ミストレスランド 2 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
インターネットラジオ番組「安田理央と遠藤遊佐のダメダメ60分」リターンズ!第3回
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週水曜日更新!
これが教科書だ!肛門講座の決定版、復刻連載!
かつての神田で、多くの若者らに性の訓育を施した古書店夫婦についての講義中ですが、奥さんの手綱ことキンタマが男のために存在するものでないことは先月お教えした通りです。男子の責任として、早期から教育を施し、また、その絶大な効果を女性に捧げるぺきなのです。
 | 
第三課 キンタマも早期に

睾丸だって早期に教育して立派にしておかなけれは、自分が損するだけです。能力的に......。

一番理想的なのは、私のように、中学生になった時から、理知的な若い、年長女性に毎晩二、三十分くらい揉んでもらうことです。少々の痛みは、明日の活力増進のためです、耐えるのです。この痛みは決して不快ではなく、すぐ慣れますし、慣れればもうこれすら快感に変じます。

中学一年の私は、毎週土曜日の午後になると、養護教諭の先生と、県の保健所勤務のその友人の先生の二人によって夕方まで半日、性の訓練を受け、その後しっかり二人でキンタマ・マッサージをしてもらって、さっぱりした気持ちになって家に帰り、夜は夜で、そっと自室を抜け出して、新聞屋のお姉さんや酒屋のお姉さんを相手に、また何回も性交を続けて、充実した性生活を楽しんだものです。

新聞屋のお姉さんというのは、母より何歳か年少ですが母の親しい人で、子供がニ人ともまだ小学校に入ったはかりの三十代に入ったはかりの美しい人です。酒屋のお姉さんというのは、その新開屋のお姉さんの親友で、この人は結婚してまだ一人目の子供がお腹の中にいる人で、時々浣腸をしてもらいに、お姉さんの所へ来ているので、そのうち、私と新聞屋のお姉さんの営みを見せつけられ、自分もこの秘儀の仲間入りをし、いつも三人で儀式をするようになった仲です。

女の人は妊娠すると、便秘がひどくなる人が多く、酒屋のお姉さんもその一人で、親友の新聞屋のお姉さんに頼んで、前からガラスの浣腸器で、ブスッと直腸に液を入れられていたので、ある時私の善光寺チンボを見せられて、びっくりして、伸びてしまったのが最初です。

中学一年の夏ですから私はまだ本当に子供子供していますが、新聞屋のお姉さんにパンツを脱がされた私のチンボの長さと太さに、酒屋のお姉さんは腰が笑ってしまって、尿をチビッてしまい畳を濡らしつつ頭を抱えて腑抜け状態になってしまったのです。

でも酒屋のお姉さんは喜びました。善光寺チンボという言葉は、店に来る人達から聞いて頭ではよく知っていましたが、それは俗にいうエロ話の中でのことで、実際の世界にそんな立派な陰茎が本当に存在する筈がないと思っていたのです。それが何とも手近に子供のくせに、本物の善光寺チンボを備えた子が(男が)本当にいたのです。酒屋のお姉さんの人生観はこの日を境にしてコぺルニクス的に変わったのです。

お姉さんは言いました、「ああ、私は騙されとったんやわ、世の中にはこんな立派なチンボがあるやなんて、ほんまにちょっとも知らなんだわ。うちの王人なんて、何時も、『俺のチンボは大きいほうやで、お前気持ちええ目が出来るで、俺と結婚してほんまに幸せやろ』なんて言うから、それ信じて疑わなかったけど、何やあれ全部嘘やが。うちの主人のあれて猛ちゃんの善光寺チンボと競べたら幼稚園の子のチンチンみたいなもんや。私は騙された、カスと結婚してもたわ、情けないわもう......」とえらいことになりました。

このままでは人生を悲観して直ぐにでも自殺してしまうかと思われます。すると新聞屋のお姉さんが言いました。

「何もあんた、そんなに悲観することあらせんが。あんたとこの主人、収入はちゃんと家に入れてくれるし、食へてゆくのは充分安定しとるし、上手に働かせといて、見つからんように上手にこの猛ちゃんとエエコトだけやって楽しんだらええやんか。誰もが円満にやってゆけるんやから、時々うちへ来て、秘密に私と二人で、この猛ちゃんと楽しんだら世の中上手くいくやないの」と、流石は新聞屋のお姉さんは現実認識が進んでいます。

(続く)
横田猛雄 1990年3月号より『S&Mスナイパー』にて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そして『WEBスナイパー』にて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
14.08.27更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校
文=横田猛雄 | 絵=伊集院貴子 |