本家三行広告 1 ミストレスランド 1 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
男と女、SとM。本当のご主人様は誰なのか。そしてご主人様リレーの行きつく先は? この際だから前作もまとめて観よう! 映画『私の奴隷になりなさい第2章 ご主人様と呼ばせてください』『私の奴隷になりなさい第3章 おまえ次第』公開!!
特選AVレビュー 『お母さんの玩具になった僕 美白巨乳義母の卑猥な誘惑! 竹内梨恵』(RUBY)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年9月号
特選AVレビュー『拷問 アナルフィスト - 神納花』(ドグマ)
特選AVレビュー『敏感過ぎる肉体がこちょ責めで異常アクメ!くすぐりでイク女 新村あかり』(グリップAV)
DX歌舞伎町 飛室イヴ プロデュース 縄遊戯~雪村流の遺志を継ぐ者たち第2章~開催!!
特選AVレビュー『シークレット ロマンス』(SILK LABO)
特選AVレビュー『俺のエロビデオ あいチャン(仮名)19歳』(ドリームチケット)
DX歌舞伎町 三代目葵マリープロデュース Special Live 大浣腸祭り&アナル祭り開催!!
ただ夢中に駆け抜けた青春時代を思い出す 映画『あの頃、君を追いかけた』公開!!
特選AVレビュー『究極性交 5人の監督による究極の5本番 ACT.02 鈴村あいり』(PRESTIGE)
心が浄化されるハートフル冒険ストーリー 映画『500ページの夢の束』公開!!
特選AVレビュー『ヒロイン乳辱 ワンダーレディー』(GIGA)
特選AVレビュー『AV解禁!みやび音羽 アナルと巨根に媚薬をタップリ塗り込まれ絶叫SEX』(僕たち男の娘)
特選AVレビュー『いっぱいビンタされたい貴方のためのラブラブビンタ』(OFFICE K'S)
特選AVレビュー『ギャルシャッ!! RISA』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『会長の接待専用肛虐ペット 奴隷秘書の系譜』(シネマジック)
2ページまんが 酒場の女【22】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年8月号
特選AVレビュー『ワーキング+』(SILK LABO)
アクセスアップ
新刊情報
よろめきSpecial 艶 2018年11月号(大洋図書)
アップル写真館 Vol.16(ミリオン出版)
臨増ナックルズDX Vol.13(ミリオン出版)
封印発禁TV DX 2018 秋の嵐 超拡大号(ミリオン出版)
人妻みだらすぎる妄想DX Vol.2(ミリオン出版)
点つなぎパーク&ファミリー 仲秋特別号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.4(ミリオン出版)
漫画人妻の悶え Vol.21(ミリオン出版)
よろめき 2018年10月号(ミリオン出版)
美熟女密会 Vol.14(ワイレア出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週水曜日更新!
これが教科書だ!肛門講座の決定版、復刻連載!
マスターズ博士の研究が素晴らしく意味深いものであることは前回お話しした通りです。しかし、日本でも博士の発案した「マックス君」に劣らぬ性具が誕生していたのです。その開発者が博士の報告書を知らないとしたら、我が国も捨てたものではありませんね。
 | 
第二課 マックス君への期待

マスターズ博士がその研究に使用した全自動式人造チンボ、通称「マックス君」は、博士の報告書からヒントを得て作られた映画に登場しただけで、その後注意していましたが、アダルトショップには未だに登場していません。

マックス君は、重機関銃の台座(足)に、製図の図面を入れる筒くらいの大きさの金属の胴が付き、その胴の先から、取り替えのきく張り形が、スイッチの操作で強弱自在にピストン運動を繰り返す、疲れ知らずのタフなチンボです。

マックス君が世の中に流布すれば、全世界の女性はもとより、ホモ・レズ・SM者たちには歓呼の声で迎えられるでしょうに、未だにマックス君は姿を見せません。

マックス君が表に出られないのは、チンボの代用品として、猥褻物とされたからです。

今でこそアダルトショップへ行けば、シリコンゴム製で色も形も並の男よりはるかに立派な、怒張した、玉付きの張り形(人造チンボ、ディルドオ)が堂々と売られていますが、東京オリンピックから昭和四十年代中頃までは、チンボの形をした張り形は、猥褻物とされて、公然の売買は不可能だったのです。

そのために当時の張り形は、細長い砲弾型やアイヌの酋長と熊の形をしていたり、ボクサーの腕の形をしていたので、今でもその時の名残を留める物があります。

当時も、悩める独身婦女のために、象牙やセルロイドや、ゴムやエボナイトで、並の男性の実物よりはるかに優れた物を作る、志のある人達は幾人かおりましたが、情け容赦のない官憲の手で、それらの人々の企ては潰され続けてきたのです(この間のことは、日本のフロイトと称された、性学者高橋鐵氏の著作に、秘具として数多く写真紹介されています)。 

あれは昭和四十年代の末頃か、五十年に入った頃だったでしょうか。テレビの番組に「11PM」というのがありましたが、ある時、その中で、全自動の人造チンボが出てきたことがありました。

これの発明者は日本人で、その役目は、男のいない成人女性のために、男の役目を果たす機械ということです。

出演者はこの機械の発明者の男性と、三人の女性です。

女性は三人共銀座や赤坂のクラブの経営者で、すべてが独身です。

そこへ出現した機械は、胡座をかいた、狸の縫いぐるみで、大きさは成人男子よりやや小振りで、中学生くらいにしてあります。

さてその狸の、どこが人造チンボなのかというと、その股間に先に言った砲弾型の張り形を取り付け、スイッチを押すと、その張り形が、大きく前後にピストン運動を始めるのです。なるほど、これは全自動のチンボ機械です。

さあ、そこで三人のマダムにこれを見せると、二人は「いくらよく出来ていても機械は嫌、生の男のほうが良い」と言い、一人は「機械でも欲しい」と言いました。

股間に付けた張り形は、好みの長さや太さの物に替えられ、標準として直径三・五センチから四センチの物がよく売れるが、中には直径五センチとか八センチの物を欲しいという注文もあり、どうやってそんな大きなのを使うのか不思議だと言う作者の話があり、三人のマダムたちも驚いていました。

どうして狸の縫いぐるみの形をしているのか、もっとリアルな成人男性の形には出来ないのかという司会者(男性アナウンサー)の質問に対して、作者は、女性のための御道具(夜の友)だから、裸身の男性像にして、張り形もリアルなチンボにしたいのはヤマヤマだけど、それでは陰具・性具として猥褻物とされるので、触法上不可能なので止むを得ずこの形にしたのだと言っていました。

この狸は、股間のチンボを外せば、唯の縫いぐるみですから、居間に置いていて、客が来ても平気なようにしてあるのです。客はまさかこの狸が、背中にあるボタンを押せば、人間の男よりはるかにストロークの大きい力強い股間のピストン運動をするタフマンだとは想像も出来ないという訳です。

皆さん、これでお分かりでしょう、昭和四十年代五十年代ですら、性具はまだ官憲の眼を忍ぶ、日陰の身であったのです。

この狸ちゃんとマックス君との間には、繋がりはなく、狸ちゃんの発明者も司会者も、マスターズ博士やマックス君のことは一言も触れてはいませんでしたが、流石は日本人、独自に全自動人造チンボを発明するとは天晴です。

余談ですが、狸ちゃん用に直径八センチ余の巨大な張り形を注文する女性がいるという話に、三人の女性出演者が、揃って「とても信じられない......」と言っていました。そして二人は、「いくらよく出来ていても、私はこんな機械は(性処理の対象として)相手にしたくありません......」と言っていましたが、あれは全部嘘です。本心は「まあ八センチて太いわ、私もそんなの欲しい!!」、「これ本物の男より頼もしいわ、私、男二、三人では足りないもん。これだったら夜中から朝まで休まず動いてくれるもの......欲しいわ」と言っているのが顔に書いてありました。

さぁ皆さん。皆さんは今、とてもよい時代に生きているのです。この私の青春時代は皆さんより何十年か前(昭和十七年生まれ)ですが、当時、性具は日陰の身で、よく出来た物を発明した者ほど官憲に眼の敵にされ、投獄までされた時代があったのです。 

そんな時代背景の中で、マスターズ博士は学問研究のための器機としての形で、マックス君を世に出し、日本の某氏は狸君を発表したのです。

何もかもが当時とくらべ物にならぬくらい自由になった現今、彼ら以上の物が出現していないのは、淋しい限りです。

マックス君も狸君も、今ならもっとリアルになって、独身女性のためだけではなく、半公然になって市民権を得た、SMクラブや体育ジムなどで、もっと広く愛用されてしかるべきではないのでしょうか。

善良なる市民は、他人に危害を及ぼさない限り、自らもっと快感を深く追求する権利を有し、それは完全に保障されるべきです。

(続く)
横田猛雄 1990年3月号より『S&Mスナイパー』にて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そして『WEBスナイパー』にて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
13.10.16更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校
文=横田猛雄 | 絵=伊集院貴子 |