女王様・M男動画サイト 1 ミストレスランド 2 本家三行広告 2
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
 これが教科書だ!
肛門講座の決定版、復刻連載!

第16講 続・直腸性感について【2】

文=横田猛雄
イラスト=伊集院貴子
フィスト・アナル・ファックはアメリカのゲイの人達の間ではじまったとされる性交法です。日本で一般の人々に認知されるようになったのはわりと近年になってからのことですが、研究熱心なお尻派の人の中には二本まとめて入る強者もいます。
前回に戻る 目次に戻る
 | 

第三課 日本では

アメリカのホモの間で、フィスト・ファックがまだ秘戯として行なわれていたその頃、早くも日本人商社マンにより、その秘戯は日本に伝えられ、ホモの間では、密かに行なわれていたようです。

当時アメリカに出張した商社マンが、アメリカ人のホモによくお尻を狙われる話は週刊誌等でよく見かけましたが、全裸にされて後ろ手に縛られて、背後から犯されて殺され、その結果彼がホモであることが分かった(犯人は未だ捕まらず)といった事件もありました。

そのように、ホモの間ではかなり早くから移入されていたフィスト・ファックが、SM者や一般の人々に知られるようになったのは、あの『カリギュラ』という映画が火元です。

『カリギュラ』を知るまで、私を始めとして、『奇譚クラブ』や『風俗奇譚』の愛読者で、アヌス・エネマ愛好派を自称する人々でも、誰一人として、肛門から拳骨が入るというような大それたことは、根っから不可能なことと思っており、挑戦すらしなかったのです。

ところがあの映画が入って来、その上、レポーターにより、アメリカの現代性風俗の実態が詳細に伝えられるようになると、「恐くない、確かに入る」ということになり、試みる者が出てきたのです(勿論私もその一人です)。

当時ホモの間では、密かに行なわれていたようですが、これは世界が別ですから中々窺い知ることは不可能ですが、SM界や一般女性の中で、フィスト・ファックの出来る人は、極く少なく、女性では『SMセレクト』や『SMファン』という雑誌の口絵写真に、マゾモデルとして登場した桂ユキという女性が、ビニ本(九鬼の出版物)で、膣でのフィスト・ファックをやって見せ、やや遅れて裏ビデオでは、『妻たちの性体験』で九州の某夫婦の膣でのフィスト・ファックが話題となりました。

白夜書房から出ていた月刊誌『ビリー』には、当時、アメリカのホモビデオで、フィスト・ファックや、両肘まで入れるダブル・フィスト・ファックという凄いのが紹介され、更に『ビリー』は、日本のフィスト・ファックの王者とも言うべき、「桐生の肛門様」なる人物を登場させました。

この人、『ビリー』に登場する以前に、オオトリ新社から出ていた『ブラックキャット』という、男女交際・スワップ・SM・ホモ交際の、いわゆるコンタクト誌によく投稿呼びかけをしていましたが、「女性の拳骨を、ケッツの穴から突っ込まれるのが無上のエクスタシーで、そんな姿を女性に見られたい、ビールの瓶なら、底の方からケッツの穴に入れることも可能だ」と言っていましたが、いよいよ昭和五十七、八年頃、『ビリー』に写真入りで、大きく特集で登場。プロのS女性を相手にケッツの穴へズブリと拳骨を、肘の中半まで突っ込まれたり、自ら野球のバットをケッツの穴に突っ込んで、三本足姿で立ったり、葉の付いたままの太い大根を先の方から半分もケッツの穴に押し込んで、そのケッツを天に向けたり、とにかく誌上に登場した、最初のアナル・フィスト・ファック技能士でした。

私も同じ頃、自伝的肛門小説『お尻の学校』(ミリオン出版)で告白したように、フィスト・ファックに成功していたのですが、私の場合は、まだ桐生の肛門様から比べれば、ヒヨコのようなもので、どうにかやっとのことで、女性の拳骨が、ケッツの穴から呑み込めるようになった程度であり、野球のバットに腰掛けて、そのままズブズブ呑み込むとか、ビール瓶を底から中程まで呑み込むとか、コーラの瓶を入れるとかはまだまだ不可能で、上には上がいるものだと感心しました(桐生の肛門様は最近又、スワップやSMのコンタクト誌の投稿で見ました。今も健在なようです)。

前回に戻る 目次に戻る
横田猛雄.jpg 横田猛雄 1990年3月号よりS&Mスナイパーにて実践派のための肛門エッセイを連載。1993年ミリオン出版より『お尻の学校[少年篇]』発行。またアナル責めのAV作品にも多数出演しており、A感覚実践派の伝道師として他の追随を許さぬ存在。2007年5月号まで同誌上で『大肛門大学』を連載していたが、高齢と健康上の理由により連載終了。そしてWebスナイパーにて、膨大かつ偉大なるアーカイブの復刻連載開始です!
 | 
07.12.29更新 | WEBスナイパー  >  お尻の学校