本家三行広告 1 女王様・M男動画サイト 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週水曜日更新!
これが教科書だ!肛門講座の決定版、復刻連載!
さぁ、皆さんもそろそろ、キンタマが誰の所有物であるのかがよく理解出来てきた頃でしょう。その補足として、今回は1980年代の女性革命家たちの性に対する考え方をお教えしましょう。神田の古書店の好色夫婦が、日本における性革命の第一人者であったということも......。
 | 
第三課 リブの女戦士は尻から吸う

当時(東京オリンピックの前後)のアメリカにはウーマン・リブという運動の勢いが絶頂で、強烈な女性活動家が大活躍し、日本にもそれが影響して、ピンクのヘルメットを合印とする、榎美佐子女史を盟主とする「中ピ連(中絶禁止法に反対しピル解禁を要求する女性解放連合)」が勇ましく活動したものです。

ウーマン・リブ活動家たちは、女性優位の立場に立ち、女性の復権のためには、今までのような、ヴアギナにペニスを入れられる女性従位の性交こそ男性に隷従する女性の屈辱の姿であるといい、このような形での男女の交合は一切拒否すべきものであると唱えたのです。

今まで上からのし掛かって犯すように交合してきた男共には、今後一切交合させてやらない、というのです。したければ勝手に木の幹に穴でも掘って、そこヘチンボ突っ込んで腰遣え、というのです。下等動物の男にはそれがお似合いだというのです。男は女の奴隷だというのです。

だが「女性」は、若さを保つために、男の精液を体内に取り入れる必要がある。精液はまさに男のエキスだから。

そのような訳だから、男からは充分に精液を搾り取る必要があるが、下等動物の男のチンボを膣に入れられることは女性の屈辱だから絶対にそれは許容出来ない。男の精液は女なら、ケッツの穴から吸い取ってやるべきた。そうすれば男共は、自分たちが女より劣った存在であることを思い知るだろうから、そうだ、ケッツで男の精を吸い尽くして腑抜けにしてしまえ。

何という恐ろしい、否、素晴らしい試みでしょう。マソの男だったら死ぬまで吸い尽くされたいと願望するところです。皆さん、どうです。アメリカのリブ活動の女戦士は皆さんには女神様に見えますでしょう。古書店の女主人もそれと同じ思考回路の持ち主なのです。

「さっ、吸い尽くしてやるから、お前のエキス一滴残らず吐き出しな。チンボが立たないのなら、キンタマを捻り上げて、男に生まれてきたことを後悔せねばならない目に遭わせてやるよ」と言われて、ほとんどの若い男はチンチンがフニャフニャになるどころか、長さもうんと縮み上がって情けない姿になってしまいます。

そんな男はお姉さんにキンタマをしっかり握って捕らえられ、拇(おや)指でそれを強く押されて、腸を掻き廻されるような声を発してのたうち廻らされ、ケッツにゴム管の痛い鞭を連打され、徹底的に叩かれたらチンボが立つように訓練され、お姉さんの命令一下、チンボが直ちにピンと立ち、許可が出るまでエレクトを維持して、「発射!!」の号令で夥しく噴射することが出来るように仕込まれて、何とかそれがしっかり出来るように強行訓練されて、そこで初めてお尻へ入れさせてもらえるのです。

無作法は許されません。自らの快感を微塵でも得ようなどというのはエゴです。絶対にそんなのは許されません。男は唯純一無雑(じゅんいつむざつ)に、そのピンピンのチンボに全精力を込めて、自分の息が絶えようが何としようが、お姉さんのための肥やしとして尽くすことだけを考えるのです。

心得違いをしてはいけません。男である君らは純粋にお姉さんに奉仕し尽くし、肥やしになれたことに歓びを見出すのみです。

精神統一してチンボ立てて、ちゃんと何時でも言われた時にチンボがピンピンに起立を維持出来るようになるまで、ヘンズリを掻くことを充分訓練して、お姉さんのために一日も早く役に立てるよう励むべきなのです。

(続く)
横田猛雄 1990年3月号より『S&Mスナイパー』にて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そして『WEBスナイパー』にて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
14.09.17更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校
文=横田猛雄 | 絵=伊集院貴子 |