ミストレスランド 1 本家三行広告 2 worldcryptobinary 1 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『シングルマザー神スタイル元レースクイーン 穂花紗江32歳AVデビュー』(KANBi)
特選AVレビュー『生贄教育実習生 恥虐の校内猥褻ビデオ撮影会』(シネマジック)
注目の女性キャラクターご紹介フォトギャラリー「SMの世界をもっと身近に!」SMアイドル:フェッティーズのリーダー・R(あーる)さん!
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年6月号
特選AVレビュー『ドキュメント Re Debut菜々子(仮)』(キネマ座)
特選AVレビュー 『【羞恥】ババコス!【BBA】羞恥犯罪的コスプレ!Lカップ爆乳奥さんを●波レイにしてエロざんまいしてみた件【中田氏】 』(素人onlyプラム)
『ゴーストワールド』以来久々の「迷いの中にある女子を連れ出してくれるんだかくれないんだか分からないバス」が出てくる青春ムーヴィー! 映画『さよなら、退屈なレオニー』公開!!
新連載 奇譚ノベル「堕地獄佛法」【序】
特選AVレビュー『高嶺の花 しどろもどろ/一条みお』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『原作 ヘンリー塚本 夫以外の男に抱かれし妻の肖像 ~夫婦交換の勧め~』(FAプロ)
眼差しの奥の見えない映像戦争の時代/『インフラグラム 映像文明の新世紀』(講談社) 著者=港千尋 文=三木学
特選AVレビュー 『教育実習生 凛』(日本メディアサプライ)
特選AVレビュー『男の娘よ止まれ! 西城咲 ~時間が止まってもチ○コビンビン~』(関西アンダーグラウンド)
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【3】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【2】
読者代表変態仮面がイク! 第5回 五反田「AMANDA」壇里奈さん【1】
奈加あきら・鵺神蓮・飛室イヴ 女の魂を縛る最凶の三鬼×生け贄一匹 三原ほのか主演『鬼三人 マゾ喰いの餌食に堕ちた夢見姫』(大洋図書)発売!!
特選AVレビュー『恥ずかしいカラダ 調教かしこまり娘 森ほたる』(HMJM)
2ページまんが 酒場の女【31】
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2019年5月号
アクセスアップ
新刊情報
劇画ラヴァーズ Vol.1(大洋図書)
まちがいさがしパーク 2019年8月号(大洋図書)
ご当地人妻密会DX Vol.2(大洋図書)
臨時増刊 ラヴァーズ Vol.8(大洋図書)
団地妻ポルノ(大洋図書)
ナックルズ極ベスト Vol.27(大洋図書)
素人ナマ撮りBEST(大洋図書)
副業2019(大洋図書)
アップル写真館特別編集 素人投稿ガチ露出(大洋図書)
艶熟SPECIAL Vol.41(大洋図書)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週日曜日更新!
The text for reappraising a certain editor.
ある編集者の遺した仕事とその光跡

天災編集者!
青山正明の世界 第37回


変態雑誌ビリーにおける青山正明

取材・構成・文=ばるぼら

21世紀を迎えてはや幾年、はたして僕たちは旧世紀よりも未来への準備が整っているだろうか。乱脈と積み上げられる情報の波を乗り切るために、かつてないほどの敬愛をもって著者が書き下ろす21世紀の青山正明アーカイヴス!
『Billyボーイ』
1985年8月号/白夜書房
 | 

<< 前回の記事を読む

変態雑誌ビリーにおける青山正明

くり返し書いてきたが、青山正明の最初の商業仕事は白夜書房の『Hey!Buddy』だった。白夜書房は表向きのエロ本として末井昭編集の『写真時代』がヒットを飛ばしていたが、その裏で中沢慎一編集によるエロ本もまたカルトな人気を得ていた。一つは最盛期8万部を誇った『Hey!Buddy』であり、もう一つは同じ時期に発行されていた変態雑誌『Billy』である。

創刊時は単なる芸能インタビュー雑誌だった『Billy』は、返本率7〜8割という低調ぶりに編集長交代・路線変更となり、その変更先が何を間違ったか、日本を代表するキワモノ・ヘンタイ雑誌だった。この時に同誌の下請けになったのが、当時ビニ本の制作をしていたVIC出版で、実質的な編集はのち吐夢書房で『TOO NEGATIVE』を作る小林小太郎らが行なっていたという。その他『Billy』の解説は永山薫インタビューを参照して頂きたい。

当該インタビューでも触れたが、90年代以降の「鬼畜」の青山のイメージから想像すると、『Billy』にもっと原稿を書いていてもよさそうなものである。しかし、実際に青山が関わった回数は多くない。『Billy』ではスカトロ、死体、ドラッグ、フリークス、シーメール、SM/ボンデージ、刺青、海外売春……その他、パッと思いつく変態的行為はあらかた掲載されており、これらと青山を結びつけるのは簡単だが、『Hey!Buddy』誌での連載「Flesh Paper」でもそうした変態ネタは書ける環境にあったことで、棲み分けがなされていたのかもしれない。

ここで青山が『Billy』で関わった記事を見ておきたい。なお『Billy』は都条例に引っかかって『Billyボーイ』と新創刊したものの、内容はまったく変わっておらず、一年ほど経って再び条例により1985年末に廃刊となった。この時一部の記事は同社の『Crash』に引き継がれ、青山の「Flesh Paper」もそちらで継続されている。



『Billy』1984年2月号/白夜書房

「ルックルック驚いた(シャム双生児)ツインガールズ くっつき姉妹、びっくりヌード!」。映画「Being Different」に出演したというシャム双生児の姉妹ヌード写真を紹介。なぜこんな歳になるまでくっついたままでいるのか、幼い頃に手術で切り離せたのではないか、という推理をしているが、真相は闇の中。



『Billy』1984年7月号/白夜書房

「D・CUP乳しぼり![ミルクタンク大爆発?!]入手方法つき、デカパイマニヤ必見」。“アメリカンポルノ雑誌宅急便”として、『TASTE MILK FUCKER』と『Knocked Up』という二冊の巨乳ポルノ誌を紹介。この頃から流行していたらしい「ミルク飛ばし」と、「妊婦デカパイ」に焦点をあてている。乳房フリーク必読書リスト付。



『Billyボーイ』1985年2月号/白夜書房

「無残にかき出された胎児!! 堕胎の現場──局部アップ!! 実際の中絶手術の現場にカメラが潜入!」。知り合いの医師に金を握らせ中絶患者を撮影した、のだそう。「身篭ることのない、快楽終始の男性による性的暴力。そして、栄養摂取量の増加に伴う子供達の肉体の早熟と、それを刺激するマスコミ」と、棒読みの原稿が熱い。


『Billyボーイ』1985年3月号/白夜書房

「目がつぶれそうに恐い女体バラバラ誌上試写 実写!人間切り刻み現場!!」。ビデオ『人体解剖』(セカンドハウスBB)の解説と、オリジナル・メンバーが自殺してしまったカルト・グループSPKのビデオ『DEPAIR』の紹介記事。他に巻頭のDカップ・マニア池田竜彦インタビューを担当。



『Billyボーイ』1985年8月号P43/白夜書房

「SM少女は楽しい玩具だ! 人間犬を連れて真夜中のお散歩 ワンワン少女を調教!! 自宅で飼える人間犬!!」。これは雑誌『フィリアック』のグラビア・ページの撮影をレポートした企画ページ。撮影は大山剛介。四ツ谷はお岩稲荷で全裸撮影、小便ひっかけなど、恐れを知らない天然鬼畜ぶりを発揮している。この撮影のあとにお岩さんの呪いが降りかかった話は永山薫インタビューを参照。『フィリアック』創刊時に前述カメラマンを誘った時の青山の発言「今は無き\x87\x80スカトピア\x87≠\xF0超え、かつ、スカトロのみにこだわらない超変態本を作りたいんだけど、撮影やってくれないかなあ」。こんなノリのまま、お岩さんに罰当たりな撮影をさせられるとは思ってもみなかったであろう。


こうして抜き出すと悪趣味な記事ばかりに感じるが、『Billyボーイ』の堕胎場面の心理的嫌悪感をのぞけば、雑誌全体で見ればわりとノーマルな記事であるところが『Billy』の嫌なところである。たまに「80年代はロリコン雑誌なんて普通に書店に並んでたけどなあ」と回想する人をウェブで見かけるが、その隣に「死体と奇形写真が見開きで埋まってる」「縛られたモデルに小便かけまくって獣姦してる」変態雑誌も並んでいた事実を忘れてはならない。

今ではロリコン写真は犯罪だし、死体写真も規制が厳しくなって一般流通が難しくなっているが、どちらも探せばウェブで手に入るし、古本屋で『Hey!Buddy』や『Billy』のバックナンバーを見つけて「なんだ、こんなもんか」と思うかもしれない。こんな時代に生まれたかったと悔しがる若者はいないだろうが、こんな時代に育ってしまった青山の感性の磨かれ方は、勉強熱心な性格も災いして、ものすごいスピードだったのではないかと思う


(続く)


関連記事

新宿アン ダーグラウンドの残影 〜モダンアートのある60年代〜
【プロローグ】 【1】 【2】 【3】 【4】 【5 】 【6】  【7】 【8】 【本文註釈・参考文献】

man.gif ばるぼら ネッ トワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのイ ンターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミ ニコミを制作中。

「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/

 | 
08.12.14更新 | WEBスナイパー  >  天災編集者! 青山正明の世界