ミストレスランド 2 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週水曜日更新!
これが教科書だ!肛門講座の決定版、復刻連載!
前講に引き続いて、在りし日の真珠チンボの威力、効用について探っていきます。怪しげな古書店を営む謎の夫婦の正体とは、そして、彼がいかに"相棒"を用い、失っていくのか。順を追ってをレポートしていくことにしましょう。
 | 
第三課 真珠マラの侵入

襖を開けて隣室から来た夫(小玉道明さん)のチンボは、すでにピンピンに立って黒光りしていて、そこには厳しくも規則正しく、先講の挿絵で記したように、亀頭冠(グランス)から少し下った、いわゆるチンボの肩の部分に、左右に各一個、上(背)面に縦に二個の丸い真珠の玉が、ほの白く見えていました。

チンボは黒光りしていますが、玉が何故ほの白いのかと言いますと、別にそこの皮が白いのではありません。色は一緒なのですが、玉を入れた所は、その分皮が伸びて張りますので、特に勃起した時には皮がより引っ張られるので薄くなり、他より一段と色白に見えるのです。

これは色白に見えるだけではありません、真ん丸の形で、皮が薄く引っ張られて伸びていると、視覚的にも、そこには固い物が埋まっていて、固い強い厳しいチンボであると、無言で威嚇するそんな威力も備えているのです。

小玉さんのチンボは私のよりやや小さいのですが、玉を入れた分だけ別の威厳を備えていて、彼もこのことを自慢しているようで、ピンピンに立った玉入れチンボを、彼は背後から私の臀裂に押し込み、お尻の穴の溝に当てると、手を使わずに澱をタラタラ垂らしているそのチンボで穴の前後にかけて数回這わせると、その摩擦でより硬くなったチンボの先を、腰の一押しで私の穴へ挿入してきました。

チンボの澱でヌルヌルになってはいますが、玉入リチンボが這入って来る時の刺激は強烈です。ゴリゴリッと擦ってくる感じです。自転車に乗っていて、いきなりその両輪がパンクして、そのままそれを乗り続けているように、ゴリゴリ、ガタガタッと背骨(尾てい骨)から脳底(首の付け根)にかけて稲妻が走ったような快感と苦痛がない交ぜになった強烈な刺激です。それがピストンの往復の度に繰り返されるのです。

これには降服です。お尻の穴の周囲がカッカと熱くなり、ヒリヒリして、固かった私のチンボが何と、ロケットの発射実験のように、恥骨の所からチンボが切れて、ビュウッと奥さんの「奥」へ飛んだのではないかと思う程の刺激に思わず「ゲエッ」と叫んでしまいました。

生理的発声です。トコロテンのように後ろの穴からムギゥッと強固な物を押し込まれると正直に前のほうから同じ分量が押し出されるのでしょう。凄い量の射精です。

これくらい多量の射出をすると、チンボは何時までも縮んだりしないようで、やや軟らかくなった私のものは、そのまま奥さんの内奥に捕らえられ、私の身体はそのまま奥さんの手足で拘束され、小玉さんもほぼ同時に射精をしたのですが、何と彼はそのままピストンを続行し、抜かずに計六回も射精したのです。

交合して射精を終えてもペニスを挿入してピストンを続け、次々に六回も射精をするのを、俗に「抜か六」と称して、これを精力絶倫の典型といいます。五回以下では他人に自慢する程の物ではないと昔からその道では言われてきています。

私も六回くらい射精可能ですが、それは特別な、気分の乗った時だけで、そう毎日、とはいきませんが、小玉さんはこれを毎日やり、しかも興が乗れば、一日に二回も三回も可能だとそれを誇りにしていました。

(続く)
横田猛雄 1990年3月号より『S&Mスナイパー』にて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そして『WEBスナイパー』にて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
14.01.29更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校
文=横田猛雄 | 絵=伊集院貴子 |