本家三行広告 1 ミストレスランド 2 女王様・M男動画サイト 2
最新記事20件
特選AVレビュー 『私、脅迫されてます/市橋えりな』(光夜蝶)
特選AVレビュー 『師匠と女弟子 名人と女流棋士の肉体関係』(クリスタル映像)
『ゴースト・ワールド』でスカーレット・ヨハンソンがエプロンを着るのが18歳。本作でロッカー青年がエプロンを着るのは、ほぼ30歳。 映画『モダンライフ・イズ・ラビッシュ ~ロンドンの泣き虫ギタリスト~』公開中!!
特選AVレビュー 『ネトラセラレ02』(EDGE)
特選AVレビュー『スチュワーデスin...(脅迫スイートルーム) 宮村ななこ』(ドリームチケット)
特選AVレビュー『妄想アイテム究極進化シリーズ 膨乳少女』(ROCKET)
特選AVレビュー『義母と娘の偏愛レズビアン ~性に目覚めたばかりの娘を執拗に誘惑する継母~』(レズれ!)
特選AVレビュー『夫の傍でしか私を弄ばない息子の歪んだ性癖』(NON)
特選AVレビュー『完全着衣の美学 胸・尻が密着するマキシワンピに発情しちゃった俺2』(AKNR)
2ページまんが 酒場の女【24】連載2周年特別編
「あぶらいふ」新着投稿作品展示室 2018年10月号
特選AVレビュー『欲しがる人妻 寝取られ生中出し 優木いおり』(シネマユニット・ガス)
特選AVレビュー『敏感...っていう、君のその悪い癖。/高杉麻里 』(ワープエンタテインメント)
特選AVレビュー『潜入特番狙われた肛門 浣腸ハレンチ治療院』(シネマジック)
特選AVレビュー『禁忌 ~taboo~』(新世紀文藝社)
楽しさとやりがいを見出すお仕事エンターテインメント 映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』10月26日公開!!
探険的AVコラム:未知のフェティシズムに触れる興奮~「腹パンチ」専門メーカー・ボディーゾーン作品の"癖になる"魅力を語る!!
特選AVレビュー『中高年夫婦の性生活5』(FAプロ)
特選AVレビュー『裸心 舞島あかり、レズ解禁。』(レズれ!)
話題のゲーム原案フルCGアニメ『INGRESS THE ANIMATION』は海外ドラマ的なガチエンタメの模様
アクセスアップ
新刊情報
ハタチになったら死のうと思ってた AV女優19人の告白(ミリオン出版)
悶絶!絶頂妻(ミリオン出版)
私の愛したツバメ(大洋図書)
from 2DK(大洋図書)
実話ナックルズ 2018年12月号(ミリオン出版)
昭和40年代生まれのエロ熟女(ワイレア出版)
まちがいさがしパーク 2018年12月号(ミリオン出版)
MEN'S KNUCKLE 2018年12月号(大洋図書)
BITTER 2018年12月号(大洋図書)
好色人妻ポルノEX(ミリオン出版)
カテゴリー
特集記事
体験取材記事
お尻の学校
アーカイブス
フォトギャラリー
ニッポンの年中行事
食卓リンガフランカ
御菓子司 なゝた
あぶらいふ
雪村春樹・現代成熟交合
濡木痴夢男の猥褻快楽遺書
芳野流人生相談
官能小説
口中の獄
百鬼女衒とお化け医師
稲荷山デイドリーム
赤い首輪
監禁志願アリス
セックス・ムーヴィー・ブルース
セックス・マイナス・ラヴマシーン
レビュー
美少女ゲームの哲学
現場から遠く離れて
エロティカルパレード・ジャポン
オナニー平和主義!
やる夫がSM風俗に興味を持ったようです
カヲリチャンネル
青山正明の世界
舞姫爛漫
イベントレポート
女性向けAVの現在形
Twitter
毎週日曜日更新!
The text for reappraising a certain editor.
ある編集者の遺した仕事とその光跡

天災編集者!
青山正明の世界 第58回


「ビデオ・ザ・ワールド」における青山正明(3)

取材・構成・文=ばるぼら

21世紀を迎えてはや幾年、はたして僕たちは旧世紀よりも未来への準備が整っているだろうか。乱脈と積み上げられる情報の波を乗り切るために、かつてないほどの敬愛をもって著者が書き下ろす21世紀の青山正明アーカイヴス!
『ビデオ・ザ・ワールド』1986年6月号 発行=白夜書房
 | 

<< 前回の記事を読む

「ビデオ・ザ・ワールド」における青山正明(3)

「ビデオ・ザ・ワールド」に青山が書く文章はほとんどビデオ紹介なので、これといって目立った情報はないが、細かいエピソードを挿入する時があり、それが見逃せない。

『ビデオ・ザ・ワールド』1986年1月号/白夜書房
『ビデオ・ザ・ワールド』1986年1月号

ゴダールの名作『アルファヴィル』、抱腹絶倒のホラーコメディ『スプラッターハウス笑激の館』、ロイ・ウォード・ベイカー監督『墓場にて』、『ジャンク3』の紹介。最後の『ジャンク3』は「ギニーピッグ」で有名になるオレンジビデオハウスからのリリースで、青山はこの作品について「何故、内外のホラー研究書は、この手の作品を無視し続けるのだろうか」と煽っている。

『ビデオ・ザ・ワールド』1986年2月号/白夜書房
『ビデオ・ザ・ワールド』1986年2月号

アフリカ全域で行なわれている種々の部族の奇習を5年にわたって撮影した残酷ドキュメンタリー『魔界の大陸』について「恐けれりゃいい、気持ち悪けりゃいい……。煎じ詰めれば、これが私のホラー干渉に於けるポリシーである」と身もふたもない薦め方。その他に『ミイラ再生』、『ビキニマシン』、『ビデオ・マガジン・ムー VOL.1』を紹介。最後のはもちろんオカルト雑誌『ムー』が出していたビデオである。

『ビデオ・ザ・ワールド』1986年3月号/白夜書房
『ビデオ・ザ・ワールド』1986年3月号

『バチェラー・パーティー』、『フレッシュ・ゴードン』(『フラッシュ・ゴードン』のエロチック・パロディSF)、『トイ・ソルジャー』、海外音楽グループ『デッド・オア・アライブ』(映像集)。デッド・オア・アライブについては『フールズ・メイト』在籍時に気になっていたらしく「3年程前、僕が「フールズ・メイト」で只働きの雑用兼イジメられ役をやっていた頃、“サイケデリック界のボーイ・ジョージ”と編集部内で妙にウケていた」とのこと。『フレッシュ・ゴードン』の記事には誤植があり、8月号で苦情の手紙が来ている。

『ビデオ・ザ・ワールド』1986年4月号/白夜書房
『ビデオ・ザ・ワールド』1986年4月号

カルト映画『ウィッカーマン』、社会問題と人種差別を描いた『さようならミス・ワイコフ』、コメディ『トップ・シークレット』、実写映画『ビー・バップ・ハイスクール』と、まったくバラバラの4本。いかにもお仕事である。

『ビデオ・ザ・ワールド』1986年5月号/白夜書房
『ビデオ・ザ・ワールド』1986年5月号

『世界残酷物語』を「公開当時はセンセーショナルだったんだろうけど、今じゃあね……」と皮肉まじりに紹介し、『死霊の祝福』は“訳が分からんけど面白い”と褒め、ロジャー・コーマンの代表作『恐怖の振子』を絶賛し、ルチオ・フルチの一番グロい『地獄の門』に「あたしゃ、ルチオ・フルチにへばり付いて稿料ふんだくるって決心してるもんで……」と心酔。


『ビデオ・ザ・ワールド』1986年6月号

『猿の惑星』『グレート・ハンティング』『魔界からの招待状』の三つ。どれもストーリー紹介のみ。

『ビデオ・ザ・ワールド』1986年7月号/白夜書房
『ビデオ・ザ・ワールド』1986年7月号

「僅かの人がビデオでしつこく繰り返し観る」という意味で、日本に於ける正しいカルト・ムービー(ビデオ)として『アタック・オブ・ザ・キラートマト』を推薦。何の説明もなくトマトが人間を襲い始める物語だが、「知人は、ニューヨークで、ニンジン、キュウリ、あともう一つ野菜を使った映画を、キラー・トマトと併せて4本連続オールナイトで観たそうで、いやはや、そんなシツコサがたまりませんね。カルトは、ハハッ」と珍妙なエピソードも紹介。その他『ウルフェン』『恐怖の殺人ビデオ』を紹介。「他人の作ったフィルムを観て云々批判するのも飽きてきたから、今度は、早大のサークルに入って自ら作品をこしらえることにしました。完成したらこの欄で紹介させてもらおっと」という、興味深い記述がある。なお本筋と関係ないが、本号で高杉弾氏が『MONDO TOPLESS』の紹介文で「「MONDO」という言葉をご存知だろうか」と“モンド”の解説を行なっている。


『ビデオ・ザ・ワールド』1986年8月号/白夜書房
『ビデオ・ザ・ワールド』1986年8月号

『シビルの部屋』、『注目すべき人々の出会い』、『フェイドTOブラック』の三本。オカルティスト、G・I・グルジェフの自伝を映画化した『注目すべき〜』については期待はずれだったようで、映画よりも本を読むよう薦めている。最後の『フェイド〜』の記述に注目したい。「僕は、他人から無駄に思われるような事でも、“知りたい、覚えたい”欲求を有している人の方が、知る事を止めてしまった人より、精神的に生きているという意味に於て優れている(あるいは、幸せ)ような気がしてならない」「サスペンス、スリラーの体を借りたマザ・コン映画として、僕は、この作品を、『サイコ』以上の出来と判断する」。


『ビデオ・ザ・ワールド』1986年9月号/白夜書房
『ビデオ・ザ・ワールド』1986年9月号

『凸凹フランケンシュタインの巻』、『ユー・アー・ノット・アイ』、『エルム街の悪夢』の三本。『ユー・アー〜』は「Flesh Paper」でも紹介していたように、「ここ5年、僕が観た映画の中で、最も印象深い傑作であることを明言したい」と力強い推薦の言葉。


『ビデオ・ザ・ワールド』1986年10月号/白夜書房
『ビデオ・ザ・ワールド』1986年10月号

『恐竜グワンジ』、『ザ・リッパー』、『四次元への招待』の三本。紹介文の出だしが毎回挨拶になっており、順に「こんにちは。インポの青山正明です」「こんにちは。不運な妻と共に四万温泉で休養してきた青山正明です」「こんにちは。4日間も温泉でくつろいでしまったばかりに、〆切地獄に苦しみ、不運な妻のことを思いやる時間もない26歳のマンガ編集屋、青山正明です」。これ以外は普通のストーリー解説になっているのが意味不明すぎてじわじわ笑える。『四次元への招待』は、小学6年生の夏に深夜放送(オナニーのため淫猥な深夜放送を探していた)で観た『怪奇・真夏の夜の夢』の完全版だったという思い出の作品らしい。


『ビデオ・ザ・ワールド』1986年11月号/白夜書房
『ビデオ・ザ・ワールド』1986年11月号

『デアボリカ』の紹介で「この役立たずのインポ男が、オナニーの単行本を執筆中と云うのだから、開いた膣が塞がらない……」と前にも書いたネタをくり返し。『邪淫の館 獣人』、『逆転』、『針の眼』の合計四本。最後の『針の眼』はいいエピソード付。「忘れもしない81年10月。ふとしたキッカケで知り合った20歳の女性。交際1ヶ月目。嫌がる彼女を強引に説得して、2泊3日の京都の旅。その時、2人で初めて見た映画が、この『針の眼』であった。(略)彼女は現在25歳。私の妻だ」。


『ビデオ・ザ・ワールド』1986年12月号/白夜書房
『ビデオ・ザ・ワールド』1986年12月号

『白と黒のナイフ』『天才アカデミー』『アニマル・セックス』『世界女族物語』。ほとんどストーリー紹介であまり面白みはないが、『天才アカデミー』は6月に行ったタイ旅行中に現地で観た作品だったそうで、唐突にタイでの少女売春の話題が挿入されるのが、らしいといえばらしいか。


(続く)


関連記事

新宿アンダーグラウンドの残影 〜モダンアートのある60年代〜
【プロローグ】 【1】 【2】 【3】 【4】 【5 】 【6】  【7】 【8】 【本文註釈・参考文献】

man.gif ばるぼら ネッ トワーカー。周辺文化研究家&古雑誌収集家。著書に『教科書には載らないニッポンのイ ンターネットの歴史教科書』『ウェブアニメーション大百科』など。なんともいえないミ ニコミを制作中。

「www.jarchive.org」 http://www.jarchive.org/

 | 
09.06.07更新 | WEBスナイパー  >  天災編集者! 青山正明の世界
文=ばるぼら |