女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 2 ミストレスランド 2
最新記事20件
読者代表takashi部長がイク! 第9回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」桜さん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第9回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」桜さん【1】
特選AVレビュー『ママ友のアナル奴隷として飼育される社宅妻』(シネマジック)
特選AVレビュー『凄すぎるJカップメガボイン豊満妻 中島芙美』(マザー)
特選AVレビュー『となりの奥さん 5時まで秘密デート 星川光希』(HMJM)
特選AVレビュー 『銀河級美少女とずっと見つめっぱなしでエッチしよっ002 アイドル研究生 きらり』(宇宙企画)
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」あやかさん【1】
特選AVレビュー『牝性 -ペルソナ-』(milky)
特選AVレビュー 『凸凹Night School』(SILK LABO)
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【3】
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【2】
読者代表ハヤトがイク! 第2回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」ユイさん【1】
特選AVレビュー 『最高の愛人と、最高の中出し性交。32 雪肌Eカップ巨乳美女』(PRESTIGE)
特選AVレビュー 『「私、妄想の中では千人斬りしてるヤリマンなんです」地方の工場で働く地味なGカップが悶々と股間を湿らせて上京して来たので身も心もスケベに改造してみたらスゲエいい女になりました。』(ファーストスター)
2ページまんが 酒場の女【25】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年11月号
特選AVレビュー 『新・償い 最愛の妻は・・他人のものになっていた...』(ながえstyle)
特選AVレビュー 『あのいつかの夏、圧倒的だった君の笑顔は僕のもの。 百岡(ももおか)いつか SOD専属 AVデビュー』(ソフト・オン・デマンド)
アクセスアップ
新刊情報
花と蜜 2019年1月号(ワイレア出版)
働くレディ お貸しします Vol.44(ミリオン出版)
淫らに交わる母 嫁 娘(ミリオン出版)
初恋が牙をむく(大洋図書)
明日はどっちだ! 4(大洋図書)
笑う鬼には福きたる 1(大洋図書)
まちがいさがしパークmini 2019年1月号(ミリオン出版)
ihr HertZ 2019年1月号(大洋図書)
共鳴発情 オメガバース(大洋図書)
MEN'S KNUCKLE 2019年1月号(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週水曜日更新!
これが教科書だ!肛門講座の決定版、復刻連載!
わが国が誇る大作家、三島由紀夫が作品中で示したケッツからの卵産み。作家のお墨付きということで、昭和の時代に大変人気を博したものです。また先人たちは肛門の滑りを促す潤滑剤の代用品も見つけていたのでした。
 | 
第三課 自習する子

だが圧倒的に多いのは自習する勉強家たちです。

お尻の穴を虐めてくれる異性の友達のいない若い人たちは喫茶店で出された卵を密かに自宅に持ち帰り、自分で自分の肛門を出して、自ら中にそれを入れるのです。

誰かに強制的にお尻にそれを押し込まれる姿を夢想しながら......。

自習する熱心さは尊いものです。自習こそ学問の母です。

まず誰もが考えるのは、卵にペロリと唾液を塗ってそれを自らのお尻の溝に、背後から、誰かに犯されるような気分で押し込むのです、自分の手を後ろに廻して......。

自習する熱心さのある子なら上達も早いのです。自分で自分の尻の穴を意識して開こうと努めますから......。

そこで湿り気があれば、粘膜の壁を鶏卵はヌルッと楽に滑り込むことを知るのです。そうすると唾液よりもよく滑る物を色々考えるようになります。


第四課 よく滑るのは

当時手に入りやすかったのは「ポマード」です。

当時はポマードが大変よく流行していました。当時のおしゃれでは、男の整髪はポマードでベットリにするのが王道でした。

人気歌手の春日八郎を思い出せば分かりますが、田舎のお兄さんたちも、『平凡』や『明星』と映画スターや歌手の写真の載った雑誌を見て、我も我もとその姿に大いに憧れたものなのです。

ベットリしたポマードはそのような訳で誰もが一番手に入れやすいものでした。それをお尻に使うことは、早くからホモの人たちの間ではよく知られていましたけど、今またそれがお尻の穴に、しかも硬い鶏卵を押し込むのに何とも滑りがよいので、若い女性の間でも愛用されるようになったのです。

昭和三十年代の未婚女性は、ほとんど処女で今より真面目で、ただ意識として性的関心は高く、妊娠の恐れからそれが性器へではなく、肛門に向かう例が多かったようです。

口には出さず昔の人は性的には無関心を装っていますが、昔の人でもやはり、助平なことは頭の中でしっかり思っていたのです。いやむしろ性的妄想は激しかったのでしょう、特に女性は。

ポマードのように市内の店頭で大っぴらに買えるものには「メンソレータム」がありました。

当時は家庭内や学校や会社で、怪我や化膿をすると、まず誰もが「赤チン」や「メンソレータム」を使うのが普通でしたから「メンソレータム」は多く使われ、続いて少し遅れて痔の薬として登場した「オロナイン軟膏」が使われたのです。

そのほか、滑りをよくするものとして「マーガリン」が「バター」の代用品として普及して愛用されるようになり、スーパーマーケットで食品の「ラード」が手に入るようになり、食用としての「胡麻油」を使うとよいということを肛門党の人たちが知るに至ったのです。

これには往時の『奇譚クラブ』や『風俗奇譚』の愛読者たちの力が大きいのです。

いかに肛門を使って、生活をエンジョイするかということのために、我らの先輩たちは大変に頭を働かせたのです。
(続く)
横田猛雄 1990年3月号より『S&Mスナイパー』にて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そして『WEBスナイパー』にて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
15.09.09更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校
文=横田猛雄 | 絵=伊集院貴子 |