女王様・M男動画サイト 1 本家三行広告 1 ミストレスランド 2
最新記事20件
特選AVレビュー『あの頃、制服美少女と。』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『美脚スキャンダル 22歳帰郷 宮村ななこ』(HMJM)
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【3】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【2】
読者代表takashi部長がイク! 第8回 鶯谷「いけない痴女倶楽部」エルさん【1】
特選AVレビュー『悪エロガキの巨乳奥様狩り』(クリスタル映像)
命はかわいい、縄文で町おこしはかわいい。俺たちはかわいい。だから、コムアイちゃんと竪穴式デートしたい。映画『縄文にハマる人々』公開中!!
特選AVレビュー『ノーブラ貧乳女子の恥ずかしい敏感乳首 上川星空』(GLORY QUEST)
特選AVレビュー『アナタのママになってアゲル/川口葉純』(光夜蝶)
ラッキースケベとサイコサスペンスの間には赤ちゃんがいる 映画『母という名の女』公開中!!
特選AVレビュー『露出M排球女子の暴虐ローテーション』(シネマジック)
特選AVレビュー『姪っ子成長日誌 親戚のオジさんと日焼けあとが生々しい巨乳少女』(ファーストスター)
とりあたまちゃんシーズン4 日常【最終回】「憂鬱と退屈と音楽」
2ページまんが 酒場の女【20】
特選AVレビュー『女子旅 001 女友達二人のプライベート自撮り撮影旅行─。』(GOGOS)
特選AVレビュー『犯し愛 春原未来』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『私でシコっておかしくなって 佐々木薫子 Acup』(マーキュリー)
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年6月号
特選AVレビュー『男女入れ替え辞令!カラダの入れ替わり人事異動のある会社』(ROCKET)
特選AVレビュー『となりの奥さん ハメチャイナ メイメイ』(HMJM)
アクセスアップ
新刊情報
臨増ナックルズDX Vol.12(ミリオン出版)
トーキョウ バッド ガールズ Vol.55(大洋図書)
漫画人妻の悶え Vol.20(ミリオン出版)
俺の旅別冊 全国(得)フーゾク 特盛版(ミリオン出版)
変態マニア投稿SP Vol.3(ワイレア出版)
よろめき 2018年8月号(ミリオン出版)
金のEX NEXT Vol.3(ミリオン出版)
実話ナックルズGOLD Vol.3(ミリオン出版)
花と蜜PREMIUM Vol.7(ワイレア出版)
昭和の謎 99 2018年 夏の真相解明号(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
『カリスマ』No.1
『カリスマ』No.1
発行・大正屋出版/発売・文苑堂東京店
毎週日曜日更新!
The text for reappraising a certain editor.
ある編集者の遺した仕事とその光跡

天災編集者!
青山正明の世界 第13回


取材・構成・文=ばるぼら


21世紀を迎えてはや幾年、はたして僕たちは旧世紀よりも未来への準備が整っているだろうか。乱脈と積み上げられる情報の波を乗り切るために、かつてないほどの敬愛をもって著者が書き下ろす21世紀の青山正明アーカイヴス!
 | 

<< 前回の記事を読む

『ヘイ!バディ』終刊と前後して、青山正明の原稿はホラー/カルト・ムービー関連にシフトしていった。幸い、当時はちょうどビデオ・ブームで、映画のビデオ・ソフトが大量に発売されたことで情報誌が乱立し、媒体には困らなかった。80年代後半に青山正明の映画原稿が載った雑誌・書籍は、確認できるだけでも、『アビック』『ビデオヤング』『ビデオプレイ』『メタル・キッズ』『血まみれスプラッタムービー大特集』『ビデオファン』『ベストビデオ』『月刊ビデオでーた』『VZONE』『別冊宝島 このビデオを見ろ!』『こんなビデオが面白い・ファンタスティック映画編』『CITY ROAD』など多数ある。

しかしそういったライター業はあくまでサブとして、メインはあくまで編集業を考えていたようで、1986年には大正屋出版という小さな出版社に入社し、単行本の編集を行なっている。大正屋の出版物のメインは同人誌出身の漫画家の単行本で特筆すべきものはないが、青山正明らしさを感じさせる数少ない本が二冊ある。『カリスマ』と『阿修羅』である。

1987年3月13日発行の『カリスマ』は「ホラーを越えた覚醒コミック」と題して、当時盛り上がっていたホラーコミックにエロ要素を足した、怪奇エロ漫画中心のアンソロジー本。裸の女の子で抜こうと思うと、次のページにはグチャグチャのゾンビが出てくるような、エログロという言葉がピッタリの、なんとも中途半端なエロ漫画誌だが、一番後ろの情報コーナーには、『Fool's Mate』誌の初代編集長である故・北村昌士のインタビュー、マイナー怪奇漫画の紹介コーナー「発掘漫画紀行」、ゲーム・ブックやカルト・ムービーの紹介などが載り、少ないページながら濃い。竹熊健太郎のマンガも掲載。

1987年9月13日発行の『阿修羅』も同路線で、冒頭にカルト・ムービーの紹介、真ん中に「ゆきゆきて神軍」などの紹介、後ろにメルツバウの秋田昌美インタビュー、カードゲームレビューなどが載っている(編集スタッフには力武靖の名前も)。編集後記では「年末発行予定の季刊『ヘッド・ショップ』は、過剰の果てを見据えた空前絶後のギャグ・ブックだ」と新雑誌創刊の予定に触れられているものの、大正屋はその後倒産し、未刊となったままである。ちなみに、1986年9月にも『エストレーモ』というサブカルチャー雑誌を立ち上げる予定だったそうだが、それも未刊。

想像が許されるならば、『ヘッド・ショップ』も『エストレーモ』も、たとえこの時点で出ていたとしても、大きな流れは生まず、カルト雑誌の一つとして後年発掘されるに留まっていただろう。カルト、鬼畜、グロテスクなどが脚光を浴びるのは、80年代後半から始まったバブルが崩壊した後の、1993年頃からだからだ。

次回の記事を読む >>


『ビデオファン』創刊2号
『ビデオファン』創刊2号
白夜書房から出ていた新作ビデオ情報誌。1986年11月21日発売の第2号(87年1月号)はデイヴィッド・クローネンバーグを特集しており、青山は松村光生と共にクローネンバーグへのインタビューと作品解説を担当している。作品への深い造詣を感じさせつつ、それらしい会話も。「彼女の『グリーンドア』はごらんになっていたのですか?」「いや、実は僕はポルノ映画を見たことがないんだ。その作品はいいと聞いたことはあるな、あなたは見たの?」「ええ」「日本国内で?」「ええ。日本ではもちろんハードコア・ポルノは禁止されていますけど、地下市場では結構簡単に手に入るものなのです(笑)」「そうだったのか(笑)」

『CITY ROAD』/株式会社エコー企画
『CITY ROAD』
株式会社エコー企画。『ぴあ』の対抗誌的存在だった映画・音楽などのスケジュール情報誌。『ぴあ』が網羅的にすべての情報をフラットに掲載していたのに対し、『シティ・ロード』は情報を編集して掲載するタイプだった。『ぴあ』よりもサブカルチャー関連に強く、若者層には支持されていたが、のち休刊した。青山は1989年頃から「せっかくディスク、だったらディスク」と題したLDのレビュー連載を行っていた。取りあげた作品は『キンクス・ストーリー1964-1984』『イレ・アイエ/デビッド・バーン』『栄光のグラム・ロック』『世界の車窓から(2)』『インモラル物語2(未)』『バロン』『ナタリーの朝』など。

関連記事

新宿アンダーグラウンドの残影 〜モダンアートのある60年代〜
【プロローグ】 【1】 【2】 【3】 【4】 【5】 【6】 【7】 【8】 【本文註釈・参考文献】


man.gif ばるぼら ネットワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのインターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミニコミを制作中。

「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/

 | 
08.06.15更新 | WEBスナイパー  >  天災編集者! 青山正明の世界