまり上行結腸の始まりの所、つまり小腸から上行結腸に移った所、分かりやすくいうと盲腸の所に電球は納まっているのです。

そんな奥へ入れるには、ケッツから空気か水を3000cc余入れて、大腸(諸結腸)を満タンにして膨らませ、腸管を拡げてから押し込まねば入りません。

推測するに、先ず空気を入れて腹をパンパンにしておいて、ケッツから電球を押し込み、その後で水をドンドン流し込んだのでしょう。そうすれば電球は奥へ押しやられますし、水はその後排出すれば何も中には残りません。

さて、それなら「いくら成人のケッツだとて、大きな電球が入るものか」という疑問を抱く人が多い筈です。

皆さん思い出して下さい、ケッツの穴が一番弛むのは、睡眠中か麻酔が効いている時か、失神中か泥酔中だと私は常々言っていまい。

このペルー兵の場合、強い電気ショックにより悶絶して失神中に、ケッツから押し込まれたのでしょう。それならオカマを掘られたこともない「処女ケッツ」でも、驚く程拡がるから、あの位の物など楽に入るのです。

ペルー兵の拷問は、建て前は「敵(麻薬組織に捕らえられると、非情残酷な拷問にかけられるので、もしもそのような境遇になった時、よく耐えて生き抜くための訓練である」ということです。

さて皆さん、ケッツへこうやって物を詰め込むのは、矢張り一番理想的な肉体のポケットであると認知されている証です。裏社会、闇社会では、ケッツはカンガルーの袋のように便利な物としてよく使われていることがこれで推測されます。


第三課 人間ポンプ

私の少年時代、昭和20年代末から30年にかけて、「人間ポンプ」という物凄いショーがありました。

当時は色々珍しい見世物がありましたが、人間ポンプもその中の花形で、どんなことをするのかというと、彼は線やソケットの付いた60ワット電球を口から飲み込んで、胃の中を照らすのです。

点灯した電球は、ゆっくり飲み込んでゆき、胃に達すると、見物人から見て、上半身裸の彼の胃の辺りが行灯のように、ポーッと明るく見えるのです。そうやって彼は色々な異形の物を飲み込んで、又吐き出してみせたりして、当時の子供達のヒーロー的存在でしたが、どこか一抹の哀調のあるショーで、何故か誰もの心の隅に長く記憶されたものです。

人間ポンプは何人か居たのか、それとも日本に一人だけで、その彼が全国を巡業していたのかは全く不明ですが、大学生活の東京で、色々な地方から来ている同級生に聞くと、誰もが知っているヒーローでした。

当時は、村の公民館や芝居小屋に「伴淳」とかいう役者の一座が来て、皆がラジオや映画で有名なあのバンジュンが来たと大騒ぎして行って見たら、「私は伴淳です、どこにも伴淳三郎とは書いていません。従って偽物ではありません。皆さんが勝手に間違えただけです」と言われ、「ウン、そういえばそうだ」と皆納得し、そのドサ廻りの役者さんの中にペーソスを見出し、誰もが最後には「しっかりやれよ!!」と拍手した、貧しかったけどいい時代でした(伴淳さん、生きてたら今何してる。今70代か80代ですが)。

(続く)
横田猛雄 1990年3月号より『S&Mスナイパー』にて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そして『WEBスナイパー』にて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
12.11.07更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校
文=横田猛雄 | 絵=伊集院貴子 |