ミストレスランド 1 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週水曜日更新!
これが教科書だ!肛門講座の決定版、復刻連載!
尿道への刺激を繰り返すことで射精に耐えて女性を悶絶させうるチンボへと躾ける、それが神田古書店主夫婦の手腕なのですが、この特訓はこれだけじゃ終わりません。太いゴムカテーテルを利用しての導尿体験が、若者たちを待ち受けているのでした。
 | 
第二課 導尿って、いいものです

導尿とは、チンボやオメコ、つまり男女の尿道の末端である尿道口からゴムのカテーテルを奥へ突っ込んで、その先端を膀胱の中まで押し込んで、膀胱の中に貯まっている尿を抜き取ることを言うのです。

尿通を溝(どぶ)掃除のようにブージーで押し拡けて、拡がり癖がつくように躾けておいて、その次の段階で今度は柔軟なアメゴムの管であるカテーテルを押し込むのです。

ブージー氏悍は銀の棒(その先に丸い玉が付いた針金)ですから、男の場合それが直角には曲がらないため膀胱までは入りません。

しかしなから、ブージーで広げた尿道にゴム管であるカテーテルならば、角のところで直角にでも曲がってさらに入っていき、尿道の括約筋(膀胱の出口の所にあって、尿が勝手に漏れないように平素は締めている筋肉です)を潜って、膀胱の中まで侵入して行くのです。

ゴムのカテーテルといっても色々な太さの物(号数〉があり、医療用の細い物から太い浣腸器(百cc以上、二百ccや三百ccのガラスンリンダー)に連結することができるものまであり、神田の古書店夫婦が使うのは、もっぱらこの太い物のほうです。

何せ男のチンボを握って、そこへ示指(ひとさしゆび)を押し込んだりするのですから、先端が学用品の鉛筆のキャップのように鉄砲の弾のような形をしたあの太いのが、若い男を鍛えるのに最適だと、夫婦は言うのです。

こうして太いカテーテルに慣らされると、病院で使うあの細いカテーテルでは本当に全然む痛くも痒くもなく、全然快感を得られません。何といったって尿道から膀胱へ無理やり押し込まれるのだったら太目のゴム管に限ります。

グイグイ太いのを押し込まれると、痛いけど、自らが滲ませるクーパー氏腺液(チンボの涎)によって滑りつつ奥へ進んでいき、膀胱の下端のところでゴム管が直角に(脳天の方向を向いて)曲がって、括約筋のドーナツ環を潜って、クイッと膀胱に入りこみ、そうすると途端にジョビジョビ、タラタラとカテーテルを伝わって、尿が外へ流れ出てきます。

カテーテルの先端が角を曲がるとき、少し何だか焼け火箸を当てられたような感じで、ビクンと刺激がありますが、それも快いもので、串刺しにされたような実感のあるいい刺激です。

導尿されるのって本当にいいものです。太いカテーテルが一番です。そのため、一日も早く、お姉さんに示指を突っ込んでもらって拡げられたく自分から望むようになります。


第三課 女性の尿道は短い

女性の場合は、男性のようにチ/ボという長い尿道がありませんので、カテーテルは尿道口から押し込めばすく膀胱へと入っていきます。

男のように長い尿道を、鰻の腹を開くように進む、そんな痛い目に遭うことはありませんが、女性には男性と違った注意が必要となります。

短い女牲の尿道には特別の注意が要りますので、お姉さんのような熟練者がやらないと大変なことになります。短いものを入れたりすると、全部が膀胱に入って取れなくなる例が非常に多いのです。

女性の尿道自慰では、身近にある様々なものが使われますが、短いものは特に手が滑って簡単に中に入ってしまって取れなくなることが多いのです。

ヘヤーピンや鉛筆のキャップや体温計や、意外な物が人ってしまって、日本のフロイトを自称する故高橋鐵博士の調査された資料によると、尿道自慰常習の女性の膀胱の中には様々な器具が人ってしまって取れなくなり、医師の手に掛かってX線写真で調べられ、中には常習でいくつもの異物が入ってしまっていたり、何回も入れてしまっている例も多く見られるようです。

女性の尿道も重要な性的快感を感じるところです(男も女も、マニヤはようやりますね)。

(続く)
横田猛雄 1990年3月号より『S&Mスナイパー』にて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そして『WEBスナイパー』にて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
15.05.27更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校
文=横田猛雄 | 絵=伊集院貴子 |