本家三行広告 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
B-57.jpg 本誌・web連動企画
『新宿アンダーグラウンドの残影』
〜モダンアートのある60年代〜

文=ばるぼら

S&Mスナイパー4月号の誌面では紹介できなかった「モダンアート」をめぐる新宿とアングラの親和性。現在までつながるいくつかの残影を集めながら、いま再び光をあてる新宿アングラ詳論の決定版!

前回の記事を読む>>

 | 

60年代の新宿モダンアート

改めて書けば、モダンアートは新宿二丁目にあった小劇場である。初代社長は益岡清志。1967年秋に、当時盛り上がっていたアングラ演劇や前衛舞踏の舞台として作られた。通称“触覚派の穴ぐら”。入場料を払って席につくと、演劇やフィルム上映などをセットで楽しめる。もともと裸の女性がサイケデリックな演出の中で踊る“アングラ・ヌード”と呼ばれる出し物の人気が高かったが、70年代に入るとアングラブームが去って客足が遠のき、完全にストリップが中心となる。演者はストリップとストリップのあいだの幕間に出演した。80年代に入ってから何度か名前を変え、1985年に閉館となる。

image12.jpg  モダンアート外観 from 『キネマ旬報別冊 アングラ'68』

 

コンパクトにまとめてしまうとなんともあっけないが、ここに出演したはずの有名無名入り混じったアングラ劇団や芸能人の名前を羅列できれば、この決して有名ではない小劇場の歴史的立場も少しは修正されるだろう。が、当然ながら今から40年も前にあったアングラ劇場の出演者・演目リストなど、残っていない。

ただ、いくつかの史料にモダンアートの名前が見つかった。『演出家の仕事 六〇年代・アングラ・演劇革命』(2006年2月/れんが書房新社)には、天井桟敷が旗揚げしてからまだ一年ほどだった1968年2月に、モダンアートで芝居「新宿のユリシーズ」を公演した思い出話が書かれている(書き手は天井桟敷で演出を担当していた萩原朔美)。

image9.jpg   『キネマ旬報6月号別冊 アングラ'68』(株式会社キネマ旬報社)1968年6月10日発行 image7.jpg
『朝日新聞』1968年3月3日朝刊


また、当時(1968年3月3日)の朝日新聞で、「蝎座」や状況劇場の花園神社の話と並んでモダンアートが紹介されており、そこには「前衛演劇、八ミリ映画、ヌードに軽演劇などを組合わせた、地下劇場で、午後二時から十一時すぎまでやっている」と説明されている。同じように、『キネマ旬報別冊 アングラ'68』(1968年6月10日発行/キネマ旬報社)には「ストリップから残酷ショウ、アングラ演劇、軽演劇に至るまで一回につき数番組ある。マッカーサーを殺せ、とか、ベトナムまでとび出して戦後と現在をごちゃまぜにした新宿特有の体質がうかがわれる」とも。


その他、『テアトロ』1968年5月号の新劇評を読む限り、3月3日にはモダンアート特集週間が行なわれ、「ガリバー船長ヤポポン公国に上陸す」(作・演出=棟方三郎・村山庄三・長崎朗)という演劇が上演されていたはずである。「スマイル・ショウ<狂った色彩>」(構成・振付=樋口四郎/照明=丸山浩一/出演=マーガレット・純、京マリ、夢みとひ、三鷹ジュン、園山多吉)や、「サイケデリック・アート」(立見忠広)といった、光で演出したサイケデリックなライト・ショーが行なわれていた記録もある。前衛集団の「黒の会」や「薔薇卍結社」も人気が高かったらしい。

image7.jpg   『キネマ旬報8月号別冊 アングラ'68 ショック篇』(株式会社キネマ旬報社)1968年8月10日発行

 

当時のプログラムの簡単な流れについては『キネマ旬報別冊 アングラ'68ショック編』(1968年8月10日発行)に下記のように書かれており、益岡社長の言葉によれば「お客はこのどこかで楽しんで頂ければいい」と、何気に盛りだくさんな内容である。

モダンアートのだしものはヌードショー、前衛劇、軽演劇、8ミリ映画、現代の素顔と称する流行もの。以上の五本を、途中にヌードのアクト(お客とのおしゃべり)や、カバーガール的な使い方で目先を変えながら、ひたおしに並べ立てる。だしもの相互の間には、まったくの関係がなく、ごった煮的な羅列に過ぎないが、そう、強いていえば、欲求不満の渦巻きが、全体のトーンといえばトーン。

続きを読む>>


関連記事

ジョウジ川上55歳の決意 ストリップと共に生きた興行師の30年
man.gif 構成・文=ばるぼら ネットワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミニコミを制作中。
 | 
07.03.11更新 | WEBスナイパー  >  ばるぼら 執筆記事一覧