女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
『阿修羅』No.1
『阿修羅』No.1
発行・大正屋出版/発売・文苑堂東京店
毎週日曜日更新!
The text for reappraising a certain editor.
ある編集者の遺した仕事とその光跡

天災編集者!
青山正明の世界 第14回


取材・構成・文=ばるぼら


21世紀を迎えてはや幾年、はたして僕たちは旧世紀よりも未来への準備が整っているだろうか。乱脈と積み上げられる情報の波を乗り切るために、かつてないほどの敬愛をもって著者が書き下ろす21世紀の青山正明アーカイヴス!
 | 

<< 前回の記事を読む

大正屋の後は、1988年末にぴあから出た『ぴあPeople File '90年代人物辞典』のクレジットを見る限り、編集プロダクションのジャックポットに短期間勤めたようで、盟友の一人、夏原武も当時を回想して「青山が就職したのが(略)編プロのJ社であった」(『ダークサイドJAPAN』)と語っている。その次は株式情報誌『産業と経済』を出しているプリントワンに入社したようだ。1989年4月号の『バチェラー』の近況にはこんな文面がある。

「音楽出版社系からコンピュータのプログラマー、そしてビデオ・ソフト関連のプロダクションと渡り歩いてきた私が、今度は株式専門の出版社に入社。趣味がことごとく本職となるのは、正直、悲しいことなのだが」

しかし『産業と経済』の編集も長くは続かなかった。1989年の後半、ひょんなことから新雑誌創刊の企画が舞い込み、そちらの編集部に移ってしまったようだ。この頃から青山正明と一緒に仕事をするようになった吉永嘉明は『自殺されちゃった僕』で以下のように回想している。

「当初は、雑誌の編集とライターという関係で、僕がある成人雑誌の編集をして、そこで担当していたライターの一人が、『産業と経済』という株式情報誌に所属していた青山さんだった。(略)そんな時にやはり、同じ雑誌で書いていたライターで前衛音楽家の秋田昌美さんの紹介で、新雑誌立ち上げの話がきた」

その雑誌は『エキセントリック』といい、名古屋の電話営業の会社が税金対策で立ち上げたものだという。内容はバブル期に相応しく、海外旅行をテーマに一国ごとに特集していくもので、1989年11月に出たニューヨーク特集の創刊号を皮切りに、パリ、香港、カリフォルニア、ロンドン、バンコクと6号まで出た。発行所は全英出版、5号から中央法科研究所に変更している。

出したはいいが、雑誌コードが取れなかったため、自分たちで書店を回って直販するしかなく、手間がかかりすぎた。広告も取れず、当然ながら売れなかった。そんな理由から6号(1990年8月)で廃刊となったのだが、内容は今見ても斬新な切り口が多く、特に4号のニューエイジ、5号のデジタル・カルチャー周辺、6号の死体と大麻のパレードなどは、惜しまれる傑作揃いである。その後大手から出た海外情報カルチャー誌『03』やロンドンの若者向け雑誌日本版『iD JAPAN』と並べても遜色のない水準だ。巻末収録の編集スタッフの日記には「日本で最も金かけた同人誌と噂されるエキセントリック」と自虐的な一文がある。

『エキセントリック』は廃刊してしまったが、せっかく集まったのだからと、その時の編集スタッフのメンバーで編集チームを組むことになった。それはのちに編集プロダクション「東京公司」となる。

次回の記事を読む >>


『産業と経済』/プリントワン
NO IMAGE
1947年創刊。プリントワン。『サブカルチャー世界遺産』(2001年2月28日/扶桑社)収録の町山智浩インタビューでは、80年代後半に『宝島』編集部に出入りしていた人物として「株屋で働いてた青山正明さんとか」と名前が出てくる。また竹熊健太郎のブログ「たけくまメモ」には「80年代の終わりくらいでしたか、サブカル・ライター友達だったAという人が、「タケクマくん株やらない?」と誘ってきたことがあります。「儲かるよ」と。でも俺は貧乏だったので、まとまった株を買うお金がありませんでした」(2007年6月10日「最近の雑感」)とある。周囲の知り合いに株を勧めていたようだが、大儲けはできたのだろうか。

『エキセントリック』創刊号/全英出版株式会社
『エキセントリック』創刊号
1989年10月20日発行。全英出版株式会社。ニューヨーク特集の本号には青山正明らは関わっていないが、メルツバウの秋田昌美が多く関わっているため、取りあげる対象がいちいち濃く、興味深い内容である。「アメリカン・アヴァンギャルドシネマの歴史」としてウォーホル、ジョナス・メカス、ケネス・アンガーを取りあげているのは古典的だが、「エリオット・シャープの仕事」や「ポール・リマスVS秋田昌美」、特にカセット・マガジン『TELLUS』編集部取材などの音楽関連記事はここでしか読めないのでは。最後に申し訳程度に「旅行業界の人々」と題した飛行機会社の社員による座談会が収録されているのが無駄に笑える。

関連記事

新宿アンダーグラウンドの残影 〜モダンアートのある60年代〜
【プロローグ】 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【本文註釈・参考文献】


man.gif ばるぼら ネットワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミニコミを制作中。

「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/

 | 
08.06.22更新 | WEBスナイパー  >  天災編集者! 青山正明の世界