ミストレスランド 1 本家三行広告 2 女王様・M男動画サイト 1
最新記事20件
アートフィルムとB級映画がヘヴィ・メタル少年の妄想の中で溶け合い、狂ったサイケデリック・スープの傑作となった!この映画のヤバさ、それは遅さとマジ顔にある...... 映画『マンディ 地獄のロード・ウォリアー』公開中!!
特選AVレビュー『筆責め』(REAL WORKS)
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週水曜日更新!
これが教科書だ!肛門講座の決定版、復刻連載!
神田古書店主夫婦によって、性の手解きどころか猛特訓を受け、耐え抜いた若者たち。薬局経営者たちが集まる浣腸研究会と、その妻たちからなる婦人部会に呼ばれ、痴態を披露します。ですがそれはまぎれもなくショーとして完成されたものなのでした。
 | 
第三課 イルリガートル

浣腸研究会の女子部の人たちは高学歴なインテリが多いから男性部の会より凄いことをします。

芳枝さんの尿道から深々と突っ込んだ太い橙色のカテーテルから、生ビールのジョッキに尿を採集し、それを正恭君に飲ませ、ジョッキが空になると、芳枝さんを仰向けに寝かせ、「人」の字型に股を開かせ、正恭君をその開いた股の間に這わせると、芳枝さんの股間から膝頭のあたりまで伸びている太いカテーテルをそこに直接口をつけて、ポトポトと洩れ落ちる尿をチュウチュウ吸わせました。

正恭くんはお互い裸を見られて好意の芽生えている芳枝さんの尿が直接、遠慮なく吸えるのです。

元気良くチュウチュウ音を立てて吸い、芳枝さんをくすぐったがらせ、ヒイヒイ泣かせ、立て膝をしている芳枝さんの太腿にタックルをし、もう決して離れまいと必死になっています。

そこへ「ああやっと来たね、それ直ぐ使うよ」と皆が歓喜の声を上げたので何かなと思ってみると、太い筒の一リットル入る高圧式の浣腸器で、しかも未使用の新品です。それは高いところに吊るして使用する「イルリガートル」という器具です。

女子部の人たちは手際よく懸架式の器具を組み立てると、今包装を解いたばかりのイルリガートルをそこに懸け、旅館の人が買ってきたリンゴジュースをその下に並へていました。


第四課 膀胱に詰め込むジュース

懸架から下がっているイルリガ-トルに入れられたリンゴジュースは全部で八本あり、その尿と同し色したジュースはイルリガートルから下がったアメゴム色の赤鉛筆くらいの太さの管の末端まで来ています。

そのゴム管と芳枝さんの股間に生えている太い橙色のゴムカテーテルとが単い色をしたエボナイト製のジョイント器具で運結されましたが、カテーテルは今まで北川君か口にくわえて吸っていたので、唾液で滑りが良くなってるので簡単に繋がりました。

さぁいよいよイルリガートルの未端のゴム管に付いているクリップが弛められて、リンゴジュースが静かに落下し始めました。

今買ってきたばかりのリンゴジュースはとても冷えています。

芳枝さんは「ヒイ、アツ、冷たい、ヒ......」と絶叫し、それでも十五分くらいで七本分のジュースは下っていって空になりました。

芳枝さんの下腹部はほんの少し膨らんだような気がします。リンゴジュースのあと三本はまだ蓋がしてありますが、イルリガートルが空になったときその蓋が取られ、その三本は上の口から飲まされました。

これを飲ませている間も女子部の人たちは、「女性でも時間を掛けれは約一升は胃から入れられるのだ」と言い合っています。

何ても薬物自殺の処置にはまず胃の中の毒を薄めるために、直ぐに水を大量に飲ますのが常識だとのことで、水で胃がブカブカになったら、次には肛門に開口器を捕人してネジを巻いてカバッと拡けておいてさらにどんどん口から新たに水を流し込んでついにはその水が胃から腸全体に廻り、直腸から肛門を通って体外へ出るまでどんどん水を流し、人間の身体をまるで一本の筒を洗うようにどんどん水を入れ、肛門を開いて(しかも強制的に)水を流し出すのたそうで、それは病院の手術室の、タイルの床の上でするのたと話していました。

だから、口から上はたくさん入るし、膀胱や肛門からだって、手際よくやればうんと多量の水を入れることが可能だというのです。

(続く)
横田猛雄 1990年3月号より『S&Mスナイパー』にて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そして『WEBスナイパー』にて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
15.06.17更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校
文=横田猛雄 | 絵=伊集院貴子 |