女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第9回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」桜さん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第9回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」桜さん【1】
特選AVレビュー『ママ友のアナル奴隷として飼育される社宅妻』(シネマジック)
特選AVレビュー『凄すぎるJカップメガボイン豊満妻 中島芙美』(マザー)
特選AVレビュー『となりの奥さん 5時まで秘密デート 星川光希』(HMJM)
特選AVレビュー 『銀河級美少女とずっと見つめっぱなしでエッチしよっ002 アイドル研究生 きらり』(宇宙企画)
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【1】
特選AVレビュー『牝性 -ペルソナ-』(milky)
特選AVレビュー 『凸凹Night School』(SILK LABO)
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【3】
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【2】
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【1】
特選AVレビュー 『最高の愛人と、最高の中出し性交。32 雪肌Eカップ巨乳美女』(PRESTIGE)
特選AVレビュー 『「私、妄想の中では千人斬りしてるヤリマンなんです」地方の工場で働く地味なGカップが悶々と股間を湿らせて上京して来たので身も心もスケベに改造してみたらスゲエいい女になりました。』(ファーストスター)
2ページまんが 酒場の女【25】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年11月号
特選AVレビュー 『新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた...』(ながえstyle)
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アクセスアップ
新刊情報
花と蜜 2019年1月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.44(ミリオン出版)
淫らに交わる母 嫁 娘(ミリオン出版)
初恋が牙をむく(大洋図書)
明日はどっちだ! 4(大洋図書)
笑う鬼には福きたる 1(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2019年1月号(ミリオン出版)
ihr HertZ 2019年1月号(大洋図書)
共鳴発情 オメガバース(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2019年1月号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週水曜日更新!
わが国が誇る大作家、三島由紀夫が作品中で示したケッツからの卵産み。作家のお墨付きということで、昭和の時代に大変人気を博したものです。また先人たちは肛門の滑りを促す潤滑剤の代用品も見つけていたのでした。
 | 
第一課 卵の教科書

お尻の穴に鶏の卵を納め、またその卵を産み出す秘技が文学作品として世によく知られるようになったのは、何と言っても三島由紀夫の『禁色』(きんじき)の影響によるところが大きいと思います。

お尻の穴に鶏卵を入れる秘技自体は、これは何百年も、ことによったら何千年も昔から、密かに実施されてきたんでしょうが......。

三島の『禁色』には、お尻の穴を使う秘芸の達人である男子同性愛者が、たしか横浜のゲイバーだったと思いますが、そこで満座の観客の前で、全裸になり、壁に立て掛けた梯子に登り、お尻を背後にぐっと差し出して一つ、また一つとお尻の穴から鶏の卵を産み出してみせ、梯子の背後で竹の笊(ざる)を受けている弟子と呼吸を合わせ、その笊の中に見事に産み落としてみせ、十一個まで、次々と大腸をひねってポコポコ産み、観客を感嘆させ、それですべて産み落としたようにみせ、皆が「凄いものを見た」と感心した隙にわざと密かに、もう一個胎内に残していたのを、いきなり肛門を差し出して、「コッコッコッコ、コケェーコッ」と産み落とし、それをわざと床の上に割れるように落として見せるシーンが有名です。

このホモの産卵ショーの役者さんは、何と一ダースの鶏卵をお尻から産み出して見せたのです。

このシーンはお尻に関心のある若い女性にも非常に人気があり、当時三島の作品のこの場面を知る人々にはよく愛読されたもので、お尻の穴から鶏卵を入れるオナニーも肛門性感愛好者には密かによく行なわれたものです。そのことを思えば、いまの人たちは文学的センスに欠けて、昭和三十年代よりも大分退化してしまっているようです。


第二課 肛門刺激はコツコツ

当時の一般の人たちの関心は、鶏卵を十個も一ダースもお尻の穴の中に納めてそれを全部産むことよりも、一個か二個を肛門から入れて、それを自分の力で産み出し、出てきた鶏卵をまた中に入れるのを繰り返すという肛門自慰の方法が多かったようで、少々文学に関心のある人間なら、「天下の三島が言っているのだから、少しでも近づけたら」と文庫本を(中には大版の単行本を)手にしつつ、その部分の情景を繰り返し暗誦しながら、我も我もと密かに卵の感覚を、楽しんだのです。

一般の人々には、とても何個もの鶏卵をお尻から入れることは文学上の絵空事のように思えたのでしょうが、あの肛門の狭い海峡を一回一回、硬い卵でこすって通過するその感覚の優美さが、他の何物にも替えられぬ快感であったのです。

それがために、モーニングサービスをする喫茶店などでは、あるいは夜遅くの店では、婦人客のスカートを巧みに剥き上げて、ゆで卵を皮のままその同伴者のお尻の穴から直腸深くへ押し込むのが密かなブームとなったものです。

お尻から入れる卵は当然ゆで卵で、注文するのは男とその相手の女性のと二個ですから、二個が巧みに押し込まれるのです。

喫茶店のボックス席の死角を巧みに利用して、スカートの端を器用にめくりあげて、取り上げたゆで卵を、ペロリと口で舐めて湿りをくれた当時のプレイ・ボーイたちは、相手の女性たちのお尻を巧みに押し拡げて卵を直腸に納め、一個が入ると間髪を入れずに二個目を上手に押し込み、直腸の中を二個の卵で満たした男は、巧みに女性にダンスを強要するのです。

二つの卵は狭い直腸内で押し合ってコツコツ硬い、しかし小さい軽い音を立てます。

その音はコツコツと、骨が触れ合ったような音で、それが若い女性のお尻の中から聞こえるのですからエロチックなものです。

少し腰をかがめたり、身をひねったりすると、コツコツ鳴るのですから、女性のほうはもうすっかりエロチックな気分になっています。

そんな女の気分を巧みに誘導しつつホテルに誘うのが流行りました。

当時の喫茶店ではそうやってゆで卵が殻も残さず姿を消すことが多かったのです。

(続く)
横田猛雄 1990年3月号より『S&Mスナイパー』にて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そして『WEBスナイパー』にて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
15.09.02更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校
文=横田猛雄 | 絵=伊集院貴子 |